ただし、スズキのマイルドハイブリッドには劣るとの評価もありますが・・・。, 自然吸気エンジンは評価低めでしたが、ターボエンジンについてはパワフルで気持ちよく走れるといった高い評価になっています。, CVTは好き嫌いが分かれるところですが、新型デイズは新開発のCVTでステップ変速を実現するDステップ機能により、爽快な加速感が味わえるようになっています。, ターボエンジンでもハイブリッドの恩恵は感じられないとの評価が多いです。 軽自動車にはほとんどの車種にNA(自然吸気)エンジンと、ターボの2種類のエンジンがラインアップされている。, そこで、軽のNAエンジンは非力で走らないのか? 軽にターボは不可欠なのか? 価格面も含め、軽のNAエンジン搭載車とターボエンジン搭載車を比較してみた。, 今は新車として売られるクルマの40%近くが軽自動車になった。しかも軽乗用車については、45%がN-BOX、スペーシア、タントといった「スーパーハイトワゴン」で占められる。, 全高が1700mmを超えるボディで車内が広く、後席のドアはスライド式だから乗降性も良い。, 次の売れ筋がN-WGN、ワゴンR、ムーヴのような全高が1600~1700mmの「ハイトワゴン」で35%程度だから、軽乗用車の80%は背が高い。, これらの背の高い軽乗用車では、ほぼ全車にNA(自然吸気)エンジンとターボが用意される。ムーヴキャンバスのように、NAエンジンのみの車種(スペーシアはハイブリッドのみ)は珍しい。, そして新型タントの開発者は「標準ボディではNAエンジンのXが売れ筋だが、上級のカスタムはターボのRSが60%くらいを占める」という。, カスタムでRSの比率が高い背景には「カスタムを買うなら最上級のターボ」という気持ちもあるが、動力性能と車両重量のバランスも影響している。, 例えば新型タントの場合、軽量化を行ったとはいえ、NAエンジンを搭載する標準ボディのXとカスタムXの車両重量は900kgに達する。, 全高が1700mmを超える背の高いボディに各種の安全装備、スライドドアの電動機能などを装着すると、ミライースのような背の低い軽自動車に比べて車両重量が250kgくらい増えてしまう。小型/普通車でいえば、1.3Lエンジンを搭載するコンパクトカーに近い重さだ。, ところがエンジンの排気量は660ccだから、コンパクトカーの約半分になり、動力性能が不足するのは当然だ。そこで背の高い車種では、ターボを装着するグレードが豊富に用意される。, 通常の動力性能に大きく影響するエンジンの数値は最大トルクだ。軽自動車のターボでは、この数値がNAエンジンの1.6~1.7倍に増える。, 新型タントであれば、NAエンジンの最大トルクは6.1kgm(3600回転)、ターボは10.2kgm(3600回転)だ。, ターボの数値はNAエンジンの167%に達する。ターボの最大トルクは1LのNAエンジンと同程度だから、車両重量に見合う動力性能が得られる。, その一方で燃費の悪化率は小さい。新型タントのWLTCモード燃費は、NAエンジンが21.2km/Lで、ターボは20.0km/Lになる。ターボの数値はNAエンジンの94%だから、悪化率は約6%だ。動力性能が1.7倍近くに達することを考えると、ターボの効率は優れている。, このような結果になる理由は、軽自動車の排気量が車両重量に対して極端に小さく、エンジンに過剰な負担を強いているからだ。, NAエンジンではアクセルペダルを踏み込み、高めの回転域を多用するが、ターボであれば比較的低い回転域から余裕のあるトルク(駆動力)を発揮する。エンジンの負担も軽減され、動力性能の割に燃料消費量を抑えられる。, 軽自動車では、各メーカーともに、ほとんどすべての車種でエンジンが共通化されるから、ターボは登録車に比べると価格が安い。, ターボを装着したグレードに、アルミホイールやパドルシフトなどの装備が加わる場合もあるが、これらを差し引くと大半のターボの正味価格は10万円以下に収まる。軽自動車のNA車とターボ車の平均的な格差は6万~8万円だ。, しかし、日本国内の最多販売車種となるN-BOXはターボ車の価格はNAに比べ15万3360~19万6560円ほど高くなっている。なぜN-BOXの価格差は平均な価格差より高いのか、見ていきたい。, N-BOXは車両重量が900kg前後に達するから、パワー不足を補う手段としてターボの装着が効果的だ。ターボの最大トルクは10.6kgmに達するため、NAエンジンの1.6倍に相当する。, 一方、JC08モード燃費は5~7%しか悪化しないから、N-BOXではターボを装着するメリットが特に大きい。, 価格差の一例を挙げよう。