大相撲の在位記録とは、日本相撲協会が主催する相撲興行(大相撲の本場所)において、力士が現役を務めた場所数のことを指す。, 年間東横綱完全在位連続年数とは、1年間通して東横綱在位を記録した連続年数のことを指す。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大相撲の在位記録&oldid=80152064, 勝率(休場含まない) .873、勝率(休場含む) .754、優勝率 .526、※2場所休止, 澤勇の通算在位場所は1993年(平成5年)5月場所-1994年(平成6年)9月場所の番付外だった9場所を除いたものである。, 関取経験者の中で最も多い通算在位場所を記録しているのは大潮の157場所(歴代13位)。※大潮は幕内経験者、三役経験者の中でも最も多い通算在位場所を記録している。, 横綱経験者の中での通算在位上位3位までは、千代の富士の125場所(歴代69位タイ)、, 白鵬と鶴竜の成績は2020年9月場所終了時点、在位場所は2020年11月場所番付発表時点のもの。, 白鵬の横綱在位場所は中止された2011年(平成23年)3月場所及び2020年(令和2年)5月場所を数えず、本場所ではないが公式記録が残る2011年(平成23年)5月の, 休場を含まない勝率では休場を計算に加えていない。休場を含む勝率では休場を敗戦扱いにして計算している。, 魁皇と琴欧洲は本場所開催が中止された2011年(平成23年)3月場所を数えない。また本場所ではないが公式記録が残される同年5月の, 貴ノ浪は在位35場所目の1999年(平成11年)11月場所で1度目の陥落、翌2000年(平成12年)1月場所に関脇で10勝を挙げ大関特例復帰を果たす。復帰後在位2場所目の2000年5月場所で2度目の陥落、大関在位合計は37場所。, 豊山の大関在位中は当時「3場所連続負け越しで降格」でのもの。1969年(昭和44年)7月から現行制度。, 豪栄道は2020年1月のカド番となる場所で負け越したことにより、関脇に陥落が決定したが、次の場所を待たずに引退を発表した。. 西大関 朝乃山 (高砂部屋) 三日目から休場いたします。 令和2年11月6日更新 . 大相撲の大関正代(29)本名正代直也、熊本県出身、時津風部屋が11月場所5日目の12日から休場した。3日目の高安戦で左足首を痛めており、日本相撲協会に「左遠位脛…(2020年11月12日 9 … 秋田県(照國萬藏)、愛媛県(前田山英五郎)、山形県(柏戸剛)、長崎県(佐田の山晋松)、鳥取県(琴櫻傑將), 分・預・休を含める・含め無いにかかわらず、横綱が正式な地位として扱われてからは、平成22年(2010年)中に達成した白鵬翔の63連勝が最多である。その前回の記録としては、昭和63年(1988年)の千代の富士の53連勝だった。双葉山定次の69連勝は、平幕から横綱に掛けてのものだった為、双葉山の横綱としての最多記録は36連勝である。逆に横綱としての連勝の最少記録は武藏山武の4。, 不名誉である上、負けが込むと途中休場に至るケースが多い為あまり話題にはされないが、分・預・休を含めず不戦敗(引退時も含む)を含める場合、稀勢の里寛の10連敗が最多記録である(平成30年9月場所(2018年9月)千秋楽~平成31年1月場所(2019年1月)4日目)。さらに稀勢の里は不戦敗を除けば8連敗であり、昭和2年(1927年)の東西合併以降では単独ワーストとなってしまっている(それに次ぐのは、照国萬蔵・北の富士勝昭・貴乃花光司の3横綱が、不戦敗を含めての8連敗)。尚、一場所での記録としては昭和29年(1954年)1月場所の東富士欽壹の7連敗(6日間の途中休場を挟み、不戦敗1を含む)が最多。一場所皆勤してのものとしては5連敗が最多で、平成30年(2018年)9月場所の鶴竜力三郎まで複数の横綱が記録している。, 番付上に横綱が明記された明治23年(1890年)5月場所以降に横綱から降格した力士はいない。明治23年(1890年)5月場所より前の横綱免許制度時代でも横綱免許を取り消された横綱はいない。そのため、横綱の地位から降格した力士は現在まで一人もいない。, しかし、明治23年(1890年)5月場所より前の横綱免許制度時代で第8代横綱・不知火諾右衛門が大関から張出(三役格)への降格を経験した(当時は最高位が大関だった為)。明治23年(1890年)5月場所より前の横綱免許制度時代でもこのような降格経験者は不知火諾右衛門のみ。不知火諾右衛門は天保11年(1840年)11月に横綱免許を受けながら、翌12年正月場所では番付から消え、天保12年(1841年)11月場所で西張出(三役格)として復帰した。