お問い合わせ   |    55X930 オープン価格(実勢35万円前後) 東芝有機el第三弾! 価格はいずれもオープン 65v型「65x930」 55v型「55x930」 65v型「65x830」 ... レグザもx930はおろかx920でもこっそりatmosのarc転送に対応したりしてて earc相当と言えるんだよなぁ dts:xには対応してないんだろうか 公式ではearc非対応になってる . 4K放送や地上デジタル放送などを、ノイズの少ないきめ細かな高画質映像で再現する高機能が魅力です。, また過去番組表から、気になる番組を選ぶだけの「タイムシフトマシン」を搭載。 東芝映像ソリューションは、4K有機ELレグザProの新製品として、2シリーズ4モデルを発表した。市場想定価格と発売予定日は以下の通り。, 65X930 ¥550,000前後(税別)、7月中旬発売55X930 ¥350,000前後(税別)、7月中旬発売65X830 ¥500,000前後(税別)、6月下旬発売55X830 ¥290,000前後(税別)、6月下旬発売, 同社ではこれまで有機ELテレビをレグザシリーズのトップモデルと位置づけてきた。今回はそれを2シリーズに拡大し、選択肢を増やしている。これは同社の“攻めの有機EL戦略”の一環であり、“有機ELはもう特別なテレビではない”という意思表示だろう。, 発表会では、“有機ELはもう特別なテレビではない”理由として以下の3つを挙げていた。, (1)有機ELパネルの輝度向上(2)焼き付き対策を改善した(3)より身近な価格を実現した, この3点を踏まえつつ、同時に映像制作現場のプロにも使ってもらえるクォリティを備えた製品群として、今回の2シリーズには「4K有機ELレグザPro」の名前が与えられている。, その特徴としては、両シリーズとも4K解像度(水平3840×垂直2160画素)を備え、かつ有機ELレグザPro専用にチューニングした2019年仕様の有機ELパネルを搭載している。有機ELパネル自体のスペックは大きく変わっていないが、ガンマ特性や輝度特性にチューニングを加えることで、コントラスト性能や階調再現が向上したという。, さらに映像処理エンジンの「レグザエンジンProfessional」を搭載し、「深層学習超解像」「バリアブルフレーム超解像」などのAI超解像技術を活用することで、4K放送や地上デジタル放送などをノイズの少ないきめ細かな映像で再現できるという。, 加えて今回注目されるのが、画質モードに「リビングAIピクチャー」が追加されたことだ。これは、新たに色温度センサーを搭載することで、視聴環境の照度に加えて照明の色まで検出、それに合わせて映像パラメーターの色温度を含めた最適な調整を行なってくれるという機能だ。, レグザでは同様の機能として「おまかせ」モードを搭載していたが、こちらでは輝度センサーで部屋の明るさを検出、お薦め画質に自動調整していた(設置時に壁の色などを選ぶ)。, 「リビングAIピクチャー」はそれを一歩進めたもので、蛍光灯や電球(色のLED)といった灯りの種類まで識別している。さらに放送の番組情報や映像の種類を識別して観ているコンテンツの種類(映画、スポーツなど)も判別、それに合わせた画質調整まで行なっている。, なお「リビングAIピクチャー」では8000K(ケルビン)より上の範囲で色温度を動かしているそうだ。灯りを落としたホームシアター環境で映画作品をじっくり楽しみたい場合は、「映画プロ」などの専用モードを選んだ方がいいだろう。, とはいえ昼間にテレビ放送を見ることが多いユーザーであれば、「リビングAIピクチャー」で充分満足できる画質を楽しめるわけで、普段使いなら、このモードを選んでおけば安心だ。, 写真右手前が色温度センサーを搭載した基板。X930では、電源LEDの左横に内蔵されている。, HDR規格については、UHDブルーレイに採用されているHDR10や4K放送などで採用されているHLGに加え、HDR10+とドルビービジョンにも対応を果たした。つまり現在登場しているすべてのHDR信号が再生できるわけで、オーディオビジュアルファンとしてはとても安心できる。, ちなみに映像製作者が狙った絵を出すには、「PC/モニター」モードか「ディレクター」モードを選択するといいそうだ。前者は強制的に低遅延モードとなり各種三次元処理はオフとなる。後者は映像調整により三次元処理や超解像処理などをオンすることが可能であり、ユーザー調整の自由度が高いのはこちらだろう。, なお両シリーズのHDR10+の認証は「ディレクター」モードで、ドルビービジョンは「Dolby Vision Dark」「Dolby Vision Bright」モードで取得している。それぞれのフォーマットのベース画質を確認したい場合は各モードを選んでおくといいだろう。, 発表会場で、ドルビービジョン、HDR10+で収録されたディスクを使ってそれぞれのフォーマットに忠実に再現した場合と、HDR10信号として出力してレグザの「映画プロ」モードで再生して場合の映像を見比べさせてもらった。, どちらもレンジ感の広い高品位な映像が再現され、4K/HDRとしての魅力を充分楽しめるクォリティだ。ただ、じっくり見ていくと画面全体の輝度感やパワー、暗部階調の再現、輪郭の扱いなどが異なっている。このあたりが絵づくりの狙いの差なのだろう。, なお「ピュアダイレクトモード」はレコーダー/プレーヤー側で12ビット/4:4:4信号として出力するので、組み合わせる機器の変換能力も影響する。そのあたりについては、お使いの再生機のクォリティにも注意が必要だ。, 「プロユース映像分析・設定機能」では「EOTF/色空間」などの強制設定も可能となっている, またX930、X830シリーズでは、映像制作者向けにさまざまな映像情報の表示やマニュアル設定ができる「プロユース映像分析・設定機能」も搭載している。