カスタムG・Lターボホンダセンシングの価格は、NAエンジンのカスタムG・Lホンダセンシングに比べて19万6560円高いが、NAエンジンにオプション設定される右側スライドドアの電動機能(オプション価格は5万4000円)も加わる。, シート生地も上級化して後席にはセンターアームレストが備わり、ステアリングホイールが本革巻きになってパドルシフトも装着した。さらにアルミホイールは14インチから15インチに拡大される。, これらのターボに加わる装備を価格に換算すると約11万円相当だから、ターボは8万~9万円と見積もられる。この価格は、ターボエンジンの平均的な相場とされる6万~8万円にほぼ合致する。, なおN-BOXの場合、後席のセンターアームレストはターボの専用装備だ。さらにシート生地がプライムスムース&トリコットに上級化されるのは、カスタムのターボに限られる。, つまりN-BOXのターボは、居住性や内装の質感を高めたいユーザーにとっても、魅力的なグレードとなっているのだ。, ■N-BOXの場合●NAエンジン搭載車658cc直3:58ps/6.6kgmJC08モード燃費:27.0㎞/L価格:ベンチシート仕様/Gホンダセンシング=138万5640円、G・Lホンダセンシング=149万5640円。スーパースライドシート仕様/G・EXホンダセンシング=159万6240円ほか●ターボエンジン搭載車658cc直3ターボ:64ps/10.6kgmJC08モード燃費:25.6㎞/L価格:G・Lターボホンダセンシング=169万5600円(ベンチシート仕様)、G・EXターボホンダセンシング=174万9600円(スーパースライドシート仕様)、G・スロープLターボホンダセンシング(188万5600円)◆NAとターボの価格差/同グレードの比較で15万3360~19万6560円, ■新型タント●NAエンジン搭載車658cc直3:52ps/6.1kgmJC08モード燃費:27.2km/L、WLTCモード燃費:21.2km/L価格:L=130万6800円、X=146万3400円●ターボエンジン搭載車658cc直3ターボ:64ps/10.2kgmJC08モード燃費:25.2㎞/L、WLTCモード燃費:20.0㎞/L価格:Xターボ=156万600円◆NAとターボの価格差/Xグレード比較で9万7200円, 同じ車種でも標準ボディとカスタムではターボの正味価格に差が生じることもある。新型タントの場合、標準ボディのXターボはNAエンジンのXに比べて9万7200円高い。装備の違いはATレバーのメッキボタン程度だから、ほとんど減額にならない。, 同じタントでも上級のカスタムにターボを組み合わせたRSは、NAエンジンのXに比べて8万1000円の上乗せだから、標準ボディよりも安い。, しかもRSではステアリングホイールとATレバーが本革になり、アルミホイールのサイズもカスタムXが14インチ、RSは15インチに拡大される。こうなるとターボの正味価格は実質6万円で、標準ボディのターボに比べると約4万円安い。, これはもともとカスタムの価格が標準ボディよりも全般的に割高で、ターボの価格上昇を吸収して低く抑える余裕があるためだが、ターボの価格も戦略的に決まることが多い。, ■デイズルークス●NAエンジン搭載車659cc直3:49ps/6.0kgmJC08モード燃費:22.0㎞/L価格:S=131万7600円、X=143万6400円、ハイウェイスターX=163万9440円、ハイウェイスターX Gパッケージ=171万1800円、ハイウェイスター X Vセレクション=170万4240円●ターボエンジン搭載車659cc直3ターボ:64ps/10.0kgmJC08モード燃費:22.2㎞/L価格:ハイウェイスターXターボ=167万1840円、ハイウェイスターGターボ=176万5800円◆NAとターボの価格差/同グレード比較で3万2400円, その意味で一番注目されるのはデイズルークスだ(新型のデイズではなくスライドドアが付く背の高いルークス)。ハイウェイスターXターボの価格は、NAエンジンのハイウェイスターXに比べて3万2400円の上昇に抑えた。, しかもターボでは前輪のディスクブレーキが放熱効果の優れたベンチレーテッドタイプになるから、ターボの正味価格は3万円弱に収まる。, 先代デイズと現行デイズルークスでは、NAエンジンのパワー不足が指摘され、エンジン負荷の違いによってデイズルークスの2WDではターボのJC08モード燃費がNAエンジンよりも少し優れている。NAエンジンは22.0km/Lだが、ターボは22.2km/Lだ。, そこでデイズルークスでは、動力性能と燃費の両面からターボが推奨され、NAエンジンの不利を補うことも視野に入れてターボの価格を割安に抑えた。