全世界空前の社会現象!この英国貴族ドラマが、アメリカで、世界で、大ヒットするとは誰が想像できただろうか。常識を覆すほどのその魅力に、世界がひれ伏す! 海外ドラマ「Downton Abbey/ダウントン・アビー」ブルーレイ&DVD発売中! コーラの妊娠の後、メアリーがプロポーズの返事を渋っていることに怒り、マシューはメアリーが自分を愛しているかどうかだけが問題だと言う。戦争が迫る中、トーマスはクラークソン医師の助けで医療部隊の非戦闘任務を見つける。トーマスがカーソンの財布から金を盗むところをモールズリーが目撃するが、チャリティーのガーデンパーティまでは処分しないよう伯爵はカーソンに言う。トーマスは退職願を提出し、メアリーはイーディスが醜聞を広めたと追及し、報復すると脅す。メアリーはガーデンパーティーでストラランがプロポーズするつもりであると知り、イーディスに退屈な年寄りだと思われているとストラランに思い込ませ、ストラランは理由も告げずに立ち去る。オブライエンはコーラが自分の代わりを探していると誤解し、怒りのあまり浴槽の下に石鹸を置いて仕返しをしようとする。すぐに後悔するが警告できず、コーラは滑って転び流産する。死児が男の子であったことで、伯爵一家は胸を痛める。オブライエンは激しく動揺するが、トーマスは使用人たちが一家に同情するのを嘲り、また母親を悼むウィリアムを馬鹿にし、二人は喧嘩になる。, 英国では全8話+クリスマススペシャルとして放送されたが、日本ではクリスマススペシャルを加え、スターチャンネルでは全9話、NHKでは全10話として放送された。, 1916年11月、陸軍将校となっているマシューはソンムの戦いに参加しているが、休暇を得てダウントンに帰る。 マシューはラビニア・スワイヤーと婚約したと伯爵一家に話す。メアリーは悲しみを隠し、拝金主義として知られる新聞王のサー・リチャード・カーライルがダウントンを訪問すると話す。だがアンナと二人きりになると、マシューの婚約で受けた衝撃を隠せない。一方で、使用人たちは地元の病院に寄付するためのチャリティー・コンサートの準備をする。, 1918年中ごろ、伯爵は前線からさらに悪い知らせを受け取り、マシューとウィリアムがフランスで負傷したことを知る。ウィリアムは肺に大きな損傷を受けて回復の望みはなく、死ぬ前に結婚してくれとデイジーに望む。一方でマシューは脊髄に損傷を受けて下半身麻痺となる。二度と歩くことも、子供をもうけることもないと宣告される。ラビニアは、二人の関係には何の影響もなく、マシューの面倒をみたいと言う。だがマシューは自分のことを忘れるようラビニアに言って追い出し、メアリーがマシューの看護をする。息子を抱える戦争未亡人のジェーンが雇われる。ヒューズは密かに、赤子を抱えて恋人のブライアント少佐に無視されるエセルを助ける。, 1918年11月、戦争で酷い火傷を負い人相の変わったカナダ人の将校が親戚であると主張して、ダウントンへの移送を望む。伯爵は遠縁かもしれないと考え承知するが、将校はかつての後継者で死んだはずのパトリック・クローリーであると主張して皆を驚かせる。タイタニック号沈没のショックで記憶喪失になりカナダ人として暮らして来たが、戦争体験で記憶を取り戻したと言う。パトリックしか知らない物事を語るが、ほとんどの家族はまったく信じようとしない。だがイーディスだけは信じ、メアリーよりもイーディスの方が好きだったと聞かされて親密さを増す。伯爵は一件を調査させ、パトリックにはカナダに移住した友人がいたことを掴む。これを聞いた彼は突然立ち去り、イーディスに伝言を残すが正体は曖昧なままになる。, 1919年、マシューとラビニアの結婚式の準備が進む中、シビルからブランソンと結婚したいと聞かされて両親は驚き悲しむ。伯爵は大反対で、不名誉であると説き財産をやらないとシビルを脅すが無駄に終わる。ブランソンに金を渡してあきらめさせようとするが、シビルを真に愛していると拒否される。スペインかぜでコーラ、カーソン、そしてラビニアが病床に着く。トーマスの闇市場事業は大失敗に終わり、金も仕事もなくなるが、カーソンが病気になったため、役に立つところを見せられる。マシューはメアリーと二人きりになった時、バイオレットから聞かされたことを話す。ラビニアを裏切れないため、二人は結婚できないと確認し合う。 だがラビニアが階段から降りて来る時、二人はキスをする。ラビニアの病気のために結婚式は延期され、ラビニアはすべてを見聞きしたとマシューに言う。婚約を解消するべきだと言うが、マシューは拒否する。ラビニアの病気のせいでマシューとメアリーがよりを戻すことを恐れ、リチャード・カーライルがダウントン・アビーにやって来る。, 2011年のクリスマススペシャルに先駆けて放送された46分のドキュメンタリー『ダウントン・アビー 華麗なる舞台裏』(Behind the Drama)ではシリーズの撮影の舞台裏と企画者のジュリアン・フェロウズ、出演者たち、その他の製作者たちへのインタビューが公開された。イギリスでは2011年12月21日水曜午後7時30分よりヒュー・ボネヴィルのナレーションで放送され、450万人の視聴者を獲得した[8]。日本でもスター・チャンネルおよびNHKにて放送された。