何となく、似た系統の資格ではあるけど、どんな違いがあるのかって法律系の仕事をしてない普通の人からすると知らない場合が多いです。, 何となく、「司法書士の方が難しそう」、「できる仕事が多そう」というイメージを持っている人は多いよう。また、よくあるのが、司法書士と行政書士のダブルライセンスは有利なのか?稼げるのか?という疑問です。, 今回は、知っておくべき司法書士と行政書士の違いと、ダブルライセンスにどの程度の利点があるかを解説していきます。, それを知るためには、まず司法書士と行政書士の仕事の違いを知っておく必要があります。名前のとおり書士なので、どちらもざっくりいってしまえば書類作成がメインの仕事ともいえます。違いとしては、仕事で作成した書類をどこに提出するか?という部分に注目するとわかりやすいです。, 行政書士の代表的な仕事は役所に出す許認可などの書類を依頼人の代わりに書いてあげて提出してあげる、というもの。, この許認可を得るためにはたくさんの書類を官公庁に提出しないといけないです。だけど、飲食店を始めようとする人がすべての書類を正確に書いて提出するのは荷が重すぎる。そこで、許認可申請を知り尽くした行政書士に書類の作成や提出を依頼して、行政書士が手続きをしてくれるんです。, この他にもは契約書や遺言書、決算書などの作成も行政書士の仕事です。これは行政書士が証人となることによって後にトラブルを発生することを防ぐ機能を果たします。, 外国人の日本への帰化申請やクーリングオフなど様々な分野での書類作成も行政書士の仕事となります。, ちなみに、最近の法改正によって「特定行政書士」という制度もできました。「特定行政書士」と認定されると、提出した書類に対する役所の取り扱いに不満がある場合に文句を言えます, 例えば先の飲食店の開業許可申請が却下された場合、一定の研修を受けて認定された行政書士は官公庁に不服申し立てをし、不許可処分を見直すように要求することが可能になりました。, ここまでをまとめると、官公庁がらみの許認可がうまく通るように様々な手段を講じるのが行政書士の主な仕事というイメージです。, 一方で司法書士の代表的な仕事は何と言っても登記申請。これが司法書士の独占業務になっているのが行政書士との大きな違いの1つです。, 登記といっても、あまりイメージが湧きづらいかもしれないですね。土地や建物を所有する場合や会社を設立するときに必要な手続きのこと。土地や建物ならその所有者や場所などの詳しい情報、会社を設立するならその会社の情報を法務省に提出しなければいけないんです。, 例えば土地を買った場合、売主から買主に土地の所有者の名前を変えないといけない。この所有者が変わったことを登記所に知らせ、公的な記録である登記簿を書き換えてもらうようにするのが司法書士の登記申請の仕事です。, 簡易裁判所では、一定の研修を受けて試験に合格した「特定司法書士」に裁判を行う権利が与えられます。弁護士と同じような裁判活動も司法書士の業務の一つとなりました。, その他にも法律の専門家として相続や会社運営などについて法的なアドバイスを行っています。, 違いといっても、相続や会社設立のの手続きなど、一部は行政書士であっても担当できたり、司法書士と行政書士の業務の範囲の違いはとてもややこしいのも事実です。, 司法書士の試験の合格率は3%~4%に対し、行政書士は6%~12%。難易度としては大きな違いがあるといってよいです。捉え方はひとそれぞれですが、行政書士が簡単というよりも、司法書士がかなり難しい、と感じる人が多いと思います。, なのに対し司法書士は、 記憶力、思考力、集中力など自分の能力が別人のように開花しました。, 例えば、 仕事に必要な資格試験には膨大な勉強時間を割くことなく合格できましたし、 行政書士は単独で生かすこともできますが、他の資格と組み合わせることでより強みを発揮できます。また行政書士と相性の良い資格は数多くあるため、多くの行政書士はすでにダブルライセンスを生かした業務を行っています。