, ■デイズ●NAエンジン搭載車659cc直3:52ps/6.1kgmJC08モード燃費:29.4㎞/L、WLTCモード燃費:21.2km/L価格:S=127万3320円、X=132万5160円●NAエンジン+スマートシンプルハイブリッド659cc直3:52ps/6.1kgmモーター:2.0kW/40NmJC08モード燃費:29.8㎞/L、WLTCモード燃費=21.2㎞/L価格:ハイウェイスターX=146万9880円、ハイウェイスターXプロパイロットエディション=156万7080円●ターボエンジン+スマートシンプルハイブリッド659㏄直3ターボ:64ps/10.2kgmモーター:2.0kW/40NmJC08モード燃費/25.2km/L、WLTCモード燃費:19.2㎞/L価格:ハイウェイスターGターボ=154万9800円、ハイウェイスターGターボ・プロパイロットエディション=164万7000円◆NAとターボの価格差/7万9920円(ハイウェイスターXとハイウェイスターGターボと比較), このように軽自動車のエンジンにはターボが適するが、車種によってはあまり違いを感じなかったり、むしろNAエンジンのほうが快適なこともある。, その代表が新型になったデイズとeKシリーズだ。NAエンジンの最大トルクは6.1kgmだから平均水準だが、実用回転域の3600回転で発揮されるために扱いやすい。, 一般的に軽自動車のNAエンジンは、アクセルペダルを踏み込むとスロットルが大きめに開き、少し騒がしいノイズを伴って唐突にスタートしがちだが、デイズとeKシリーズのNAエンジンは自然な印象だ。スロットルの早開き制御はしているが、あまり意識させない。, しかもエンジンの回転上昇が滑らかで、耳障りなノイズも抑えた。パワフルではないが、上品に回るから、何となく心地好くなって穏やかに走る気分にさせる。4000回転を超えると速度上昇が少し活発になり、パワー不足も感じない。, これに比べてターボは最大トルクが10.2kgm(2400~4000回転)だから、幅広い回転域で1Lエンジン並みの性能を発揮するが、回転感覚が少し粗くノイズも気になる。, デイズのターボの正味価格は、アルミホイールのインチアップなどを補正して約6万円だから買い得だが、運転感覚の違いにより、パワー不足をあまり感じないのであればNAエンジンを推奨したい。, 以上のように軽自動車のターボは、ほかのカテゴリーに比べて大幅に安い。しかも動力性能の向上率は高く、燃費の悪化率は小さいから全般的に推奨されるが、運転感覚の違いと価格の割安感は車種によって異なる。, 選び方として、自宅付近に坂道が多かったり、高速道路やバイパスを使う場合はターボを推奨する。車両重量に対する排気量の不足を明確に感じることが多いためだ。販売店の試乗車で、実際に近所の坂道を走るとよい。, 平坦な市街地を中心に使う時は、NAエンジンとターボエンジンを乗り比べる。「NAエンジンで十分」なのか「ターボが欲しい」と思うのか、比較してみよう。, ターボを選べるグレードの価格もチェックする。デイズルークスのようにターボがハイウェイスターのみの設定だと、割安に装着されても価格は167万1840円と高い。予算超過になることもあるだろう。, その点で三菱ブランドが扱う姉妹車のeKスペースなら、標準ボディのターボも用意され、各種の装備を充実させながらTセーフティパッケージは162万円だ。, このほか先に述べたターボの正味価格も確認する。多角的に検討して、NAエンジンとターボを選び分けたい。, 選ぶ時に注意したいのは「ターボはスポーツ指向のメカニズム」という先入観を持たないことだ。軽自動車は車両重量の割にエンジン排気量が極端に小さいから、ターボはパワー不足を補うための実用装備になる。積極的に選択するとよいだろう。, なお軽自動車の開発者は「エンジンの排気量を800cc前後に増やせば、ターボを装着しないで優れた動力性能と燃費を両立できる」という。, 全幅も100mmほど拡大すれば走行安定性と乗り心地を大きく向上できるが、必ず増税と引き替えにされてしまう。, すでに40年以上も続いている最高出力64馬力の自主規制も含めて、軽自動車はデリケートに扱わないと、ユーザーの不利益を招いてしまう。, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. 『ニッポンの宝』軽自動車の実力診断同ペースで走行すると露呈するそれぞれの弱点軽自動車の魅力アップの加速度が止まらない! ワゴンrやムーヴの定番から、実用性抜群のスーパーハイトワゴン、趣味趣向を凝らしたモデルなど軽自動車のラインアップは実に… ターボの必要性とコスト 軽自動車にはnaエンジン(自然吸気)とターボの2種類のエンジンがラインナップされている。