基本的には出生図の月を1室として見ます。(チャンドラ・ラグナ)。, 昔は、出生時刻が正確でないため月ラグナを使っていたという事情があり、そのため月を基準にして考えるのが一般化しているためではないかという仮説があります。, http://tozai-astrology.com/jyotish/kensyo/ken07.html, 上記の表は本多先生などの日本語の図書にも書いてある一般的な内容ですが、重要な情報が足らず、この表だけではミスリードされます。, トランジット中のある惑星が吉のハウスに在住している時に、特定のあるハウスに惑星があるとその吉意が妨害され無効なものとなります。, この、トランジットにおける妨害を 『Gochar Vedha(ゴーチャラ・ヴェーダーかな?)』と言います。, 以下の表に、吉意の妨害を示します。(表の吉意の数字の真下に書いてある数字が、無効となるハウス番号です。例:太陽が3室にあるとき、他の惑星が9室にあると、その太陽の吉意は無効になります。), 上の図が、ある人の出生図で、下が現在のトランジットを示しています。 水星は足が速い天体ですから、「機敏さ」を促します。 しかし、第4ハウスに太陽が在室する方は社会的成功より「精神的ステージアップ」のほうが大切であることにきづきます。, 男女関係なく親の志を継ぐような生き方をした り、家業を継ぎ、家長的な役割は果たそうとします。, 母の象徴である「月」が第4ハウスに在室する場合、母親か らの影響が強く、家庭環境や習慣が初期段階の性格形成に大きな影響を与えています。 3ハウス 木星 4ハウス ... こんにちは、占い師詩織です。 ホロスコープの太陽で、自分の性格や相性を診断する方法をお伝えします! 太陽 ネイタルチャートの6ハウスにトランジットの太陽がある場合、6ハウスが表す、自分の奉仕活動や、日々の労働、また健康状態などの面が、トランジットの太陽によって大きくクローズアップされます。 こんにちは、占い師詩織です。 他のハウスはこちらから! 1ハウス 天王星 ... こんにちは、占い師詩織です。 他の星座はこちらから! おひつじ座 前のハウスからの影響もあります。, 第4ハウスに入る天体が良くても、その前の第3ハウスの状態が良くないとコミュニケーション不足などによる不安定な家庭環境となる傾向があります。 従って、第4ハウスは、「晩年」を表し「墓」でもあります。, 第3ハウスを「1」として数えると第6ハウスが「結果のハウス」になります。 4番目の「第6ハウス(バックグランドが薄いピンクのハウス)」で現れます。 また、その人にとって土台となる部分ということで、自分がリラックスできる場所も知ることができます。, 4ハウスに太陽があると、明るく健康的な家庭で育ったり、たくさんの愛情を受けて育つ配置です。, あるいは、家庭の期待を背負って育ったパターンも多く、家族のリーダー・中心人物だったかもしれません。, また、父親の影響が強く、父親を尊敬するところも。遺産や不動産を引き継ぐこともあるでしょう。, 独身であっても、周囲の親しい人たちとアットホームな集まりを作って、温かい時間を過ごすことができます。, 家族の幸せを守るために苦労を伴うこともありますが、慎重に対応すれば乗り越えられるでしょう。, 一人っ子なので両親と接する時間は多かったのですが、幼少期に母親が病にかかったのをきっかけに、ごく普通の生活は送れなくなりました。, それ以来、自分のことは自分でという気持ちが強くなり、家族の中心に立って生活してきました。, 今思うと、私が早くに精神的・経済的自立ができたのは、自分のそういった家庭環境(=4ハウス)が影響していたんだな…と実感しています。, その「自分が最も深く安心できる場所」を作るために必要なものを、4ハウスは手助けしてくれるはずです。, また、4ハウスの起点のことを「IC」、正反対の10ハウスの起点のことを「MC」と呼んでいます。, ホロスコープを読み解く上でこの二つはとても大切なので、ICとMCの意味も調べてみてくださいね。, ホロスコープの読み方や相性については 西洋占星術 記事一覧 ページ をご覧ください, 占い師 里みさきが、お一人お一人に合わせて【唯一無二の大ボリューム鑑定書】を作成します!, 無料メルマガ登録 特典【金星星座別・彼の好みのタイプとアプローチ法】会員専用ページへご招待♪, 西洋占星術と四柱推命の占い師。astrology tokyo認定鑑定師。1児(5才)の母親。太陽山羊座・月天秤座。主星と自星ともに偏官。元々、販売業だったが出産を機に退職。育児と家事に専念しようとするが、モヤモヤとした満たされない悩みを抱え、占いと出会う。西洋占星術と四柱推命で本来の自分を知り、本格的に占い師として鑑定活動を続けている。好きなものはお菓子(チョコとポテチ)。苦手なものは密集しているもの(特にムカデ)。→詳しいプロフィールはこちら. 第4ハウスの太陽.

第3ハウス「初等教育・知識」から得たモノが、第6ハウスで習慣化(仕事などで使いこなす)し、第9ハウスで哲学的な領域にまで成長し結果が現れます。 感じないタイプの人は何も感じないかも.

土星 両親との関係も感情的になりがちなので、家を出る人もいるようです。 天王星 海王... こんにちは、占い師詩織です。 太陽 4ハウスに太陽がある場合、どんな意味があるのか気になりますよね。西洋占星術では、太陽は社会的な自分を表しているのが解釈のポイント。今回は、4ハウスに太陽がある人の特徴をわかりやすくお伝えし … 感情面においては、感化されていることも多々あるでしょう。, この方にとって「家」は自分を蘇らす聖域ですから、「家」に対する関心が強いです。 水星 4ハウスに太陽があるということは3ハウスで手に入れた「知性」から次の段階、「心」を大切にする生き方になります。 おうし座 4ハウスにヘッド(10ハウスにテイル) 家で細々したことをするのに向いている時期。 家族で家事の分担を見直したり、家計を見直したり、健康に気を使った食生活に変えたり、生活の基盤となるものの再評価・更新に良い時期。 ナチュラル・ハウスのサイン…蟹座

第4ハウス 太陽. 不安定な家庭環境が、その人の根底的な不安になる場合もあります。, 子供の頃に家族(特に母親)からの強烈な影響を受けたり、体験する事があり、それがトラウマとなって潜在意識に深く刻み込まれてしまいます。 金星の長所である「愛と美」が失われ陰が現れます。, 料理やガーデニング好きでインテリアにも凝る。

水星 ご先祖様からの有形無形の何らかの影響が かに座 しし座... みずがめ座(水瓶座)のハウスで性格を鑑定。現役占い師が解説する、ホロスコープの読み方. 8ハウスに惑星がたくさんあったり、太陽が8ハウスだと、その傾向は強くなる。 ここ1年トランシットの木星が私の8ハウスに来たことに加え… 冥王星も関わっていたと実感している。(占星術の本などには載ってないけど、絶対そうだ。 木星 サインのルーラーについては下記の表をご覧ください。, ハウスのカスプのルーラーを捉えて、その天体がホロスコープを読み解くことは非常に大切なリーディング方です。, 各ハウスのカスプルーラーとなる天体が在室するハウスで起こる連鎖は下記のリストからご覧ください。, ハウス内に天体がない場合のリーディングについては、第2ハウスの一例ですが、こちらご参考ください。, 職業を判断する際「MC」を重視します。 眠りは活動停止ですから、「活動」においては「死」を表します。 第8ハウスにトランジットの海王星が訪れても. ICは、第4ハウスのカスプであるので、その方の根本的な安定感も表します。, 若い頃は自分が目指す社会的地位の確立を成し遂げようと奮闘します。 4ハウスの太陽. 自らの存在理由を自分自身に求め、自分への期待も非常に高いです。 生命力が強く、若くして人生を切り開く人が多いです。 個性や実力を社会で発揮しやすいです。 エネルギッシュで自信に満ち、権力志向な野心家で、名声を得る人が多いでしょう。 カリスマ性やリーダーシップがありますが、プライドが高く自信過剰な一面もあります。 困難に打ち克つ力があり、独立、起業に向いています。 ハードアスペクトがあれば、物事の始まりで出鼻をくじかれる傾向があります。 こんにちは!西洋占星術 占い師の里みさきです! 5ハウスにある惑星の意味を知っていますか? 西洋占星術では、5ハウスは趣味や恋愛など楽しいこと全般占うときに欠かせないポイントです。 今回は、西洋占星術 ... こんにちは!西洋占星術 占い師の里みさきです! 7ハウスに木星がある場合、どんな意味があるのか気になりますよね。 西洋占星術では、木星は拡大や寛容を表しているのが解釈のポイント。 今回は、7ハウスに木 ... こんにちは!西洋占星術 占い師の里みさきです! 8ハウスに土星がある場合、どんな意味があるのか気になりますよね。 西洋占星術では、土星は堅実さや忍耐を表しているのが解釈のポイント。 今回は、8ハウスに ... こんにちは!西洋占星術 占い師の里みさきです! 6ハウスに土星がある場合、どんな意味があるのか気になりますよね。 西洋占星術では、土星は堅実さや忍耐を表しているのが解釈のポイント。 今回は、6ハウスに ... こんにちは!西洋占星術 占い師の里みさきです! 8ハウスに金星がある場合、どんな意味があるのか気になりますよね。 西洋占星術では、金星は愛情や美・楽しみを表しているのが解釈のポイント。 今回は、8ハウ ... © 2020 占い師 里みさきのブログ Powered by AFFINGER5. おうし座

晩年は趣味を持ち充実した晩年を送るでしょう。, 競争や争いを司る火星が第4ハウスに在室する場合、家庭内は口論が多く、争いも多くなるでしょう。 金星 火星 毎年だいたい同じタイミングで、太陽は12ハウスをぐるっとまわっていくので、ザックリとした自分の1年間の意識の流れは、太陽がいつどのハウスに入るのかで、予測ができるはずです。毎年同じような時期に同じような出来事がやってくるのですね。 2ハウス 金星 火星 4ハウス 5ハ... 2ハウスに入った天体と、他天体とのアスペクトの関係や、 2ハウスの星座などを見て、 性格、相性、運勢を鑑定する方法を... こんにちは、占い師詩織です。 他の星座はこちらから! おひつじ座 子供の頃に家庭が崩壊し、親との縁が薄くなる傾向があります。 毎年だいたい同じタイミングで、太陽は12ハウスをぐるっとまわっていくので、ザックリとした自分の1年間の意識の流れは、太陽がいつどのハウスに入るのかで、予測ができるはずです。毎年同じような時期に同じような出来事がやってくるのですね。 それは、全てを受け入れ「赦す」ことができる人間として成長した「結果」です。. スポンサーリンク

月 かに座 ... こんにちは、占い師詩織です。 他のハウスはこちらから! 1ハウス ふたご座 月... こんにちは、占い師詩織です。 太陽 トランジットの技法では、惑星が何室に入っているかによって、吉凶や特定の意味が出てきます。, 下記のトランジットの惑星と室の関係を示しますが、

4ハウスは、ハウスのスタートから見て4番目のハウスで、家庭や家などの自分の帰る場所を表します。, 個人志向的なハウスの中では一番個人志向で、故に自分の内面などを表すことも多いでしょう。, 自分の精神世界などを表すICが4ハウスのカスプであることからもわかるように、自分の内側を表したり、家庭環境などを表したりする傾向があります。, また、人間は大体晩年は仕事を離れ、プライベートな時間が多くなることから晩年を表すとも言われています。, 対岸のハウスは10ハウスで、家庭や家庭環境など自分自身の帰る場所や自分の内面を表す4ハウスとは対照的に、より社会的な地位などを表すハウスで人生における社会的な最終目標などを表したりもします。, 4ハウスのカスプがICであれば、10ハウスのカスプはMCなのである意味当然といえば当然といえそうです。, また、意味の対比として、4ハウスが家族などの個人的集団、10ハウスが社会的な集団を表す場合もあります。, そのため、4ハウスに天体が集中していて、10ハウスが薄かったりすると、自分の中の内面主義や家庭志向が強かったりします。, 反対に10ハウスに天体が集中していて、4ハウスが薄かったりすると、外に目が向く人で、社会的な目標を達成していく外向きな思考が強かったりします。, なお、ハウスを12星座に当てはめる考え方から行くと、4ハウスは、かに座(蟹座)を表すことになり、ここからも自分の家庭志向的な部分や母性などを読み取ることができます。, 4ハウスに天体が入室したとき、その天体の性質・性格が、その人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面で強く反映されやすくなります。, 例えば、4ハウスに自分自身を表す太陽が入ると、自分の中で、生活の軸になっているのが、家庭なので家庭を一番に大切にし、場合によっては家で仕事を行うようなタイプかもしれません。, 一方で4ハウスに月が入ったりすると、月は感情やインナーチャイルドなどを表し、かつ家庭や内面のハウスである4ハウスと共鳴するので、より内面志向や家庭志向が強くなり、それらを充実させるために生きている人が多いといえます。, このように、4ハウスに入室している天体の性格が、その人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面で直結しやすいといえます。, 4ハウスに天体が集中していると、それだけ自分の中で、その人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面で意識が強くなりやすく、それを内的志向や行動の傾向が大きくなります。, 一方で、4ハウスに天体がない場合は、4ハウスのカスプにある星座や、その星座のルーラー(例えば、しし座がカスプにいたら、支配星の太陽がルーラー)のハウスなどで判断しますが、自分の家庭志向や内面重視の面というのは少し弱くなる傾向にあるでしょう。, 4ハウスに太陽が入室したとき、上でも例示しましたが、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の社会性や自意識などを表す太陽などがかかわってくるので、自分の中で、生活の軸になっているのが家庭で、そのため家庭を一番に大切にし、場合によっては家で仕事を行うようなタイプだといえそうです。, 特に、太陽は自分の公的な面を表す天体でもあるので、それが4ハウスにあるということは、仕事などをしていても家庭志向的な部分が強く外に押し出されていうことになります。, 性格を見るシングルチャートにおいて、太陽が4ハウスに入っている場合は、やはり、自分の中で、生活の軸になっているのが家庭で、そのため家庭を一番に大切にして仕事などをしている人だといえます。, 相性を見るダブルチャートで自分の太陽が相手の4ハウスに入っていた場合は、自分の公的な面や自分で決める面が、相手の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 反対に、相手の太陽が自分の4ハウスに入っていた場合は、相手の公的な面や自分で決める面が、自分の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 運勢を見るトランジット×ネイタルのホロスコープにおいて、自分の4ハウスにトランジットの太陽が入ってくる場合は、少し内面志向的になるので、他者との交流は親しい人に限定される傾向があります。, この時期は内面やプライベートを充実させる方に意識を向けたほうが気持ち的にも充実しやすいといえます。, 4ハウスに入室している太陽が他の天体等とソフトアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように太陽が入っていって、そこに他の性質が調和するように加わってくるので、自分の内面や家庭、プライベートを充実されるうえで、アスペクトした天体の分野が上手く調和する方向に働いてくれやすいといえます。