, こちらの記事では、行政書士とのダブルライセンスでオススメな資格と、その兼業例を紹介していきます。, 合格率は毎年10%程度で毎年5000人ほど合格しており、行政書士の登録者数は年々増加しているのが現状です。, しかしその一方、近年はITやAIの発達の影響もあり、行政書士の仕事は機械化や事務手続きの簡素化を受けてだんだん減り続けており、そのため行政書士間でも仕事の取り合いなどの競争が激しくなっています。, つまり、行政書士一本で収入を得ることは難しくなりつつあり、今後はダブルライセンスを生かした差別化の重要性が高まってきています。, 「ダブルライセンスを目指すのは時間も手間もかかるからちょっと…」と思う方もいらっしゃると思います。, しかし幸いなことに、行政書士は他の資格と学習範囲がかぶっていることも多く、ダブルライセンスしやすい資格なのです!, 行政書士単独でも何かに特化した専門的な業務は可能ですが、ダブルライセンスを生かすとより専門的になり、周りと差別化できるようになります。, 例えば行政書士資格と宅建士をダブルライセンスすることで不動産売買から必要書類の提出まで不動産関係の業務を一貫して行うことができるようになります。, このように、不動産関係に特化して専門性を高めることで不動産業界における案件や業務を効率的に処理することができ、多くの報酬をもらうことができるのです。, また、専門的に扱うことで特定のコミュニティと深いかかわりを持つことができます。それにより顧客のニーズの変化を敏感にキャッチし、顧客が求めるサービスを即座に提供でき、ビジネスが進めやすくなるのです。, これに加えて、顧客の会社設立と親和性の高い司法書士や従業員の福利厚生や社会保険手続きに強い社労士とのダブルライセンスがあると、会社設立時の登記や申請だけでなく会社が軌道に乗ってきたときの労務管理や会社に法的なトラブルが起きた時の対応をスムーズにとることができます。, このように、ダブルライセンスの生かし方次第で両者の資格の強みがマッチして良い相乗効果を生むことが期待できます。, また、職域を広げるには「専門性を高める」ことで顧客の囲い込みが出来ていることが前提になります。専門性を高めることで「この行政書士なら安心して色々と頼める」と、企業から信頼してもらえるようになるのです。, 片方の業務範囲がもう一方の業務範囲を補って相乗効果を産めるような親和性の高い資格でなければ、あまり意味はありません。, 司法書士は、不動産に関する登記や法人の登記などの分野で活躍する資格です。また遺言や成年後見制度の分野にも独占業務があるため、これらに特化して業務を行っている司法書士もいます。, 具体的な業務としては法務局や裁判所・検察庁に提出する書類を作ったり登記の手続きを依頼者に代わって行ったりします。, 会社の設立や土地が絡んだ相続において、行政書士が専門とする手続きと司法書士が専門とする手続きが微妙に異なるため、行政書士と司法書士を取得することで、会社設立業務を一貫して担うことができたり土地が絡む相続問題を扱えたりするというメリットがあります。, また、行政書士試験と司法書士試験では、憲法と民法と、会社法・商法の3科目が重複しており、行政書士から司法書士へステップアップを目指す際にはあまり抵抗なく勉強に入れる点も魅力です。, ただ、司法書士は行政書士と比較しても難易度がかなり上がるため、多くの時間をかけて対策をしていく必要があるでしょう。, 行政書士と司法書士の違いやダブルライセンスについては、以下の記事も参考にしてください。, 社労士は、年金や健康保険などの社会保険の手続きや就労規則の作成や労務・人事問題の相談を行う国家資格です。規模が大きな会社になると社労士と顧問契約を結ぶところも多くあります。, 社労士試験と行政書士試験の出題範囲に被りはないものの、社労士になってからの実務経験では民法を使う機会がとても多く、民法をしっかり学んでいる行政書士には実務上の大きなメリットがあります。, また、社労士は会社設立に強い行政書士とはちょっと違って会社設立後の雇用保険問題や賃金・報酬の取り決めなどを行います。