2020年10月22日、「レクサス」ブランド初となるEV市販モデル「UX300e」が発表されました。2020年度分は135台の限定で、商談申込み(抽選)の受付がスタートしています。申し込みはレクサスの公式Webサイト上から、10月22日(木)13:30から11月4日(水)23:59までの期間になり、当選者には... 2016年、ホンダは高性能2シータースポーツ「NSX」第2世代を発表しましたが、第3世代となる次期型を早くも予想してみました。満を持して登場した2代目は、そのハンドリングなどで高評価を得たものの、世界を振り向かせ、カルトファンを惹きつけた初代に比べインパクトに... 「スッと曲がる印象」トーヨータイヤの新スタッドレス 、オブザーブ・ギズツーが厳しい日本の冬を安心で楽しくする!【TOYO TIRES OBSERVE GIZ2試乗】. ■高速直進安定性  8点/横風耐性が高い。視界も低く安心感もある。LKASも優秀。 変な質問でごめんなさい。2年前に結婚した夫婦です。それまで旦那は「専門学校卒だよー」って言ってました。

ホンダのヴェゼル(1500cc)とマツダのCX-30(2000cc)も気になっています。どちらがおすすめですか? コスパで選ぶならヴェゼル。静粛性や走り、装備の充実性を取るならCX30。しかしヴェゼルにはFFだけ …

■ロードノイズ 今回は、2020年6月30日に発売された新型日産「キックス」にがっつり試乗してきましたので、ライバルであるトヨタ「C-HR」・ホンダ「ヴェゼル」・スバル「SUBARU XV」・マツダ「CX-30」と比較して、良かった点や気になった点をご紹介します。, 新型「キックス」のエクステリアは、Vモーショングリルが特徴的で、顔つきは同日産の「セレナ」そっくりです。そのため、「セレナ」のSUV版という印象があります。, フロントグリルは艶感があり、比較的質感高い印象がありますが、フロントロアグリル内の黒い発泡スチロールが見えてしまうのは少し残念でした。, トヨタ「カローラ」シリーズもグリル内に発泡スチロールが使われていましたが、覗いてよく見ないとわからない様に配慮されてありました。できれば「キックス」ももう少し配慮してもらいたかった気がします。, サイドデザインは、アウトサイドドアハンドルがクロームメッキ加飾が施されている点は好印象でしたが、センターピラーなどの艶あり塗装はなく、サイドガーニッシュも少し廉価な印象があります。, リアデザインは、リアルーフスポイラーは艶あり塗装となっている点は好印象で、テールランプが特徴的な形状となっています。, 見た目は好みが分かれますが、いわゆる”日産車”共通のデザインとなっており、個人的には好印象でした。, ただ、「セレナ」がマイナーチェンジした際も思いましたが、フロントグリルはもう少し大人しめでもよいのではないかと感じました。, 新型「キックス」のインテリアは、シートが標準で合皮/コンビシートとなっており、「X ツートーンインテリアエディション」なら座面中心の部分も合皮となります。, そのため、シートの質感は高い印象を受けましたが、後部座席に座った際に少しシートが硬い印象があります。, 本革巻ステアリングホイールは、廉価な印象があります。スベスベ感も少なく、ハンドルが軽いことも相まってプラスチッキーな印象すらあります。, 本革巻ステアリングホイールといっても各メーカーで触り心地は大きく異なり、トヨタ・ホンダ・マツダあたりは質感高い印象がありますが、日産・スバルあたりは廉価な印象があります。, また、センターコンソール(カップホルダー)周辺も廉価な印象があり、同日産の「ノート」よりは大分マシですが、それでも”あぁ、この辺で安く仕上げているんだな”と感じてしまいました。, 同様にドアアームレストも、シルバー塗装のドアトリムガーニッシュなどが廉価な印象があります。フロント、リア共に廉価な印象があります。, シフトノブは、従来のガソリン車のシフトノブに近い形状となっている点は好印象でした。「ノート」の様な丸っこいものではなく、「セレナ」のシフトノブに近い形になっています。, 全幅が1,760mmと少し大きめではありますが、トヨタ「RAV4」やホンダ「CR-V」などと比較すれば、めちゃくちゃ運転しやすいです。, また、後部座席も座面が高く設定されており、後部座席からの見通しもよくなっているのが特徴的です。, ライバルの「C-HR」や「CX-30」より圧倒的に広く、「ヴェゼル」や「SUBARU XV」と同程度な印象があります。, また、ラゲッジスペース容量も「CX-30」の430ℓに匹敵する423ℓとなっている点も好印象です。, このクラスのSUVのほとんどが段差ができない仕様になっていますので、その点では劣っているといえるでしょう。, 上記をまとめると、車内は広く視界も良いため運転しやすいがインテリアの質感はライバル車と比較すると廉価な印象がある、といった形です。, 質感については、「CX-30」や「C-HR」を見たあとに乗れば、特に廉価な印象を受けることになると思います。, 総合的によくまとまっているクルマなため好印象ではありますが、やはり日産共通の問題である”車内の質感”が「キックス」でも弱点になってしまっている印象があります。