【2020年版】小説やエッセイなど、書店の文庫本ランキングから気になる文庫本をピックアップ!その他、旅、暮らし、働き方にまつわるお気に入りの文庫本ベスト10もご紹介。文庫本は、通勤読書にもおすすめ … ほんとに音が聞こえてくるし、岬洋介の演奏に引き込まれて行く観客の心情まで見事に表してる。 2020年も文庫本は数多く出版されています。ミステリーや恋愛小説など女性から男性まで年齢を問わず多くの方が文庫本を読んでいます。そこで今回は【文庫本】の選び方やおすすめな本をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。, 文庫本は、単行本が新刊として出版されてから人気の高い作品などを中心に1年~3年後に文庫版として発売されることが多いですね。2019年から2020年に発売された文庫本も単行本がすでに発売されているものが多いですね。, 文庫本は見つけずらいですよね。大きい本屋さんなどはベストセラーや人気の作品を見つけやすい場所に置いています。そのため、文庫本は専用コーナーに置いてあることが多いんです。そして、文庫本コーナーには多くの作品があるので迷ってしまいますよね。, そこで今回は【文庫本】の選び方とおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。購入する時に迷ってしまう方はぜひ参考にしてみてくださいね。そして、この記事の最後におすすめの~をご紹介しています。こちらで文庫本の良さを再確認していきましょう。, 1.恋愛作品:恋愛はだれでも心がときめきますよね。結末がハッピーなもの、つらい悲しみが残るもの、なんでもいいんですよ!自分がその恋に浸れるなら...。, 2.映画やドラマになった作品:映画やドラマになった作品はそれを見た後に読むと話が分かっているから内容が入りやすいですね。ところが、映像と違った原作ならではの感動も実はあるんですよ。, 3.心を癒したい作品:自分のことをこんなに想ってくれてたなんて!あなたの本当の気持ちに気づいていなかった!忘れていた幼い頃の思い出...。感動することは人それぞれです。, 4.ライトノベル作品:非日常的なストーリー。異世界に入り込んだり、特殊な能力を使って事件を起こしたり解決したり。現実ではありえない展開に夢中になりましょう。, 5.中高年向けの作品:現実に起きた出来事や人気だった本を読むと若い頃と違ってこの年齢なら物を見る目が養われています。なので客観的視点で読むことができますよね。, それでは、5個の軸の中から(あ!これ読みたい!)と思う文庫本を見つけるヒントになるように作品を紹介していきますね。, 経験の違いはあるにせよ恋愛をしてる最中は周りが見えなくなってしまう...。恋愛小説は恋をすることと愛することの違いを学ばせてもらうとってもいい教科書ですよ。, 10代~20代を題材にした恋愛作品は若い頃の突き進む恋愛を描いた作品が多いです。自分の気持ちと相手の気持ちのズレや葛藤、相手に分かってもらえない苦悩の話が多いですよね。実際でも相手の立場よりもどうしても自分の気持ちを優先してしまうでしょ!, そんな幼い恋愛をさまざまなシチュエーションで描いてくれる若い主人公の恋愛作品は同世代の人は共感できる本として、年長者は(あの頃は若かったなぁ!)と読んでいて昔のピュアな気持ちを思い出す本としておすすめです。, 30代~40代は若い頃と違い仕事をして、家庭もあり子供がいる人もいれば、周りが結婚して、取り残されるんじゃないかと焦る人も。そんな30代~40代を主人公にしている恋愛作品は純真でピュアな恋物語よりも許されない恋愛を題材にした作品が多いです。, 日々の仕事に振り回されていつの間にか恋をすることもなく愛する人もいない現実を知ってしまう。将来に向け不安を感じる年齢なんですよね。そんな30代~40代だから作品中に共感できる場面が多いんです。でもあくまでもフィクション作品ですからね!, 子育てもひと段落し仕事もある程度落ち着いたこの年代は自分の将来の人生の終りを考え始める年代です。やり残したことはないんだろうか?この先に何か役に立つスキルを身につけなければ!と思い始めます。, そして、もう人生の半分まで生きてきて、もう一度本当の恋愛や恋をしたいと思う人が多いようです。今まで本気で人を愛したことがない!本気で愛されたこともない!...と思うことが多くなるでしょう。, 50歳をすぎると、これから本気で愛することができる人に出会えないだろうか?もし出会えたら本当の愛というものを体験したい!という感情が沸いている人が増えてきます。そんな方は50代~の主人公の恋愛小説は今の心情にピッタリはまります。, 映画やドラマになったストーリーが小説で再現されると新なた感覚で読むことができます。また映像と違う感じ方をすることもあるのですよ。, 映画で上映された作品はその印象が自分の中に多少残っていると思います。その映画作品の文庫本を読み始めると、映画で見たストーリーが思い出されてさらに作品を楽しむことができるでしょう。, また、先に映画になった作品の原作を読んで映画鑑賞するとより映画のストーリーが頭に入りやすくなり映画鑑賞をより楽しいものにしてくれます。しかし、原作を知っているとストーリー展開を誰かに話したくなるなりますのでネタバレにならないようにしましょうね。, ドラマになった作品は、放送中から発売になったり、放送終了後すぐ発売されることが多いんです。そのため、読み始めてすぐストーリーが頭に入りやすくなりますね。自分が好きな俳優さんが映像の中での存在と小説の中での存在がすこし違う感じもまたいいのです。, 映像からくる印象と活字からくる印象では少しニュアンスが違うような感じがあります。けれども、その少しの違いが作品のいい味になるんです。はじめに文庫本で読んでそれからDVDやブルーレイでレンタル鑑賞するのも楽しいですよ。, アニメーションで放映された作品は漫画が原作の場合が多いです。しかし、小説やアニメーションが最初の作品というケースもあります。アニメーションは実写と違い俳優の微妙な表情から心理を感じ取るようなことが少ないので分かりやすい話になっています。, 活字になるとその微妙な表現が描くことが可能なので登場人物のアニメーションでは語れなかった奥深い心情が表わされます。そのため、よりその作品の魅力が広がります。アニメーション作品をより人間的な感情の視点でとらえたい場合におすすめです。, たまには本を読んで心を癒したいと思っている方は多いのではないでしょうか?