, 例えば、4ハウスにある太陽に対して、12ハウスにある木星がトラインをとった場合、12ハウスは自分の潜在意識を表すハウスで、そこに拡大や幸運などを表す木星が入って、4ハウスとアスペクトをとるので、4ハウス太陽の内面や家庭、プライベートを充実させようとする志向と、12ハウス木星の拡大的な潜在意識が上手くかみ合い、自分の第六感の外向きな気持ちが、自分の内面や家庭、プライベートの充実に知らぬうちにいい方向で働きかけてくれていそうです。, このように、太陽4ハウスの内面や家庭、プライベートを充実させようとする志向と上手く調和してくれるようにソフトアスペクト働いていくでしょう。, 他にも、8ハウスの天体とトラインをとることで、自分の、他者との共有意識と、内面や家庭、プライベートを充実させようとする志向と結びつけます。, 2ハウス、6ハウスの天体と結びついたりすることで、それぞれ自分の財運や才能などの所有意識、他者に対して奉仕する気持ちが、内面や家庭、プライベートを充実させようとする志向に対していい方向につながっていきそうです。, 4ハウスに入室している太陽が他の天体等とハードアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように太陽が入っていって、そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、その対立したもので、内面や家庭、プライベートを充実させようとする志向が乱されるかもしれません。, 例として、4ハウスの太陽に対して、10ハウスの土星がオポジションをとることで、社会における最終目標を表す10ハウスに入室している、縮小や試練などを表す土星が対立してしまい、4ハウス太陽によってもたらされるはずの、内面や家庭、プライベートを充実させようとする志向が、社会的な立場で大きく試練を与えられる結果として、内面の充実も図れなくなってしまい、自分のプライベートな環境もなかなか整備できない傾向にあります。, ただし、どんなハードアスペクトでも、対立やかき乱される葛藤の中に、より大きな力が隠れているので、4ハウス太陽と、10ハウス土星は、一見このようにお互いを邪魔しますが、10ハウス土星の高く険しい社会的目標達成の兆しが見えて、4ハウス太陽の自身のライフスタイルとしての内面的、家庭的、プライベート的充実のバランスをとれるようになると、4ハウス太陽の良さである内面や家庭、プライベートを充実させようとする志向がよりいい形で現れるようになります。, このように、ハードアスペクトをとることで4ハウス太陽の、内面や家庭、プライベートを充実させようとする志向がアスペクトをとった天体と対立、もしくはかき乱されてしまうような方向に行ってしまいがちですが、上手く使えば、ソフトアスペクト以上に強い力ともなり得るアスペクトとなります。, 性格を見るネイタルの4ハウスに太陽がある場合、全体でも書いたように、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の社会性や自意識などを表す太陽などがかかわってくるので、自分の中で、生活の軸になっているのが家庭で、そのため家庭を一番に大切にし、場合によっては家で仕事を行うようなタイプだといえそうです。, 幼い時から親との関係が深い傾向にあるため、親の価値観に強く影響を受ける傾向があります。, 特に、親から褒められることは、かなり影響が大きく、ちゃんと褒められていればプラスの影響が大きかったでしょうし、逆に褒められていなければ、少し性格上でのマイナスな影響も大きかったといえます。, ただ、いずれにしてもそのような過去があることから、自分は家庭を大切にする、プライベートを大切にするという意識が強い人だといえます。, ハウスを12星座で表したときの4ハウスは、かに座(蟹座)を表すことからも同様の傾向が分かるため、やはり、自分のプライベートな時に接する人を大切にしやすい傾向があります。, 相性を見るダブルチャートにおいて、自分の4ハウスに、相手の太陽がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、相手の自我や公的な面を表す太陽が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、相手の存在が強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、自分がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、相手の存在によって、自分のプライベートな面や、精神面での充実を図るヒントを得られるかもしれません。, 特に、公的に活躍している場面での相手の立ち振る舞いは、自分のプライベートな面や精神面を迷いなく重視できるきっかけを作ってくれることすらあるでしょう。, なお、4ハウスを星座とみる観点から、かに座(蟹座)と置き換えた場合、長い人生の中で、4ハウスの担当は青年期を表すことになるので、大体20歳を超えたぐらいぐらいの時に出会った場合の影響力は絶大かもしれません。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、プライベートでのかかわりを多くしていくと、よりいい影響を与えられるでしょう。, 相性を見るダブルチャートにおいて、相手の4ハウスに、自分の太陽がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の自我や公的な面を表す太陽が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、自分の存在が強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、相手がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、自分の存在を強く示すほど、相手のプライベートや精神面での充実の手助けとなりそうです。, 特に、公的に活躍している場面での自分の立ち振る舞いは、相手の好きなものやプライベートで大切にしているものを、遠慮なく大切にできるような方向にもっていくことができて、いい影響を与えられそうです。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべく、プライベートなものを公的な場でも遠慮なく出せるような関係を作ると、寄り相性が深まります。, ネイタルの4ハウスにトランジットの太陽がある場合、4ハウスが表す、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面が、運行中の太陽によって大きくクローズアップされます。, ゆえに、この時期は少し内的志向や家庭環境、プライベートなどに重きを置く傾向が強くなります。, 仕事関係で充実したとしても、肝心の家庭環境やプライベートがおざなりになっていると、あまり精神的な面での充実感は得にくく、むしろ仕事を少しセーブしてでも、家庭環境やプライベートを充実させた方が精神的には充実感を得られるでしょう。, ただし、あまりに家庭環境やプライベートを充実させようとすると仕事などの社会的な面がおざなりになって、後々苦労するので、仕事などの社会的な面は現状維持を目指しつつ、家庭環境やプライベートを充実させようとしていった方がいいでしょう。, むしろ、社会的な面をおざなりにしやすい傾向のある運勢なので、そこの現状維持は強く意識しておいた方がいいです。, ホロスコープ上の太陽の周期は約1年なので、1年に一回、1か月ほどこういう時が来るということを覚えておくといいでしょう。, 4ハウスに月が入室したとき、上でも例示しましたが、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の感情やインナーチャイルドなどを表す月などがかかわってくるので、自分の中で、生活の軸になっているのが家庭で、そのため家庭を一番に大切にし、家庭の環境が自分の精神に直結しやすいといえます。, 特に、月は自分のプライベートな面や内面を表す天体でもあるので、それが4ハウスにあるということは、より家族志向や内面の感情を重視する傾向は強まるでしょう。, 性格を見るシングルチャートにおいて、月が4ハウスに入っている場合は、やはり、自分の中で、生活の軸になっているのが家庭で、そのため家庭を一番に大切にし、家庭の環境が自分の精神に直結しやすいといえます。, 相性を見るダブルチャートで自分の月が相手の4ハウスに入っていた場合は、自分の感情的な面や共感する面が、相手の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 反対に、相手の月が自分の4ハウスに入っていた場合は、相手の自分の感情的な面や共感する面、自分の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 運勢を見るトランジット×ネイタルのホロスコープにおいて、自分の4ハウスにトランジットの月が入ってくる場合は、社会的にプライベート志向が向くよりも、より内面的に家庭志向やプライベート志向が向くので、他の天体次第ですが、意外と普段は外向的で、しかし、1人の時間を絶対に邪魔されたくない、という感じになりやすいです。, 4ハウスに入室している月が他の天体等とソフトアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように月が入っていって、そこに他の性質が調和するように加わってくるので、自分の内面や家庭、プライベートを感情的に充実されるうえで、アスペクトした天体の分野が上手く調和する方向に働いてくれやすいといえます。, 例えば、4ハウスにある月に対して、8ハウスにある木星がトラインをとった場合、8ハウスは他者との共有を表すハウスで、そこに拡大や幸運などを表す木星が入って、4ハウスとアスペクトをとるので、4ハウス月の内面や家庭、プライベートを感情的に大切にしていく志向と、8ハウス木星の他者と拡大的に共有していく感覚が上手くかみ合い、外で他者といろんなものを共有することが自分の内面や家庭、プライベートの充実やそれを通した感情の充実にいい方向で働きかけてくれていそうです。, このように、月4ハウスの内面や家庭、プライベートを感情的に大切にしていく志向と上手く調和してくれるようにソフトアスペクト働いていくでしょう。, 他にも、12ハウスの天体とトラインをとることで、自分の、自分の潜在意識と、内面や家庭、プライベートを感情的に大切にしていく志向と結びつきます。, 2ハウス、6ハウスの天体と結びついたりすることで、それぞれ自分の財運や才能などの所有意識、他者に対して奉仕する気持ちが、内面や家庭、プライベートを感情的に大切にしていく志向に対していい方向につながっていきそうです。, 4ハウスに入室している月が他の天体等とハードアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように月が入っていって、そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、その対立したもので、内面や家庭、プライベートを感情的に大切にしていく志向が乱されるかもしれません。, 例として、4ハウスの月に対して、10ハウスの土星がオポジションをとることで、社会における最終目標を表す10ハウスに入室している、縮小や試練などを表す土星が対立してしまい、4ハウス月によってもたらされるはずの、内面や家庭、プライベートを感情的に大切にしていく志向が、社会的な立場で大きく試練を与えられる結果として、内面の充実も図れなくなってしまい、自分のプライベートな環境もなかなか整備できない傾向にあります。, ただし、どんなハードアスペクトでも、対立やかき乱される葛藤の中に、より大きな力が隠れているので、4ハウス月と、10ハウス土星は、一見このようにお互いを邪魔しますが、10ハウス土星の高く険しい社会的目標達成の兆しが見えて、4ハウス月の内面的、家庭的、プライベート的充実のバランスをとれるようになると、4ハウス月の良さである内面や家庭、プライベートを感情的に大切にしていく志向がよりいい形で現れるようになり、感情的にも安定してきます。, このように、ハードアスペクトをとることで4ハウス月の、内面や家庭、プライベートを感情的に大切にしていく志向がアスペクトをとった天体と対立、もしくはかき乱されてしまうような方向に行ってしまいがちですが、上手く使えば、ソフトアスペクト以上に強い力ともなり得るアスペクトとなります。, 性格を見るネイタルの4ハウスに月がある場合、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の感情やインナーチャイルドなどを表す月などがかかわってくるので、自分の中で、生活の軸になっているのが家庭で、そのため家庭を一番に大切にし、家庭の環境が自分の精神に直結しやすいといえます。, いい意味でも悪い意味でも感情の変化が家族に直結しやすいので、どうしてもプライベートの時間を大切にする傾向があります。, そのため、若干人付き合いに対しては積極的ではない傾向がありますが、その分親しくなった人にはかなり優しくします。, また、自分の暮らす家に関しても、やはりかいてきさをもとめるので少しこだわるほうだといえます。, 相性を見るダブルチャートにおいて、自分の4ハウスに、相手の月がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、相手の感情やインナーチャイルドなどを表す月が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、相手の感情やインナーチャイルドなどが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、自分がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、相手の感情やインナーチャイルドとかかわることによって、自分のプライベートな面や、精神面での充実がより楽にやれるようになるかもしれません。, 故に、プライベートでの経験は一緒にたくさんしていき、かんじょうてきなふれあいをたいせつにするとよりいい影響を受けられるでしょう。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべく、お互いに感情面で深いところまでさらけ出すように努力すると、相性が深まっていきます。, 相性を見るダブルチャートにおいて、相手の4ハウスに、自分の月がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の感情やインナーチャイルドなどを表す月が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、自分の感情やインナーチャイルドなどが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、相手がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、自分の感情やインナーチャイルドをちゃんとさらけだしてあげると、相手も心を許しやすくなって、プライベートの充実につながっていくでしょう。, 特に、この相性では相手が心を開きやすいので、ちゃんとその開くきっかけをこちらから作ってあげると、スムーズに関係が進行します。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、お互いにプライベートで歩み寄って感情を出していくと、関係が深まっていくでしょう。, ネイタルの4ハウスにトランジットの月がある場合、4ハウスが表す、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面が、運行中の月によって大きくクローズアップされます。, 特に家族や親しい人との時間を大切にする傾向があり、もしこの日にそれができないと精神的に不安定になりやすくなります。, 若干子供の感覚に戻りやすいので、わがままを言いやすくなる時ですが、それが出るのは親しい人だけなので、そんなに問題になることはないでしょう。