マツダは新型「CX-30」の商品改良(年次改良)を行い2020年10月に発売する。新型 CX-30 商品改良今回は「SKYACTIV-G 2.0」に「M-Hybrid」マイルドハイブリッドを組み合わせたモデルをラインナップする可能性もある。

マツダcx-30が発売された。2020年1月下旬には、skyactiv-x投入を控えているという。cx-30のライバル車は、トヨタc-hr、ホンダヴェゼルと古豪が名を連ねている。他のクルマにない魅力とはなにか?を解説します。 (株)カービュー企業情報 |

マツダが、新型suv「cx-30」の新モデルを発表しました。 新モデルにより魅力をアップした新型cx-30のスペックなどについて、最新情報からご紹介します。 免責事項 |

改良により魅力をアップする新型CX-30のスペックや価格などについて、最新情報からご紹介します。, マツダCX-30は、ブランドのミドルクラス「マツダ3」をベースにしたSUVとして企画。ブランドにラインナップされているCX-3とCX-5の中間に位置するモデルとして人気になっています。, 改良される新型CX-30では、「SKYACTIV-X」エンジンの出力をこれまでの180ps/22.8kgmから190ps/24.5kgmに向上する新制御ソフトウェア「SPIRIT1.1」を採用し、既存のSKYACTIV-Xユーザーにも無償アップデートを提供。, また、ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D1.8」の出力を116psから130psにアップ。, 加えて、安全装備では、クルージング&トラフィック・サポート(CTS)の上限速度を高速域まで拡大することで、さらに快適に運転を楽しむことができるようになります。, 新型CX-30は2020年11月中旬の発売を予定。「SKYACTIV-X」搭載車は2020年1月から生産が開始されます。, 【マツダ新型MX-30最新情報】新型電気自動車SUV!航続距離/充電時間、ロータリーEVレンジエクステンダー、サイズ、価格は?, マツダ新型CX-30の外装は、ベースとなる「マツダ3」からくる、マツダの次世代商品群の先駆けとして深化した魂動デザインが採用されています。, 改良では、SKYACTIV-X搭載車に専用フェンダーバッジを追加し、リアバッジは「e-SKYACTIV X」に変更されます。, CX-30はフロントに大型化したグリルを採用し、薄型のワイドヘッドライトと低重心なバンパーを組み合わせることで存在感を強調。, リアはフォルムを、下位モデルとなるCX-3とのつながりを感じられるものとしながら、より流麗、ボディの陰影も滑らかに。, リアランプは円形を奥行き感あるものとすることで、ボディの滑らかさを印象付ける仕上げになっています。, クロスオーバーモデルとなる新型CX-30では、走破性能をあげる車高のアップとともに、車体下部を障害物から守る専用のガードなどが採用され、「マツダ3」よりタフなデザインに仕上げられています。, マツダ新型CX-30の内装は、外装と同じくブランドデザインの「魂動」を進化したダイナミックかつ上質なデザインとされています。, 室内空間はボディサイズにあわせて拡大され、前席は乗員間の間隔を「CX-5」同等に確保し、幅広のセンターアームレストとドアアームレストの採用により、着座姿勢を快適に。, 後席は前席との距離を長めに取るとともに、着座位置の高さとフロア高を調整することで、体格の大きな人でも余裕を持って座ることができるヘッドスペースを創出。, 全席の着座位置と距離を最適化することで、乗員同士の顔が見えやすく、会話のしやすい室内空間に仕上げられています。, 大型ベビーカーと旅行用バッグなどを同時に積載できる容量と、組み立て家具などが収まる1020mmの開口幅を確保。, さらに荷物の積み降ろしがしやすいよう、開口部下端の高さは地上から731mmに設定されています。, また、電動で開閉ができる「パワーリフトゲート」を、エントリーグレード「20S」を除くすべての機種に標準設定。, リアゲートを開閉するダンパー部品の一部を樹脂製にするなど、滑らかな動きと静かな作動音が追求されています。, センターにはタッチ操作に対応する横長のインフォテイメントシステムが採用され、インテリアトリムはこれまで以上に上質に。, 操作ボタンを少なく、全体の印象を軽くすることで、エクステリアと印象をあわせたスピード感あるデザインとなっています。, 音響システムは、各スピーカーの位置と方向を刷新し、必要な音だけが心地よく耳に届く8スピーカーオーディオシステム「Mazda Harmonic Acoustics(マツダ・ハーモニック・アコースティックス)」を設定。, また、Boseとの共同開発により音の立体感や明瞭度を磨き上げたBoseサウンドシステム(12スピーカー)も用意されています。, 新型CX-30のパワートレインには、2Lのガソリン、1.8Lのディーゼルエンジンが搭載されます。, 改良では、世界で初めてガソリンと空気の混合気の圧縮着火技術「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」を実用化した新世代エンジン「SKYACTIV-X」の出力を、これまでの180ps/22.8kgmから190ps/24.5kgmに向上する新制御ソフトウェア「SPIRIT1.1」を採用し、既存のSKYACTIV-Xユーザーにも無償アップデートを提供。, また、ディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D1.8」の出力を130psに向上することで、より気持ちのいい走りがつくられます。, マツダ新型CX-30の4WDシステムには、タイヤの動きやGセンサーなどの情報から車両の走行状態をリアルタイムに検知し、路面状況やタイヤの荷重状態の変化を素早く予測する「i-ACTIV AWD」が採用されています。, これにより、雨や雪などの滑りやすい路面のほか、ドライ路面においても4輪のタイヤの力を効率的に引き出せるように自動的にトルクを配分し、スムーズで安定した走りを実現。