, そのため行政書士と社労士とのダブルライセンスは職域を広げる意味で非常に有効であり、会社設立時に行政書士として囲い込んだ顧客を社労士として継続的にサポートすることが可能となります。, 具体的には社会保険の加入手続き・労働問題を未然に防ぐこと・就業規則の制定のアドバイスなどで社労士資格を生かしていけるでしょう。, 宅建士は、不動産契約・それら契約に関する不動産契約時の重要事項説明や捺印・記名を担うスペシャリストです。, 行政書士と宅建士を保有していることで、不動産に特化した手続きのプロフェッショナルになれるでしょう。例えば相続や遺産相続の際に自宅や土地の売却が必要になった際や、不動産業に従事しているときに行政書士の資格を持っていることをアピールすれば相手に安心感を与えられます。, 宅建士の勉強の中では民法を重点的に勉強しているため、行政書士の勉強を始める際にも民法の知識を活かすことができるでしょう。, 宅建士試験で出題される宅建業法などは民法と比べるとはるかに簡単なので、しっかりと勉強すれば問題なく合格まで近づけます。, ファイナンシャルプランナー(FP)は税金や投資・相続・年金など、個人の生活設計や事業主の税金対策などの人生設計を専門とするコンサルタント資格です。, FPとの具体的なダブルライセンスの生かし方としては、相続計画や事業継承などの相談・手続きを一貫して請け負い、きめ細かいアドバイスをすることができるというアドバンテージがあります。, 特に高齢化に伴い、相続に関する相談や手続きは今後も高い需要が見込める分野であるといえるでしょう。, 試験においては、行政書士試験で勉強した民法の知識が生かすことができるため、難なく勉強を始められ、合格も比較的容易でしょう。, 税理士は、税金にかかわる業務を代理したり税務署類の作成を独占業務としている国家資格です。, なお、税理士資格を取ることで行政書士資格も一緒に取得できるため、いきなり税理士の合格を目指して行政書士をまとめて取得するケースもあります。, 税理士資格と行政書士資格のダブルライセンスを活かしたビジネス戦略としては、開業や新規事業立ち上げ後に法人税等の税金関連の申請が必要となる案件に対して行政書士資格を使ってアプローチする手法が考えられます。, 税理士の資格は難易度がとても高く取るのが非常に困難であるため、前段階として簿記と行政書士のダブルライセンスの取得を目指す方がいいかもしれません。, 簿記と行政書士であっても、似たような業務をこなすことができるため徐々に経験を積みながら税理士へステップアップする方法もアリでしょう。, 中小企業診断士は、企業の経営状況や財務状況を分析するプロフェッショナルで適切なアドバイスを行うコンサルティング系の国家資格です。, 行政書士と中小企業診断士のダブルライセンスにより、特に中小企業へのサポートやコンサルティング業務で強みとなります。, また、社労士や税理士との人脈があれば、彼らと組んで開業に関わる手続きとその後のサポートを一手に提供するようなビジネスモデルも可能となります。, 試験科目は行政書士でも勉強した「会社法」の範囲がまるまる被る他、行政書士試験の一般教養や文章理解も中小企業診断士試験に役立つのです。, 土地家屋調査士は、土地や建物の利用状況を調査して図面の作成をしたり不動産の表示を行う専門家です。, ダブルライセンスをすることによって不動産・建築業の許可関係や農地転用における測量や登記、風俗営業許可を取るための図面作成と登記などの仕事を担当し、ワンストップで受注できるようになります。, 行政書士試験との範囲の被りは代理権や不動産物件の対抗要件・相続分野くらいしかありませんが、土地家屋調査士の試験においては民法からの出題が増えることが予想されているため、行政書士を取得している人にとっては有利に働くでしょう。, 弁理士は、産業分野における知的財産の事務手続き(特許取得など)を専門的に行う資格です。