, またこのときに、家の環境を快適にする方向でいろいろ変えると、うまくいきやすく、この後も快適に過ごせるでしょう。, ホロスコープ上の月の周期は約28日なので、一カ月に一回、1日ほどこういう日が来るということを覚えておくと、この日はこういう日なんだと割り切ることができるでしょう。, 4ハウスに水星が入室したとき、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の知識やコミュニケーション。, 好奇心などを表す水星などがかかわってくるので、自分の中で、情報の軸になっているのが家庭や自分のプライベートなので、プライベートでたくさん勉強をしたり経験をしたりしていると、それが他の行動に行きやすくなります。, 勉強熱心で、プライベートの時間でも本を読んだり、インターネットで調べ物をしていたりすると気持ちが充実してくる傾向にあります。, 性格を見るシングルチャートにおいて、水星が4ハウスに入っている場合は、やはり、自分の中で、情報の軸になっているのが家庭や自分のプライベートなので、プライベートでたくさん勉強をしたり経験をしたりしていると、それが他の行動に行きやすくなります。, 相性を見るダブルチャートで自分の水星が相手の4ハウスに入っていた場合は、自分の知識やコミュニケーション、好奇心が、相手の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 反対に、相手の水星が自分の4ハウスに入っていた場合は、相手の知識やコミュニケーション、好奇心が、自分の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 運勢を見るトランジット×ネイタルのホロスコープにおいて、自分の4ハウスにトランジットの水星が入ってくる場合は、情報志向になりやすく、プライベートな時間でも知識や情報を得ようとする方が充実感を得られそうです。, ただ、人間関係などに意識が行かなくなりやすいので、コミュニケーションを通して相手の価値観を学ぶように意識を変えておくと、今までの人間関係の流れを断ち切らずに済むでしょう。, 4ハウスに入室している水星が他の天体等とソフトアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように水星が入っていって、そこに他の性質が調和するように加わってくるので、自分の内面や家庭、プライベートが知識や情報を通じて充実されるうえで、アスペクトした天体の分野が上手く調和する方向に働いてくれやすいといえます。, 例えば、4ハウスにある水星に対して、12ハウスにある金星がトラインをとった場合、12ハウスは自分の潜在意識を表すハウスで、そこに美的センスや快楽などを表す木星が入って、4ハウスとアスペクトをとるので、4ハウス水星の内面や家庭、プライベートを知識や情報を通じて充実させようとする志向と、12ハウス木星の潜在的な美的センスや快楽主義が上手くかみ合い、潜在的にある美的センスや快楽主義の流れに従っていくことで、自分の内面や家庭、プライベートにおける情報や知識の充実に知らぬうちにいい方向で働きかけてくれていそうです。, このように、水星4ハウスの内面や家庭、プライベートを知識や情報を通じて充実させようとする志向と上手く調和してくれるようにソフトアスペクト働いていくでしょう。, 他にも、8ハウスの天体とトラインをとることで、自分の、他者との共有意識と、内面や家庭、プライベートを知識や情報を通じて充実させようとする志向と結びつきます。, 2ハウス、6ハウスの天体と結びついたりすることで、それぞれ自分の財運や才能などの所有意識、他者に対して奉仕する気持ちが、内面や家庭、プライベートを知識や情報を通じて充実させようとする志向に対していい方向につながっていきそうです。, 4ハウスに入室している水星が他の天体等とハードアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように水星が入っていって、そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、その対立したもので、内面や家庭、プライベートを知識や情報を通じて充実させようとする志向が乱されるかもしれません。, 例として、4ハウスの水星に対して、10ハウスの火星がオポジションをとることで、社会における最終目標を表す10ハウスに入室している、エネルギーや攻撃性、勢いなどを表す火星が対立してしまい、4ハウス水星によってもたらされるはずの、内面や家庭、プライベートを知識や情報を通じて充実させようとする志向が、社会的な立場で大きくなろう、戦っていこうとする気持ちによって空回りしてしまい、結果的に自分のプライベートな環境もなかなか充実できない傾向にあります。, ただし、どんなハードアスペクトでも、対立やかき乱される葛藤の中に、より大きな力が隠れているので、4ハウス水星と、10ハウス火星は、一見このようにお互いを邪魔しますが、10ハウス火星の社会で戦っていって大きくなろうとする姿勢に、4ハウス水星の内面的、家庭的、プライベート的充実のための情報・知識を上手くかみ合わせることができるようになると、4ハウス水星の良さである内面や家庭、プライベートを知識や情報を通じて充実させようとする志向がよりいい形で現れるようになり、プライベートの充実ができてくるでしょう。, このように、ハードアスペクトをとることで4ハウス水星の、内面や家庭、プライベートを知識や情報を通じて充実させようとする志向がアスペクトをとった天体と対立、もしくはかき乱されてしまうような方向に行ってしまいがちですが、上手く使えば、ソフトアスペクト以上に強い力ともなり得るアスペクトとなります。, 性格を見るネイタルの4ハウスに水星がある場合、全体でも書いたように、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の知識やコミュニケーション。, 家でもその勉強の時間や情報収集の時間に重きが置かれている家庭であることが多く、そこに対して苦に思うことは少ないようです。, プライベートにおいても俊敏で、情報収集や勉強のためなら、結構身軽に行動できるでしょう。, ハウスを12星座で表したときの4ハウスは、かに座(蟹座)を表すことからも同様の傾向が分かるため、親しい人とコミュニケーションで有意義な情報交換をすることで充実しそうです。, 相性を見るダブルチャートにおいて、自分の4ハウスに、相手の水星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、相手の知識やコミュニケーション。, 好奇心などを表す水星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、相手の知識やコミュニケーション。, 4ハウスの場合は、自分がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、相手の情報や知識志向によって、自分のプライベートな面や、精神面での充実を図るヒントを得られるかもしれません。, 故に、コミュニケーションを積極的に取って、相手の豊かな情報を得ようとすると、相手からいい影響を得やすくなります。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべくプライベートでもコミュニケーションをとっていろいろ勉強させてもらう態度でいると、相手からの恩恵を受けやすくなります。, 相性を見るダブルチャートにおいて、相手の4ハウスに、自分の水星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の知識やコミュニケーション。, 好奇心などを表す水星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、自分の知識やコミュニケーション。, 4ハウスの場合は、相手がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、自分の知識や情報を相手に与えていく方が、結果的に相手のプライベートや内面の充実にプラスになっていきます。, 故に積極的にコミュニケーションをとりながら、相手に必要な情報をさぐって自分の中からアドバイスしてあげる方がいい関係性だといえます。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべく、プライベートな付き合いを深くして、いろんなコミュニケーションをすることで、お互いのいろんな面が引き出されて、お互いにプラスになっていくでしょう。, ネイタルの4ハウスにトランジットの水星がある場合、4ハウスが表す、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面が、運行中の水星によって大きくクローズアップされます。, よってこの時期は、水星的なコミュニケーションや情報・知識の面に意識が行きやすく、特に仕事というより、自分の趣味やプライベートでその意識が強くなるので、自分が没頭していることに対して積極的に、情報や知識を集め、コミュニケーションによって情報交換をしていくでしょう。, ただし、プライベートの休息という意味では、少しやりたいことが多くて忙しくなりやすいので、休息はとりづらいかもしれません。, なお、ホロスコープ上の水星の周期は約88日なので、約3カ月に一回、1週間以上?2ヶ月半ほどこういう日が来るということを覚えておくと、この日はこういう日なんだと割り切ることができるでしょう。, 4ハウスに金星が入室したとき、上でも例示しましたが、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の美的センスや、愛情、また趣味や快楽などを表す金星などがかかわってくるので、自分の中で、家庭で多くの愛情を受けて育ち、家庭内でおいて楽しいものを見出す傾向にあります。, またはプライベートなどで、多彩な趣味を持っていたり、面白い生活をしていたりすることが多いです。, 特に、金星は自分のプライベートな面や内面を表す天体でもあるので、それが4ハウスにあるということは、より家族志向や内面の感情を重視する傾向は強まるでしょう。, 性格を見るシングルチャートにおいて、金星が4ハウスに入っている場合は、やはり、自分の中で、家庭で多くの愛情を受けて育ち、家庭内でおいて楽しいものを見出す傾向にあったり、プライベートなどで、多彩な趣味を持っていたりすることが多いです。, 相性を見るダブルチャートで自分の金星が相手の4ハウスに入っていた場合は、自分の趣味や美的センス、愛情などが、相手の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 反対に、相手の金星が自分の4ハウスに入っていた場合は、相手の趣味や美的センス、愛情などが、自分の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 運勢を見るトランジット×ネイタルのホロスコープにおいて、自分の4ハウスにトランジットの金星が入ってくる場合は、自分のプライベートで楽しいことをしていくにはいい時期になります。, 4ハウスに入室している金星が他の天体等とソフトアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように金星が入っていって、そこに他の性質が調和するように加わってくるので、自分の内面や家庭、プライベートが楽しさや愛情で充実されたうえで、アスペクトした天体の分野が上手く調和する方向に働いてくれやすいといえます。, 例えば、4ハウスにある金星に対して、12ハウスにある木星がトラインをとった場合、12ハウスは自分の潜在意識を表すハウスで、そこに拡大や幸運などを表す木星が入って、4ハウスとアスペクトをとるので、4ハウス金星の内面や家庭、プライベートを楽しさや愛情で充実させようとする志向と、12ハウス木星の拡大的な潜在意識が上手くかみ合い、自分の第六感の感覚によって、自分の内面や家庭、プライベートの楽しさや愛情での充実に知らぬうちにいい方向で働きかけてくれていそうです。, このように、金星4ハウスの内面や家庭、プライベートを楽しさや愛情で充実させようとする志向と上手く調和してくれるようにソフトアスペクト働いていくでしょう。, 他にも、8ハウスの天体とトラインをとることで、自分の、他者との共有意識と、内面や家庭、プライベートを楽しさや愛情で充実させようとする志向と結びつきます。, 2ハウス、6ハウスの天体と結びついたりすることで、それぞれ自分の財運や才能などの所有意識、他者に対して奉仕する気持ちが、内面や家庭、プライベートを楽しさや愛情で充実させようとする志向に対していい方向につながっていきそうです。, 4ハウスに入室している金星が他の天体等とハードアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように金星が入っていって、そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、その対立したもので、内面や家庭、プライベートを楽しさや愛情で充実させようとする志向が乱されるかもしれません。, 例として、4ハウスの金星に対して、10ハウスの土星がオポジションをとることで、社会における最終目標を表す10ハウスに入室している、縮小や試練などを表す土星が対立してしまい、4ハウス金星によってもたらされるはずの、内面や家庭、プライベートを楽しさや愛情で充実させようとする志向が、社会的な立場で大きく試練を与えられる結果として、楽しさや愛情が阻害されて、内面の充実も図れなくなってしまい、自分のプライベートな環境もなかなか整備できない傾向にあります。, ただし、どんなハードアスペクトでも、対立やかき乱される葛藤の中に、より大きな力が隠れているので、4ハウス金星と、10ハウス土星は、一見このようにお互いを邪魔しますが、10ハウス土星の高く険しい社会的目標達成の兆しが見えて、4ハウス金星の内面や、家庭、プライベートの楽しさや愛情的な充実のバランスをとれるようになると、4ハウス金星の良さである内面や家庭、プライベートを楽しさや愛情で充実させようとする志向がよりいい形で現れるようになります。, このように、ハードアスペクトをとることで4ハウス金星の、内面や家庭、プライベートを楽しさや愛情で充実させようとする志向がアスペクトをとった天体と対立、もしくはかき乱されてしまうような方向に行ってしまいがちですが、上手く使えば、ソフトアスペクト以上に強い力ともなり得るアスペクトとなります。, 性格を見るネイタルの4ハウスに金星がある場合、全体でも書いたように、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の美的センスや、愛情、また趣味や快楽などを表す金星などがかかわってくるので、自分の中で、家庭で多くの愛情を受けて育ち、家庭内でおいて楽しいものを見出す傾向にあります。, 生まれたときから、楽しい家庭環境で育った傾向があるため、華やかでおしゃれな環境ほど、気持ちを休ませることができ、それが普段の行動のパフォーマンス向上にもつながっていきます。, しかし、反対に生活環境が悪く、部屋が汚かったりすると、一気に行動のパフォーマンスが落ちるので、なるべく生活環境は整えておくようにしましょう。, ハウスを12星座で表したときの4ハウスは、かに座(蟹座)を表すことからも同様の傾向が分かるため、やはり、自分のプライベートな関係に対する愛情鵜の豊かさがあるでしょう。, 相性を見るダブルチャートにおいて、自分の4ハウスに、相手の金星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、相手の美的センスや、愛情、また趣味や快楽などを表す金星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、相手の美的センスや、愛情、また趣味や快楽などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、自分がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、相手の美的センスや楽しんでいる姿などによって、自分のプライベートな面や、精神面での充実を図るヒントを得られるかもしれません。