, 新型「キックス」のパワートレインは、「ノート」や「セレナ」のe-POWERと同じ型式のモーターが使用されていますが、パワーは「ノート」と「セレナ」の中間の出力となっています。, 「ノート」や「セレナ」同様、発進時からストレスフリーの加速性能となっており、追い越しや急な上り坂でのパワーも十分です。, e-POWER Drive(Sモード、ワンペダル操作)もノーマルモードに比べれば、若干アクセルが重くなりますが加速性能は十分で、静止動作も慣れれば非常に楽なシステムだと感じました。, エンジン →最高出力 60kW〈82PS〉/6,000rpm →最大トルク 103N・m〈10.5kgf・m〉/3,600~5,200rpm モーター →最高出力 95kW〈129PS〉/4,000~8,992rpm →最大トルク 260N・m〈26.5kgf・m〉/500~3,008rpm, エンジン →最高出力 58kW〈79PS〉/5,400rpm →最大トルク 103N・m〈10.5kgf・m〉/3,600~5,200rpm モーター →最高出力 80kW〈109PS〉/3,008~10,000rpm →最大トルク 254N・m〈25.9kgf・m〉/0~3,008rpm, エンジン →最高出力 62kW〈84PS〉/6,000rpm →最大トルク 103N・m〈10.5kgf・m〉/3,200~5,200rpm モーター →最高出力 100kW〈136PS〉 →最大トルク 320N・m〈32.6kgf・m〉, ライバルである「C-HR」、「ヴェゼル」、「SUBARU XV」、「CX-30」と比較すると、「ヴェゼル」の1.5Lターボ車や「CX-30」のSKYACTIV-Xと似たような加速性能がある印象を受けました。, そのため、「C-HR」や「SUBARU XV」と比べれば、加速性能では圧倒しています。, ・1.8Lハイブリッド(「G」、「S」他) エンジン →最高出力 72kW〈98PS〉/5,200rpm →最大トルク 142N・m〈14.5kgf・m〉/3,600rpm モーター →最高出力 53kW〈72.0PS〉 →最大トルク 163N・m〈16.6kgf・m〉, ・1.2Lターボ(「G-T」、「S-T」他) →最高出力 85kW〈116PS〉/5,200~5,600rpm →最大トルク 185N・m〈18.9kgf・m〉/1,500~4,000rpm, ・1.5Lハイブリッド(「HYBRID・Honda SENSING」他) エンジン →最高出力 97kW〈132PS〉/6,600rpm →最大トルク 156N・m〈15.9kgf・m〉/4,600rpm モーター →最高出力 22kW〈29.5PS〉/1,313~2,000rpm →最大トルク 160N・m〈16.3kgf・m〉/0~1,313rpm, ・1.5Lガソリン(「G・Honda SENSING」他) →最高出力 96kW〈131PS〉/6,600rpm →最大トルク 155N・m〈15.8kgf・m〉/4,600rpm, ・1.5Lターボ(「TOURING・Honda SENSING」) →最高出力 127kW〈172PS〉/5,500rpm →最大トルク 220N・m〈22.4kgf・m〉/1,700~5,500rpm, ・1.6Lガソリン →最高出力 85kW〈115PS〉/6,200rpm →最大トルク 148N・m〈15.1kgf・m〉/3,600rpm, ・2.0Lマイルドハイブリッド(e-BOXER) エンジン →最高出力 107kW〈145PS〉/6,000rpm →最大トルク 188N・m〈19.2kgf・m〉/4,000rpm モーター →最高出力 10kW〈13.6PS〉 →最大トルク 65N・m〈6.6kgf・m〉, ・2.0Lガソリン →最高出力 115kW〈156PS〉/6,000rpm →最大トルク 199N・m〈20.3kgf・m〉/4,000rpm, ・1.8Lディーゼル →最高出力 85kW〈116PS〉/4,000rpm →最大トルク 270N・m〈27.5kgf・m〉/1,600~2,600rpm, ・2.0Lマイルドハイブリッド(SKYACTIV-X) エンジン →最高出力 132kW〈180PS〉/6,000rpm →最大トルク 224N・m〈22.8kgf・m〉/3,000rpm モーター →最高出力 4.8kW〈6.5PS〉/1,000rpm →最大トルク 61N・m〈6.2kgf・m〉/100rpm, 新型「キックス」には「エクストレイル」同様、コーナリングなどでの走行性能を高める装備として「インテリジェント トレースコントロール(コーナリング安定性向上システム)」が設定されています。, 「ノート」e-POWERの静粛性とは比べものにならない静かさで、エンジンが始動したタイミングがわからないくらい静かです。, 静粛性においてはトヨタのハイブリッド車が最も好印象でしたが、それに迫るレベルでした。, 新型「キックス」の安全装備を、ライバル車である「C-HR」・「ヴェゼル」・「SUBARU XV」・「CX-30」と比較してみましょう。, 5車種を比較していますので、かなり縦に長くなってしまいましたが、安全性能が最も優れているのは「C-HR」と「CX-30」でしょう。