そんな方へおおすすめのジャンルをご紹介しましょう。, ひとえに感動すると言ってもひとそれぞれ感動することは違いますよね。心理学では、感動することは、自分にとって関心がある事にしか感動しないものと苦しいことを乗りこえた時に感じるもと言われています。, 感動する本を選ぶ時は1.自分に関心がある内容の作品。2.ハラハラドキドキの疑似体験ができる作品。3.激しい演出で最後はうっとりとした感じを与えれくれる作品。このような内容の作品を読むとワクワクできる感情移入しやすい感動体験ができるでしょう。, 人が泣いた後は心が落ち着くと言われています。泣くことは心の葛藤や不安定さを一時的に開放してくれるからだそうです。泣くことでいつも感じている心のモヤモヤが取れます。すると、一時的でも心の解放感を感じることができるんです。, 子供との別れ、恋人との別れ、友人との別れ、親との別れ、そんな悲しい展開に自分の周りの人に重ね合わせると自然に涙が出てるくのではないでしょうか?泣ける作品を読んで生まれて初めて号泣してみてはいかがですか?そのあとなぜか気持ちが洗われますよ。, ファンタジー作品というと子供がみる作品と思われがちですが実はファンタジー作品はとても奥が深いんです。ちょっと暗いストーリーだったりハッピーエンドで必ず終わることもないんですね。, その世界の人々が暮らす環境が私たちの生活に照らし合わせのていることもあり、そこで起きる問題や事件など社会問題の解決や考えるためのヒントをくれているストーリーもあるのです。非現実世界の中でもう一度見つめ直す時間を作ってみてはいかかですか?, ライトノベルは若年層向けの軽い文体でストーリーが描かれています。小説などに比べて読みやすくなっているので文庫本としても気軽に読めるんです。, ライトノベルの作品は学園ものが多いと思われています。実は、舞台は学園を設定していますが、内容的にはSF物になっていることがあるのです。非現実的なストーリー展開や人間以外の対象物とのバトルタイプのストーリーもたくさんありますよ。, 表紙のイラストなどもSF作品などはかわいい主人公が奇抜な服装に扮して描かれているので主人公のその印象をもって読み始めていくと全体的なキャラクター像がイメージしてくるののでその作品の面白さがより一層伝わってきますね。, アニメーションや漫画などの作品はライトノベルにすると価格も安価で製作者も費用をかけずに活字にできます。また、ゲームなどもストーリー展開を活字で作り上げることもできるので単行本にしやすくなっています。, 小説と違いライトノベルは活字だけではなくページの合間に絵や絵コンテなどを導入ができます。そのため、間にその絵コンテがちりばめてあるとその作品の印象が強くなる効果があるんです。表紙もイラストも好きになれますよ。, アニメーションや漫画が好きな方、ロールプレイングゲームが好きな方は活字になった作品も読むことをおすすめします。キャラクターの心理を表現できているますし、客観的な場面の解説もあるのでより魅力的な作品になりますよ。, ライトノベルで一番多いストーリーが恋愛物です。その中で、ラブコメディ作品はより人気があるようです。メディアミックスもしやすい傾向があるのでアニメにされたり漫画にされたりする作品も多いので二度楽しむこともできるようですよ。, ラブコメなら(こんな恋愛をしたいなぁ~)と自宅で恋愛気分が体験ができますね。なんといっても表紙の男の子はイケメンだし、女子のはかわいいですし自分がこんな素敵な相手に(好きです!)って言われたらどうしようと思ってしまいますよね。, 中高年になるとあまり場所をとるような大きな本よりは電車の中や待ち時間、喫茶店など気軽に本を読みたいと思いますよね。そのような時に文庫本はおすすめです。, 中高年世代は、若い頃江戸川乱歩や横溝正史、アガサクリスティーなどの推理小説がはやった世代でもあります。難事件などを読みながら解きほどいていくような作品に慣れているので入りやすいジャンルではないでしょうか?, あらすじんの前半から中盤にかけて自分で予想する結末を想像しますが、終盤にかかる過程で最後に大どんでん返しをくらい予想できなかった完結で終わってしまう。そのような面白さがミステリー小説にはありますよね。, この年代になると人生経験も豊富になり、過去のいろんな時代背景を知る機会が多くなります。また、起きた出来事に対して考え方も若い頃と違ってしっかりしたものになっている年代です。, その時代に実際に起きた出来事や事件などを題材にした作品はそれらの時代に象徴した背景を垣間見ることができます。それは、人生においてとても大きな教訓にもなって、人生をあらためて考えさせられる一冊になるでしょう。, 文庫本は人気や話題になった本を文庫本として出版されます。過去にベストセラーだった本なども数多く出版されています。その時にベストセラーになった本を読むチャンスがなかったら文庫本で気になるベストセラーの本をいくつかストックするのもおすすめです。, 選ぶ本が見つからない時は過去にベストセラーになった作品の文庫本をまずは選んでみてはどうでしょう?作者の名前は知っているが作品は知らないというものは多いのではないでしょうか?もう一度あの頃の作品を読み返すとあたらしい発見があるかもしれません。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51o9C7PQ3xL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4231891%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4231891%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101349193?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbook-station%2Fzs3h-200603-117-9193.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 悲しみを乗り越え新しい旅立ちをするときに人はそれぞれの卒業を経験することになる。卒業を経験する家族を描いた4つの短編集です。読む人の年代や人生経験によってストーリーの受ける印象が違ってくるでしょう。