どちらのエンジンがいいのかと悩むことがあるだろう。そこで今回はn-box、タント、デイズで両エンジンを試してみた。 デイズのエンジン性能評価があまり高くない原因の一つのようですね。, パワフルなエンジンで評価の高いN-WGNと比較では、N-WGNがスムーズな加速でパワフルだとの評価です。, デイズにはスマートシンプルハイブリッドが採用されていますが、スズキのマイルドハイブリッドほどの高い評価ではありません‥。 ⇒軽自動車の加速性能をトルクウェイトレシオランキングで確認. 軽自動車の購入を考えております。多少の遠出は休日くらいで、普段は買い物程度です。子供も乗るため、安全性を考えると普通車の方がいい!と夫は言うのですが、金銭面から考えてできれば軽にしたいので事故があった場合(衝突など)壊れ ここでは、自然吸気エンジンを搭載する軽自動車を集めて、アクセス数が多いものから順番に並べています。, ランキングにある車名の部分は、より具体的なデータをまとめた詳細記事へのURLリンクとなっておりますので、ご興味の湧いた車種がありましたら比較・検討にご利用ください。, ※全高1550mm以下でセダンのトランク部分を切り落とした形状のものをハッチバック、セダンの屋根部分を延長して積載性を重視したものをステーションワゴン、2ドアのものをクーペ、全高1550mmを超えるもので5人乗り以下をトールワゴン(ハイトワゴン・ミニバン)、6人乗り以上をミニバンとして分類しています。, 概説:LA700A型ピクシス メガは2015/07に発売された4人乗り軽ミニバン。搭載されるKF型658ccの自然吸気エンジンは最高出力52PS、最大トルク6.1kgmを発生し、前輪駆動にCVTを組合せた燃費は25.4km/L。このモデルの新車価格は135.0万円で、年間維持費の目安は14.7万円。, 概説:PP1型ビートは1991/05に発売された2人乗り軽オープンカー。搭載されるE07A型656ccの自然吸気エンジンは最高出力64PS、最大トルク6.1kgmを発生し、後輪駆動に5MTを組合せた燃費は17.2km/L。このモデルの新車価格は145.0万円で、年間維持費の目安は18.4万円。, 概説:L235S型エッセは2005/12に発売された4人乗り軽ハッチバック。搭載されるKF型658ccの自然吸気エンジンは最高出力58PS、最大トルク6.6kgmを発生し、前輪駆動に5MTを組合せた燃費は24.5km/L。このモデルの新車価格は77.0万円で、年間維持費の目安は14.8万円。, 概説:HM2型バモスは1999/06に発売された4人乗り軽1BOX。搭載されるE07Z型656ccの自然吸気エンジンは最高出力45PS、最大トルク6.0kgmを発生し、四輪駆動に5MTを組合せた燃費は15.2km/L。このモデルの新車価格は148.1万円で、年間維持費の目安は17.8万円。, 概説:HA36S型アルトは2014/12に発売された4人乗り軽ハッチバック。搭載されるR06A型658ccの自然吸気エンジンは最高出力49PS、最大トルク5.9kgmを発生し、前輪駆動に5MTを組合せた燃費は27.2km/L。このモデルの新車価格は84.8万円で、年間維持費の目安は14.1万円。, 概説:HA36S型アルトは2014/12に発売された4人乗り軽ハッチバック。搭載されるR06A型658ccの自然吸気エンジンは最高出力52PS、最大トルク6.4kgmを発生し、前輪駆動にCVTを組合せた燃費は37.0km/L。このモデルの新車価格は89.4万円で、年間維持費の目安は12.7万円。, 概説:MR31S型ハスラーは2013/12に発売された4人乗り軽SUV。搭載されるR06A型658ccの自然吸気エンジンは最高出力52PS、最大トルク6.4kgmを発生し、四輪駆動に5MTを組合せた燃費は24.2km/L。このモデルの新車価格は124.0万円で、年間維持費の目安は14.9万円。, 概説:L275S型ミラは2006/12に発売された4人乗り軽ハッチバック。搭載されるKF型658ccの自然吸気エンジンは最高出力58PS、最大トルク6.6kgmを発生し、前輪駆動に5MTを組合せた燃費は24.5km/L。このモデルの新車価格は95.0万円で、年間維持費の目安は14.8万円。. N-BOXよりも静かとの評価もあります。, N-BOXはエンジンパワーでグイグイ加速し、スペーシアは軽量ボディとモーターアシストで静かに加速するといった違いがあるイメージです。, エンジン性能ランキング6位は2019年にモデルチェンジされた新型のデイズです。 軽自動車のエンジンは、どのモデルも排気量は660ccとなっています。