, 1919年12月、ダウントン・アビーはクリスマスの準備の最中である。伯爵、ヒューズ、オブライエンが裁判で証言するが、ベイツは殺人犯として死刑判決を受ける。ロザムンドとその求婚者のナイジェル・ヘイヴァースが館に滞在する。ロザムンドのメイドのマリゴールドがデイジーを唆してパットモアと軋轢を生む。マシューとメアリーの関係は再びもつれる。醜聞をリチャード・カーライルに握られたメアリーは、祖母のいるアメリカに逃げることを考え、夫の死が迫るアンナも同行しようとする。, 英国では全8話+クリスマススペシャルとして放送されたが、日本のスターチャンネルおよびNHKではクリスマススペシャルを二話に分割して加え、全10話として放送された。, 1921年9月、メアリーは一月後に出産を予定する。クローリー家はフリントシャー侯爵マクレア家の代々の居城であるスコットランドのダンイーグル城に向かい、伯爵の従妹スーザンとジョージ(シュリンピー)夫妻、そして娘のローズに会う。ベイツ、アンナ、モールズリー、オブライエンも同行する。グレッグソンもスコットランドに行き、伯爵一家と知り合いになろうとする。シュリンピーはインド赴任を予定するが夫婦仲は冷え切り、ローズとスーザンも確執を抱える。ブランソンは1歳になったシビルとダウントンにとどまる。一家の留守中、使用人たちは祭りに浮き立ち、カーソンは仕事に集中させるのに苦労する。新しいメイドのエドナはブランソンに接近し、パットモアには求婚者が現れる。, 英国では全8話+クリスマススペシャルとして放送されたが、日本のスターチャンネルとNHKではクリスマススペシャルを二話に分割して加え、全10話として放送された。, 1923年夏、ローズの宮廷でのお披露目を控え、グランサム家と使用人のほとんどはロンドンの屋敷に移動する。イーディスはロザムンドと共にスイスで娘を出産し養子に出していたが、後悔している。グレッグソンはいまだに行方不明であり、ドイツで騒ぎに巻き込まれたところが目撃されている。コーラの母マーサが息子のハロルドとアメリカから訪れてバイオレットを苛立たせ、ギリンガム卿とブレイクはメアリーを巡って争う。ハロルドの従者イーサンはデイジーに魅かれる。ブランソンは教師のサラ・バンティングと再会し、ダウントン・アビーを見せてくれと頼まれる。ホールを眺めるために二人は二階に上り、トーマスに目撃される。パーティーで、ローズの軽口がきっかけとなってサンプソンが王太子の手紙を愛人のハンドバッグから盗む。ヒューズは、ベイツのコートから、グリーンが死んだ日のヨークからロンドンへの列車のチケットを見つける。ヒューズはメアリーに見せ、二人は秘密にするが、メアリーは良心の呵責を覚える。, 英国では全8話+クリスマススペシャルとして放送されたが、日本のスターチャンネルおよびNHKではクリスマススペシャルを二話に分割して加え、全10話として放送された, 1924年前半、労働党が初めて政権についたため伯爵とカーソンは動揺する。村人は戦没者慰霊碑を建てるため、カーソンに建設委員長となるよう依頼する。カーソンは伯爵が顧問となる条件で受諾する。イーディスはグレッグソンの消息が不明で、小作人に養女に出した娘を育てられないことを悲しむ。ブランソンは教師のサラ・バンティングと親しくなるが、伯爵は好ましく思わない。デイジーは無学なことに悩み、算数を学ぼうとするがカーソンは反対する。ジミーはかつての主人で愛人関係にあったレディ・アンストラザーに追いかけられる。マートン卿はイザベルに接近しようとし、バイオレットは二人が会う機会をもうける。, 1924年前半、ダウントンの使用人たちは火事の後始末をする。ジミーはダウントンを去り、モールズリーが唯一の下僕となる。トーマスはバクスターの犯罪のことをモールズリーに話す。バクスターはモールズリーにもコーラにも犯罪の理由を話そうとせず、コーラは処分を決めかねる。美術史家のサイモン・ブリッカーが訪れ、コーラに言い寄るが、伯爵は犬がブリッカーになつき過ぎることしか気にしない。メアリーがギリンガムを選んだことを知り、ブレイクは引き下がる。伯爵は戦争記念碑を十字架の形で村の緑地に置く事を提案するが、カーソンはクリケット場に庭園形式で置こうと提案する。村の未亡人と息子に会った後、カーソンは伯爵の提案に同意する。ギリンガム卿とのリバプール旅行の前、メアリーは嫌がるアンナを強いて避妊具を買いに行かせる。農夫のドリューは、イーディスがマリゴールドの後援者になってはどうかと言うが、妻は嫌がる。, 1924年5月、バイオレットはイザベルを連れて困窮するロシア人亡命貴族を訪れ、クラーギン公爵とかつてロマンスがあったと後に語る。ブランソンとメアリーは大規模な住宅建設計画を進めようとするが、伯爵は拒否する。ローズの父のフリントシャー卿(シュリンピー)が来て離婚を発表する。グレッグソンがナチの暴動に巻き込まれた可能性が浮上し、イーディスはシュリンピーに調査を依頼する。イザベルはマートン卿に求婚され、考える時間が欲しいと答える。, 1924年、ロンドン警視庁のヴァイナー警部補がメアリーとアンナを聴取し、疑いを深める。パットモアが遺産を相続し、貸家を持つことにする。ロザムンドが訪れ、イーディスと一緒にマリゴールドを見に行く。