, [{"key":"作者","value":"重松 清"},{"key":"出版社","value":"新潮文庫"},{"key":"出版日","value":"2006/11/28"}], 人生の岐路に立つたびに成長していくこと、それが卒業。 どの短編もよくできています。涙がこぼれる場面が多々ありました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51mS1jOZztL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15668330%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15668330%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4758442096?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhmv%2F9268938.html"}], いつかは自分の両親と別れると思うと苦しさがこみ上げる、その時に後悔しないように今、親孝行しなければ!そう思わせてくれる一冊です。読みやすく、名言も数多く出てきます。ところどころに泣き所があり最後は心が洗われてもう一度読みたいと思ってしまいます。, [{"key":"作者","value":"横山雄二"},{"key":"出版社","value":"ハルキ文庫"},{"key":"出版日","value":"2018/10/11"}], 面白かった 何ヵ所も涙が溢れた自分も同世代 父を亡くし血の絆に共感仕事に対する姿勢 思い 明日から頑張れます, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41Tu+RM1IIL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5837008%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5837008%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B009A49AU8?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff2%2Ft0010714484.html"}], 自分自身が死を迎える時に周りの家族や友人に今の想いを伝える悲しさ、残される人たちのつらさをつづっています。自分の残された時間を過ごしていく中で優しさは胸を打ちます。しかし、次第に亡くなった人は忘れ去られていく...。死と別れをテーマに描いた作品です。, [{"key":"作者","value":"重松 清"},{"key":"出版社","value":"文春文庫"},{"key":"出版日","value":"2008/9/3"}], 愛する人の死を経験することで、それまでとは少し変わる世界観を感じることができました。タイムリミットが決められた人生を生きることの恐ろしさと、どうしても死から逃れることはできない諦め、残された時間を過ごす中での優しさに涙します。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51sYspN6G6L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15127491%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15127491%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B076C7LQXH?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4596917353.html"}], 金や権力を手に入れた非情な顔を持つ男がひたむきなヒロインにによって変わっていくさまがとても感動的な作品です。楽しさとドキドキ感が増していき、二人の登場人物の描写設定がとても上手にできているロマンス小説です。, [{"key":"作者","value":"イローナ アンドルーズ"},{"key":"出版社","value":"MIRA文庫"},{"key":"出版日","value":"2017/11/10"}], 星4.5!ヒロインがもう少し成長が欲しかったかな!でも一気に読ませるところはさすがです。本当に後半になってやっとホッとして二人の幸せな姿を束の間ではあるか見れて良かった!第3部早く翻訳して出版をお願いします。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51hVwT74xCL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4101339112%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4101339112%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101339112?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fyourlife%2F9784101339115d1640.html"}], 主人公の感情の描写はとても素晴らしいものです。泣く前、泣き出す瞬間、泣いている最中、泣いた後、それぞれの描写が細かいところまできちんと文章になって読む側に伝えてくれます。愛することをやめられないすべての人におすすめな作品です。, [{"key":"作者","value":"江國 香織 "},{"key":"出版社","value":"新潮文庫"},{"key":"出版日","value":"1994/5/30"}], TVで見てから原作が読んでみたくなり、古本店で探しましたがなかなかなくて、やっと巡り会えました。思ってたより早く届き満足しています。