, 行政書士と弁理士は役所に対する手続きという点で共通項があり、ダブルライセンスすることで特許やデザイン、商標登録などといった申請業務も行うことができるため「職域を広げる」ことに役立つでしょう。, なお、弁理士試験では行政書士試験に合格していると論文試験が免除されるなどのアドバンテージがあるため親和性が高く有利となります。, 簿記資格は、企業の中での経理などの部署で活躍できる資格で、財務管理に必要な財務諸表の読み取りと作成を行う能力があることを証明する資格です。, 行政書士とのダブルライセンスにより、株主総会議事録といった企業の申請書類、届出書類の中の財務諸表の作成・読み取りができることでコンサルタントのような立場で業務ができます。また、事務所を開業していくうえで財務諸表を作成できた方が効率的に事務所を運営できるため様々な面で役に立つでしょう。, 行政書士試験との被りはないものの、簿記は行政書士と比較すると難易度は低いためしっかりと勉強を重ねていけば合格は十分に狙えます。, ビジネス実務法務検定は、ビジネスを行う上で欠かせないコンプライアンスの知識や体系的な法知識を身に付けていることを証明する資格です。

Copyright © 2019 nodeplace All Rights Reserved. 具体的には取締役会議事録、株主総会議事録といった申請時に使われる書類を読み解くことができる能力です。, 行政書士とのダブルライセンスにより、近年はどの業界でもコンプライアンスの遵守が徹底されているため主に企業法務の方面で活躍できるでしょう。, 行政書士試験との試験範囲の被りはないものの、行政書士よりも遥かに難易度は低く、取得しやすい資格です。, 建設業経理事務士は、建設業に関連する簿記事務をこなすことができる能力があることを証明する資格です。, 行政書士とのダブルライセンスにより、決算届や経営事項審査などで建設業特有の計算書類を提出することができます。, 建設業務経理事務士を所有しているとクライアントにアピールすることもできるため、建設業界の実務で生かす)ことができるでしょう。, また、企業の経営状態にも着目できるため行政書士の仕事だけでなくコンサルタントのような仕事も可能になります。, 行政書士試験との被りはありませんが、行政書士よりも遥かに難易度は低く、取得ハードルは低いです。, 個人情報保護士は、個人情報の正しい扱い方や活用法に関する知識を身に付けていることを証明する資格です。, 保有していることによって企業の秘匿情報の取り扱いに対する信頼度が上がり、特に行政書士は企業内部でもごく一部の役員たちしか知らないような情報に触れる機会もあるため、持っていて損はないでしょう。, また、行政書士業務では秘匿情報を数多く取り扱うため、この資格を保有していれば顧客からの信頼度が上がります。, 行政書士試験のとの試験範囲の被りはないものの、難易度も低く試験回数も多いため取得は非常に容易です。, この理由としては、法人契約を締結する企業側からするとダブルライセンスにより申請や確定申告・登記などを一手に引き受けてくれるような行政書士は、複数の業務を一回の依頼で片づけることができるため非常に便利で信頼できる存在であるためです。, また、企業側では社労士・税理士・行政書士などと個別に顧問契約を締結するとその分手間や費用も掛かってしまいますが、ダブルライセンスを保有する者に委託することで手間やコストを抑えることもできるのです。, 最近では、ダブルライセンスでの開業を行う行政書士が40%を越えたという調査結果もあります。, そのため、他の行政書士と差別化するにはさらに多くの資格を取り、マルチライセンスとなることが必要となるでしょう。, しかし最近ではダブルライセンスを行う行政書士が増えてきているため、これまで以上にトリプルライセンス以上を狙うべきです。, とはいえトリプルライセンス以上を狙うには莫大な時間と費用を割かなければならないため、時間的制約のある行政書士には現実的ではないでしょう。, 司法試験に合格すれば一気に弁理士・税理士・社会保険労務士・行政書士・司法書士の独占業務を取り扱うことが可能になり、法律のプロとして企業と付き合っていけるので、かなり重宝される存在となるでしょう。