, また、新たにドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクやブレーキを制御し安定性を高める「G-ベクタリングコントロール(GVC)」との協調制御を採用することで、これまで以上にニュートラルなコーナリングを楽しむことができるように仕上げ。, 加えて、新開発の「オフロード・トラクション・アシスト」を採用することで、悪路でスタックした場合にも、4WDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって、スムーズに脱出することができるようになっています。, 新型CX-30の燃費は、より実燃費に近づく新燃費規格のWLTCモード値で、1.8Lディーゼルエンジンが19.2km/Lの低燃費になっています。, 新開発されたスカイアクティブXエンジンは、6速MTモデルで17.0km/L、6速ATモデルで16.8km/Lとされ、力強い走りと燃費性能が両立されています。, マツダ新型CX-30の安全装備には、機能をアップした先進安全システム「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」が採用されます。, 新型i-ACTIVSENSEでは、わき見や居眠りを検知して警告する「ドライバー・モニタリング」、追従走行機能とステアリングアシスト機能により運転疲労の軽減をサポートする「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」を採用。, 改良では、クルージング&トラフィック・サポート(CTS)の上限速度を高速域まで拡大。, また、MRCC(マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール)の制御を改善することで、安全性をアップします。, マツダ新型CX-30のボディサイズは、ベースモデルを「CX-3」で採用されていた「マツダ2」からミドルクラスの「マツダ3」に変更することで、全長+120mmと大幅に拡大されています。, これにより、CX-3より大きく、CX-5よりコンパクトなサイズを求めるユーザー向けの車体となっています。, 年次改良を受ける新型CX-30の発売日は、2020年11月中旬が予定されています。, 「SKYACTIV-X」搭載車は、2020年1月からの生産開始が予定されています。, マツダは現行モデル発売から1年ほどで最初の改良を行うことで、ユーザーの要望に対応し、販売を伸ばしていきたい考えです。, 新型マツダCX-30については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 法人加盟店募集 | 中古車物件数461,357件   (毎日更新), 現在位置: > また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。, 【マツダ新型CX-30】「2.5LターボAWD」発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【最新情報】2.5Lターボ&4WD!新型「CX-30 SKYACTIV-G2.5T AWD」発表!, 【新型マツダ6】2021年12月「FR化!」フルモデルチェンジ!最新情報、セダン&ワゴンの価格、燃費…, 【マツダ新型CX-30】2020年11月中旬年次改良日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【マツダ新型CX-30】1月16日「SKYACTIV-X」日本発売!最新情報、ロータリーEV、サイズ…, 【マツダ新型CX-3】2021年末フルモデルチェンジ!最新情報、サイズ、燃費、価格、発売日は?, 【マツダ新型CX-4最新情報】クーペSUV日本発売へ!サイズやスペック、価格、燃費、発売日は?, 【レクサス新型LBX】「新コンパクトSUV!」2021年発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【新型2シリーズアクティブツアラー】2020年末フルモデルチェンジ発表!最新情報、スペック、燃費、価格、発売日は?, 【フェラーリ新型SF90ストラダーレ】PHEVオープン!「スパイダー」発表!最新情報、価格やスペックは?, 【ルノー新型カングー】「新世代!」2021年型フルモデルチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、発売日、価格は?, 【新型エスカレード】「新世代最上級!」2020年11月13日フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、価格、サイズ、燃費は?, 【スバル新型WRX STI/S4】「プロト走行開始!」2021年10月フルモデルチェンジ発表!最新情報、発売日や価格、スペックは?, 【BMW新型iX】「600km走行!新電気自動車SUV!」2020年11月11日発表!最新情報、価格、スペックは?, 【トヨタ新型ノア】2021年7月フルモデルチェンジ!最新情報、ノアカスタム、価格、サイズ、燃費、発売日は?, 圧縮着火を世界初採用した新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」にマイルドハイブリッド「M Hybrid」を組み合わせ搭載, 次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用, 4WDシステムに、スタック時にスムーズな脱出を実現する新開発「オフロード・トラクション・アシスト」を採用, 安全システムに「ドライバーモニタリング」「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」機能を採用, トランスミッション:6速AT or 6速MT(SKYACTIV-G/SKYACTIV-X), 20S PROACTIV Touring Selection:2WD 273万3500円 4WD 297万円, XD PROACTIV Touring Selection:2WD 300万8500円 4WD 324万5000円, X PROACTIV Touring Selection:2WD 341万5500円 4WD 365万円.