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51BHFKK559L._SL500_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1568302%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1568302%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4087475859?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fyourlife%2F9784087475852d1146.html"}], 恋をすることは人にとってとてもエネルギーが沸いてきます。日常生活の中でやさしく何物もにも臆せず繰り広げられ9人の女性たちの都会的タッチの恋愛物語です。自分が登場人物の誰に似ているだろうか?と探してしまう面白さがこの作品にはあります。, [{"key":"作者","value":"江國 香織"},{"key":"出版社","value":"集英社文庫"},{"key":"出版日","value":"2003/6/20"}], ゴディバのチョコレートとか、シェリュイのクッキー、オレンジケーキとはちみつのアイスクリーム、といったところどころにでてくる小洒落たモノたちがうまくストーリーにはまっていて、心をくすぐられます。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/419Od1ArccL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fneowing-r%2Fneobk-557540%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fneowing-r%2Fneobk-557540%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4101276315?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010904235.html"}], 健常者と耳が不住な難聴者の恋のすれ違いともどかしさが絡まりあいます。そして、恋愛に特有の男女の駆け引きを合わせたすてきな恋愛ドラマになっています。相手の立場を考える、思いやる気持ちを持つことを教えられる作品です。, [{"key":"作者","value":"有川 浩"},{"key":"出版社","value":"新潮文庫"},{"key":"出版日","value":"2009/6/27"}], 図書館戦争の中に出てきたときに持った印象と実際の内容が違っていて、最初少し戸惑ったのですが、読み進めて行くうちに、こういう現実的な問題ってあるんだろうなあと勉強になりました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31ZR0NHNRBL._SL500_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1705178%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1705178%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4167631032?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4167631032.html"}], 40歳目前の女性と少し年の離れたセンセイのせつない心がお互いを変化させる。悲しく、あたたかいゆったりした恋愛模様を描いた名作です。大人の静かな恋愛を感じたい人におすすめです。, [{"key":"作者","value":"川上 弘美"},{"key":"出版社","value":"文春文庫"},{"key":"出版日","value":"2004/9/3"}], 映画化された作品になっただけあって、先生と主人公の間の距離が徐々に近づいて行く様が面白く、「こんなこともありかな」と思わせてくれて最後まで面白く読ませて貰いました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/417So1sAaRL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmangazenkan%2Fn0140430462%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmangazenkan%2Fn0140430462%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041026407?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0012974953.html"}], 大人気となったアニメーション映画(君の名は)の新海誠監督が自ら執筆した原作小説です。雨の降る東京で出会う二人のお話です。小説を最初に読んでそのあとに、新海誠監督のきれいな描写の映画を見ることでさらにこの作品の良さが分かります。, [{"key":"作者","value":"新海 誠"},{"key":"出版社","value":"角川文庫"},{"key":"出版日","value":"2019/7/18"}], 漫画版のナウシカの終盤を思い出しました。この物語に映像と音楽が乗ると思うと、今から映画も楽しみです(しばらく観にいけないんですが・・・), ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/510oqIKeDiL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14796408%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14796408%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B082X5L8V3?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4800270669.html"}], 普段使用しているスマホを殺人鬼に拾われて自分の行動を監視される恐怖を味わうストーリーです。