, なお、司法試験は超難関資格なだけあって厳しい受験資格が設けられています。受験するには法科大学院を受験し修了、もしくは予備試験に合格する事が求められるとても狭き門なのです。, しかし、超難関資格である反面、上記のようなとても大きいメリットもあるため挑戦してみる価値は大いにあるといえます。, 行政書士のダブルライセンスの可能性についてチェックしましたが、まだ行政書士資格を取っていないという方もいらっしゃるかもしれません。, これまでに法律系の資格を勉強したことがある人や、大学で法学部に在籍していた人であれば苦にならないと思われますが、これまでにあまり法律の勉強をしたことが無い人にとっては法律の条文や判例文はわかりづらいものになります。, 勉強の基本となる条文や判例文の読み取りができないといきなり挫折してしまうケースも多いため、特に勉強の序盤は「わからなくて当たり前」と割り切って進めていくと良いでしょう。, 特に通信教育は受験生を合格に導くプロ集団であるため、最短で合格を目指すのであれば真っ先に選択肢の一つとして考えるべきです。, 通信教育であれば教材も充実しており、また理解できない論点や条文などが出てきたとしても親切に教えてもらえるでしょう。, 一方独学だとわからない問題があっても放置せざるを得ず、それが積み重なることでモチベーションも失われ挫折のきっかけとなってしまいます。, 独学と比べると多少費用はかかってしまいますが、何度も不合格を繰り返すよりも合格の可能性が高まる通信講座の利用をお勧めします。, 行政書士のおすすめ通信講座は以下の記事で詳しく解説しているので、取得を少しでも検討している人はぜひ参考にしてみてください。, 行政書士資格単独での業務だと、できることも限定されてせっかく学んだ知識をフルに生かせずに自分の選択肢を狭めてしまうことになりかねません。, 今後の将来のビジョンや転職を見据えた時に、行政書士以外に親和性の高い資格を持っていると選択肢も広がり、充実したキャリアになるでしょう。, 行政書士合格におすすめな通信講座をランキング形式で紹介します!それぞれの通信講座の安さや合格率、口コミを比較しながら、講座選びのポイントや注意点を解説します!これを読んで自分にピッタリの行政書士講座を選びましょう!, 【最新版】行政書士とのダブルライセンスにおすすめの資格12選!難易度や兼業例も紹介!, 行政書士は他の資格と学習範囲がかぶっていることも多く、ダブルライセンスしやすい資格なのです, 顧客の会社設立と親和性の高い司法書士や従業員の福利厚生や社会保険手続きに強い社労士とのダブルライセンス, 行政書士と司法書士を取得することで、会社設立業務を一貫して担うことができたり土地が絡む相続問題を扱えたりするというメリットがあります。, 社労士になってからの実務経験では民法を使う機会がとても多く、民法をしっかり学んでいる行政書士には実務上の大きなメリットがあります。, 行政書士と宅建士を保有していることで、不動産に特化した手続きのプロフェッショナルになれる, 開業や新規事業立ち上げ後に法人税等の税金関連の申請が必要となる案件に対して行政書士資格を使ってアプローチする手法が考えられます。, ダブルライセンスをすることによって不動産・建築業の許可関係や農地転用における測量や登記、風俗営業許可を取るための図面作成と登記などの仕事を担当し、ワンストップで受注できる, 行政書士と弁理士は役所に対する手続きという点で共通項があり、ダブルライセンスすることで特許やデザイン、商標登録などといった申請業務も行うことができるため「職域を広げる」ことに役立つ, 行政書士とのダブルライセンスにより、株主総会議事録といった企業の申請書類、届出書類の中の財務諸表の作成・読み取りができることでコンサルタントのような立場で業務ができます。