ヘルプ・お問い合わせ | 好調!?

マツダ cx-30に実際に乗っているオーナーのレビューや口コミが満載。実燃費やエクステリア・インテリアに関する情報や、メンテナンス・カスタム方法が充実。マツダ cx-30の様々な情報がここに!日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 マツダの新型SUV「CX-30」に関する最新情報を本記事ではお伝えします。 CX-30は、新型Mazda3の実質SUVバ. B‚æ‚萳Šm‚ȏî•ñ‚̓[ƒJ[‚̃z[ƒ€ƒy[ƒW‚âƒJƒ^ƒƒOA”Ì”„“X‚É‚Ä‚²Šm”F‚­‚¾‚³‚¢B. ご意見・ご要望 |

マツダの新車情報(新型車)やモデルチェンジに関する最新情報をこのページでは詳しく紹介します。 マツダ本命のcx-30は本当に売れているのか!? マツダ マツダCX-30 最新情報! マイナーチェンジ・年次改良が2020年12月に。CTSの上限速度改善へ. 意外に安いマツダの海外専売車 CX-4は超スタイリッシュSUV, 【アメリカ人の熱狂ぶりは?】新型フォード・ブロンコ 2週間で15万台予約 初代を3Dスキャンしていた, 「車高調選びに迷うRX-8&NDロードスター乗りは要チェック!」オートエクゼが考える究極のスポーツサスが登場, ヤリスクロス・CX-3・クロスビーなど百花繚乱の「200万円以下SUV」! 徹底比較で買いを検証, マツダがFRの新型SUV開発中か!? マツダが、suv「cx-30」の改良日本発売を予定しています。 改良により魅力をアップする新型cx-30のスペックや価格などについて、最新情報からご紹介します。 motor 2020年10月6日. > マツダcx-30長距離試乗でわかった真価 国産「最美」suvにふさわしい走りか? ロータリーエンジン復活の道筋も見えた次世代戦略とは, 【マツダ6登場間近】2021年3月期第2四半期の決算説明会で語られたこと 中期経営計画の見直し オンライン販売も強化へ, 「最新SUV解説」マツダMX-30って何者? 解き明かす鍵はネーミングにある! SUVはスペシャルティの時代へ, マツダ 丸本社長「出荷100万台での黒字体質めざす」…第2四半期営業赤字は529億円に, マツダ丸本社長「この先2年間でラージ商品群への投資を進める」…トヨタからの調達も拡大, carview!はYahoo!

マツダ伝家の宝刀「cx-30」は超激戦区で勝てるのか?? 利用規約 | マツダの2020年新車発売スケジュール(... https://motor.xbiz.jp/wp-content/uploads/2020/10/logo-1.png, マツダCX-30 最新情報!マイナーチェンジ・年次改良が2020年12月に。CTSの上限速度改善へ.