本当にスマホを落としたら自分に置き換えて読んでいくと恐ろしく感じてしまいます。スマホは便利だけど使い方を間違えると危ないと教えられる作品です。, [{"key":"作者","value":"志駕 晃"},{"key":"出版社","value":"宝島社文庫 "},{"key":"出版日","value":"2017/4/6"}], かつてのルームメイトの話、大学の先輩の話もあとで戻って読み返して、「なるほど!」と思わせるところはとても上手だと思いました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/519TDnD5jOL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0018687113%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookoffonline%2F0018687113%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041026229?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fy-sofmap%2F9784041026229.html"}], この作品は、劇場映画になった有名な新海誠監督のアニメーションです。映画を鑑賞してからこの小説を読んでいる人が多いと思いますが、主人公の心理と背景説明が映画と違って新しい感覚で胸に入り込んできます。映画しか見ていない方におすすめです。, [{"key":"作者","value":"新海 誠"},{"key":"出版社","value":"角川文庫"},{"key":"出版日","value":"2016/6/18"}], 男女の心と体が入れ替わるストーリー。昔TVドラマでみたことあるなと思っていたら、全く別物でした。 お互いを探しに行くシーンに切なくなり、山頂付近で時空を越えて会話するシーンには待ってましたと熱くなる。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41ic-ajICjL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F906867%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F906867%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00BIXNK82?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0001259506.html"}], 読み進めているといつの間にか主人公に自分が入り込んでいるのに気づいてしまいます。生きて帰るという力強さ、あきらめたら終わりだ!生死に直面すると必死な思いが出るのでしょう。仕事のつらさを感じたらぜひ読んでみてください。, [{"key":"作者","value":"吉村 昭 "},{"key":"出版社","value":"新潮文庫"},{"key":"出版日","value":"1980/11/27"}], いわば普通の生活をしている人間が、とんでもない状況下に置かれてしまうわけだけど、そこで生き抜くことを強いられる。時に絶望するが、しかしなんとか生きようと希望を持凄絶な努力をする。人間の強さと弱さを見せつけられる。すごい作品だ。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51HwfAH7l2L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-434441568x%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-434441568x%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/434441568X?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-434441568x.html"}], 住む場所もない主人公に手を差し伸べてくれるたくさんの人たちや兄姉、友人、母親との想い。芸人として人と関わろうと決意した貧乏だった中学時代を振り返る。大ベストセラーになった笑って泣ける貧乏自叙伝。, [{"key":"作者","value":"田村 裕"},{"key":"出版社","value":"幻冬舎よしもと文庫"},{"key":"出版日","value":"2010/11/1"}], 検索で中学生の読書感想文に最適とあり、こちらで購入させていただきました。息子は、本読みが苦手なのですが、面白かったようであっというまに読むことができました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31vrfcHmgwL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fomatsuri-life2%2Fb0047t7qxo%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fomatsuri-life2%2Fb0047t7qxo%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0047T7QXO?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fyohkostore%2Fb0047t7qxo.html"}], ビートルズのノルウェイの森を聞きながら主人公の青年時代の出来事の激しく混乱し、動揺した過去を回想する。読んでいるとなぜがせつなくなる。しかし、同時に心地のいい懐かしさを感じる名作です。, [{"key":"作者","value":"村上 春樹"},{"key":"出版社","value":"講談社文庫"},{"key":"出版日","value":"2012/3/13"}], 本やCDのような文化遺産は、発売後かなり時が経っても手に入れたい必要とする人がいる物です。