, 行政書士とのダブルライセンスにより、近年はどの業界でもコンプライアンスの遵守が徹底されているため主に企業法務の方面で活躍できる, 一手に引き受けてくれるような行政書士は、複数の業務を一回の依頼で片づけることができるため非常に便利で信頼できる存在, これまでにあまり法律の勉強をしたことが無い人にとっては法律の条文や判例文はわかりづらい. こんにちは、笹木です。 今回は司法書士と行政書士の違いやダブルライセンスについて。 何となく、似た系統の資格ではあるけど、どんな違いがあるのかって法律系の仕事をしてない普通の人からすると知らない場合が多いです。 ©Copyright2020 凡人の人生攻略勉強法.All Rights Reserved. そのため独立している司法書士はダンブライセンスを取得して、他の司法書士事務所との差別化を図るなどのケースがみられるようになりました。, 司法書士は、法律に関するさまざまな業務を手掛けることが可能であり、業務内容はバラエティに富んでいます。, おもな仕事は、司法書士の独占業務でもある不動産登記や商業登記手続きの代理、およびそれらの相談対応ですが、景気低迷や人口減少などの影響もあって、登記件数自体は近年減少傾向にあります。, そのため、司法書士に隣接する資格を取得し、自身の専門性を高めたり、ワンストップでサービスを提供するなどして顧客を確保しています。, とくに独立開業している人については、激化していく案件獲得競争に勝ち抜くために、司法書士以外の資格を取得するケースが目立つ傾向にあります。, 行政書士は、司法書士と同じく文書作成を生業とする職業で、裁判所や法務局に提出する書類を手掛ける司法書士に対し、国や各地方自治体といった官公署への提出書類作成を手掛けるのが行政書士です。, どちらも「書士」という呼称が使われていることからもわかるように、提出先こそ異なるものの双方の業務は類似している部分も多く、司法書士とのダブルライセンスとしては最も一般的といえる資格です。, 試験で問われる知識についても、民法や商法などの一部分野が重複していますので、司法書士の資格保有者は勉強時間が短くて済むという点も、大きなメリットといえます。, 税理士は、法人企業や個人事業主などに対して、法人税や事業税を計算したり、年末調整や確定申告などの手続きを代行したり、税務相談に応じたりと、税金に関する業務に特化した職業です。, たとえば相続に関連する業務の場合、相続財産の登記は司法書士が、相続税の計算は税理士がそれぞれ請け負うケースが一般的ですが、双方の資格を持っていれば、一人でどちらもこなせます。, 税理士資格は司法書士よりも取得難易度が高く、数年間に及ぶ長い勉強が必要ですが、税のスペシャリストになることで、他の司法書士との明確な差別化を図れるでしょう。, といった不動産の売買や仲介、およびそれらについての契約締結、説明などを行う仕事です。, 不動産の取引がまとまり、売主から買主へと所有権が移転する際、その「所有権移転登記」を行うのは司法書士の役割です。, しかし、もし司法書士が宅建士の資格を持っていたら、その前段となる不動産の紹介や契約書の作成、重要事項説明書の説明といった業務も行えます。, 不動産の購入を希望している人にとって、一連の手続きを一人の担当者で完結できるということは非常に大きなメリットですので、司法書士と宅建士のダブルライセンスは非常に有効といえるでしょう。, 司法書士の代表的業務である不動産登記について詳しくみると、土地や建物の登記情報は、所在や面積などが記載された「表題部」と、所有者の名前などが記載された「甲区欄・乙区欄」に分かれています。, 土地家屋調査士は、土地や建物の位置や形状・用途・構造を調べたり、測量作業を実施したりして、登記情報のうちの表題部を作成する「表示登記」を行うことがおもな業務内容です。, たとえば戸建住宅を新築する場合、土地家屋調査士が行う表示登記と、司法書士が行う甲区への所有権登記の両方が必要になりますが、ダブルライセンスを持っていれば、どちらの登記も行うことが可能です。, とくに不動産関連の案件を積極的に手掛けたいと考えている司法書士の場合にメリットが多いでしょう。