サイトマップ | マツダ主催の一泊二日の価値体感型取材会が開催された。提供されたクルマはcx-30ののskyactiv-x搭載車と、2lガソリン仕様の2台だ。試乗レポートをお届け。 【マツダ】新型車デビュー予想|2020年9月最新情報 今後デビューが予想されるマツダの新型車、モデルチェンジ最新情報をまとめてお届けします。 【マツダ】新車で買える現行車種全16モデル一覧|2020年5月最新情報 ホンダ『フィット』とプジョー『208』にカーオブザイヤー…日本自動車殿堂2020-2021 2020年11月7日.

新モデルにより魅力をアップした新型CX-30のスペックなどについて、最新情報からご紹介します。, マツダが、ミドルクラスSUV「CX-30」の新モデルとなる「SKYACTIV-G 2.5T」搭載車を発表しました。, 新設定された「SKYACTIV-G 2.5T」モデルは、先に「マツダ6」や「CX-5」などに搭載されていた2.5Lターボエンジンを搭載し、ミドルクラスながらオクタン価93の燃料で最高出力250ps、最大トルク44.2kgm、オクタン価87の燃料では230ps/42.9kgmを発揮。, トランスミッションにはパドルシフト付きの6速ATが組み合わせられ、駆動システムにはマツダの4輪駆動システムである「i-ACTIV AWD」を採用することで、タイヤの動きやGセンサーなどの情報を使って、状況に応じて前後輪に対するトルク配分を自動的に最適化することができるようになっています。, その他、新型CX-30 2.5Lターボモデルでは、エクステリアにブラックの18インチホイール、ミラーキャップを装備。, Apple CarPlayとAndroid Autoに対応するインフォテインメントシステムや12スピーカーBoseオーディオシステムなども設定されています。, 新型CX-30のSKYACTIV-G 2.5T搭載車は、2020年末に米国で発売される予定です。, 【新型マツダ3最新情報】アクセラ後継フルモデルチェンジ!スポーツ/セダン、ディーゼルやスカイアクティブXハイブリッド燃費、サイズ、価格、発売日は?, 【マツダ新型MX-30最新情報】新型電気自動車SUV!航続距離/充電時間、ロータリーEVレンジエクステンダー、サイズ、価格は?, 【マツダ新型CX-5最新情報】マイナーチェンジ!2.5Lターボや6速MT、ハイブリッド、価格、燃費は?, マツダCX-30は、先にフルモデルチェンジが発表されていた「マツダ3」をベースにした新型SUVとして企画。, ブランドにラインナップされているCX-3とCX-5の中間に位置するモデルとなっています。, マツダ新型CX-30の外装は、ベースとなる「マツダ3」からくる、マツダの次世代商品群の先駆けとして深化した魂動デザインが採用されています。, フロントには大型化したグリルを採用し、薄型のワイドヘッドライトと低重心なバンパーを組み合わせることで存在感を強調。, リアはフォルムを、下位モデルとなるCX-3とのつながりを感じられるものとしながら、より流麗、ボディの陰影も滑らかに。, リアランプは円形を奥行き感あるものとすることで、ボディの滑らかさを印象付ける仕上げになっています。, クロスオーバーモデルとなる新型CX-30では、走破性能をあげる車高のアップとともに、車体下部を障害物から守る専用のガードなどが採用され、新型マツダ3よりタフなデザインに仕上げられています。, マツダ新型CX-30には、純正アクセサリーパッケージとなる「MAZDA CX-30 SIGNATURE STYLE(シグネチャースタイル)」が設定されています。, 新型CX-30シグネチャースタイルは、サテンクロームのモールディングを備えたアンダーガーニッシュ(フロント/サイド/リア)と、オリジナル切削アルミホイール(2トーン)により、さらに低重心な印象のスタイリングを提供。, CX-30のデザインを保ちながら、SUVらしいアクティブさを表現した「CX-30の新しい選択肢」としてパッケージでのカスタマイズが提案され、パッケージ価格は344,691円とされています。, カラーラインナップには、マツダのブランドカラーとなっているソウルレッドクリスタルメタリックや人気のマシーングレープレミアムメタリックが含まれ、深みのあるボディカラーを楽しむことができるようになっています。