ドリュー夫人は怒り、今後はマリゴールドを会わせないと言う。バイオレットがマリゴールドの件に気付き、ロザムンドと共に、子供をフランスに再養子に出すべきだとイーディスに言う。バンティングは新しい仕事を見つけて引っ越し、ブランソンはダウントンにとどまる。, 1924年、ミュンヘン一揆に巻き込まれて死んだグレッグソンの遺体が発見され、イーディスは悲しみに沈む。グレッグソンの出版社を相続し、ドリュー家から娘を引き取ってダウントンを去る。警察が匿名の手紙を受け取ってダウントンを訪れる。警察に刑務所に戻すと脅されたバクスターは、ベイツがグリーンの死に関係しているかもしれないと答える。ベイツは家で(メアリーの)避妊具を見つけ、殺人犯の子供は欲しくないのだろうとアンナを問い詰める。グリーンが暴行犯であることを知っており、ヨークからロンドンへのチケットは買ったが、グリーンを殺して死刑になればアンナを悲しませると思い、汽車には乗らなかったと言う。検札を受けていないチケットがあれば無実の証拠となったはずであるが、かばおうとしたメアリーがすでに焼却している。アンナは真相を聞いて安心し、ベイツと仲直りをする。, 1924年、ローズは、亡命ロシア人の世話をする時に会ったアティカス・アルドリッジと、その両親のシンダービー卿夫妻を紹介する。イザベルはマートン卿との結婚を発表する。後にバイオレットは、イザベルの身分の方が上になる事に嫉妬はしないが、仲間を失うのは悲しいと言う。コーラはドリュー夫人からマリゴールドの事を聞き、バイオレットとロザムンドが黙っていたことを怒る。コーラはロザムンドとロンドンに行ってイーディスを見つけ、子沢山のドリュー家から養女を迎えたことにしてはどうかと提案し、イーディスは承知する。ギリンガム卿は、メアリーはいまだに自分を望んでいるはとずだブレイクに言う。ブレイクは、トニーとメイベルの目の前でメアリーとキスをして、ギリンガム卿の未練を断ち切ろうとする。ギリンガム卿はついにあきらめるが、ブレイクも数カ月間海外に行くことになる。バクスターは、ヒューズが鉄道のチケットのことをメアリーに訪ねるのを立ち聞きして、自分が未使用のチケットを見たと証言してもいいとベイツに言う。バクスターは難しい立場におかれたために警察に通報したと言い訳するが、ベイツは冷たく当たる。, ローズの結婚式のために皆がロンドンにやって来るが、微妙な空気が流れる。アティカスがユダヤ人であるためローズの両親のフリントシャー卿夫妻は乗り気ではなく、ローズがユダヤ人でないためにアティカスの父親は乗り気でない。アティカスの母親だけが結婚に賛成する。特にフリントシャー卿夫人は離婚を控えた夫を含む誰に対してもとげとげしくあたる。アティカスと娼婦の写真をでっち上げようとまでするが、アティカスは難を逃れる。ヴァイナー警部補がアンナをロンドン警視庁に呼んで目撃者の面通しをする。, ドラマの時代考証家を務めるアラステア・ブルースが、かつての英国貴族の作法とその秘密を舞台裏からナビゲートする特別番組(The Manners of Downton Abbey)。2014年にイギリスで放送された。日本ではスター・チャンネルで『ダウントン・アビーの作法 ~蘇る英国貴族の生活~』として2015年に放送され、NHKでも2016年に『ダウントン・アビー 知られざる貴族の作法』として放送。, 病院買収を巡ってのバイオレットとイザベルの争いは白熱し、コーラはイザベルの味方につく。ロバートはカーソンとヒューズの結婚パーティーに使用人の食堂を使わせようとするが、メアリーは上階を使わせようする。だがヒューズは難色を示しカーソンとの間に摩擦が生じる。トーマスは皆に嫌われていると思い込み、別の仕事を探す。イーディスの出版社の雑誌編集者のスキナーはイーディスの口出しをことごとく嫌い、口論となる。アンナはメアリーに連れられてロンドンの産科医に行き、手術を勧められる。, パットモアからヒューズが屋敷のホールでの結婚パーティーに気乗りがしないと聞いたコーラは、家族の前でヒューズに説明させて、カーソンは折れる。バイオレットは伯爵を病院買収の件で味方につけようとする。病院の経営審議会は荒れ、イザベルはクラークソン医師に無礼な発言をする。動揺したコーラはヒューズに冷たく当たるが、後悔して謝罪する。イーディスは雑誌の編集者を解雇し、旧知のバーティーと徹夜で働いて次号の締め切りに間に合わせる。アンナは妊娠し、メアリーは三カ月後にロンドンの医者に行こうと言う。トーマスは職の面接に行くが辞退する。, 1925年、レディ・シャクルトンが甥でレーシング・ドライバーのヘンリー・タルボットと共にダウントンを訪れる。バイオレットは病院買収の件でレディ・シャクルトンを味方につけようとし、政府が地方から権限を奪おうとすることが気にいらないと言う。ロザムンドもまたダウントンに来て、理事を務める女子大の件でハーディング夫妻と会う。ハーディング夫人はかつてメイドであったグウェンであることがわかり、皆は再会を喜ぶ。ウィリス巡査は、かつて窃盗をさせられた男に対して裁判で証言することをバクスターに求める。バクスターは躊躇するが、モールズリーが背中を押すと承諾する。