, 「キックス」について、まず真っ先に気になったのは、軽自動車である「ルークス」に搭載されている「アダプティブLEDヘッドライトシステム」、「ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー」、「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」、「標識検知機能」、「先行車発進お知らせ機能」などが搭載されていないことです。, そもそも、世界的にみれば2016年から発売されているクルマで、タイからの輸入車ということもあるため、一部先進装備が搭載されていないことは分からなくはないですが、軽自動車にあって300万円以上するクルマに搭載されていないというのは、非常に残念です。, そんなこともあって、上の表を見ても分かるとおり、他車と比較すると搭載されていない装備が目立ちます。, 例えば、先進ライト(アダプティブヘッドライトなど)、後ろ側方から接近する車両を検知する装備(ブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラートなど)、自動防眩式ルームミラーなどです。, 「ルークス」や「セレナ」に搭載されている装備が設定されていれば、間違いなく「C-HR」や「CX-30」レベルの安全性能といえましたが、一歩及ばずといった形です。, 「CX-30」は、基本的な前後の自動ブレーキ及び誤発進抑制機能、自動運転装備、死角カメラが搭載されており、オートハイビームより先進的なライト(アダプティブ・LED・ヘッドライト)も搭載されています。, また、唯一車両前側方から接近する車両に対して警告する装備(FCTA)、ドライバーをカメラでチェックし眠気などを感知して警告してくれる装備(ドライバー・モニタリング)が搭載されており、非常に先進的です。, 気になるのは、60km/h以上の高速時における車線中央維持支援機能(プロパイロットやツーリングアシスト)が搭載されていない点くらいです。, 「C-HR」は、2020年8月4日に行われた一部改良にて自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)が最新の装備に置き換わり、新たに「レーントレーシングアシスト」と「ロードサインアシスト」も採用されました。, 上記の改良が行われる前は他車と比較すると安全性能は低めでしたが、上記の改良により特に自動ブレーキの性能が大幅に向上しています。, 自動ブレーキは、2020年時点で交差点右左折時の歩行者検知機能を有した新型トヨタ「ヤリス」や新型ホンダ「フィット」が優秀で、「C-HR」は同様の装備を備えただけでなく、新たにトヨタ国内初採用となる「緊急時操舵支援機能」が追加されたことで自動ブレーキはトップクラスの性能となりました。, 「CX-30」や「SUBARU XV」にある先進ライト、ドライバー・モニタリングなど設定されていない装備があるものの、その他の安全装備はほとんど搭載されており、基本的な自動ブレーキの性能や自動運転技術(車線中央維持支援機能)が高いため、安全性能で選ぶなら「C-HR」が最もおすすめだと筆者は考えます。, 「SUBARU XV」は、先進ライトや前後の自動ブレーキが搭載されており、高速域でも車線中央維持支援機能が作動する「ツーリングアシスト」が搭載されています。, その他、悪路走破性を高める「X-MODE」や「ヒルディセントコントロール」も搭載されています。, 気になるのは、同クラスの多くのクルマに搭載されている死角カメラが搭載できない点、自動防眩ルームミラーが搭載されていない点です。「SOSコール」がない点も気になります。, 「CX-30」や「C-HR」にある後側方から接近する車両に対する自動ブレーキも搭載されていません。, とはいえ、先進安全装備は概ね搭載されており、安全性能はトップクラスといえるでしょう。, 「ヴェゼル」は、唯一オートハイビームにあたる機能が搭載されておらず、低速時に作動しないアダプティブクルーズコントロール、前方にしか作動しない自動ブレーキと誤発進抑制機能となっており、他車よりも安全性能は遅れています。, 新型「キックス」の燃費性能を、「C-HR」・「ヴェゼル」・「SUBARU XV」・「CX-30」と比較してみましょう。, ・1.2Lハイブリッド(e-POWER) →30.0km/L(JC08モード) →21.6km/L(WLTCモード), ・1.2Lターボ ※2WD、CVT →16.4km/L(JC08モード) →14.9km/L(WLTCモード), ・1.8Lハイブリッド →30.4km/L(JC08モード) →25.8km/L(WLTCモード), ・2.0Lマイルドハイブリッド(e-BOXER) →19.2km/L(JC08モード) →15.0km/L(WLTCモード), ・2.0Lマイルドハイブリッド(SKYACTIV-X) ※2WD、6AT →16.8km/L(WLTCモード), 上記のとおり、燃費性能は「C-HR」のハイブリッド車と「キックス」が優秀でしょう。, 「C-HR」の実燃費は21.0km/Lですが、おそらく「キックス」も同程度になるものかと思われます。, 次いで優秀なのが、「CX-30」のディーゼル車、「ヴェゼル」のハイブリッド車となるでしょう。