, マツダ新型CX-30のボディサイズは、ベースモデルをCX-3で採用されていたデミオからミドルクラスのアクセラに変更することで、全長+120mmと大幅に拡大されています。, これにより、CX-3より大きく、CX-5よりコンパクトなサイズを求めるユーザー向けの車体となっています。, マツダ新型CX-30の内装は、外装と同じくブランドデザインの「魂動」を進化したダイナミックかつ上質なデザインとされています。, 室内空間はボディサイズにあわせて拡大され、前席は乗員間の間隔を「CX-5」同等に確保し、幅広のセンターアームレストとドアアームレストの採用により、着座姿勢を快適に。, 後席は前席との距離を長めに取るとともに、着座位置の高さとフロア高を調整することで、体格の大きな人でも余裕を持って座ることができるヘッドスペースを創出。, 全席の着座位置と距離を最適化することで、乗員同士の顔が見えやすく、会話のしやすい室内空間に仕上げられています。, 大型ベビーカーと旅行用バッグなどを同時に積載できる容量と、組み立て家具などが収まる1020mmの開口幅を確保。, さらに荷物の積み降ろしがしやすいよう、開口部下端の高さは地上から731mmに設定されています。, また、電動で開閉ができる「パワーリフトゲート」を、エントリーグレード「20S」を除くすべての機種に標準設定。, リアゲートを開閉するダンパー部品の一部を樹脂製にするなど、滑らかな動きと静かな作動音が追求されています。, センターにはタッチ操作に対応する8.8インチのインフォテイメントシステムが採用され、インテリアトリムはこれまで以上に上質に。, 操作ボタンを少なく、全体の印象を軽くすることで、エクステリアと印象をあわせたスピード感あるデザインとなっています。, 音響システムは、各スピーカーの位置と方向を刷新し、必要な音だけが心地よく耳に届く8スピーカーオーディオシステム「Mazda Harmonic Acoustics(マツダ・ハーモニック・アコースティックス)」を設定。, また、Boseとの共同開発により音の立体感や明瞭度を磨き上げたBoseサウンドシステム(12スピーカー)も用意されています。, 内装は、シックな大人の世界を表現するリッチブラウン内装と、モダンで知的な世界を醸し出すネイビーブルー内装をラインアップ。, シートは、リッチブラウン内装に黒と白の本革シート、ネイビーブルー内装にはグレージュと黒のファブリックシートが用意されています。, 新型CX-30のパワートレインには、2Lのガソリン、1.8Lのディーゼルエンジンが搭載されています。, 新世代エンジンとなる「スカイアクティブX」は、圧縮し高温になった空気に燃料を噴射することで燃焼するディーゼルエンジンの技術を、通常は火花で点火するガソリンエンジンに応用し、世界で初めてガソリンと空気の混合気の圧縮着火技術を実用化。, 従来のガソリンエンジンと同じく火花による着火も組み合わせることで安定した燃焼を可能とし、燃費を最大30%あげながら、エンジンのトルクは全域で10%以上、最大30%向上することが可能に。, 新型CX-30では、「M Hybrid」と名付けられた減速エネルギーを充電しエンジンをアシストすることが可能になるマイルドハイブリッドシステムと組み合わせて搭載されています。, その他、新型CX-30にはディーゼルモデルとして、CX-3の2018年改良で新しく搭載されていた1.8L「SKYACTIV-D」を採用。, これまでマツダ車に搭載されていた1.5Lと2.2Lのディーゼルエンジンより車体サイズに適した排気量とすることで、軽快な走りと高い燃費に仕上げられています。, マツダ新型CX-30の4WDシステムには、タイヤの動きやGセンサーなどの情報から車両の走行状態をリアルタイムに検知し、路面状況やタイヤの荷重状態の変化を素早く予測する「i-ACTIV AWD」が採用されています。, これにより、雨や雪などの滑りやすい路面のほか、ドライ路面においても4輪のタイヤの力を効率的に引き出せるように自動的にトルクを配分し、スムーズで安定した走りを実現。, また、新たにドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクやブレーキを制御し安定性を高める「G-ベクタリングコントロール(GVC)」との協調制御を採用することで、これまで以上にニュートラルなコーナリングを楽しむことができるように仕上げ。