メイソンが小作人になれそうもないと知ったデイジーは怒ってコーラに抗議しようとするが、その前にコーラが伯爵とメアリーを説得して揉め事が避けられ、デイジーは失職せずに済む。, パットモア、デイジー、アンディーの助けでメイソンは農場に落ち着くが、デイジーはメイソンとパットモアの間にある好意に嫉妬する。アンディーは豚の飼育を手伝って農業を学ぼうとし、それまで避けていたトーマスに文盲であると打ち明け、勉強を助けてもらう。イーディスはローラ・エドムンドを編集者として雇い、バーティーと交際し始める。モールズリーはバクスターに付き添って裁判に行くが、証言の必要がなくなる。カーソンはヒューズの手料理を気にいらず、パットモアに料理を教えてくれるよう頼み、ヒューズを困惑させる。クラークソンが病院の件で立場を変えたためにデンカーは罵り、クラークソンの抗議で首になる。だがデンカーはスプラットを脅して自分のために弁解させ、職にとどまる。, カーソンは妻の家事に注文をつけ続け、パットモアから料理を習ってはどうかと示唆し、ヒューズを困惑させる。ダウントン村立病院の経営委員会はヨークシャー王立病院による買収に同意し、バイオレットに代えてコーラを理事長に指名する。デイジーはパットモアとメイソンの交際を邪魔し続け、二人もこれに気付く。メアリーはブランソンと一緒にロンドンに行ってヘンリーに会い、ブルックランズでの自動車レースに招待される。ヘンリーはメアリーに愛を告白する。, 1925年8月、親族が急死したためにバーティーは侯爵位を継ぐこととなり、伯爵はイーディスの婿候補の出世に喜ぶ。だがイーディスはマリゴールドのことを打ち明けるべきか迷う。嫉妬に駆られたメアリーがマリゴールドのことを暴露し、バーティーはイーディスを信頼できないと言って立ち去る。イーディスはロンドンに行き、雑誌にコラムを寄稿していた"ミス・ジョーンズ"がバイオレットの執事スプラットであることを知る。宿の最初の客が不倫カップルであったことがわかり、パットモアは悪い評判が広がるのを心配する。伯爵家が応援していることを示すため、ロザムンド、コーラそして伯爵はカーソンの反対をおしてお茶を飲みに行き、新聞社に写真を撮らせる。モールズリーは教師の仕事を始め、将来何になったとしても勉強を続けるべきだと子供たちに話して心をつかむ。トーマスは浴室で自殺を図るが救われる。, カーソンは給仕で手が震えて不手際を見せ、祖父や父も苦しんだパーキンソン病であると妻に告白する。イーディスはスプラットのコラムをページ全面に広げようとする。校長がモールズリーに教職と住居を提供する。マートン卿は悪性貧血に冒されたことをイザベルに打ち明け、それでも結婚したいと言う。だが息子の嫁のアメリアは舅をイザベルに会わせようとしない。アンディーはデイジーと付き合おうとし、デイジーは当初興味を示さないが、メイソンの農場で共に過ごすうちに好意を持つようになる。メアリーのお膳立てでバーティーはイーディスに求婚し承諾される。イーディスはバーティーの厳格な母親にマリゴールドの出自を打ち明ける。トーマスはダウントンを辞め、3人しか使用人のいない老夫婦のもとで仕事を見つけるが気に入らない。, http://www.itv.com/presscentre/press-releases/carnival-films-and-itv-announce-season-6-be-final-downton-abbey, David Bowie 'TOTP' footage boosts BBC Two - TV News, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ダウントン・アビーのエピソード一覧&oldid=79758080, 1913年3月、貴族の息子でメアリーの求婚者のイブリン・ネイピアがダウントンを訪れる。アルバニア独立交渉のためロンドン滞在中の、友人でトルコ外交官のケマル・パムークを伴って来る。メアリーはパムークに一目ぼれする。トーマスもまた一目ぼれをするが、相手にされない。パムークは、トーマスの性癖を秘密にする代わりに見返りを求める。次女イーディスはマシューの気を引くために地元の教会を見せて回るが、マシューは建物ばかり見てイーディスに興味を示さない。ベイツは足の矯正具を買うが、苦痛と傷に苦しみ、家政婦長のヒューズが気づいて止めさせる。メイドのグウェンは通信教育で密かに秘書となる勉強をしている。他の使用人には冷たい目で見られるが、シビル、ベイツ、そしてアンナが応援する。ディナーの間もメアリーはパムークばかり気にするが、キスされた時には驚いて拒む。その夜、トーマスの手引きでパムークはメアリーの部屋を訪れる。パムークはメアリーを誘惑するが、ベッドの上で急死する。醜聞を避けるため、メアリーはアンナと母の助けを借りてパムークの死体を彼の寝室に運び、厨房メイドのデイジーに目撃される。コーラは驚くが、伯爵に過大な心労を与えないよう、秘密にすると約束する。メアリーはパムークの死を悲しみ、ネイピアは自分にはメアリーとの結婚のチャンスがないことを悟る。, 1913年5月、隣村に移動遊園地がやって来る。アンナは病気で一日中床に伏せるが、ベイツが食事のトレイに花を添えて持って来る。ヒューズは、かつて求婚された男性に再び求婚される。