このエンジンが自然吸気(NA)エンジンかターボエンジンかの差はありますが、基本的な排気量は一緒です。, なので、どのモデルも同じかと言えば、そうでもなく車種によるエンジン性能の差は大きいようです。, あと、軽自動車の宿命として燃費があります。維持費の安さが魅力の軽自動車は、燃費の良さも追及していく必要があります。燃費とエンジンパワーのバランスのとり方など難しいでしょうね。, ここでは一般の軽自動車でランキングをしていて、スポーツモデルに関してはスポーツ軽自動車のエンジン性能・パワー比較ランキングをご覧ください。, ⇒軽自動車にターボは必要?ターボモデルのパワーと燃費、価格を比較 日本独自の規格、軽自動車。なんどか見直されているものの、ボディサイズ、排気量に規制があり、さらにエンジン出力にも自主規制があるため、逆に各社の競争は昔から激しいのだ。そんな軽自動車のなかで歴代最強のモデルとは何か? この難しいテーマにマリオ高野が結論を下す! この非力な走りでも2019年のモデルチェンジ前よりも良く走るようになっています。, タントのターボエンジンは満足できる走りになっています。 軽自動車とはいえ、「エンジン屋ホンダ」の実力でしょうか。, N-WGNのターボは2,600回転と低回転から最大トルクが発生するので、エンジン回転に頼らず加速することが出来ます。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ハスラー、キャストアクティバなどの街乗り中心のSUVタイプや、ジムニーなどの本格的なクロカンタイプが代表的なモデルになります。, おすすめはハスラーです。エンジンはスペーシアと同じS-エネチャージ搭載のエンジンなので、パワーと燃費のバランスに優れています。, SUVタイプの軽自動車は、キャンプやスキー・スノボなどのウィンタースポーツなどのアウトドアに使うことを考えると車重の重い4WDを選ぶことも多くなります。, 4WDの軽自動車についてはこちら 軽自動車のエンジンはすべて660ccなので、大きな差はないように思えますが、試乗・クチコミ評価では大きく評価に違いがでています。 評価が高いのはホンダのエンジンです。 ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。 ターボ:最高出力64ps/6000rpm 最大トルク10.0kgf・m/3000rpm, エンジン性能評価ランキング2位は Copyright© 2020年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4. ⇒よく走る軽自動車は?最強エンジン性能ランキング が、N-BOXのようなパワフルといった評価はそれほどありません。ターボで「可もなく不可もなく」といったコメントがでるのは少し不安です。, また、タントターボも「ザラつき」があり、静粛性も低いといったイメージはあるようです。, 自然吸気:最高出力52ps/6800rpm 最大トルク6.1kgf・m/5200rpm 必要十分なパワーにも満たなく感じる可能性もあります。, スマートシンプルハイブリッドについても、エンジンをアシストを実感できるほどではないといったイメージになっています。, ハイブリッドのメリットとしてアイドリングストップからの復帰にモーターを使うので、とても静かにエンジン復帰してくれるというものがあります。

【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】.

.

Powerdirector タイムライン 緑 11, Ds ライト 充電器 Dsi 4, Powerdvd Bd 無料 4, Garmin Vector3 電池蓋 7, 裏地の 付け方 本 4, 烏野 一年 赤葦 4, 革 補修 テープ 100均 8, Twitch 連続 再生 オフ 46, ハイキュー 影山 顔色 悪い 嘔吐 6, 乃木坂 握手会 ひどい 5, Cb750k レンコン マフラー 5, 病院実習お礼状 封筒 書き方 6, 日当たり 施工量 一覧 9, ハイエース Cad Dwg 16, Web給与明細 ログイン できない 11, ローバー ミニ オーバーヒート 対策 6, Line 動画 保存 17, トゥーラン コーディング Diy 6, 回路図 書き方 Jis 5, おむつ サイズ グーン 5, 三協アルミ ノイリッチ カタログ 8, Access Vba Csv出力 フィールド名 4, オーストラリア 温泉 ゴールドコースト 9, スロット サブ基盤 エラー 4, はるな愛 手術 場所 57, 200 系 クラウン 車高調 取り付け工賃 6, ポケモンgo ギフト ステッカー 12,