, 加えて、新開発の「オフロード・トラクション・アシスト」を採用することで、悪路でスタックした場合にも、4WDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって、スムーズに脱出することができるようになっています。, マツダ新型CX-30には、新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブビークルアーキテクチャー)」が採用されています。, スカイアクティブビークルアーキテクチャーは、人間が持つ本来の能力をクルマに乗っているときにも発揮できる状態にするため、ドライバーの体をしっかりと支え、理想の姿勢で座り続けられるシートを開発。, さらに、テレスコピックの調整幅を拡大するなど各種機構の調整幅を広げ、多様な体格において最適なポジションが取れるようになっています。, シャシーは、基本骨格のストレート化と環状構造を基本とするマツダ独自のボディをさらに進化させ、これまでの上下左右方向だけでなく、前後方向にも骨格を連続する構造に変更。, これにより剛性アップと伝達の遅れ低減を実現し、タイヤやダンパーの機能を最大限発揮できる形に。, また、路面からのエネルギーを特定の部位に集中させることが可能となるため、その部位に新開発の減衰構造を持たせることで、騒音の原因を効率よく低減させることを可能となっています。, サスペンションは、フロントで従来のマクファーソンストラット式を進化させつつ、リアには新開発のトーションビーム式サスペンションを採用することで、路面からの入力を正しく、そしてリニアに伝えるサスペンションに。, ブレーキは、効き始めの分かりやすさ、ペダルの踏み戻しによる減速度の調整のしやすさ、強いブレーキを踏み続けたときの剛性の高さに注力し、自然かつ綿密なコントロール性が造り込まれています。, 新世代エンジンの「スカイアクティブX」は、高い走行性能を持ちながら「SKYACTIV-G 2.0」を超える最高17.0km/Lと、走行性能と環境性能が両立されています。, 新設定が予定されるレンジエクステンダーEVでは、40km/Lほどの燃費値が見込まれています。, マツダ新型CX-30の安全装備には、機能をアップした先進安全システム「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」が採用されています。, 新型i-ACTIVSENSEでは、わき見や居眠りを検知して警告する「ドライバー・モニタリング」、追従走行機能とステアリングアシスト機能により高速道路などでの渋滞時に運転疲労の軽減をサポートする「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」を採用。, さらに新型CX-30では車載通信機を全車標準設定し、コネクテッドサービスとスマホアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」との連携で利便性を向上するとともに、緊急通報サービスの提供など、24時間さまざまな場面でユーザーをサポートできるようになっています。, マツダ新型CX-30は、ベース車をCX-3のデミオからマツダ3に変更することでボディサイズを拡大し、上位モデルとして価格をアップしています。, スタート価格は239万2500円からと、CX-3の価格212万7600円より、上位のSUVで249万円から用意されるCX-5に近い設定になっています。, トランスミッションは、SKYACTIV-GとSKYACTIV-Xに6速MTも設定され、走りを楽しむこともできるようになっています。, マツダ新型CX-30に新設定された「SKYACTIV-G 2.5T」AWD車は、2020年9月17日に米国で発表され、2020年末に販売が開始される予定です。, マツダは現行モデル発売から1年ほどで改良を行うことで、ユーザーの要望に対応し、販売を伸ばしていきたい考えです。, 新型マツダCX-30については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