, FPは、住宅ローンや資金計画・保険など、クライアントからお金に関する相談を受けて、アドバイスをする仕事です。, 司法書士の業務のなかには、不動産の購入や相続対策など、法的手続きとあわせて大きな金額のやりとりが発生する案件も多く、顧客が資金面での悩みを抱えているケースも珍しくありません。, FP資格を取得していれば、それらの相談業務にスムーズに応じることが可能であり、また顧客からも信用してもらいやすいでしょう。, 資格自体の取得難易度もそこまで高くありませんので、司法書士として働きながら勉強しやすいのもメリットのひとつといえます。, 司法書士としての需要が近年減少傾向にあることから、激化していく案件獲得競争に勝ち抜くために、司法書士に隣接する資格を取得し、自身の専門性を高めたりワンストップでサービスを提供するなどして顧客を確保しています。, 行政書士は、国や各地方自治体といった官公署への提出書類作成を手掛けるのが仕事で、司法書士とのダブルライセンスとしては、最も一般的といえる資格です。, 試験で問われる知識についても、民法や商法などの一部分野が重複し、勉強時間が少なく済むメリットがあります。, 税理士は、相続に関連する業務の場合、相続財産の登記は司法書士が、相続税の計算は税理士が、それぞれ請け負うケースが一般的ですが、双方の資格を持っていれば、一人でどちらもこなせます。, 宅建士は、司法書士が宅建士の資格を持っていたら、一連の手続きを一人の担当者で完結できるため、司法書士と宅建士のダブルライセンスは非常に有効といえるでしょう。, 土地家屋調査士は、たとえば戸建住宅を新築する場合、土地家屋調査士が行う表示登記と、司法書士が行う甲区への所有権登記の両方が必要になりますが、ダブルライセンスを持っていればどちらの登記も行うことが可能となります。, ファイナンシャルプランナーは、住宅ローンや資金計画、保険など、クライアントからお金に関する相談を受けて、アドバイスをする仕事です。, この資格資格を取得していれば、不動産の購入や相続対策などの相談業務にスムーズに応じることが可能であり、また顧客からも信用してもらいやすいでしょう。, 資格自体の取得難易度もそこまで高くなく、司法書士として働きながら勉強しやすいといったメリットもあります。, 法律の専門家として、刑事事件や民事事件に関するトラブルの相談業務や法的手続きを行う。, 不動産登記や商業登記など、各分野の法律に関する書類作成や法律上の手続きを代行する。, 会社設立や店舗の営業許可など、官公署に提出する多様な書類作成と申請手続きを代行する。, 企業が事業を展開する際に必要な、法律にまつわる仕事を担う法律のプロフェッショナル。.

.

プレゼント 放置 心理 4, 確定申告 車購入 サラリーマン 4, お金 の話をする男 心理 4, 高3 体育祭 休む 6, プラチナ アメリカンエキスプレス カード審査 4, 紅白出場女性歌手 イニシャル A 6, Machen ドイツ語 意味 5, 木村カエラ 瑛太 馴れ初め 4, Whr 1166dhp 設定 5, Jr東日本 新幹線 指令所 10, 道頓堀 事件 今日 4, テレビ Dボタン 設定 6, マイクラpe リソースパック 作り方 15, セレナ プロパイロット 後付け 8, 城田優 上白石萌音 仲良し 9, Vc Mg900 床ブラシ 4, タロット占い 新しい 職場 6, 辻希美 子供 何人 21, デリカ D5 オーディオ 交換 4, Sard Underground Mp3 12, カロッツェリア 車速 色 5, Mi 改行 置換 13, Cocoon 楽天 ショートコード 4, Super Robot Wars V Pc Save Data 6, Pie 意味 スラング 4, 紅蓮華 吹奏楽 小編成 4, 原付 フルフェイス 2ch 5, バナナ酢 効果 なし 12, 黒い砂漠 セーブ Ps4 20, Kindle 起動 画面 5, デュトロ スパナ マーク 消し方 16,