, 前述の通り、加速性能も含めて考えれば「キックス」が最良ではないかと個人的には思います, 新型「キックス」は「X」と「X ツートーンインテリアエディション」の2グレードしかなく、その差は以下の装備だけです。, 以下のオプション装備を設定し、諸費用も含めた実際の見積額は約326万円です。値引きは発売して間もないため、3万円程度でした。, ナビは7インチの小さく安いモデルもありますが、アラウンドビューモニターがナビ画面に表示されず、DVDも見ることができません。また、コネクティッドサービスも使用できないため、9インチナビがおすすめです。, 他車と比較した場合、「C-HR」の「G」、「ヴェゼル」の「HYBRID RS・Honda SENSING」、「SUBARU XV」の「2.0e-L EyeSight」、「CX-30」の「20S PROACTIVE Touring Selection」とほぼ同価格帯となります。, 燃費性能も考慮すれば、「キックス」・「C-HR」・「ヴェゼル」が安くなるでしょう。, さらに、毎年の自動車税は「C-HR」より「キックス」や「ヴェゼル」の方が5,500円安いため、「キックス」や「ヴェゼル」が最も安くなる可能性が高くなります。, 上記のとおり、「キックス」はライバル車と比較しても”お求めやすい価格設定”となっており、コスパが高いといえるのではないでしょうか。, ディーラーで聞いた話では、既に納車は6ヶ月待ちということでしたので、「キックス」の購入を検討している方は、急いでディーラーに行くことをおすすめします。, さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!, 上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!, また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。, ■中古車のメリット、デメリット 新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。, ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。, なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。, ■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ! 中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。, ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。, 特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。, その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。, ■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある! 中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。, また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。, ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。, ■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス! ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。, 期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。, ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!, 気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう! ※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。, しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!, 中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバーの無料査定がおすすめです。, 買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績とサービスの良さ、信頼性があります。, 中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。, ■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由 中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。