人生の選択についてカーソンに相談し、熟考の後に断ることにする。トーマスは、デイジーに思いを寄せる下僕のウィリアムに意地悪するため、デイジーを遊園地に誘う。ベイツが怒ってトーマスを脅すが、トーマスは笑って立ち去る。マシュー付きの従者のモールズリーが野草にアレルギーを起こし、イザベルは丹毒だと誤診するが、バイオレットはアレルギーであると正しく診断して勝ち誇る。カーソンはワイン・セラーを点検してワインの不足に気付いて盗難を疑う。シビルは、アイルランド出身で政治に関心の強い運転手のブランソンの助けで、, 1913年8月、ベイツはトーマスがワインを盗んでいるところを見つける。報告されることを恐れて、トーマスはグランサム伯爵のアンティックな嗅ぎ煙草入れを盗みベイツの仕業に見せかけるが失敗する。アンナはベイツに愛を告白するが、一緒にはなれないと言われる。一方、メアリーと「ハンサムなトルコ人」の噂が広まる。メアリ達がパムークの死体を運ぶところを見てしまったデイジーは沈黙を守れなくなり、オブライエンに唆されて、イーディスに話してしまう。イーディスはトルコ大使館に手紙を書いて暴露する。イザベルは、毎年のフラワーショーで必ずバイオレットが優勝していることを疑問視して、モーズリーの父が出展する花を応援し、バイオレットを困惑させる。, 1917年4月、多くの男性使用人が戦争に行ったため、カーソンは自分の高い基準を保ってダウントンを運営することに苦心する。女性の使用人がダイニングルームで給仕することも受け入れざるを得ない。伯爵は、除隊したばかりのラングを従者として雇う。ウィリアムは軍採用の手紙を受け取って喜ぶ。パットモアは兵士となっていた甥についての悲報を受け取る。トーマスは戦争から戻り、地元の病院でシビルと共に働き始める。トーマスは毒ガスで盲目となった若い中尉に魅かれる。モールズリーはアンナと交際しようとする。マシューは、新兵募集のために一時イングランドに戻ることになる。カーソンは、取り返しがつかなくなる前にマシューに愛を告白するべきだとメアリーに助言する。一方、マシューの婚約者で、イザベルと同居していたラビニアは、会いたくなかった男と再会する。, 1917年7月、村の病院は前線から戻った負傷兵で一杯となり、ダウントン館が療養所となる。コーラの代わりにイザベルが館を指図するようになり、オブライエンは衝撃を受ける。病院で重要な地位にあるトーマスが助けてくれると示唆する。バイオレットはメアリーとマシューがいまだに愛し合っていると信じ、ロザムンドの助けを借りてマシューとラビニアの婚約を解消させようとする。またラビニアとサー・リチャードには秘密の関係があると確信する。一方、アンナはベイツと村で出くわし、ベイツは妻と別れてアンナと一緒になるつもりだと言う。ダウントン館では、従軍を控えたウィリアムがデイジーにプロポーズする。, 1918年初頭、エセルは療養中のブライアント少佐と館で関係を持ち解雇される。後にエセルが妊娠していることが分かる。館ではコンサートの準備が進められる。イザベルとコーラの緊張は高まり、イーディスはマシューとウィリアムに関する悪い知らせを受け取り、ブランソンは再びシビルに愛を告白する。伯爵は、近隣のパブで働くベイツを訪れる。伯爵はカーライルから手紙を受け取り、心配してメアリーと話し合う。バードは兵士に無料のスープを提供し始め、デイジーとパットモアが協力する。, 1919年、停戦を受けて人々は普通の生活に戻ろうとする。マシューは足の感覚を取り戻し始める。ある日、ラビニアが重いトレイを落とすところを見て、マシューは思わず車椅子から立ち上がる。軍医のクラークソン大佐は、最初から回復の可能性はあったがあてには出来ず、無駄に期待させたくなかったために黙っていたと言う。マシューはラビニアとすぐに結婚すると発表する。マシューに向かってバイオレットは、いまだにメアリーはマシューを愛していると言うが、マシューは人生を犠牲にしようとしてくれたラビニアと結婚する義務があると答える。一方、リチャード・カーライルはメアリーをスパイしてくれとアンナに頼んで困らせ、カーソンは怒ってリチャードの執事になることを断る。ベイツは、ヴェラが殺人の罪を自分に着せるために自殺したと知る。死んだ息子が療養した場所を見るためにブランソン少佐の両親がダウントンを訪れた時、ヒューズはエセルと幼児が面会するよう手配する。だが父親は怒り、エセルの主張を信じようとしない。トーマスは、戦後の闇市場で稼ごうと事業を始める。伯爵は、新人のメイドのジェーンに魅かれ、思わずキスをしてしまう。戦後の人生を熟考したシビルは、ブランソンと駆け落ちする。だがメアリーが気付き、イーディスとアンナと共に二人を見つけ、家に戻って堂々と両親の許しを請うよう説得する。, 1920年3月、伯爵はカナダの鉄道会社に投資していたコーラの莫大な持参金を倒産で失い、伯爵家は財政危機に瀕する。マシューがラビニアの父の遺産を相続する権利を得たため、危機を脱出する可能性が出る。だがメアリーのためにラビニアとその父を裏切ったと感じるマシューは良心の呵責に悩む。一方、オブライエンの甥のアルフレッドが使用人として雇われてカーソンの厳しい基準を満たそうと苦労するが、嫉妬するトーマスが邪魔をする。