, なるべくプライベ―とで交友を深めつつ、お互いに楽しいと思えることができると、影響力が強まります。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべく2人だけが知っている楽しさや美しさを共有することで、相性が深まっていきます。, 相性を見るダブルチャートにおいて、相手の4ハウスに、自分の金星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の美的センスや、愛情、また趣味や快楽などを表す金星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、自分の美的センスや、愛情、また趣味や快楽などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、相手がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、自分の美的センスや楽しんでいる姿を強く示すほど、相手のプライベートや精神面での充実の手助けとなりそうです。, 特に、相手を巻き込んで美しいことや楽しいことができると、その効果はかなり大きくなりそうです。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべく、楽しさや美しさを共有するのはもちろん、自分たちでその美しさや楽しさを1から作り出せると、相性はかなり深まるでしょう。, ネイタルの4ハウスにトランジットの金星がある場合、4ハウスが表す、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面が、運行中の金星によって大きくクローズアップされます。, 自分の好きなものを部屋に飾ったり、着るものをおしゃれにしたくなったりと、いろいろおおしゃれな方向にもっていきそうです。, ただし、この時期は、自分の家などの生活の環境に華やかさがなく、むしろ汚いという風になってくると、一気にいろいろ運勢が逃げたり、実力を発揮できなくなったりするので、生活環境は自分のこだわりの上で全然良いので、うきうきできるような形にしておいた方がいいでしょう。, なお、ホロスコープ上の金星の周期は1年なので、1年に一回、一か月ほどこういう時が来るということを覚えておくと、この時はこういう時なんだと割り切ることができるでしょう。, 4ハウスに火星が入室したとき、上でも例示しましたが、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分のエネルギー、勢い、戦い、積極性などを表す火星などがかかわってくるので、自分にとって家庭などは心が休まらないことが多く、どうしても騒がしい傾向があったでしょう。, 独り立ちをしたがる傾向も強いかもしれませんが、それだけ、自分で自分の世界を作っていくという意識が強い人だといえます。, 特に、火星は自分のプライベートな面や内面を表す天体でもあるので、それが4ハウスにあるということは、より家族志向や内面の感情を重視する傾向は強まるでしょう。, 性格を見るシングルチャートにおいて、火星が4ハウスに入っている場合は、やはり、自分で自分の世界を作っていくという意識が強く、早いうちから独り立ちをしたがる傾向も強いでしょう。, 相性を見るダブルチャートで自分の火星が相手の4ハウスに入っていた場合は、自分のエネルギー、勢い、戦い、積極性などが、相手の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 反対に、相手の火星が自分の4ハウスに入っていた場合は、相手のエネルギー、勢い、戦い、積極性などが、自分の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 運勢を見るトランジット×ネイタルのホロスコープにおいて、自分の4ハウスにトランジットの火星が入ってくる場合は、自分にとってプライベートの時間や家庭などに少し争いごとが持ち込まれやすく、心が休まらない傾向があります。, この時期は、ふさぎ込むより、なるべくあふれてしまうエネルギーを発散させるような動的な趣味でストレスを発散していくと、バランスを保てそうです。, 4ハウスに入室している火星が他の天体等とソフトアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように火星が入っていって、そこに他の性質が調和するように加わってくるので、自分の内面や家庭、プライベートを通じて自分が活性化されるうえで、アスペクトした天体の分野が上手く調和する方向に働いてくれやすいといえます。, 例えば、4ハウスにある火星に対して、12ハウスにある木星がトラインをとった場合、12ハウスは自分の潜在意識を表すハウスで、そこに拡大や幸運などを表す木星が入って、4ハウスとアスペクトをとるので、4ハウス火星の内面や家庭、プライベートを通じて自分を活性化させようとする志向と、12ハウス木星の拡大的な潜在意識が上手くかみ合い、自分の第六感の外向きな気持ちが、自分の内面や家庭、プライベートを通じた、自身の活性化に知らぬうちにいい方向で働きかけてくれていそうです。, このように、火星4ハウスの内面や家庭、プライベートを通じて自分を活性化させようとする志向と上手く調和してくれるようにソフトアスペクト働いていくでしょう。, 他にも、8ハウスの天体とトラインをとることで、自分の、他者との共有意識と、内面や家庭、プライベートを通じて自分を活性化させようとする志向と結びつきます。, 2ハウス、6ハウスの天体と結びついたりすることで、それぞれ自分の財運や才能などの所有意識、他者に対して奉仕する気持ちが、内面や家庭、プライベートを通じて自分を活性化させようとする志向に対していい方向につながっていきそうです。, 4ハウスに入室している火星が他の天体等とハードアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように火星が入っていって、そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、その対立したもので、内面や家庭、プライベートを通じて自分を活性化させようとする志向が乱されるかもしれません。, 例として、4ハウスの火星に対して、10ハウスの水星がオポジションをとることで、社会における最終目標を表す10ハウスに入室している、知性やコミュニケーションなどを表す土星が対立してしまい、4ハウス火星によってもたらされるはずの、内面や家庭、プライベートを通じて自分を活性化させようとする志向が、社会的な立場で知性やコミュニケーションを必要とされるために、活性化した内なる闘志がその知性や他者とのコミュニケーションとのバランスが取れず、結果、自分のプライベートにその発散されないエネルギーが残ってストレスとなる傾向にあります。, ただし、どんなハードアスペクトでも、対立やかき乱される葛藤の中に、より大きな力が隠れているので、4ハウス火星と、10ハウス水星は、一見このようにお互いを邪魔しますが、10ハウス水星の知性やコミュニケーションを求められる部分の、4ハウス火星の内面的、家庭的、プライベート的充実からくる自分のエネルギーのバランスがとれるようになると、4ハウス火星の良さである内面や家庭、プライベートを通じて自分を活性化させようとする志向がよりいい形で循環して現れるようになります。, このように、ハードアスペクトをとることで4ハウス火星の、内面や家庭、プライベートを通じて自分を活性化させようとする志向がアスペクトをとった天体と対立、もしくはかき乱されてしまうような方向に行ってしまいがちですが、上手く使えば、ソフトアスペクト以上に強い力ともなり得るアスペクトとなります。, 性格を見るネイタルの4ハウスに火星がある場合、全体でも書いたように、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分のエネルギー、勢い、戦い、積極性などを表す火星などがかかわってくるので、自分にとって家庭などは心が休まらないことが多く、どうしても騒がしい傾向があったでしょう。, 場合によっては自分の生まれ育った環境において、攻撃性がやしなわれた可能性があるので、少し後々自分が親しくなる人に対して、無粋であったり、言葉が強かったりするかもしれません。, しかも、内弁慶になりやすいところもあるので、悪いところが変に目立たない様に気を付けましょう。, 独り立ちをしたがる傾向も強いかもしれませんが、それだけ、自分で自分の世界を作っていくという意識が強い人だといえるので、相手に対する接し方に気を付ければ大丈夫でしょう。, ハウスを12星座で表したときの4ハウスは、かに座(蟹座)を表すことからも同様の傾向が分かるため、やはり、自分の親しい人に愛情はあるからこそ、無粋になりやすい傾向はあるでしょう。, 相性を見るダブルチャートにおいて、自分の4ハウスに、相手の火星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、相手のエネルギー、勢い、戦い、積極性などを表す火星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、相手のエネルギー、勢い、戦い、積極性などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、自分がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、相手のエネルギーや積極性によって、自分のプライベートな面や、精神面での充実を図るヒントを得られるかもしれません。, 故に、なるべく、相手の積極性についていってみることで、意外な発見があったりするかもしれません。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、プライベートの仲でもなるべくアクティブな行動をすることで、中が深まっていくでしょう。, 相性を見るダブルチャートにおいて、相手の4ハウスに、自分の火星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分のエネルギー、勢い、戦い、積極性などを表す火星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、自分のエネルギー、勢い、戦い、積極性などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、相手がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、自分のエネルギーや積極性を強く示すほど、相手のプライベートや精神面での充実の手助けとなりそうです。, なるべく相手を引っ張っていろんなことを経験させてあげると、相手の力により一生慣れるでしょう。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべく積極的にいっしょに行動すると相性が深まります。, ネイタルの4ハウスにトランジットの火星がある場合、4ハウスが表す、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面が、運行中の火星によって大きくクローズアップされます。, ゆえに、この時期は少し内的志向や家庭環境、プライベートなどに重きを置く傾向が強くなるのですが、どちらかというと、内側にパワーがたまってしまって、外に出せなくなってしまったという印象が強いです。, そのため、内側で不満を爆発させる場合があり、そうならない場合でも、自分の親しい人に八つ当たりをする可能性もあるので、注意が必要です。, なお、ホロスコープ上の火星の周期は2年弱なので、2年に一回、2カ月弱ほどこういう時が来るということを覚えておくと、この時はこういう時なんだと割り切ることができるでしょう。, 4ハウスに木星が入室したとき、上でも例示しましたが、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の拡大・幸運・発展などを表す木星などがかかわってくるので、意外と、仕事の面より、自分の実家からくる縁が強かったり、プライベートで縁を広げていったりすることが多そうです。, また、木星は財運を表すので、大人になっても、親から金銭的援助を受けている可能性があります。, 特に、木星は自分のプライベートな面や内面を表す天体でもあるので、それが4ハウスにあるということは、より家族志向や内面の感情を重視する傾向は強まるでしょう。, 性格を見るシングルチャートにおいて、木星が4ハウスに入っている場合は、やはり、仕事の面より、自分の実家からくる縁が強かったり、プライベートで縁を広げていったりすることが多そうです。, 相性を見るダブルチャートで自分の木星が相手の4ハウスに入っていた場合は、拡大・幸運・発展などが、相手の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 反対に、相手の木星が自分の4ハウスに入っていた場合は、相手の拡大・幸運・発展などが、自分の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 運勢を見るトランジット×ネイタルのホロスコープにおいて、自分の4ハウスにトランジットの木星が入ってくる場合は、プライベートで意外と外向きの縁が多くなる傾向があります。, 故に、あまり公私を分けすぎず、プライベートで得た縁を仕事に活かしていくようにするのもいいかもしれません。, 4ハウスに入室している木星が他の天体等とソフトアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように木星が入っていって、そこに他の性質が調和するように加わってくるので、自分の内面や家庭、プライベートを開放的になっていくうえで、アスペクトした天体の分野が上手く調和する方向に働いてくれやすいといえます。, 例えば、4ハウスにある木星に対して、8ハウスにある太陽がトラインをとった場合、8ハウスは他者との共有を表すハウスで、そこに社会性や自分自身などを表す木星が入って、4ハウスとアスペクトをとるので、4ハウス木星の内面や家庭、プライベートを開放的にしていこうとする志向と、8ハウス木星の拡大的な潜在意識が上手くかみ合い、他者と共有していこうとするスタイルが、自分の内面や家庭、プライベートの開放にいい方向で働きかけてくれていそうです。, このように、木星4ハウスの内面や家庭、プライベートを開放的にしていこうとする志向と上手く調和してくれるようにソフトアスペクト働いていくでしょう。, 他にも、12ハウスの天体とトラインをとることで、自分の潜在意識と、内面や家庭、プライベートを開放的にしていこうとする志向と結びつけます。, 2ハウス、6ハウスの天体と結びついたりすることで、それぞれ自分の財運や才能などの所有意識、他者に対して奉仕する気持ちが、内面や家庭、プライベートを開放的にしていこうとする志向に対していい方向につながっていきそうです。, 4ハウスに入室している木星が他の天体等とハードアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように木星が入っていって、そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、その対立したもので、内面や家庭、プライベートを開放的にしていこうとする志向が乱されるかもしれません。