不調!?? マツダがcx-30の初期受注を発表した。skyactiv-xを搭載した新型suvとして発売し、受注台数は1万2346台であった。受注台数を各自動車メーカーの新型車と比較しつつ、cx-30の評価と課題を考察する。 CX-30, 現在JavaScriptが無効になっています。Carview!のすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, 新型ジューク カローラクロス マツダ3ターボ…欲しい…!! ガイドライン | 買取カービュー.

マツダ cx-30の新車・中古車情報をまとめてチェック。cx-30新型モデルの最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載。価格・性能・装備がわかるcx-30の諸元表で気になるグレードを詳しく比較。ユーザーレビューや値引きのクチコミ情報もあります。 JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社カービューと協力して運営しています。, プライバシー | 日本では買えない魅力的な日本車 8選, センチュリー ヤリスHV ジムニー…唯一無二!!!

> マツダ CX-30のニュース carview!では自動車関係のニュースを毎日更新でお届け。新車情報はもちろん、業界トピックス、カーグッズ&パーツ情報からF1速報まで。見逃せない自動車関連ニュースはこちら … carview! 『CX-30』は、エンジンやプラットフォームを『マツダ3』と共通化している。SUVに分類され、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)も175mmを確保したが、全高は立体駐車場を使いやすい1540mmに抑えた。マツダ3のファストバックをベースに、室内を少し拡大した印象を受けた。, マツダ CX-30ファミリーカーとしても使えるが、身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ1つ半だ。着座位置が高めで窮屈ではないが、広々とした印象も受けない。あくまでも前席を優先させている。, エンジンは直列4気筒2リットルガソリン、1.8リットルクリーンディーゼルターボ、2リットル SKYACTIV-X(スカイアクティブX)を選べる。今回はガソリンとディーゼルを試乗した。, マツダ CX-30ガソリンはパワフルではないが、2000回転前後でも駆動力の落ち込みが抑えられて運転しやすい。4000回転を超えると吹き上がりが少し活発になり、エンジンを回す楽しさも味わえる。, 前輪側の荷重はディーゼルに比べて50~60kg軽く、操舵した時の動きに軽快感が伴う。カーブを曲がっている最中に危険を避ける操作をしても、挙動の乱れが少ない。乗り心地は、街中を時速40km以下で走ると少し硬めに感じるが、不快感はない。, ディーゼルは実用回転域の駆動力が高く、吹き上がりも相応に良い。峠道などを走ると、4500回転付近まで回ることもある。1400回転以下では駆動力が落ち込むが、ATはこの回転域を使わないようにシフトしている。, ディーゼルの走行安定性は、ガソリンに比べて少し下がる。滑らかに良く曲がるが、後輪の接地性が若干下がりやすい。しかし峠道ではアクセル操作で車両の向きを適度に変えられて、運転を楽しめた。このあたりは走りを熟成させたSUVの特徴で、重心の高さを上手に活用している。, CX-30はSUVと呼ぶには野性味と個性が乏しいが、マツダ3に比べると視界が良く、開放感があって運転感覚も馴染みやすい。運転の好きなユーザーに適したSUVだ。, またマツダ3の走りは好きだが、閉鎖感の伴う車内や個性的な外観が好みに合わない場合、CX-30を試乗すると良いだろう。幅広いユーザーがマツダ車の良さを味わえる手頃なクルマに仕上げている。, ■5つ星評価パッケージング:★★★インテリア/居住性:★★★パワーソース:★★★★フットワーク:★★★★オススメ度:★★★★, 渡辺陽一郎|カーライフ・ジャーナリスト1961年に生まれ、1985年に自動車雑誌を扱う出版社に入社。編集者として購入ガイド誌、4WD誌、キャンピングカー誌などを手掛け、10年ほど編集長を務めた後、2001年にフリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向した。「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けている。, 【スズキ ハスラー 新型試乗】日本は軽だけあればいいよね?って気分になってしまう…岩貞るみこ, ホンダ『フィット』とプジョー『208』にカーオブザイヤー…日本自動車殿堂2020-2021, マツダ 丸本社長「出荷100万台での黒字体質めざす」…第2四半期営業赤字は529億円に, マツダ丸本社長「この先2年間でラージ商品群への投資を進める」…トヨタからの調達も拡大, メルセデスAMG GT、ニュルで最速のラグジュアリー車に…ポルシェ パナメーラ の記録更新[動画], 【メルセデスベンツ Eクラス 新型試乗】古い世代のユーザーと決別する1.5Lエンジン…中村孝仁, わずか10mm、されど10mmの余裕!既存オーナーも必見、トヨタ RAV4の「オフロードパッケージ」を試す.

.

猫 Aim 実用化 4, 身元保証人 職業 自営業 8, After Effects Quicktime 書き出し エラー 4, Re Load 三章 5, シャム猫 里親 新潟 6, Giant Escape R3 2020 8, Premiere Pro 点滅 26, トゲキッス レイド 場所 4, ゼノブレイド つながる未来 コレペディア 18, Lg V60 Thinq 5g L 51a 4, 荒野行動 招待 通知 12, Z会 答案撮影 できない 4, イジメ 加害者 特徴 4, 山本寛斎 娘 坂上 27, Jquery 高さ 揃える 5, プラレール Jr 西日本 スペシャルセット 5, Avic Zh07 リセット ボタン 11, ボーラ Wto 33 7, ダークソウル3 エスト 早 飲み 16, ニコニコ 映画 おすすめ 6, ケーブルテレビ リモコン 効かない 12, 一番くじ 買い方 ローソン 23, Aladdin 2019 Script 13, 避難訓練 保育園 靴 21, Jimdo ヘッダー編集 Css 4, 綽名 渾名 違い 9, アクセス カルテ 作成 4, かじ えり アンチスレ 14, Antop アンテナ 説明書 5, ぷよ クエ 追撃 6,