今回のように上下巻そろってきれいに包んで送られてくると、すぐに読みたくなります。発売当時の大反響、大人気をあらためて認識できました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41e0anBP+rL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13315656%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13315656%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062932121?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fvaboo%2Fva2121293406u20.html"}], この作品は言わずと知れた黒柳徹子さんが書かれた戦後最大のベストセラーになった作品です。単行本、文庫本、絵本の累計販売数は800万部で世界35カ国以上で愛読されています。学園のユニークな教育とそこで学ぶ子供たちをいきいきと描いている名作です。, [{"key":"作者","value":"黒柳 徹子"},{"key":"出版社","value":"講談社文庫"},{"key":"出版日","value":"2015/8/12"}], ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51lrdw51BUL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15729074%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15729074%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07MFJKMFG?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhonyaclubbook%2F9784757562936.html"}], 背景や人物像の心情をコンパクトにまとめられた文章で描写しています。読んでいるとこの先のストーリー展開を想像させ繰り返し読んでも飽きなません。とても新鮮に純和風な小物や家具の名称をちりばめているところも魅力です。, [{"key":"作者","value":"顎木 あくみ"},{"key":"出版社","value":"富士見L文庫"},{"key":"出版日","value":"2019/7/13"}], 面白かったです。丁寧な描写に好感を持てました。主人公とヒーローの婚約状態、そして主人公・美世の特殊能力が開花するか…?と思わせる場面で物語が終わっているので、続きがあると信じています。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51oi0wbVcjL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16327058%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16327058%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0899FRCFF?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-"}], のちにテレビアニメが放送されている作品です。そして、アニメーションに加え、PSP用ゲーム用ソフトも発売されるなどいまだに高い人気がある作品です。登場人物のあやせキャラクターがとても魅力的な青春の恋愛模様です。, [{"key":"作者","value":"伏見 つかさ"},{"key":"出版社","value":"電撃文庫"},{"key":"出版日","value":"2020/6/10"}], これだけ年月を経て尚褪せる事がないあやせがここにいました。何とかアニメ化してくれませんか⁉心から願うばかりです。この本はまごうことなきあやせファンなら最高に悶え苦しめる傑作です❗, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/61oFBEH8LTL.jpg"], この作品は(このライトノベルがすごい!)で作品部門2連覇と好きなキャラクター同時4冠達成したのは史上初の快挙なのです。2019年時点での全世界累計発行部数は1000万部を突破しておりライトノベルを初めて読む方はぜひ読んでほしい作品です。, [{"key":"作者","value":"渡 航"},{"key":"出版社","value":"ガガガ文庫"},{"key":"出版日","value":"2020/3/18"}], 世にあるどんな言葉よりも、どんな言葉でも言い表せない感情を、ちゃんと感じとり、はっきりと伝わる、そんな物語です。その物語の始まりとなる、1~3巻のスペシャルパック。買うしかない。買わない以外にない。是非進めたい小説の1つになります。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41FTJ8MiriL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5985247%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5985247%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4043854021?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010818734.html"}], 読みやすく大学生の学生生活も具体的に描かれています。ストーリー後半からラストはとても切ない話で悲しい気持ちがこみ上げてきます。読んでいるうちにストーリーに引き込まれ自分はもっと頑張って生きなければと思わせる作品です。, [{"key":"作者","value":"石田 衣良 "},{"key":"出版社","value":"角川文庫"},{"key":"出版日","value":"2009/2/22"}], 友人に勧められて購入しました。