, ■筆者の一括査定体験談 買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。, ■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう! 高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。, 高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。, 私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。, 私のような後悔をしないためにもガリバーで無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう。, ※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。, 新型「キックス」は、比較的質感高いエクステリア、広い車内、運転しやすい視界、優れた加速性能と燃費性能、圧倒的に優れた静粛性、お求めやすい価格設定、と総合的に優れたSUVであるといえます。, ただ、安全装備は前述の通りライバル車と比較すると設定されていない装備がいくつかあり、何より車内の質感の低さがネックです。, 逆にその点が気にならなければ非常に魅力的なクルマで、買って後悔するクルマではないでしょう。, タイからの輸入車ということもあって納期が長くなっていますので、少しでも気になったのならディーラーへ急ぎましょう!, 「当ブログについて」、「筆者プロフィール」、「免責事項」の詳細、「お問い合わせ」については、ヘッダのこのブログについてよりお願いします。, 今回は2018年のミニバン年間販売台数で1位となった日産「セレナ」と、 同クラスのミニバンとしては2位のトヨタ「ヴォクシー」、3位のホンダ「ステップワゴン」がどう違うのか!?走りや安全性能、車内の広さや使い勝手等、各項目を試乗した上で徹底比較、評価(レビュー)します。, 今回は、2019年10月の新車人気(国産車販売台数)ランキングをご紹介します。2019年に発売された「カローラ」、「RAV4」、「CX-30」、「MAZDA3」、「N-WGN」、「タント」、「デイズ」など、各新型車の人気状況はどうなっているのか!?駆け込み需要の反動減は如何に!?, 今回は、アメリカの電気自動車メーカーTESLA(テスラ)の低価格セダン「モデル3」が2019年5月に日本で発売されましたので、日本だけでなく世界的に売れている電気自動車、日産「リーフ」とボディサイズ・加速性能・航続距離など、隅々まで徹底比較してみました。, 今回は、2019年7月9日に発売されたダイハツ「新型タント」と、2018年はホンダ「N-BOX」に次いで人気だったスズキ「スペーシア」を徹底比較した上で、良い点と気になる点をまとめてみました。安全性能などは「新型タント」の方が優れているものの、燃費性能や価格面では「スペーシア」の方が優れている!?, 今回は、2019年8月29日に3代目となったBMW「1シリーズ」のフルモデルチェンジによる変更点をまとめてみました。また、「1シリーズ」と同じCセグメントに属するライバル、メルセデス・ベンツ「Aクラス」と、ボディサイズ・エンジン性能・安全性能・価格の各項目で徹底比較いたします!, 今回は、2020年8月31日に発売されたトヨタ「ヤリスクロス」と、2019年11月5日に発売されたトヨタ「ライズ」の違いを、燃費性能・加速性能・安全性能・運転のしやすさ・エクステリア・インテリア・車内の広さ・価格など、徹底比較いたします。どっちを買った方が後悔しないのか!?内外装の写真も大量掲載!, 今回は、2020年7月16日に行われたレクサス「NX」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点、2020年7月22日に行われたレクサス「RX」のマイナーチェンジ(一部改良)による変更点をまとめてみました。また、「NX」・「RX」のおすすめグレードは何なのか!?徹底検証してみました。, 今回は2018年7月にフルモデルチェンジが行われた新型スズキ「ジムニー」とスズキ「ハスラー」の違いをご紹介します。「ジムニー」については「ジムニーシエラ」との違いもご紹介します。また、最新の「ハスラー」フルモデルチェンジ情報も合わせてご紹介します。, 【2020年上半期&6月】新車 販売台数ランキング(Cセグメント/SUV/コンパクトカー/ミニバン/軽自動車/メーカー別)人気ランキング, 【新型ホンダ オデッセイ】マイナーチェンジ(2020)の違い・変更点!おすすめグレードは○○!, 【最新】トヨタ「クラウン」と「カムリ」の違いを比較!どっちがおすすめ!?【2020年版】, 【クラウン】マイナーチェンジ(2020年11月 一部改良)の違い・変更点~おすすめグレードは○○!, ミニバン1位~3位比較!セレナ・ヴォクシー・ステップワゴンを試乗・比較・評価!【ミニバン おすすめ 2020年 最新版】.
電話で近くのディーラーへ向かってくださいとのことでしたが、街中ではなかったのでそこから50分かかりました。 お客様の元日産キックスが届いてから、売上ランキングに掲載されますか?.