その直後の天保13年(1842年)2月場所で西関脇に昇進し、同年10月場所で西大関に復帰。不知火諾右衛門の降格は相撲会所や、彼を抱える熊本藩、さらにはその熊本細川家の家臣である吉田司家の間で、様々な紛糾、妥協のあった末とも言われるが詳細は不明。, 上記の例は横綱制度が成熟していなかった時代で、かつ上記のように現代では考えられない極めて特殊な場合である。現在では、理論上は横綱の降格が起こり得る唯一のケースとして、日本相撲協会寄附行為施行細則に定める協会所属員への懲罰としての番付降下処分が行われる場合が挙げられるが、横綱の立場上、現実的にはまず考えられないといってよい(これに相当する場合には横綱審議委員会が「引退勧告」を行うことができる)。なお、第41代横綱・千代の山雅信は成績不振を理由に、降格ではなく「横綱返上」を申し出たことがある唯一の横綱であるが、却下されている。, 大関陥落を経験している横綱は、「2場所連続負け越しで大関陥落、翌場所関脇で10勝以上挙げれば大関特例復帰」の現行制度(昭和44年(1969年)7月場所から)の整った昭和以降、三重ノ海剛司が唯一である。特例復帰によらずに大関復帰を果たして横綱になった力士はまだいない。, 「2場所連続負越で大関陥落」になった現行制度以降、大関角番を最も多く経験した横綱は、琴櫻、三重ノ海、3代若乃花の3人(それぞれ3回)。琴櫻には現行制度以前の大関在位があり、大関での負け越し自体は5回で、これも昭和以降の横綱の中での最多。三重ノ海は上述の通り一度実際に大関を陥落しており、大関での負け越し自体は4度、これは現行の角番制度以降に大関に昇進した横綱としての最多となる。なお若乃花には他に大関として公傷休場2場所がある。, 他にも、曙、貴乃花、白鵬、日馬富士、稀勢の里がそれぞれ1回ずつ経験している。また、現行制度以前(昭和33年(1958年)1月場所から昭和44年5月場所まで)の「3場所連続負け越しで大関陥落」だった時代、北の富士が「大関で2場所連続負け越し」での角番を1度経験しているほか、3代朝潮、佐田の山、玉乃島(のち玉の海)らも大関での負け越しがある。, 江戸時代には谷風梶之助は横綱免許前に興行上の理由から看板大関に上位を譲って関脇への降格を経験している。, 横綱が正式な地位として扱われてから、東正位の地位で横綱経験無しだった横綱は西ノ海嘉治郎 (2代)、武藏山武、前田山英五郎、双羽黒光司、大乃国康の5人。, この中で大乃国だけが、横綱在位中に幕内最高優勝(1988年3月場所)を経験している。同場所の大乃国は東張出横綱で、西正位横綱の北勝海と13勝2敗同士の優勝決定戦で勝利したが、当時決定戦の勝敗は番付に影響しない慣例だった。その理由により翌5月場所では、優勝同点の北勝海が東正位横綱、優勝の大乃国が西正位横綱という番付だった。その後1997年9月に相撲協会の理事会において「同地位で優勝決定戦を行った場合、優勝者を上位とし、優勝同点者は下位に廻す」という規定に変更。その為現在であれば翌場所の番付は、優勝した大乃国が東正位横綱、優勝同点の北勝海は西正位横綱と、地位が逆転する形式となっている[23]。, また2代目西ノ海は新横綱だった1916年6月場所で東張出横綱だったが、同場所の番付で正横綱は西の太刀山ひとりで、東正横綱ではないものの東方の最高位にはなっている。当時は東西制の時代で、個人の成績ではなく方屋ごとの総勝ち星によって東西が入れ替わったため、このような現在では有り得ない番付編成もあった。, 昭和以後、横綱昇進後に一度も幕内最高優勝の経験が無かった横綱は武藏山武、男女ノ川登三、安藝ノ海節男、前田山英五郎、吉葉山潤之輔、双羽黒光司、若乃花勝の7人[24]。これ以外で横綱初優勝までの最多所要場所数は照國萬藏の横綱18場所目。年6場所制定着以降では、三代朝潮太郎と柏戸剛でともに横綱12場所目。また照國の7年4ヶ月優勝なしは横綱としての最長記録[25]、年6場所制以降では、大乃国の3年2ヶ月が最長期間(1988年5月〜1991年7月場所)で、20場所の間横綱として優勝無しも昭和以降の横綱で最多記録である。, 本割及び優勝決定戦対横綱戦勝利記録とは、本割と優勝決定戦において、横綱戦勝利数を指している。, 横綱同士の対戦で連勝した最多記録は7。双葉山が男女ノ川戦で、白鵬が朝青龍戦でそれぞれ記録している。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 例として2013年11月場所を1差次点の13勝で終えた稀勢の里は、翌2014年1月場所を幕内初優勝することでようやく「優勝に準ずる成績」に到達する。, " どこまで厳しくなる?