, 例として、4ハウスの木星に対して、10ハウスの火星がオポジションをとることで、社会における最終目標を表す10ハウスに入室している、エネルギーや攻撃性などを表す土星が対立してしまい、4ハウス木星によってもたらされるはずの、内面や家庭、プライベートを開放的にしていこうとする志向が、社会的な立場でかなりの向かっていく姿勢を求められる結果として、プライベートを上手く開放的にできず、なかなか気持ちの面でも広がっていかない傾向があります。, ただし、どんなハードアスペクトでも、対立やかき乱される葛藤の中に、より大きな力が隠れているので、4ハウス木星と、10ハウス火星は、一見このようにお互いを邪魔しますが、10ハウス火星の向かっていく姿勢の前向きさと、4ハウス木星の内面的、家庭的、プライベート的な開放感のベクトルが上手くバランスをとれるようになると、4ハウス木星の良さである内面や家庭、プライベートを開放的にしていこうとする志向がよりいい形で現れるようになります。, このように、ハードアスペクトをとることで4ハウス木星の、内面や家庭、プライベートを開放的にしていこうとする志向がアスペクトをとった天体と対立、もしくはかき乱されてしまうような方向に行ってしまいがちですが、上手く使えば、ソフトアスペクト以上に強い力ともなり得るアスペクトとなります。, 性格を見るネイタルの4ハウスに木星がある場合、全体でも書いたように、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の拡大・幸運・発展などを表す木星などがかかわってくるので、意外と、仕事の面より、自分の実家からくる縁が強かったり、プライベートで縁を広げていったりすることが多そうです。, 幼いころからあまり不安なく、家族を含めた多くの人とプライベートでかかわりを持っていたことが多いので、人前でも緊張などをすることが少なく、精神的にも不安定になりにくいでしょう。, ただ、少し考え方が甘く、楽観的過ぎるところがあるので、社会に出た際は少し勉強した方がいいかもしれません。, また、考え方が甘いということに関連して、木星は財運を表すので、意識していないと大人になっても、親から金銭的援助を受けている可能性があるので、後々大変にならない様に、自立をしっかりしていきましょう。, ハウスを12星座で表したときの4ハウスは、かに座(蟹座)を表すことからも同様の傾向が分かるため、やはり、自分のプライベートが開放的な人が多いです。, 相性を見るダブルチャートにおいて、自分の4ハウスに、相手の木星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、相手の拡大・幸運・発展などを表す木星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、相手の拡大・幸運・発展などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、自分がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、相手の開放的な行動や楽天的な行動によって、自分のプライベートな面や、精神面での充実を図るヒントを得られるかもしれません。, 故に、あえて不安があっても深く考えないで相手に乗っかってみるぐらいで行くと、いい方向に行きやすいでしょう。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべくポジティブシンキングで、一緒に過ごしていった方がいい関係になれそうです。, 相性を見るダブルチャートにおいて、相手の4ハウスに、自分の木星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の拡大・幸運・発展などを表す木星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、自分の拡大・幸運・発展などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、相手がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、自分の楽観性や前向きな姿勢を強く示すほど、相手のプライベートや精神面での充実の手助けとなりそうです。, 故に、あまり深く考えないで、プライベートを相手にさらけ出せると、相手に対していい影響を与えやすくなります。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、お互いに、とりあえず楽しいことや気持ちを開放的にできることをするようにすると、相性が深まります。, ネイタルの4ハウスにトランジットの木星がある場合、4ハウスが表す、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面が、運行中の木星によって大きくクローズアップされます。, ゆえに、この時期は少し内的志向や家庭環境、プライベートなどが開放的になっていく傾向が多いでしょう。, ただ、お金に関しても少し散財しやすくなるので、ちゃんと金銭管理はしっかりしましょう。, 心理的には安定しやすい時期なので、積極的に行動していっていいですが、少し周りに対して甘えるところが出てくるので、相手の迷惑にならないかどうかはちゃんと考えて行動していきましょう。, なお、ホロスコープ上の木星の周期は12年なので、12年に一回、1年ほどこういう時が来るということを覚えておくと、この日はこういう日なんだと割り切ることができるでしょう。, 4ハウスに土星が入室したとき、上でも例示しましたが、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の縮小・規律・試練などを表す土星などがかかわってくるので、自分の中で、プライベートでもストイックであったり、元々の家庭が厳しかったりすることが多いです。, 特に、土星は自分のプライベートな面や内面を表す天体でもあるので、それが4ハウスにあるということは、より家族志向や内面の感情を重視する傾向は強まるでしょう。, 性格を見るシングルチャートにおいて、土星が4ハウスに入っている場合は、やはり、自分の中で、プライベートでもストイックであったり、元々の家庭が厳しかったりすることが多く、なかなか心が休まる時間がなかったりするかもしれません。, 相性を見るダブルチャートで自分の土星が相手の4ハウスに入っていた場合は、縮小・規律・試練などが、相手の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 反対に、相手の土星が自分の4ハウスに入っていた場合は、相手の縮小・規律・試練などが、自分の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 運勢を見るトランジット×ネイタルのホロスコープにおいて、自分の4ハウスにトランジットの土星が入ってくる場合は、自分に対して厳しくなりがちになります。, ただ、その基準が親よりになりやすい、言い換えれば、自分の中で今まで基準としてきたものに寄りやすいので、環境に合わせるように意識しないと、ストイックでも、成果も出なくて、苦しむことになってしまいます。, 4ハウスに入室している土星が他の天体等とソフトアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように土星が入っていって、そこに他の性質が調和するように加わってくるので、自分の内面や家庭、プライベートを充実されるうえで、アスペクトした天体の分野が上手く調和する方向に働いてくれやすいといえます。, 例えば、4ハウスにある土星に対して、8ハウスにある月がトラインをとった場合、8ハウスは他者との共有を表すハウスで、そこに感情やインナーチャイルドなどを表す月が入って、4ハウスとアスペクトをとるので、4ハウス土星の内面や家庭、プライベートを厳格にしていこうとする志向と8ハウス月の他者に対する感情の共有が上手くかみ合い、自分の中でストイックでありながらも、ちゃんと感情の共有ができて、抱え込みすぎることが少なくなります。, このように、土星4ハウスの内面や家庭、プライベートを厳格にしていこうとする志向と上手く調和してくれるようにソフトアスペクト働いていくでしょう。, 他にも、12ハウスの天体とトラインをとることで、自分の潜在意識と、内面や家庭、プライベートを厳格にしていこうとする志向と結びつきます。, 2ハウス、6ハウスの天体と結びついたりすることで、それぞれ自分の財運や才能などの所有意識、他者に対して奉仕する気持ちが、内面や家庭、プライベートを厳格にしていこうとする志向に対していい方向につながっていきそうです。, 4ハウスに入室している土星が他の天体等とハードアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように土星が入っていって、そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、その対立したもので、内面や家庭、プライベートを厳格にしていこうとする志向が乱されるかもしれません。, 例として、4ハウスの土星に対して、10ハウスの木星がオポジションをとることで、社会における最終目標を表す10ハウスに入室している、拡大や楽観性などを表す木星が対立してしまい、4ハウス土星によってもたらされるはずの、内面や家庭、プライベートを厳格にしていこうとする志向が、社会的な立場である程度おおざっぱでも、開放的な態度を求められることになる結果として、ストイックさとのバランスが取れなくて、自分のプライベートな環境もなかなか整備できない傾向にあります。, ただし、どんなハードアスペクトでも、対立やかき乱される葛藤の中に、より大きな力が隠れているので、4ハウス土星と、10ハウス木星は、一見このようにお互いを邪魔しますが、10ハウス木星の社会的に開放的な態度と、4ハウス土星の内面的、家庭的、プライベート的なストイックさのバランスをとれるようになると、4ハウス土星の良さである内面や家庭、プライベートを厳格にしていこうとする志向がよりいい形で現れるようになります。, このように、ハードアスペクトをとることで4ハウス土星の、内面や家庭、プライベートを厳格にしていこうとする志向がアスペクトをとった天体と対立、もしくはかき乱されてしまうような方向に行ってしまいがちですが、上手く使えば、ソフトアスペクト以上に強い力ともなり得るアスペクトとなります。, 性格を見るネイタルの4ハウスに土星がある場合、全体でも書いたように、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の縮小・規律・試練などを表す土星などがかかわってくるので、自分の中で、プライベートでもストイックであることが多いです。, 元々の家庭が厳しかったりすることが多く、甘えたり、わがままを言ったり、という感覚があまりわからない人が多いかもしれません。, ただ、この運勢の人は、ある意味自分の居心地のいい環境を作って、甘えたり、わがままを言ったりするということが、後々必要になってくるので、少しずつそれらができるようにしていきましょう。, ただし、出来るようになった際に反動で一気にわがままになる可能性があるので、バランスはしっかり持っておきましょう。, ハウスを12星座で表したときの4ハウスは、かに座(蟹座)を表すことからも同様の傾向が分かるため、やはり、自分のプライベートでもあまり気を抜かない人になりやすいでしょう。, 相性を見るダブルチャートにおいて、自分の4ハウスに、相手の土星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、相手の縮小・規律・試練などを表す土星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、相手の縮小・規律・試練などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、自分がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、相手の真面目さやストイックさによって、自分のプライベートな面や、精神面での充実を図るヒントを得られるかもしれません。, ちゃんと目の前のことをちゃんとやる姿を真似していくと、だんだんといい影響が表れてくるでしょう。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、プライベートの2人のルールをしっかり決めておくことで、良い関係を作ることができます。, 相性を見るダブルチャートにおいて、相手の4ハウスに、自分の土星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の縮小・規律・試練などを表す土星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、自分の縮小・規律・試練などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、相手がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、自分の真面目さやストイックさを強く示すほど、相手のプライベートや精神面での充実の手助けとなりそうです。, プライベートでもやるべきことをしっかりやることを意識しておくと、よりいい影響を与えられるでしょう。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべく、親しき中にも礼儀あり、という感じで、適度な距離感を保つとよりいい関係になれます。, ネイタルの4ハウスにトランジットの土星がある場合、4ハウスが表す、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面が、運行中の土星によって大きくクローズアップされます。, いつどこで見られているかわからないと位気持ちになったりして、親しい人といても気を抜けかったりして、精神的にもつらくなりやすい時期だといえます。, ただ、そういうことを続けていると段々雰囲気も堅くなってきて、人との関係性も少し堅苦しいものとなってしまうので、意識的に気を抜く時間を作る必要がありそうです。, その際、この時期は、お金を使うのが少なくなっているのですが、意識的にお金を使って循環を良くすることも意識した方がいいかもしれません。, なお、ホロスコープ上の土星の周期は29年なので、29年に一回、2年半ほどこういう時が来るということを覚えておくと、この日はこういう日なんだと割り切ることができるでしょう。, 4ハウスに天王星が入室したとき、上でも例示しましたが、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の変革・チャンス・独創性などを表す天王星などがかかわってくるので、自分の中で、自分の家庭が他の家庭よりユニークだったのか、少し変わった環境をプライベートで求める傾向があります。, 変化を強く好むため、突然旅行に行ったりするなど、突発的な行動も積極的にしていくでしょう。, 特に、天王星は自分のプライベートな面や内面を表す天体でもあるので、それが4ハウスにあるということは、より家族志向や内面の感情を重視する傾向は強まるでしょう。, 性格を見るシングルチャートにおいて、天王星が4ハウスに入っている場合は、やはり、自分の中で、自分の家庭が他の家庭よりユニークだったのか、少し変わった環境をプライベートで求める傾向があります。, 相性を見るダブルチャートで自分の天王星が相手の4ハウスに入っていた場合は、自分の変革・チャンス・独創性などが、相手の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 反対に、相手の天王星が自分の4ハウスに入っていた場合は、相手の変革・チャンス・独創性などが、自分の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 運勢を見るトランジット×ネイタルのホロスコープにおいて、自分の4ハウスにトランジットの天王星が入ってくる場合は、プライベートで変化を求めたくなる時だといえます。