面白くてすぐに読破。すごく読みやすく大学生の生活もわかりやすく描写されています。ラストはとても切ないものでしたが、悲しい気持ちは一切なくさっぱりした最後になりました。登場人物の魅力もありとても面白い一冊となっており、おすすめです。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/517JSjdBl6L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4041016878?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhonyaclubbook%2F9784041016879.html"}], 読んでいるうちに美しさ、優しいさを感じることができます。自分は勝手に生まれたと思わず、親への感謝、生まれてきた子供への感謝をだいじにすることを学ばせてくれます。読み進むといつしか目じりを拭っている自分に気がつきます。, [{"key":"作者","value":"森沢 明夫"},{"key":"出版社","value":"角川文庫"},{"key":"出版日","value":"2014/8/23"}], 初めて読む作家さんでした。物語は市井の人々を思いやりを持って描いていて優しい時間が流れてゆきます。読んでいて多少先が読めてしまうところもありましたが逆に気をてらうような事もなく良かったです。他の作品も読んでみたいと思いました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51aE0WLHuJL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14638269%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14638269%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062935619?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4062935619.html"}], このお話は、絆の強さが恋愛を超えるお話しで、猫と心が優しい少年の最後の旅の物語です。猫を飼っている方はもちろんですが、そうでない方もこの本はものすごく共感します。こんなに自分は涙があるんだ!と思うくらい号泣しますよ。, [{"key":"作者","value":"有川 浩"},{"key":"出版社","value":"講談社文庫)"},{"key":"出版日","value":"2017/2/15"}], 最初はどんなストーリーが展開されていくのかわからず、猫と人間の平凡な日常の物語なのかと思いました。でも読み進めるうちに、なぜ旅に出たのか、旅をしなくてはいけなかったのか、その理由が分かってきて、最後はこうはなってほしくないと思っていた結末で悲しかったです。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/510FhY6HUJL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5070537%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5070537%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4334743315?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010537274.html"}], 世間でアルツハイマー病への認知度が高くなった作品です。いざ自分が同じようになったらどうなるのか?家族がなったらどのように接すればいいのか?身につまされる内容です。後半はいっぱい大泣きしてください。, [{"key":"作者","value":"荻原 浩"},{"key":"出版社","value":"光文社文庫"},{"key":"出版日","value":"2007/11/8"}], 広告代理店に勤める50歳営業部長の佐伯は、ある日若年性アルツハイマーと診断された。段々と日々の記憶が失われていく恐怖に立ち向かっていく...この頃単語がすぐ出てこない気がするんで、身につまされる内容だった。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51xQHgAfBsL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fhmvjapan%2F3366770%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fhmvjapan%2F3366770%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4877287043?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4877287043.html"}], 頑張ることに疲れてしまった人へ。人生なんて苦しみと絶望の連続だからあきらめることからはじめよう!痛みや苦痛と戦おうとせずマイナス思考からはじめてみよう!と筆者が読者の心に勇気と希望を静かにあたえる一冊。, [{"key":"作者","value":"五木 寛之"},{"key":"出版社","value":"幻冬舎文庫"},{"key":"出版日","value":"1999/3/1"}], 新聞広告で見て、amazonで購入しました。 まさに今の社会を風刺しています。パンデミックに対する人の考え方を教えてくれています。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51j8mM1LjFL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F6182569%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F6182569%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4062764520?