シビルと夫のトム・ブランソンはダウントンに戻るが、政治的信念を声高に語るブランソンは微妙な扱いを受ける。マシューはブランソンを付添人に選んで関係を修復する。コーラの母のマーサ・レヴィンソンがマシューとメアリーの結婚式に出席するためにダウントンを訪れ、皮肉とアメリカ人らしい振る舞いでバイオレットを苛立たせる。前夜に躊躇があったものの、マシューとメアリーは結婚する。, 1920年4月、ダウントンの将来が危ぶまれる中、メアリーとバイオレットはマーサに資金を出させてダウントンを経済危機から救おうと共謀する。晩餐会を催してダウントンの素晴らしさを印象付けようとするが、料理用オーブンが壊れて台無しとなり、マーサは一風変わったやり方で晩餐会を失敗から救う。だが支援を頼まれたマーサは、亡夫の遺言により資金の都合はできず、ニューヨークでもてなすぐらいしかできないと断る。クローリー家も世の中の変化に対応しなければならないと言い、アメリカに帰国すると語る。一方階下では、アルフレッドがマシューの従者に昇格したことについてトーマスとオブライエンが反目し、マーサ付きのメイドはアルフレッドに言い寄る。ヒューズには癌の疑いが持ちあがり、パットモアとクラークソン医師だけに打ち明ける。イザベルは、エセルが売春婦に身を落としていたことを知る。家族には年寄り過ぎると反対されるが、イーディスは積極的にストラランに接近しプロポーズされる。, 1920年5月、マシューはラヴィニアの父の残した手紙を読み、マシューがラヴィニアを苦しめたことを承知の上で遺産を残されたことを知る。マシューはダウントンを救うため、遺産を受け取ることを決意する。ロバートはマシューの金を貰うことを断り、マシューを伯爵家の財産の共同所有者とする。イーディスの結婚式が行われるが、ストラランは変心し結婚を取りやめる。検査の結果ヒューズは癌でなかったことが分かり、カーソンとパットモアは安心する。トーマスはオブライエンが辞めると言う噂を流して復讐する。ベイツの同室の囚人が寝床に麻薬を隠してベイツを陥れようとするが、別の囚人に警告されて助かる。, 1920年8月、独立機運の高まるアイルランドで貴族の館が放火され、ブランソンが現場で目撃されて警察に追われる。シビルを置いてダウントンに逃げて来たブランソンにクローリー家は怒るが、やがてシビルは無事ダウントンに到着する。伯爵は内務大臣を説得してブランソンのイングランド居住の許可を得るが、アイルランドに帰ると逮捕されることになる。アンナはベイツの手紙を受け取れなくなり、面会も許されなくなる。同じころ、ベイツもアンナの手紙が届かなくなり面会も無くなったことを訝る。ベイツが看守に恩を売ると、二人は留められていた大量の手紙を受け取る。エセルは息子により良い人生を送らせるため、祖父母に引き渡す。カーソンが新たに雇った下僕のジミー・ケントが、女性の使用人とトーマスの注目を集める。アルフレッドはデイジーから新人のキッチン・メイドのアイビーに関心を移す。イーディスは婦人参政権の拡大を求める投書を新聞に送る。, 1920年の8月、イーディスは定期的に新聞にコラムを寄稿するよう依頼されて興奮するが、家族は喜ばない。イザベルはエセルに使用人の職を与えるが、料理人のバードは元売春婦を同僚とすることを拒否して辞職する。アンナは夫の無実につながる手掛かりを得る。新しい厨房メイドのアイビーがアルフレッドの気を引いたため、デイジーに冷たくされる。マシューは領地経営に問題があると考え、伯爵家の顧問弁護士であるマレーの支持を得る。だが伯爵をのけものにしたとメアリーは怒る。シビルは産気づき、伯爵は著名な産科医であるサー・フィリップ・タプセルを雇って、クラークソン博士とコーラを困惑させる。二人の医師はシビルの状態に関して言い争う。クラークソンはシビルが, ブランソンは娘を亡き妻と同じくシビルと名付け、カトリックの洗礼を受けさせようとする。伯爵はどちらにも反対するが他の家族は賛成する。伯爵夫婦の溝を埋めるため、バイオレットはクラークソン医師に頼んで、シビルが帝王切開を受けていれば助かったかもしれないという発言を撤回させる。クラークソンはシビルはいずれにしても死んでいたはずだと夫妻に話し、コーラは伯爵を許す。アンナはベイツの濡れ衣を晴らす手掛かりを見つける。看守と牢仲間が妨害するが、ベイツは牢仲間を脅し、弁護士のマレーはベイツの釈放を勝ち取る。アルフレッドがアイビーに関心を寄せるため、デイジーは動揺する。エセルはパットモアの助けを借りて、クローリー家の女性たちを招く食事の準備をする。元娼婦が家族に食事を作ることに伯爵は激怒するが、クローリー家の女性たちは無視する。, 1920年9月、ベイツが釈放されてトーマスは面白くない。オブライエンに騙されてジミーに好意を持たれていると勘違いしたトーマスは、夜ジミーの部屋に忍んでゆく。眠っているジミーにキスした時、アイビーとのデートから帰ったアルフレッドが部屋に入って来る。ジミーは怒り、アルフレッドと共に嫌悪感を隠さない。ブランソンは娘のシビルに, 1920年9月、お屋敷チームと村のチームの年に一度のクリケットの試合が行われる。周囲はトーマスを警察に通報しないようジミーを説得するが、トーマスの夜這いを目撃したアルフレッドが通報する。