, 積極的にいろんなことをしようとするので、いい経験にはなりますが、一方で変に信頼しているプライベートな人間関係を切りたくもなるので、ちゃんと吟味しましょう。, 4ハウスに入室している天王星が他の天体等とソフトアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように天王星が入っていって、そこに他の性質が調和するように加わってくるので、自分の内面や家庭、プライベートをユニークに充実されるうえで、アスペクトした天体の分野が上手く調和する方向に働いてくれやすいといえます。, 例えば、4ハウスにある天王星に対して、12ハウスにある木星がトラインをとった場合、12ハウスは自分の潜在意識を表すハウスで、そこに拡大や幸運などを表す木星が入って、4ハウスとアスペクトをとるので、4ハウス天王星の内面や家庭、プライベートをユニークにしていこうとする志向と、12ハウス木星の拡大的な潜在意識が上手くかみ合い、自分の第六感の外向きな気持ちが、自分の内面や家庭、プライベートのユニークな充実に知らぬうちにいい方向で働きかけてくれていそうです。, このように、天王星4ハウスの内面や家庭、プライベートをユニークにしていこうとする志向と上手く調和してくれるようにソフトアスペクト働いていくでしょう。, 他にも、8ハウスの天体とトラインをとることで、自分の、他者との共有意識と、内面や家庭、プライベートをユニークにしていこうとする志向と結びつきます。, 2ハウス、6ハウスの天体と結びついたりすることで、それぞれ自分の財運や才能などの所有意識、他者に対して奉仕する気持ちが、内面や家庭、プライベートをユニークにしていこうとする志向に対していい方向につながっていきそうです。, 4ハウスに入室している天王星が他の天体等とハードアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように天王星が入っていって、そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、その対立したもので、内面や家庭、プライベートをユニークにしていこうとする志向が乱されるかもしれません。, 例として、4ハウスの天王星に対して、10ハウスの海王星がオポジションをとることで、社会における最終目標を表す10ハウスに入室している、感情や感性などを表す海王星が対立してしまい、4ハウス天王星によってもたらされるはずの、内面や家庭、プライベートをユニークにしていこうとする志向が、社会的な立場で繊細な感受性が問われる結果として、なかなか人と違うことができなくなったりして、自分のユニークなプライベートな環境もなかなか整備できない傾向にあります。, ただし、どんなハードアスペクトでも、対立やかき乱される葛藤の中に、より大きな力が隠れているので、4ハウス天王星と、10ハウス海王星は、一見このようにお互いを邪魔しますが、10ハウス海王星の感受性と、4ハウス天王星の内面、家庭、プライベートのユニークな充実のバランスをとれるようになると、4ハウス天王星の良さである内面や家庭、プライベートをユニークにしていこうとする志向がよりいい形で現れるようになります。, このように、ハードアスペクトをとることで4ハウス天王星の、内面や家庭、プライベートをユニークにしていこうとする志向がアスペクトをとった天体と対立、もしくはかき乱されてしまうような方向に行ってしまいがちですが、上手く使えば、ソフトアスペクト以上に強い力ともなり得るアスペクトとなります。, 性格を見るネイタルの4ハウスに天王星がある場合、全体でも書いたように、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の変革・チャンス・独創性などを表す天王星などがかかわってくるので、自分の中で、自分の家庭が他の家庭よりユニークだったのか、少し変わった環境をプライベートで求める傾向があります。, 恋愛などはあまり従来の形にとらわれず、従来の結婚制度を利用しない形で、プライベートを形成していくこともあるかもしれません。, その際、自由も強く望む傾向があるので、あまり拘束されるような人は相手にしないでしょう。, ハウスを12星座で表したときの4ハウスは、かに座(蟹座)を表すことからも同様の傾向が分かるため、やはり、自分の家庭環境やプライベートがユニークであることが多いでしょう。, 相性を見るダブルチャートにおいて、自分の4ハウスに、相手の天王星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、相手の変革・チャンス・独創性などを表す天王星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、相手の変革・チャンス・独創性などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、自分がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、相手のユニークな部分によって、自分のプライベートな面や、精神面での充実を図るヒントを得られるかもしれません。, 相手のユニークさを見て、自分も自分だけのものでプライベートでは確立してかまわないということが分かるだけで、だいぶ変わるでしょう。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべく常識を超えた体験をしていく方が相性として良くなりやすいです。, 相性を見るダブルチャートにおいて、相手の4ハウスに、自分の天王星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の変革・チャンス・独創性などを表す天王星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、自分の変革・チャンス・独創性などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、相手がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、自分のユニークな部分を強く示すほど、相手のプライベートや精神面での充実の手助けとなりそうです。, また、一緒に2人だけのユニークなものを作れると、より相手にとっては効果が高いでしょう。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、いろいろな変化の中で関係性も変化するのを楽しめる心持地でいる方が、良い関係でいられます。, ネイタルの4ハウスにトランジットの天王星がある場合、4ハウスが表す、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面が、運行中の天王星によって大きくクローズアップされます。, 実際、その変化のきっかけは今まで以上に転がっていて、本人が飛び込めば、全然違う感覚を手に入れることもできるでしょう。, ただ、この時期は自由を好むこともあり、また上記のように変化と隣り合わせであるため、人間関係的な意味では古い縁が切れやすい傾向にあります。, 固執するのはいけませんが、何にもしないと切れる一方なので、どうしても残したい縁はちゃんと対策をしておきましょう。, なお、ホロスコープ上の天王星の周期は84年なので、人生に一回、7年ほどこういう時が来るということを覚えておくと、この時はこういう時なんだと割り切ることができるでしょう。, 4ハウスに海王星が入室したとき、上でも例示しましたが、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の幻想・感覚・感情などを表す海王星などがかかわってくるので、自分の中で、より感情的、感覚的にプライベートを構築していく人ですが、一方で繊細でもあるために、プライベートでは外に見せないナーバスさを持ち合わせているかもしれません。, ロマンチスト傾向があるので、付き合った人は、意外なギャップに驚くこともあるかもしれません。, 特に、海王星は自分のプライベートな面や内面を表す天体でもあるので、それが4ハウスにあるということは、より家族志向や内面の感情を重視する傾向は強まるでしょう。, 性格を見るシングルチャートにおいて、海王星が4ハウスに入っている場合は、やはり、自分の中で、より感情的、感覚的にプライベートを構築していく人ですが、一方で繊細でもあるために、プライベートでは外に見せないナーバスさを持ち合わせているかもしれません。, 相性を見るダブルチャートで自分の海王星が相手の4ハウスに入っていた場合は、自分の変革・チャンス・独創性などが、相手の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 反対に、相手の海王星が自分の4ハウスに入っていた場合は、相手の変革・チャンス・独創性が、自分の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 運勢を見るトランジット×ネイタルのホロスコープにおいて、自分の4ハウスにトランジットの海王星が入ってくる場合は、少し内面志向的になるので、他者との交流は親しい人に限定される傾向があります。, 感情や感覚のセンサーが強くなり、ナイーブになりやすいので、元気になりたいときは、自分の感性が喜びそうなものを見たり聞いたり食べたりしてください。, 4ハウスに入室している海王星が他の天体等とソフトアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように海王星が入っていって、そこに他の性質が調和するように加わってくるので、自分の内面や家庭、プライベートを幻想的・感覚的に充実されるうえで、アスペクトした天体の分野が上手く調和する方向に働いてくれやすいといえます。, 例えば、4ハウスにある海王星に対して、12ハウスにある木星がトラインをとった場合、12ハウスは自分の潜在意識を表すハウスで、そこに拡大や幸運などを表す木星が入って、4ハウスとアスペクトをとるので、4ハウス海王星の内面や家庭、プライベートを幻想的・感覚的にしていこうとする志向と、12ハウス木星の拡大的な潜在意識が上手くかみ合い、自分の第六感の外向きな気持ちが、自分の内面や家庭、プライベートの幻想的・感覚的な充実に知らぬうちにいい方向で働きかけてくれていそうです。, このように、海王星4ハウスの内面や家庭、プライベートを幻想的・感覚的にしていこうとする志向と上手く調和してくれるようにソフトアスペクト働いていくでしょう。, 他にも、8ハウスの天体とトラインをとることで、自分の、他者との共有意識と、内面や家庭、プライベートを幻想的・感覚的にしていこうとする志向と結びつきます。, 2ハウス、6ハウスの天体と結びついたりすることで、それぞれ自分の財運や才能などの所有意識、他者に対して奉仕する気持ちが、内面や家庭、プライベートを幻想的・感覚的にしていこうとする志向に対していい方向につながっていきそうです。, 4ハウスに入室している海王星が他の天体等とハードアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように海王星が入っていって、そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、その対立したもので、内面や家庭、プライベートを幻想的・感覚的にしていこうとする志向が乱されるかもしれません。, 例として、4ハウスの海王星に対して、10ハウスの土星がオポジションをとることで、社会における最終目標を表す10ハウスに入室している、縮小や試練などを表す土星が対立してしまい、4ハウス海王星によってもたらされるはずの、内面や家庭、プライベートを幻想的・感覚的にしていこうとする志向が、社会的な立場で大きく試練を与えられる結果として、内面の充実も図れなくなってしまい、自分のプライベートな環境もなかなか整備できず、しかも精神的にナイーブになりやすくなります。, ただし、どんなハードアスペクトでも、対立やかき乱される葛藤の中に、より大きな力が隠れているので、4ハウス海王星と、10ハウス土星は、一見このようにお互いを邪魔しますが、10ハウス土星の高く険しい社会的目標達成の兆しが見えて、4ハウス海王星の内面、家庭、プライベートの幻想感・感覚感とのバランスをとれるようになると、4ハウス海王星の良さである内面や家庭、プライベートを幻想的・感覚的にしていこうとする志向がよりいい形で現れるようになります。, このように、ハードアスペクトをとることで4ハウス海王星の、内面や家庭、プライベートを幻想的・感覚的にしていこうとする志向がアスペクトをとった天体と対立、もしくはかき乱されてしまうような方向に行ってしまいがちですが、上手く使えば、ソフトアスペクト以上に強い力ともなり得るアスペクトとなります。, 性格を見るネイタルの4ハウスに海王星がある場合、全体でも書いたように、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の幻想・感覚・感情などを表す海王星などがかかわってくるので、自分の中で、より感情的、感覚的にプライベートを構築していく人ですが、一方で繊細でもあるために、プライベートでは外に見せないナーバスさを持ち合わせているかもしれません。, 特に、家庭に対して結構理想が大きい人なので、場合によっては、理想を相手に押し付けたりしそうです。, 理想も大事ですが、妥協も考えておかないと、パートナーとの関係が上手くいかなくなって、精神的な不安定さを招くことになります。, ハウスを12星座で表したときの4ハウスは、かに座(蟹座)を表すことからも同様の傾向が分かるため、やはり、繊細なプライベートを構築して、親しい人を感情的に思いやる傾向があります。, 相性を見るダブルチャートにおいて、自分の4ハウスに、相手の海王星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、相手の幻想・感覚・感情などを表す海王星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、相手の幻想・感覚・感情などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、自分がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、相手の繊細な感性や、幻想的な考えによって、自分のプライベートな面や、精神面での充実を図るヒントを得られるかもしれません。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうですが、時にナイーブさを共有してしまうことがあるので、気分が落ちていると思ったら切り替えることも良い関係のためには必要です。, 相性を見るダブルチャートにおいて、相手の4ハウスに、自分の海王星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の幻想・感覚・感情などを表す海王星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、自分の幻想・感覚・感情などが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、相手がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、自分の感受性や感性の豊かさを強く示すほど、相手のプライベートや精神面での充実の手助けとなりそうです。, かんじょうてきなやりとりのなかでもより感覚的なやりとりができると、相手によりいい影響を与えられそうです。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべく、言葉にこだわらないコミュニケーションを心がけるとより関係になれそうです。