ads.yahoo.comからget-user-id.jsを開くかまたは保存しますか?このメッセージの意味が分かりません。 ※本稿は2020年2月のものです文・写真:ベストカー編集部/撮影 平野 学初出:『ベストカー』 2020年3月26日号, 話題の圧縮着火ガソリンエンジン、2L SKYACTIV-Xを搭載するCX-30の「X」シリーズ。その最上級グレードであるLパッケージ4WD(371万3600円)に試乗。利男氏もこの新エンジンには興味津々のようだが……。, でも、リアは路面からの入力を吸収しきれなくて、ちょっとバタバタしている。トーションビーム(リアサスペンション)の限界を感じるところですね。, あれは凄くよかったんだけど、なぜトーションビームにしちゃったんだろう? いろんな事情があるんだろうけど、もったいないですね。, それとブレーキも違和感がある。ペダルを踏んだ時に、ストロークは増えているのに減速Gが増えない。, 最初に強めに踏んで、そこから踏力を抜いてコントロールする設定にしているんでしょうが、それもリニアな反応ではないので、特にタウンスピードで走っている時に疲れます。, デザインと外観、内装の質感の高さは素晴らしい。それと座った時に腰のあたりのスキマが少ないシートもいい。その魅力は大いに感じますが、走ってどうかといえば、期待値には届いてないなというのが正直なところです。, SKYACTIV-Xエンジンも走りの印象としては特に際立ったところはなかったかなぁ。, スポーツSUVの代表格、CH-Rに加わったGRスポーツ。今回試乗したのは直4、1.2Lターボエンジンで発進補助や自動ブリッピング機能が付いた6速iMTモデル。車両価格は273万2000円で今回の4車のなかで最も安い。, うん、いいね、これ! 乗り心地もいいし、コーナリングも安定している。特にリアサスペンション。ダブルウィッシュボーンは路面の追従性がやはりいいですね。, フロントはかすかに動きの大きさを感じますが、リアがピタッと路面に張りついている印象。路面のギャップをきれいにいなしてくれるから、クォリティの高い走りを楽しめます。一般の方でもこのクルマに乗ると運転が上手くなったような気持ちになれるんじゃないかな。, 1.2Lターボエンジンは116ps/18.9kgmで、この数値どおり動力性能はたいしたことありません。上り坂ではずっと全開(笑)。凄くフラットなトルク特性で、谷もなければ山もない。実用的ではあるんですが、スポーツエンジンというのは無理がありますね。, でも、逆にこのくらいが楽しいんじゃないかと思います。最近のクルマはパワーがありすぎ。このクルマも「もっとパワーが欲しい」という声が聞こえそうですが、ボクはこのエンジンでいいと思いますよ。, 今回試乗したクルマのなかで唯一のMTですが、シフトストロークはもう少し短いほうがいいですね。シフトダウンでの自動ブリッピングも少し遅れを感じます。, とはいえ、とにかくサスペンションが素晴らしい。高速コーナーで特に安定しているし、低速コーナーでも狙ったところにスッといける。いいな、これ。, スポーティなハンドリングってこういうことをいうんじゃないかな。C-HRの1.2Lターボはベースモデルもよくできていて、ベースがいいからGRスポーツもこうしていいクルマになるんでしょう。ハイブリッドは重くなるから、ドライビングを楽しみたいなら1.2Lターボがお薦めです。, 適度なパワーのエンジンによくできた足回り。速くはないけど、安定感が抜群で、ドライバーズSUVとして理想的な1台。, デビューから7年目に突入しながらも安定した人気を誇るヴェゼルに、ホンダアクセスが手を入れたコンプリートカー「モデューロX」が登場。今回は1.5Lターボエンジンを搭載するツーリング(FF車)をテストした。, 低速でゴツゴツくるね。足が硬い。でも、この硬さがスポーティさを感じさせるという面もあるよね。, 路面からの当たりはゴツゴツと硬いんだけど、ボディはフワフワしてます。足の硬さのわりにボディの動きが抑えられていない印象なんです。サスペンションというよりタイヤが硬いのかな?, 車重は1360kgとそれほど重くないんだけど、動きが重く感じられます。よくいえば重厚感のある乗り味だけど、コーナリングで大型SUVのようなロールのしかたをするんです。, 重心も高く感じるし、このサイズのクルマから想像するような軽快感はあまりなく、操舵に対する動きの遅れも感じます。, 高速コーナーではフロントの沈み量が大きくて、この点ではCX-30のほうがしっかりしていました。ヴェゼルは路面の凹凸に対する上下動が大きめです。, でも、スピードを上げると印象が変わりますね。荷重が増えるとタイヤがたわむのか、低速でのゴツゴツ感がなくなって乗り心地もよくなります。やはりタイヤの表面が硬いんでしょうね。, 飛ばすとコーナリングの安定感が増します。そういう味付けなんでしょうね。