警察が屋敷に来てアルフレッドに面会しようとするが、伯爵はアルフレッドに通報を取り消させ、誤解であったと警察を説得する。バイオレットの姪フリントシャー侯爵夫人スーザンの娘のローズ・マクレアがダウントンを訪れる。ローズが酒とパーティー好きの奔放な若い女性であることがロンドンで明らかになる。エセルは息子の近所に職を得てイザベラのもとを去る。イーディスはグレッグソンに精神を病んだ妻がいることを知る。メアリーとマシューはロンドンで出くわし、お互いが内緒で不妊治療を受けていたことを知る。メアリーは簡単な手術を受けたと話し、二人は子供が生まれることを楽しみにする。, 1922年2月、マシューの死から半年たってもメアリーは嘆き続け、息子のジョージにはあまり愛情を注ぐことができない。伯爵とブランソンは領地の経営について意見が合わず、相続税の支払いを心配する。オブライエンは, 1922年3月、メアリーを相続人に指定するマシューの手紙が発見される。幼児のジョージが相続するものと考え、自分一人で領地の運営をしたい伯爵は落胆する。バイオレットはメアリーの相続を支持し、ブランソンから領地運営を学ぶよう勧める。モールズリーが困窮して借金を抱え、道路工事の労働者となったことを知ったベイツは、バイオレットに援助を求め、忘れていた借金を返すふりをしてモールズリーに渡す。ローズとアンナは, ブランソンはエドナとの一夜を悔やむが、エドナはもし妊娠したら結婚してほしいと言う。ブランソンはヒューズに助けを請い、ヒューズはエドナが避妊していたことを見つけて警告し、エドナはダウントンを去る。相続税の件でロンドンに行くメアリーとブランソンにローズが同行し、ロザムンドの家に泊まる。ロザムンドはギリンガム卿とブロックを招き、一行はジャズクラブに行くが、ブロックは泥酔してローズをダンスフロアに置き去りにする。クラブの黒人歌手のジャック・ロスが助けに来てローズの体面を保つが、一行は困惑する。アンナは自分がベイツにふさわしくなくなったと思い込んでベイツを避け、二人の家から出て屋敷に引っ越したいと言い、ベイツは苦しむ。イーディスと結婚したいグレッグソンはドイツに移住して市民権を取り、現地の法を利用して精神病の妻と離婚しようとする。ロザムンドはイーディスが外泊したことを知り、評判に傷がつくと注意する。ギリンガム卿はメアリーを追ってロンドンからダウントンに来て求婚する。マシューの死を乗り越えられないメアリーは断り、ギリンガム卿は別の女性との婚約を発表する。, 1922年6月、合格者が辞退したためアルフレッドはリッツに職を得てダウントンを去る。カーソンはモールズリーを雇うことを渋るが、ヒューズがなだめて再雇用される。イーディスはグレッグソンから連絡が来ないことを心配し、さらに医者に妊娠を告知される。ベイツとアンナはホテルに食事に行くが横柄な支配人に断られそうになり、居合わせたコーラに助けられる。バイオレットは庭師が盗みを働いたと信じて解雇する。イザベルが濡れ衣を晴らし、バイオレットを責めようとするが、バイオレットがすでに庭師に謝罪し再雇用していたことを知って落胆する。ローズは伯爵の誕生日にジャズバンドを招いてサプライズを企画し、カーソンは黒人歌手のジャックを見て戸惑う。一家は驚きながらも礼儀正しく対応する。パーティーの後、メアリーはローズとジャックが階下でキスをしているところを目撃する。政府による領地の調査のため、旧知のネイピアが同僚のブレイクと共にダウントンを訪れる。ブレイクは辛辣な社会主義者的発言をするが、メアリーに魅惑される。, 1922年8月、イーディスは子供を小作人に養子に出そうとするが、ロザムンドは一緒にスイスに行って出産しそこで養子に出そうと言う。バイオレットは二人を詰問してイーディスの妊娠のことを聞き出し、旅の資金を出すという。ブランソンはローズとジャックを村のティーショップで見かけてメアリーに話す。メアリーはロンドンに行ってジャックに会うが、ジャックはローズの醜聞を恐れ二人の関係を終わらせようと既に決意している。アルフレッドはアイビーに求婚するが断られる。デイジーは自分の気持ちがわからず混乱するがアルフレッドをあきらめる。バクスターはモールズリーと親密になる。婚約解消を決意したギリンガム卿がダウントンを訪れてメアリーに接近する。メアリーはアンナからグリーンの暴行のことを聞き、ギリンガムにグリーンを解雇するよう頼む。コーラが主催したバザーの最中に、伯爵が突然帰宅する。ギリンガム卿が再び訪れ、グリーンが, 1924年5月、ウィリス巡査は、事故の直前にグリーンが誰かと話していたのを聞いた目撃者が名乗り出たと話す。また、グリーンが使用人仲間に、ダウントンでひどい扱いを受けたと話し、特にベイツを嫌っていたと言う。ウィリスはベイツを聴取し答えに満足するが、アンナは心配する。バイオレットの執事が、メアリーとギリンガム卿が, 1924年9月、シンダービー卿夫妻は狩猟のためにカントリーハウスを借り切って、伯爵家を招待する。執事のストーウェルは卑賤の生まれのブランソンに仕えることを露骨に嫌がり無視する。ストーウェルは使用人たちにも無礼に振る舞い、メアリーに唆されたトーマスは仕返しを企む。ストーウェルがディナーの席でシンダービー卿に侮辱されるよう仕向け、怒ったストーウェルから秘密を聞き出して、卿のかつての愛人と私生児がやって来るように仕向ける。