, ネイタルの4ハウスにトランジットの海王星がある場合、4ハウスが表す、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面が、運行中の海王星によって大きくクローズアップされます。, 故に、プライベートの感覚が繊細になるので、少しの環境の変化で、いろいろ誤差が起きやすくなるかもしれません。, ただ一方で、芸術面での繊細さが出てくる時で、特に自分の内部の些細な繊細さを作品に落とし込めたりするので、作品作りにはいい時期だといえます。, この期間は14年ほどと長いので、この時期に少し1人で作品をつくる時間を作っても面白いかもしれません。, なお、ホロスコープ上の海王星の周期は165 年なので、人生で一回、14年ほどこういう時が来るかもしれないということを覚えておくと、この時はこういう時なんだと割り切ることができるでしょう。, 4ハウスに冥王星が入室したとき、上でも例示しましたが、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどを表す冥王星などがかかわってくるので、自分の中にかなりの強いエネルギーを持っているため、特にプライベートで劇的な経験をした人が多いかもしれません。, 少し波が大きいプライベートなので、なかなか自分の中だけでは気は休まらないかもしれません。, 特に、冥王星は自分のプライベートな面や内面を表す天体でもあるので、それが4ハウスにあるということは、より家族志向や内面の感情を重視する傾向は強まるでしょう。, 性格を見るシングルチャートにおいて、冥王星が4ハウスに入っている場合は、やはり、自分の中にかなりの強いエネルギーを持っているため、特にプライベートで劇的な経験をした人が多いかもしれません。, 相性を見るダブルチャートで自分の冥王星が相手の4ハウスに入っていた場合は、破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどが、相手の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 反対に、相手の冥王星が自分の4ハウスに入っていた場合は、相手の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどが、自分の家庭への意識や内面への意識、もしくはプライベートでの過ごし方などに影響します。, 運勢を見るトランジット×ネイタルのホロスコープにおいて、自分の4ハウスにトランジットの冥王星が入ってくる場合は、少しプライベートで波乱が起きやすい運勢です。, 特に、今まで積み上げてきたものをすべて壊してしまいたくなりそうなので、衝動定な行動にはくれぐれも気を付けてください。, 4ハウスに入室している冥王星が他の天体等とソフトアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように冥王星が入っていって、そこに他の性質が調和するように加わってくるので、自分の内面や家庭、プライベートを深く鋭くなるうえで、アスペクトした天体の分野が上手く調和する方向に働いてくれやすいといえます。, 例えば、4ハウスにある冥王星に対して、12ハウスにある木星がトラインをとった場合、12ハウスは自分の潜在意識を表すハウスで、そこに拡大や幸運などを表す木星が入って、4ハウスとアスペクトをとるので、4ハウス冥王星の内面や家庭、プライベートをより深く鋭くしていこうとする志向と、7ハウス木星の拡大的な潜在意識が上手くかみ合い、自分の第六感の外向きな気持ちが、自分の内面や家庭、プライベートの深さ鋭さに知らぬうちにいい方向で働きかけてくれていそうです。, このように、冥王星4ハウスの内面や家庭、プライベートをより深く鋭くしていこうとする志向と上手く調和してくれるようにソフトアスペクト働いていくでしょう。, ただし、冥王星は単体で否定の意味もあるのでいくらソフトアスペクトといえども、波乱は多少あるといえるでしょう。, 他にも、8ハウスの天体とトラインをとることで、自分の、他者との共有意識と、内面や家庭、プライベートをより深く鋭くしていこうとする志向と結びつきます。, 2ハウス、6ハウスの天体と結びついたりすることで、それぞれ自分の財運や才能などの所有意識、他者に対して奉仕する気持ちが、内面や家庭、プライベートをより深く鋭くしていこうとする志向に対していい方向につながっていきそうです。, 4ハウスに入室している冥王星が他の天体等とハードアスペクトをとると、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面を表す4ハウスを強調するように冥王星が入っていって、そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、その対立したもので、内面や家庭、プライベートをより深く鋭くしていこうとする志向が乱されるかもしれません。, 例として、4ハウスの冥王星に対して、10ハウスの土星がオポジションをとることで、社会における最終目標を表す10ハウスに入室している、縮小や試練などを表す土星が対立してしまい、4ハウス冥王星によってもたらされるはずの、内面や家庭、プライベートをより深く鋭くしていこうとする志向が、社会的な立場で大きく試練を与えられる結果として、内面の充実も図れなくなってしまい、同時に冥王星のエネルギーが暴発しやすくなってしまいます。, ただし、どんなハードアスペクトでも、対立やかき乱される葛藤の中に、より大きな力が隠れているので、4ハウス冥王星と、10ハウス土星は、一見このようにお互いを邪魔しますが、10ハウス土星の高く険しい社会的目標達成の兆しが見えて、4ハウス冥王星の内面的、家庭的、プライベート的な深さ、鋭さのバランスをとれるようになると、4ハウス冥王星の良さである内面や家庭、プライベートをより深く鋭くしていこうとする志向がよりいい形で現れるようになります。, このように、ハードアスペクトをとることで4ハウス冥王星の、内面や家庭、プライベートをより深く鋭くしていこうとする志向がアスペクトをとった天体と対立、もしくはかき乱されてしまうような方向に行ってしまいがちですが、上手く使えば、ソフトアスペクト以上に強い力ともなり得るアスペクトとなります。, 性格を見るネイタルの4ハウスに冥王星がある場合、全体でも書いたように、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどを表す冥王星などがかかわってくるので、自分の中にかなりの強いエネルギーを持っているため、特にプライベートで劇的な経験をした人が多いかもしれません。, 幼少期は、親からの強烈な影響を受けて、極端な性格になる人も多く、その極端さは主にプライベートや自分の内面、そして家庭などで現れます。, 内面の部分では、過激さをあえて芸術に昇華させるという手もありますが、それ以外は上手く付き合っていくしかないでしょう。, ただ、その激しさゆえに身に付けた深い洞察力が、人生を生きるうえでかなり助けてくれることになるでしょう。, ハウスを12星座で表したときの4ハウスは、かに座(蟹座)を表すことからも同様の傾向が分かるため、やはり、自分のプライベートな時に過激さや極端さが出やすい人といえるでしょう。, 相性を見るダブルチャートにおいて、自分の4ハウスに、相手の冥王星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、相手の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどを表す冥王星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、相手の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、自分がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、相手の徹底的な姿勢によって、自分のプライベートな面や、精神面での充実を図るヒントを得られるかもしれません。, やるべきことを最後まで徹底的にやり遂げる様を最後まで見届けるか、手伝うかすると、よりいい影響を得られます。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、プライベートでやるべきことを同じものに設定して、一緒に最後までやり遂げると、相性がよりよくなります。, 相性を見るダブルチャートにおいて、相手の4ハウスに、自分の冥王星がある場合、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表す4ハウスに、自分の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどを表す冥王星が入ってくることになるので、家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などに、自分の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどが強く影響するといえそうです。, 4ハウスの場合は、相手がどれだけ充実した家庭環境やプライベート、精神面を持てるかに関わってくるので、自分の徹底的な姿勢を強く示すほど、相手のプライベートや精神面での充実の手助けとなりそうです。, 少し相手に対して強いかなと思っても、相手のためを思う行動ならやり切った方が、相手のためになるでしょう。, いろんな内面や感情を共有できる相手として相性はいいほうなので、なるべく、感情表現をちゃんと相手に対しては遠慮しないでやり切るほうが、相性がよくなります。, ネイタルの4ハウスにトランジットの冥王星がある場合、4ハウスが表す、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面が、運行中の冥王星によって大きくクローズアップされます。, ゆえに、この時期は少し内的志向や家庭環境、プライベートなどで極端な思考や行動に走りやすくなります。, 一気にいろいろ終わらせて再スタートを切ろうとするので、人間関係をバッサリ切ってしまうことも多くなるでしょう。, ただこの時期は長いので、そのリセットを繰り返しながら経験を積んでいくのもありでしょう。, しかし、やはりそのたびに精神的につらいものを乗り越える必要があるので、精神のケアはしっかりしていきましょう。, もし、判断に困ったときは、自分の洞察力が冴えている時期でもあるので、そこに頼るといいでしょう。, なお、ホロスコープ上の冥王星の周期は248年と半年なので、人生に一回、12年~32年ほどこういう時が来るかもしれないということを覚えておくと、この時はこういう時なんだと割り切ることができるでしょう。, 西洋占星術におけるホロスコープの4ハウスと星座の関係は、天体同様に存在します さらに言えば、ホロスコープの中を自由に回転する天体とは違い、12星座は円状に並んでいるので、ハウスの中にかならず12星座の内の1つの星座が入ることになります。, 厳密にいえば、ハウスはホロスコープの360度の内、30度を受け持つことになるので、製剤の切り替え部分がハウスに被る場合が多くありますが、4ハウスに限らず、そのハウスのカスプ(始まりの境界線)にある星座をみて、そのハウスの星座とします。, ここまで4ハウスと、各天体についての関係性をみてきましたが、天体が星座に置き換わっても大体見方は同じで、4ハウスは、その人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すハウスなので、4ハウスに入室している星座のキャラクターや性格の影響が、プライベートや家庭環境、あるいは、自分の親しい人との間で見せる性格などにでることになります。, 金星を支配星に持つおうし座(牡牛座)などを4ハウスに持てば、親しい人に愛嬌をしっかり持ちますが、生活環境が悪いと、パフォーマンスが落ちてしまいますし、土星を支配星に持つやぎ座(山羊座)などを持てば、プライベートでも常に目標に向けてストイックに生活していることが多いです。, このように、4ハウスと天体の関係と同じように、4ハウスと星座の関係も読んでいくことができます。, なお、4ハウスに天体がない場合でも、上記のように、星座を使えば、その人の傾向は読めますが、天体がない分あまり強調されないので、その方向性があまり色濃く表れてこないこともあり得ます。, 4ハウスのおひつじ座(牡羊座)がある場合、おひつじ座(牡羊座)が、積極性や、行動力、また自分で決める意志の強さなどを表す火の星座で、4ハウスがその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、おひつじ座(牡羊座)の好奇心旺盛なところや活動的なところから、旅行などによく言ったり、気になることをすぐ調べたりする、活発なプライベートを過ごしやすいでしょう。, ただ、少し行動に素直すぎるがゆえに、親しい人には、遠慮もなく、思ったことをすぐに行ってしまったりしますし、喧嘩っ早いので、パートナーとよくケンカすることもあるでしょう。, これは、おひつじ座(牡羊座)の支配星である火星からも読み取ることができる性格といえます。, ただ、おひつじ座(牡羊座)自体は、深いことをあまり考えない傾向があるので、後を引くようなことにはなりづらいです。, ただ、何回も続けば、だんだんと相手は愛想をつかしてしまうので、少しの配慮を意識しましょう。, 積極的で、自分のプライベートを充実させようと活発に動くところは良いところで、他人をそこに巻き込める行動力もあるので、他者への思いやりを大切にしてください。, 4ハウスのおうし座(牡牛座)がある場合、おうし座(牡牛座)が、センスや、才能、また所有などを表す地の星座で、4ハウスがその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、プライベートはかなりマイペースで、同時にかなりのこだわりを持ちます。, 自分の感覚がいい感じにならない限りは、納得せず、納得するまで生活環境を見直しそうです。, 実際のその環境はセンスもあってとてもいい環境だといえますし、そのことは、おうし座(牡牛座)の支配星である金星からも読み取ることができます。, そのこだわりを捨てる必要は全くありませんが、生活環境を整えるまで他のことにいまいち身が入らない傾向にあるので、切り替えるときはしっかり切り替えることを意識しましょう。, また、親しい人と一緒にいるときは、言語コミュニケーションより言語を使わない些細な変化を大切にする傾向があるため、場合によっては言葉足らずになることが結構あります。, そのため、相手がどこまで言えば分かる人なのかは、ちゃんと把握しておくべきでしょう。, 4ハウスのふたご座(双子座)がある場合、ふたご座(双子座)が、コミュニケーションや、知的好奇心、また伝達などを表す風の星座で、4ハウスもその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、自分の好奇心に対する行動力や、幅広い興味を持ち、他者と積極的にコミュニケーションをしていくことに充実感を覚えて、プライベートでもいろんなことを調べたり、勉強したりしている傾向がありそうです。, ただし、ふたご座(双子座)は柔軟宮なため、いろいろ調べて、情報を集めることは得意でも、そこから応用することを念頭に入れてやっていないことが多く、ただ単純に物知りになる可能性もあります。, 興味に対する行動力はしっかりあるので、どうせ調べるなら、目的意識もついでに持っておくと、いろいろとスムーズにいくことも多いかもしれませんし、物事を深堀仕様とするときにも便利になります。, まれにプライベートで、すねた性格が表れる時があり、ある意味上手くいっていないときのサインなので、その時は少し求刑した方がいいでしょう。, 4ハウスのかに座(蟹座)がある場合、かに座(蟹座)が、母性や自分の内側、献身などを表す水の星座で、4ハウスがその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、自分の家庭をかなり大事にし、親しい人やパートナー、家族などを、かなり大切にする傾向があります。