横綱昇進条件 " - 大相撲 2009年7月号 p64  読売新聞社, " 【大相撲】横審、日馬富士「来場所の綱取りは厳しい」 " - 産経ニュース(web) 2009.5.25, 年6場所制定着以降、2014年3月場所後に昇進した鶴竜以前に「昇進直前3場所前が1ケタ白星でありながら連覇無しで綱取りを果たした横綱」は1人もいなかった。, 1960年11月場所から翌年3月場所までの間に11勝-13勝(優勝)-12勝(1差次点)を記録しており、1961年3月場所後に昇進を見送られたもののこの時すでに綱取りに相応しい成績を残していた。, このうち、双羽黒は横綱昇進前を含めても幕内最高優勝を一度も果たせなかった。逆に三代若乃花は横綱昇進前に5度、男女ノ川は2度幕内最高優勝を経験。他の4人はいずれも横綱昇進前に1度だけ幕内最高優勝を経験している。, 稀勢「綱取り」昇進ライン再考を「突然変異的」提示ではなく時代にマッチした条件に (1/2ページ), 勝率(休場含まない) .873、勝率(休場含む) .744、優勝率 .519、※2場所休止, 勝率(休場含まない) .695、勝率(休場含む) .455、優勝率 .128、※1場所休止, All text is available under the terms of the, 休場を含まない勝率では休場を計算に加えていない。休場を含む勝率では休場を敗戦扱いにして計算している。, 太平洋戦争終了後の1945年(昭和20年)11月場所から、2020年(令和2年)現在までの記録。, 前田山は、年6場所制定着以前の昇進。在位中に終戦後の混乱で本場所開催が不定期だった期間がある。, 在位場所数では前田山が最も短命だが、年6場所制となった1958年(昭和33年)以降の在位期間では番付上、三重ノ海が最も短い。, 玉の海は現役中の1971年(昭和46年)10月11日に、27歳の若さで急病死した。, 上記力士の横綱土俵入りは前田山・三重ノ海・稀勢の里・朝潮の4人が雲龍型、他の6人は不知火型を選択している。, 休場を含まない勝率では休場を計算に加えていない。休場を含む勝率では休場を敗戦扱いにして計算している。玉の海は横綱在位中、休場なし。, 双葉山は、幕内在位を通して年2場所制。全勝優勝8回中、11戦全勝が2回、13戦全勝が3回。, 羽黒山は大関2場所目の1940年(昭和15年)5月場所を途中休場(7勝5敗3休)、曙は新大関の1992年7月場所を全休(0勝0敗15休)。, 日馬富士は本場所開催が中止された2011年(平成23年)3月場所は数えない。また本場所ではないが、公式記録が残される同年5月場所の, ※の三重ノ海は1976年(昭和51年)7月場所の関脇1場所を挟む。新大関から陥落直後の関脇の地位(のち大関特例復帰)も含めた合計で数えると、日馬富士と並んで22場所となる。, 同じ顔触れで最も長く続いた4横綱時代は千代の山、鏡里喜代治、吉葉山、栃錦による14場所。1955年1月場所で栃錦が昇進してから、1958年1月場所後に鏡里と吉葉山が同時に引退するまで続いた。4横綱の皆勤は, 1961年11月場所で柏戸、大鵬が2人同時昇進となり、初代若乃花、3代朝潮と17場所ぶり4横綱となったが、翌場所の直前に朝潮が引退を表明したため、この4横綱は実質上1場所のみ(番付上では翌1962年1月場所とあわせて合計2場所)だった。若乃花と大鵬は同門のため対戦なし。, 現行の年6場所制定着後で最も長かった4横綱時代は柏戸、大鵬、栃ノ海、佐田の山による11場所で、1965年3月場所から1966年11月場所までである。実質の4横綱皆勤は1965年9月場所の一度きりであったが(1965年5月場所では大鵬が千秋楽のみ休場、佐田の山に不戦敗)全盛期の大鵬を中心に11場所すべて4横綱のいずれかが優勝している。, 4横綱皆勤の最も多かったのは、輪島、北の湖、2代若乃花幹士、三重ノ海で、1979年9月場所から1980年11月場所までの8場所中3場所となっている。4横綱総当り3回も最多。, 昭和末期の1987年11月場所では千代の富士、双羽黒、北勝海、大乃国の4横綱が全て皆勤となったが、11月場所後に双羽黒が廃業となったため、この4横綱は1場所のみ(番付上では翌1988年1月場所と合わせて合計2場所)となってしまった。千代の富士と北勝海は同部屋のため対戦なし。, 平成時代の1例目は千代の富士、北勝海、大乃国、旭富士の4横綱時代が、1990年9月場所から1991年5月場所までの5場所連続であるが、全員皆勤となったのは1990年11月場所の1場所のみだった。このときも千代の富士と北勝海は同部屋のため対戦なし。