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnetoff%2F0010960535.html"}], トレーラーのタイヤが走行中に外れてしまい、歩道を歩いていた母子にタイヤが激突してしまった。事故原因は不十分な整備なのかそれとも人為的原因なのか?実際に起きた交通事故を題材にした考えさせられる作品です。, [{"key":"作者","value":"池井戸潤"},{"key":"出版社","value":"講談社文庫"},{"key":"出版日","value":" 2016/1/15"}], 池井戸潤は好きですが、GW期間中の合間に上下巻読破。今年1番の面白さでした。言わずと知れた三菱自工が題材ですが、作者得意の中小企業経営者の奮闘と大企業内での暗闘を盛り込んだ秀作。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/51+E+FAtJVL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16338442%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16338442%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B089LGGPVQ?tag=excite-can-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101201935.html"}], 人間をカエルに例えて日本で起きている現実問題を日本人をカエルに置き換えて警笛を鳴らしている話題の作品です。現在の新型コロナウイルスの脅威の中で素晴らしいタイミングで書き上げた日本の現実が分かりやすい作品です。, [{"key":"作者","value":"百田 尚樹 "},{"key":"出版社","value":"新潮文庫"},{"key":"出版日","value":"2020/6/12"}], 純粋に面白いです。百田氏の著書を読むのは初めてでしたが、すっきり入ってきて一気読みしてしまいました。また、ストーリーとは関係ないところでもハンドレッドやソクラテスの言葉が勉強になりました。バードテイクの言葉に、何を言っているかわからないねと評したところは笑いました。またカエル達のストーリーを見てみたいです。, せっかく手に入れた文庫本を汚したり、破損させないようにブックカバーを付けて守ることは本を大切に扱うひとつの手段です。書店でもブックカバーはもらいますが自分の好みの市販品の中から選ぶのも長く使用する上でおすすめです。, 革や合皮など高級感がある素材やナイロンやポリプロピレンなどは雨で本そのものがぬれにくく持ち運びに便利な素材もあります。布の素材は手汗などでもべとつかないメリットがあります。文庫本サイズなら105mmx148mmがピッタリ合いますよ。, 最後にブックカバーのおすすめ人気ランキング20選ともう一つ追加でおしゃれなしおり・ブックマーカーのおすすめ人気ランキング21選も紹介しますね。文庫本を購入する際に一緒に参考にしてみてください。, 【読書をより楽しむ】おしゃれなしおり・ブックマーカーのおすすめ人気ランキング21選|おすすめexcite, 今回は、文庫本のおすすめ作品をランキング形式でご紹介させていただきました。文庫本は単行本よりも安価で購入できてコンパクトサイズなのです。特に大学生は通学や待ち時間の時に気軽に読むことができますよ。今回ご紹介したおすすめした作品の中から一冊でもいいのでぜひ選んでみてくださいね。.

.

マインクラフト コマンド ヘリスイッチ 26, Th 49fx750 録画 8, Sony アクションカム 車載 6, グラノーラ 手作り コスパ 4, 上海 軍 区 6, Da16t ヒューズボックス 場所 54, Spec 市柳 正体 8, Powerdirector 出力 音ズレ 40, ハモネプ Az 解散 41, ヒカルの碁 Ss 八幡 4, ストアド プロシージャ ファイル出力 14, ポケモンgo スポットライトアワー 色違い 4, ポケモン エメラルド スイッチ 5, 筑駒 高校受験 塾 5, おじさまと猫 50話 ネタバレ 9, 上智 明治 どっち 4, ドラクエ10 天地雷鳴士 スキル180 11, 男性声優 歌唱力 10 8, 高校生 失恋 小説 4, Pubg ラグ 撃ち 負ける 9, 極小 ポメラニアン 里親 8, あいたい サマー イベント 4, 正規表現 先頭から N 文字 10, エレビット 2 錠 6, Autopep8 Imported But Unused 6, 病院 お礼 手紙 宛名 18, ジェリー サンズ なんj 14, 黒い砂漠 セーブ Ps4 20, スプラトゥーン 初心者 武器 4, ミラティブ 読み上げ 変更 14, 自分 無能 気づいた 14, 鍵 横向き ピッキング 4, アンリミテッド 漫画 無料 4, スマブラ ガノン 横b 受け身 6, ねずこ 着物 子供用 18, 河合塾 偏差値 高校 8, Twitter ユーザー名 使える文字 4, Youtube サムネイル 取得できない 5, ツキプロ 夢小説 短編 5, Sanyo Ecj Ks30 説明書 5, 明日晴れるかな 歌詞 ふりがな 5, エルフィールド インナーマット 代用 7, ひかりtv Bs 録画 4, Transform: Scale 反転 4, 北山宏光 実家 住所 50, インデックス 印刷 エクセル2013 9, 樋口 弘晃 レギュラー 7, M Classic 鹿沼 6, ベネッセ タイピング 点数 8, 英文 解釈 早稲田 12, ベガルタ ジュニアユース 掲示板 5, サクラ エディタ 自動 起動 4, あつ森 フランソワ ランキング 4, Wire Clock Arduino 5, 櫻井翔くん ブログ 想う 4, ポケモン剣盾 マホイップ デコレーション 9, 大相撲 休場 記録 11, ムーニー Cm 炎上 5, Windows10 起動しない Boot Menu 6, 動物 強さ ランキング 人間 4, Queen カラオケ 歌いやすい 4, Access Vba クエリ 参照 7,