もしかしたら専用エアロの空力効果が出ているのかもしれません。, それほどスポーティな感じでもないんですが、必要十分なパワーとトルクがあって、不満を感じることはありません。, スピードを上げるほど安定してくる足回り。ただコンパクトサイズのわりに軽快感はさほどなく、大きなSUVのような走りの印象となる。, 昨年1年間の平均月販台数約652台。今年1月の販売台数も573台と、SUVブームの波になかなか乗れない印象のエクリプスクロスだが、過小評価されている面はないか? と今回の特集に連れ出した。試乗車は1.5Lターボを搭載する4WDだ。, うーん、どう表現すればいいのか難しいクルマですね。これといった特徴がないんですよ。1.5Lターボエンジン(150ps/24.5kgm)はパワーよりもトルクを重視した設定のようだけど、レスポンスがちょっと鈍いし、際立った部分がありません。ただ音は静かです。, 低速での乗り心地もイマイチかな? ヴェゼルと一緒で、このクルマもスピードを上げるほど快適性が増す印象はありますね。また、8速ATのパドルシフトのレスポンスは悪くない。, スピードを上げるほど乗り心地はよくなるんですが、高速コーナーでは大きな荷重に対して足回りが負けてしまう印象があります。, コーナリングでフロントの沈み込み量が増えて不安定になり、また、そこから急に巻き込んで入っていくような挙動もありますね。, S-AWC(4WDシステム)の駆動力配分によるものなのか、トルクベクタリング効果を狙ったブレーキ制御によるものなのかわかりませんが、少し違和感があります。, このクルマは「ちょっと速めのペース」で走るのが最もいいのでしょう。低速ではゴツゴツくるし、高速では足が荷重に負けるから、その中間がスイートスポットなんだと思います。, もともとスポーティな走りは狙っていないんじゃないでしょうか。それよりも実用走行域で乗りやすいクルマを目指している。そんな印象を抱きます。S-AWCは雪道やオフロードで威力を発揮するのでしょう。そのへんは三菱のクルマらしいと思います。, オンロードを走っているぶんにはこれといった特徴のないクルマ。国産車には希少なディーゼルターボエンジンでこそ光るクルマなのかも。, 400万円以下の国産「ドライバーズSUV」を集中試乗。さて、達人・鈴木利男はどう評価したのか? 今回のベスト4を決めてもらった。, ナンバーワンはC-HR GRスポーツでしたね。ベース車自体がよくできたクルマだから、カスタマイズもやりやすかったんだと思います。乗り心地がよく、低速も高速もコーナリング性能が高く、すべてのステージで気持ちよく、安定して楽しく走らせることができました。, 1.2Lターボエンジンの性能自体は平凡で、ターボらしさもあまり感じられないのですが、フラットトルクで扱いやすく、一般ユーザーがドライビングを楽しむにはいいエンジンだと思います。あまり速すぎるよりこのくらいでいいでしょう。, 2番手はCX-30。フロントサスペンションだけ取れば、剛性があってしなやかで、4車のなかで一番だったと言っていい。その代わりリアサスペンションは落ち着きがなくイマイチで、そこがC-HRに届かなかった理由です。, 3番手はヴェゼルモデューロX。低速ではゴツゴツくるんですが、スピードを上げるにしたがって安定してくる足回り。エンジンも1.5Lのわりにはパワフルで、スポーティな走りにも充分応えてくれました。ただ、コンパクトなサイズのわりに軽快感があまりなく、そこは意外でした。, 4番手はエクリプスクロス。クーペ風のスタイルで、外観だけ見ればスポーティな乗り味を目指しているように思えるんですが、実はそこは狙っていない。それよりも一般ユーザーが普通に使える「ちょっとスポーティなSUV」というのがこのクルマのキャラクターなんだと思います。, 個人的な意見を言わせてもらうと、SUVにスポーツ性は要らないと思います。スポーティな走りはスポーティカーに任せればいいじゃないですか。最後の最後に企画をぶち壊しちゃいました?(笑), 1)トヨタ C-HR GRスポーツ2)マツダ CX-30 SKYACTIV-X3)ホンダ ヴェゼル Modulo X4)三菱 エクリプスクロス, 高速道路SA・PAのEV用急速充電器はなぜ増えない? 背に腹はかえられない切ない事情, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. 部品の不具合... 夏前から、N-BOXのマイナーチェンジで電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドが搭載されるのを期待して待ちましたが、結局、非搭載らしいです。 ルークスも考えましたが、本意に... なぜクルマてタイヤを倒しながら曲がらないのですか。 その道のプロたちが”おすすめ”!これを買っておけば間違いなし!車の便利グッズや用品をご紹介.