, 特に、この4ハウスは12星座で行くと、かに座(蟹座)の領域になるので、かに座(蟹座)的で4ハウス的なプライベート重視、親しい人重視の感じが強く出ることになります。, 基本的に感情で共感するタイプとなり、親しい人には、その共感力と、かに座(蟹座)的な優しさがかなり発揮されることになります。, 一方で、甘えたい、安心したいという気持ちも強いので、プライベートに交流しようとする人は結構選ぶ傾向があります。, ある時はかなり優しいのに、あるときか結構かまってちゃんな部分があるので、相手の状況を見ながら変えないと、相手に迷惑をかけることになる可能性もありますので気を付けましょう。, なお、気を許せる場所や人がいないと精神が不安定になりやすい人なので、気を許せる環境は大切にしてください。, 4ハウスのしし座(獅子座)がある場合、しし座(獅子座)が、自己顕示欲や自分の社会性、栄光などを表す火の星座で、4ハウスがその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、自分の中で、プライベートの安定感や生活環境にかなりこだわる傾向があります。, もっと言うなら、それを外側に押し出す傾向があり、例えば生活する上でのこだわりや、家のこだわりなどを他人にアピールして、すごさを見せよとするところがあります。, もちろんちゃんとしたこだわりなので、それがだめではないですが、少し生活環境やプライベートが充実しているというアピールをしすぎると、自己主張が激しい安田と思われる可能性もあります。, ある意味、しし座(獅子座)の支配星が太陽なので、仕方ない部分はありますが、バランスは考えるようにしましょう。, もしアピールしたいのであれば、単純に自慢するのではなくて、たとえば、その恩恵を他者に知ってもらって喜ばせる、ということをしておくと、嫌みや激しい自己主張にはなりにくいでしょう。, 4ハウスのおとめ座(乙女座)がある場合、おとめ座(乙女座)が、細かい気配りや合理主義、神経質などを表す地の星座で、4ハウスがその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、プライベートの基本的なことを丁寧に、やることができ、かつ情報や知識から合理的に判断していく面を持ちます。, 支配星が同じ水星であるふたご座(双子座)と違って、おとめ座(乙女座)の特徴として、情報をしっかり使っていく傾向があるので、生活の充実に情報や知識をしっかり活かしていくでしょう。, 日ごろから些細な生活の質の向上のために知識を集めるのが好きであることも多く、安定して充実した、生活を送れるでしょう。, 自分の生活が安定しているので、他者の面倒を見るのも結構好きで、プライベートで誰かを養うことも多いですが、その分すこし相手をダメ人間にしやすい点には注意しましょう。, 相手のやるべきことまで、やれるからと言って自分がやってしまわないように気を付けるとよいでしょう。, 4ハウスのてんびん座(天秤座)がある場合、てんびん座(天秤座)が、調和や協調性、バランスなどを表す風の星座で、4ハウスがその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、行動的でありながら、ちゃんと周りを見て、周りの調和を図っていくような傾向がプライベートで出るので、いろんな人間関係や生活環境を無視しないで、その中で自分のプライベートを充実させていくことができる人だといえます。, もちろんてんびん座(天秤座)の支配星は金星なので、最終的なプライベートの形には美しい理想がありますが、周りとの調和を崩してまでそれをかなえようとはせず、積極的に、いい方向に行動はしつつも、調和も大切にできるバランスの取れた人です。, ただし、少し周りに気を遣いすぎる部分があるため、ストレスがたまりやすい傾向にある点に注意するべきなのと、プライベートで、あえてわがままになることができないことがあるので、信頼できる相手に、あえて全て任せるという感覚もつかめると、もっと臨機応変に行動できるようになるでしょう。, 4ハウスのさそり座(蠍座)がある場合、さそり座(蠍座)が、生死や愛情、一体化などを表す水の星座で、4ハウスがその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、プライベートは親しい人に対する大いなる愛情を持って生活しており、相手が気づかないうちにいろんな気遣いができる人です。, ただ同時に、かなり深い心を持っているため、他の人からすると、人間性をつかみきれないと思われることもあるでしょう。, 時に大胆で、時に静寂を保つその性格から、知らぬうちにいろんな人がその内面に興味を持つことも多いでしょう。, 深い洞察力もあって、他人の心理的なことまで、言わなくても見破っていることも多く、結構底の知れない人です。, なお、気を許した人に裏切られると、是が非でも許さないので、この人を敵に回すのは避けた方がいいです。, 反対に、この人は過去の裏切られた経験をずっと根に持って、精神的につらいものを背負い続けるので、たまにはおろしてすべて忘れる時間を作った方がいいでしょう。, 4ハウスのいて座(射手座)がある場合、いて座(射手座)が、自由や好奇心、野生などを表す火の星座で、4ハウスがその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、自分のプライベートに自由で開放的な環境をもとめる傾向があります。, そんなに感情的に浮き沈みも少なく、前向きである割には、柔軟性もあるので、多くの人とプライベートで接しながら、いろんな人と仲良くできます。, いて座(射手座)の支配星である木星からも、その傾向は読み取ることができ、開放的なプライベートを過ごす傾向があります。, ただし、親しい人とだけの関係を作ることは少なく、親しい関係を作っても、それを外に後悔したくなってしまうので、独占欲が強かったり、2人だけの関係を求めたりする人とは合わないかもしれません。, またまれに、恋人がいても、夜の関係だけなら別の人ともOKというパターンの人がいるので、否定はしませんが、恋人の気持ちを考えながら行動するようにしてください。, 4ハウスのやぎ座(山羊座)がある場合、やぎ座(山羊座)が、厳格やルール・規律、持久力などを表す土の星座で、4ハウスがその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、自分の中で、プライベート面でも、目的を達成するために厳格でストイックでしょう。, どんなに1人の時でも、自分が目指したもののために努力は怠らず、苦しい時期でも、耐えることができます。, ただ、やはり、甘えることが少ないので、耐えられるといっても、やはりストレスはたまっていく傾向があります。, やぎ座(山羊座)の支配星が土星であるということからも、それらの傾向は読み取れますので、たまに時間を決めて気を抜く時間を作るのも大切だと思います。, なお、目標にこだわるあまりに、少し感情的に冷たい人だと思われることもあるので、他人と接するときは相手に対して共感することを意識してみてください。, なお、本当に心を許した人には、別人のように甘える性格になったりもしますが、それはそれで少しやりすぎることがあるので、バランスに気を付けましょう。, 4ハウスのみずがめ座(水瓶座)がある場合、みずがめ座(水瓶座)が、学術性や独立性、友愛などを表す風の星座で、4ハウスがその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、自由を好み、オリジナリティーのあるプライベートを大切にする傾向があります。, 元々常識にとらわれない自由な考えを持っているため、普通だったらこうする、という生活スタイルをとらないことが多いです。, それはみずがめ座(水瓶座)の支配星が天王星であるということからも明らかで、むしろ他者にはない独創的な生活が良いと思っている人が多いです。, 恋人関係などでも、それは顕著に表れ、今までの常識的な恋愛や結婚の形をとらずに、親密になっていく関係が多いでしょう。, ただそれだけ自由な故に、他者からはあまり受け入れられないことも多く、プライベートは大人数で活動するということは少ないでしょう。, 4ハウスのうお座(魚座)がある場合、うお座(魚座)が、幻想性や情緒、不思議などを表す水の星座で、4ハウスがその人の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面などを表すので、繊細な心と多彩な感性から出る、不思議で感覚的なプライベートを過ごしていることが多いです。, 割とその場の雰囲気に流されることも多いですが、その流れを楽しんでいることを楽しんでいることも多いでしょう。, ただし、流されるがゆえに、ネガティブな方向に流されて、ネガティブな感情に引っ張られることもプライベートでは多くありそうです。, それはうお座(魚座)の支配星である海王星からもわかる通りで、いい意味でも悪い意味でも、繊細だといえます。, 繊細さをポジティブに使えばかなり理想的なプライベートが過ごせそうなので、ネガティブ対策はしておきましょう。, なお、内面の繊細さと幻想性から、芸術面や音楽面などの能力を1人でコツコツ発揮しやすいので、芸術面や音楽面に挑戦してみるのもいいかもしれません。, 私の場合、実際に鑑定するときはホロスコープで全体の星の偏りやバランス、品位を確認し、どの星が最も輝いているかを判断し、全体のバランスを加味して、本人が一番幸せな生き方を探します。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

メルマガからの転載です。 〔技法:トランジットする惑星とハウスの関係〕 トランジットの技法では、惑星が何室に入っているかによって、吉凶や特定の意味が出てきます。 下記のトランジットの惑星と室の関係を示しますが、 基本的には出生図の月を1室として見ます。 おうし座 茶トラちゃん大きくなりましたね☆, 2.また、「House」の右に「Under vedha from」という欄があります。この欄において、(good). 下記のホロスコープの図では、第3ハウスで始まるとしています。 それがトランジット太陽がネイタル木星に絡んだ場合は、トランジット太陽が絡む時期自体がオーブが前後10度として20日ぐらいの間だけしか影響しませんが、寛大になったり、おおむね楽観的になる時期 … その対極にあたるのが「IC」、社会で能力を発揮する際の元「根源」です。 金星 火星 6ハウスのトランジット太陽. 本来、鋭い洞察力を持って生まれていますから、人の心の動きに敏感に洞察力発揮します。, タグ:カスプ 星座, ホロスコープ ハウス 意味, ホロスコープ 見方 ハウス 天体, 冥王星 ハウス, 土星 ハウス, 天王星 ハウス, 太陽 ハウス, 月 ハウス, 木星 ハウス, 水星 ハウス, 海王星 ハウス, 火星 ハウス, 金星 ハウス.

血縁関係のない人々と独自の形態で生活を営むこともあるでしょう。, アウトラインがハッキリしないボンヤリとした夢や幻想をの海王星が第4ハウスに在室すると、「家庭」に夢を投影する傾向があるでしょう。 木星 その影響と居心地の良さから自立が遅れる方もいます。, 厳格な父親像を表す土星が第4ハウスに在室すると、自由でのびのびとした家庭ではなく、幼少期は甘えたり駄々をこねる事ができる環境ではないので息苦しさを感じることもあるでしょう。 父との死別や事業の失敗による生活の困窮を経験すると「幸せな家庭」への憧れが強くなるでしょう。 離れて暮らす方が良い場合もあります。 知れません。 意図を持って受け取れるものではなく、亡くなった. 人間関係では、第4ハウスは「母親」に対し、第10ハウスは「父親」。, 出生図の第4ハウスと第10ハウスに天体が入るとオポジションとなります。(調停がない場合) 太陽があるハウスは本人の人生上 一番大事にするテーマの場所. 土星 良く言えば、にぎやかな家庭で、その人の攻撃性は家庭環境内で養われます。 太陽があるハウスは本人の人生上 一番大事にするテーマの場所. 2ハウス 宗教的感覚や道徳的感性は、両親からの影響を強く受ける。 2ハウス 4ハウスにヘッド(10ハウスにテイル) 家で細々したことをするのに向いている時期。 家族で家事の分担を見直したり、家計を見直したり、健康に気を使った食生活に変えたり、生活の基盤となるものの再評価・更新に良い時期。 土星 4ハウスに太陽があるということは3ハウスで手に入れた「知性」から次の段階、「心」を大切にする生き方になりま …

ネイタルの4ハウスにトランジットの太陽がある場合、4ハウスが表す、自分の家庭環境や親から受け継いだもの、もしくはプライベートの面が、運行中の太陽によって大きくクローズアップされます。 こんにちは、占い師詩織です。 他のハウスはこちらから! 1ハウス 4ハウスの太陽. 両親(特に父親)は厳格で常に緊張の糸がピーンと張っているような空気が漂っています。, 一風変わった家庭環境で親子関係もユニ ークでしょう。 ... こんにちは、占い師詩織です。 ホロスコープの月で、自分の性格や相性を診断する方法をお伝えします! 太陽 この方の場合、家庭環境や家系から知性が遺伝しているかもしれません。 快適な家庭環境づくりやインテリアに関するアイディアに長けています。, 知的会話が飛び交う家庭環境で育つ方が多いようです。 第4ハウスは、社会活動が終わり戻る場所「家庭」は表します。 Copyright © 2020 ƒŠƒAƒ‹¼—mè¯p@–³—¿ƒzƒƒXƒR[ƒvè‚¢All Rights Reserved. サインのルーラー…月, 第1ハウス「自分の誕生」するハウスを「1」として、4番目のハウスは「自分の結果」があらわれるハウスです。, 人は一日の活動が終わると家(第4ハウス)に帰って眠りにつきます。 B, ƒcƒC[ƒg!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");@@.

.

Campfire Audio 修理 10, シンプルスマホ4 ホームページ ショートカット 6, やわた Cm ロケ地 海岸 53, マイクラ コマンド Tnt 威力 4, Imyfone Lockwiper 使い方 7, ニコ 動 And 検索 4, Giant Snap ブログ 12, タント 鍵 電池切れ 4, 大腸がん ステージ2 ブログ 4, 納豆 キムチ 卵かけご飯 5, Jr 東日本 情報システム 倍率 6, 猫 直立 寝る 4, おしりたんてい ブラウン 好きな飲み物 7, つけま 目頭 浮く 6, Lilinana 編み物 ブログ 4, おからパウダー クッキー レシピ 絶品 8, Oracle 統計情報 ロック 4, Oracle 統計情報 最適化 4, Xbox コード 入力 10, パワプロ2013 マイライフ 打順 4, ペアーズ Line交換後 連絡 なし 5, 伊藤ハム ポテトサラダ 業務用 5, 髪 セット 後ろ 鏡 6, 第五人格 ガチャ 確率 リセット 10, Solidworks 正面 変更 7, 競馬 やめて 貯金 6, イスラ ボニータ 産駒 デビュー いつ 8, Pixivfanbox 支払い 変更 9, 犬 歯石 取り 無麻酔 奈良 4, Tsutaya 予約 鬼滅の刃 15, タイトリスト キャロウェイ 比較 8, 宝物 ランキング 中学生 32, Ipod Touch ロック解除 忘れた 4, 赤葦 喧嘩 Pixiv 10, チンチラ 福岡 P2 19, 前髪 薄く したい 中学生 19, H2o エステ 勧誘 4, ラングリッサー ベティ ネタバレ 24, レトルト 賞味 期限切れ 1年 9, 自己紹介 趣味 例 学校 4, アゲハ蝶 蛹 変色 5, Stylehint Cm モデル 24, メダカ 稚魚 底砂 16, Crystaldiskinfo 残り寿命 表示されない 5, 自動車 保険 中断証明書 譲渡 親族 15, Aviutl 画像 勝手 に 動く 16,