その後1991年5月場所の千代の富士の引退を皮切りに、大乃国、旭富士、北勝海が僅か1年の間に相次いで引退してしまい、横綱空位となった。, 平成時代2例目の4横綱だった曙、貴乃花、若乃花(勝)、武蔵丸は1999年7月場所から2000年3月場所まで5場所続いたが、2000年(平成12年)3月場所で若乃花が引退となるまで、4横綱全員が皆勤する場所も、4人全員がそろって勝った日も一度も無いままに終わってしまった(4横綱が揃っての出場は1999年9月場所初日・2日目、及び2000年3月場所初日〜5日目の計7日間のみ)。2016年の千代の富士逝去によって、4人全員健在の最古の4横綱となった。, 2017年1月場所で優勝した稀勢の里が横綱に昇進し、同年3月場所は稀勢の里、白鵬、鶴竜、日馬富士による4横綱となった(17年ぶりに平成時代3例目)。4横綱となった時点(4人目の横綱が昇進した時点)で外国籍を持つ横綱が含まれるのはこのケースが初である(平成時代2例目の曙と武蔵丸は外国出身だが、4横綱の時点では両方ともすでに日本に帰化していた)。同年11月場所後に日馬富士が不祥事で引退したため、5場所で終了。本場所で総当たりする4横綱としては36年ぶり, 1953年1月場所で引退の照國(新横綱鏡里)や、1954年9月場所引退の東富士(新横綱栃錦)が、直後の巡業では横綱土俵入りを披露しており、現役4横綱とともに5横綱が揃った写真を残している。, 9例目の場所数は本場所開催が中止された2011年(平成23年)3月は数えない。また本場所ではないが、公式記録が残される同年5月の, 実際の出身地と番付上の出身地が異なる場合もある。本稿では番付表記や土俵入りなどで用いられる公称を優先している。.

.

経度 緯度 変換 5, サンキュー ゴリラ なんj 14, Ipad Excel 均等割り付け 7, 40代 メンズヘア スタイル ミディアム 9, Ps4 Wifi おすすめ設定 5, Twitter Dm 音声ファイル 16, Fire Hd ホームボタン 消えた 13, ドラゴン スピーチ 体験版 6, Eフォレスタ Red ログイン 4, ドッジボール ミカサ モルテン 違い 19, 板金塗装 見積もりソフト 無料 8, Cod Ww2 人口 現在 16, 艦これ Android 重い 7, Dim Destiny2 App 6, 甲状腺 良性 手術 ブログ 5, 茨城 殺人 5ch 42, Tableau Desktop 抽出 自動化 4, 鵜住居 駅 完成 5, Ubuntu Usb 起動 6, テレビ 買い替え Nhk解約 41, Ps4 カラオケ Dam 遅延 20, T Sports Ts Ad096 説明書 4, レガシィ Bm9 グリル 12, カンジダ 腸 検査 17, マイクラpe テクスチャ アドオン 9, レグザ ダビング Dvd 種類 13, ストウブ 一人暮らし レシピ 6, Ibooks Drm Removal 11, みつみ ラジオ 嫌い 47, Rd ライセンス マネージャー 組み込み 超過 11, Power Saving Mode 解除方法 17, Sound Blaster Ae 9 Review 8, シャボン玉 液 泥汚れ 5, カブトムシ マット 再発酵 4, おまじない 恋愛 強力 5, ドラクエ7 廉価版 見分け方 5, Omiai デート後 退会 9, Vc Mg900 床ブラシ 4, 紅白出場女性歌手 イニシャル A 6, Psa スノーボード 分裂 17, Zoom Ipad 画面分割 5, Jcom 点検 Nhk ばれる 7, ニューエラ 47 どっち 9, 媛 めだか 年収 6, All Aboard 2 和訳 Reading2 5, アイビー ハイドロ カルチャー 4, フリル スタンドカラー つけ襟 作り方 9, Benq モニター 放電 9, So Happy Day ダイハツ 4, ジムニー Jb23 ナビ取り付け 35, Iphone メモ 突然消えた 20, 韓国ドラマ ネタバレ ブログ 13, 消火器 処分 枚方市 4, このすば 小説 17巻 8, ストアド プロシージャ ファイル出力 14, ヒゲダン ミスチル ジャケット 18, 賞与 ランキング Tkc 5, 雑談たぬき Spoon 24 5, 足の裏 違和感 土踏まず 8, Axios Cors Set Cookie 7, 犬 性格 変わる 5, Arduino Due Mstimer2 43, Amiiboカード ブーケ 違い 29, New 3ds 違い 4, 小麦粉 70cc は何 グラム 16, クリップボックス カメラロール 容量 20, 主婦 Ideco ブログ 6,