ローズが事態をうまく収拾してシンダービー卿から感謝と尊敬を勝ち取る。バイオレットはクラーギン公爵と行方不明だった夫人を再会させ、スプラットとデンカーの争いをなだめる。カーソンとヒューズは二人でB&Bを経営しようと物件を探す。ヒューズは精神障害のある妹ベッキーの面倒を見なければならないため、引退するにも資金がないと告白する。イザベルはマートン卿と息子たちの不仲を招きたくないと言いプロポーズを断る。ロンドンで臨時に雇っていたアンディーが、第二下僕として雇われてトーマスは喜ぶ。胃潰瘍が見つかった伯爵は酒を控える。伯爵はマリゴールドを家族として受け入れるが、メアリーだけはマリゴールドの出生の秘密を知らないままとなる。ベイツはグリーン殺しを告白した手紙を残してアイルランドに去り、アンナは保釈される。モールズリーとバクスターはベイツの写真をもってヨーク中を歩きまわり、事件当日にベイツが昼食を食べたパブを探し当て、ベイツがロンドンにいなかった事を証明する。目撃者は記憶に自信をなくしてアンナは保釈されたままとなる。ダウントンでは盛大なクリスマスパーティーが開かれ、バイオレットは昔クラーギン公爵と駆け落ちしかけた思い出をイザベルに語る。カーソンは二人の名前で物件を買い、ヒューズにプロポーズして受け入れられる。ブランソンは皆に別れを告げてアメリカに行き、ベイツも戻ってアンナと再会する。, 1925年、大きな変化が起きつつある。伯爵は雇用を減らすことで経費削減を考え、使用人たちは心配し始める。ヒューズはカーソンとの夫婦生活について思い悩み、パットモアにカーソンと話してもらう。カーソンはすべてを受け入れると言い、ヒューズは安心する。大病院が地元の病院を買収しようとし、バイオレットは反対するが、イザベルは効率が上がると賛成する。メアリーがギリンガム卿と逢瀬を過ごしたホテルのメイドがメアリーを脅迫する。メアリーは拒否するが、伯爵は1000ポンドの要求に対し50ポンドだけを払い、二度と脅迫しないと言う誓約書を書かせる。伯爵はメアリーの勇気をほめ、メアリーはブランソンの代わりに領地の管理人となる。ウィリス巡査がアンナとベイツを訪れ、グリーンを殺した女が自白し証人も見つかったと言う。アンナは妊娠していないことを知って落ち込む。イーディスはロンドンにもっと滞在して出版業の経営に関わろうとする。伯爵一家は隣人の財産の競売に出席する。メイソンの農地も売られ、義理の娘のデイジーは新地主に抗議して怒らせる。デイジーは解雇の危機にさらされるが、コーラが守る。隣人は伯爵に、大領地は消える運命にあり、売った方がいいと勧める。, 1925年7月、イザベルは以前侮辱されたマートン卿の長男のラリーの結婚式への招待状を受け取り困惑する。バイオレットは新婦のアメリアに会い、イザベルをマートン卿と結婚させて老後の面倒を見させるつもりかと責める。バイオレットはフランスに出発し、伯爵に犬を贈る。一家はヘンリーの自動車レースを見物し、メアリーは飽きて不平を言う。ヘンリーの友人のチャーリーが事故で死に、人々は動揺する。メアリーはヘンリーに求婚の返事を求められ断る。デイジーとモールズリーは試験を受け、良い成績をおさめたモールズリーは教職に誘われる。アンディーの文盲が皆に知れ、モールズリーは読み書きを教えようと申し出る。ヒューズが手を怪我したふりをしたため、家事をすべて引き受けたカーソンは大変さを知る。パットモアは宿屋を始めて最初の客を迎える。イーディスはバーティーに求婚され、考える時間が欲しいと答える。.

.

ポケ 森 ひどい 31, Hisuite 接続 切れる 4, Yy通信 マックス レイド できない 9, 丸の内 蕎麦 個室 4, Mhxx G級 防御力 4, Devise デフォルト 画像 12, 齋藤飛鳥 父親 鹿島 建設 14, 両国 中学受験 ブログ 5, デリカ D:5 回転シート 8, 組み立て ベンチ Diy 7, 聖和学園 野球部 不祥事 4, ハリネズミ レボリューション 量 15, Mac Atok 入力ソース 5, さくら市 みろく 火事 4, Ryzen 電源プラン 不具合 4, 胸 強調 コーデ 11, スパロボ グレンラガン Bgm 5, 錦鯉 眠りに かける 9, エアガン サブマシンガン 一覧 5, Select Count 複数テーブル 14, 楽天link Iphone 対応予定 14, 札幌 北都 中学校 事件 8, バスケ 髪 長い 6, Unity Script 拡張 子 5, Gta5 オフライン レア車 32, Word 文字数 行数 設定 できない 12, 6畳 増築 確認申請 5, Sai 花 柄 テクスチャ 4, 犬 鳴く クーン 夜 4, こだま ひかり のぞみ 由来 6, 古関裕而 校歌 茨城県 11, 中央本線 クロスシート 運用 4, タナカ パイソン Rモデル 6, ダイソー 夏 2020 4, Bmw G21 納車 7, Bmw R100rs レストア 20, Bna ビー エヌ エー 配信 6, 保育園 就労証明書 役員 4, Dsrcユニットと通信ができ なくなり ました 4, 刀ミュ 鶴丸 岡宮 9,