身に覚えが無いのでその時は詐欺メールという考えがなく、そのURLを開いてしまいました。 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。

そこには締め切り前の予約は対象とありますが、仮に今月の残り全てに予約を入れた場合、それらも500ー1000ポイン... 旦那が東大卒なのを隠してました。

マイナーチェンジを期待して デザインに優れたSUV。背高のマツダ3そのもの。マツダ3よりも応答ゲインがやや上がり運転のクセは少なくなり、一般的なSUVに近づいた。荷室は後席倒しにしても数値程の広さはない。, カテゴリー : ニュース・新車, エンタメ, 映像・動画, クリッカービデオ, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車, 試乗, 冬に備えたタイヤ選びはスタッドレス?オールシーズン? ヨコハマ アイスガード 6 & ブルーアース4S AW21を雪上試乗.
ヨコハマタイヤから、冬にこだわった2つのタイヤを紹介。スタッドレスタイヤの「アイスガード6」と新商品のオールシーズンタイヤ「ブルーアース4S AW21」。「氷に効く、永く効く、燃費に効く+ウエットと音に効く」。というのがアイスガード6のキャッチコピー。ヨコハマタイヤによると... 暗闇が見える!ベロフ「ナイトビジョン ドライブレコーダー システム」で夜のドライブがまったく変わる!! ■ロードノイズ   8点/一般道(60km/h)、高速(100km/h)共に静か。乗り心地も滑らかな印象。 旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... ゴートゥーイート 11月中に終了する可能性高いですか?キャンペーンに気付いてなくて最近予約し始めたので !. ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ、2020年9月最新情報!1.0lターボやe:hevハイブリッド搭載! 2020.09.29. ガリバーの車比較サイトで、CX-30とヴェゼルを比べよう!2台のクルマのスペック・性能の違いが一目瞭然!中古車の購入をご検討ならガリバーで。ガリバーの中古車情報サイトは全車保証付きで安心の中古車探し。毎日約500台入荷する豊富な在庫。 ■居住性      9点/前席は広く快適。後席も広い。ガラスエリアも広く、開放感がある。

.

Led 蛍光灯 15w 10, Gas Pdf Jpeg変換 5, Excel数式 コピー できない 16, ポケ森 あつ森 家具 4, うつ 復職後 波 6, クボタ 建設機械 シェア 6, D 01j ソフトウェアアップデート できない 4, Psvita 有機el 液晶 比較 5, 積立nisa 売却 Sbi 6, Sigma Fp オールドレンズ 4, 平野紫耀 香水 ブランチ 16, コン ユ 好き 5, Canon Ts5030s Cd印刷 6, ドラゴンクエスト ヒーローズ3 英雄 的な 海賊王 と 失 われ た � 25, バッティング 左手 痛い 6, ドンキ せどり 化粧品 8, スクエニ 契約社員 終了 11, Edge 印刷設定 Xerox 18, Ff14 詩学 解放 8, レトルト 賞味 期限切れ 1年 9, 写真 フレア 消す 10, Fedex フライトスケジュール 成田 56, インスタ ログインできない サブ垢 4, メルカリ メルペイ 後払い 遅れる 7, ウォークマン 音量 適切 15, 荒野 行動 配信日 8, スナック 閉店 ボトル 11, ユーハイム 安城 アウトレット 9, リフティングボール フットサル ボール 違い 8, 豆腐 豚 ひき肉 和風 4, シンフォギア 壁紙 Ipad 9, Summary Of Johnnys World セトリ 4, 451 ホイール Dati 8, Vba 大文字小文字 自動変換 8, Hm76 Express Cpu交換 9, アセン 月 合 5,