これは「映像設定」→「映像調整」で「プロ調整」をオンにすると使えるようになる。, なお「プロユース映像分析・設定機能」のうち、「EOTF/色空間」の強制設定モードが、「映像設定」→「映像調整」→「プロ調整」→「プロモニター設定」をオンすると使用できるようになるそうだ。これらの画質関連機能はX930、X830で共通だ。, 4Kチューナーは全モデルとも2基内蔵しており、4K放送を見ながら別の4K放送を外付けUSB HDDに録画可能だ。, では両モデルの違いはどこかというと、まずX930シリーズには「タイムシフトマシン」が搭載されている。USB HDDに録画した放送済の番組を過去番組表からすぐに楽しめる機能だ。, また入力端子にも違いがある。X930は7系統のHDMI入力端子や同軸デジタルオーディオ出力端子を搭載し、多数の外部機器を接続可能。X830はHDMI入力が4系統で、光デジタル出力を備えている。なおHDMI端子はすべて18Gbps対応となっている。, X930のHDMI入力については、基板パターンを勘案すると入力1〜4の方が経路が短いというメリットがある。一方i/p変換を行なうような信号を再生する場合は入力5〜7がお薦めという。, 写真上がX930シリーズの内蔵スピーカーで、下手前が65X830、奥が55CX830用となる, X930の「有機ELレグザオーディオシステムPRO」は、ボックスの振動を抑え、S/Nの高い低域再生が可能な対向型パッシブラジエーター方式の新型ボックスを搭載した。パッシブラジエーター方式に最適化した新型フルレンジスピーカーと耐久力を向上させた新型シルクドームトゥイーターを内蔵し、総合出力50Wのマルチアンプで駆動している。, X830は「有機ELレグザオーディオシステム」であり、65インチと55インチでボックスの仕様(形状や大きさ)が異なっている点も注目だ。, 65X830には新開発のダブルフルレンジスピーカーとシルクドームトゥイーターを搭載。55X830には新開発フルレンジスピーカーとシルクドームトゥイーターを搭載している。両モデルともそれらのスピーカーユニットの性能を活かすために充分な容積のバスレフ型ボックスを採用している。, 面白かったのは、会場の65X930でBS4Kの宣伝用クリップを見せてもらった時だ。4K放送をレコーダーの内蔵HDDに録画したものと、それをBD-REに焼いたものを続けて再生してもらったが、内蔵HDDの方が低音の迫力があり、腰の据わった印象に聞こえたのだ。この音の違いが何に由来するのかはわからないが、X930の内蔵スピーカーはこういったソースの違いまで鳴らし分ける能力を持っていることが、しっかり確認できた。, 東芝のテレビREGZA〈レグザ〉の公式ホームページ。-X930シリーズ製品情報詳細-, 東芝のテレビREGZA〈レグザ〉の公式ホームページ。-X830シリーズ製品情報詳細-, 会社概要   |   4Kテレビは数年前から売れ始めていますが、以前のものは4Kチューナーが内蔵されていませんでした。4K/8K放送も始まり、各社から4Kチューナー内臓モデルも出揃いましたので、4Kテレビを買うならばそろろそ買いごろでしょう。価格も下がってきました。東芝のレグザならばどれを選べば良いのでしょうか?以下に紹介します。, これから新しく4Kテレビを買うならばどれを買えばよいのでしょうか?どれが良いかは、突き詰めれば好みの問題なので、自分が気に入ったものを買って満足できれば正解です。しかし、家電量販店にいくとたくさんテレビが並んでいて、それらの違いもよく見ないとわからないでしょう。, 「テレビなんて映ればいい!」という方は、以下をお読みいただくのも申し訳ない気がしますので、そのまま買いに行けば良いと思います。少しでも、納得できるものを買いたいという方には、以下の解説が参考になると思いますので、どうぞそのまま続けてお読み下さい。, まず現在販売されているテレビは、4Kテレビとフルハイビジョン以下の解像度のテレビ、および8Kテレビがあります。4Kテレビを購入するならば、ほとんどが43インチ以上のテレビです。テレビの設置場所の制約により32インチ以下のテレビを選ぶのであれば、4Kテレビではないでしょう。また43インチ以上のテレビを選ぶならば、4Kテレビでないと画素がかなり荒く感じますので、4Kテレビがおすすめです。, 4Kテレビで4K放送を視聴するならば、4Kチューナーが必要です。4Kチューナーを別体で接続するタイプの場合は、その設置場所が必要となり、テレビの周辺のレイアウトを考えなければなりません。4Kチューナー内蔵タイプならば、テレビ本体のみで済みますので、スッキリして便利です。, 購入するテレビで、主に何を見るのかによっても、4Kテレビの性能の差が出ます。4K放送をそれほど観ることもなく、多くの時間は地デジを観るのであれば、アップコンバート技術が重要となります。4Kテレビは数社から販売されていますが、その中でも東芝レグザのアップコンバート技術は評価が高く、トップレベルです。これは有機ELテレビにおいても液晶テレビにおいても有効な技術ですので、レグザの最大の長所と言えるでしょう。実際、私はこのアップコンバート技術の高さが最終的な決め手となり、レグザを自宅では使っています。, *2020年モデルについては、こちらの記事「【2020年モデル】有機ELと液晶は東芝レグザならばどれ?」で紹介しています。, *東芝レグザ用外付けHDDの選び方については、こちらの記事「レグザ用外付けHDDの選び方!おすすめは?」で紹介しています。, 東芝レグザの有機ELテレビで、「2019年夏の総合カタログ」に掲載されているのはX930シリーズとX830シリーズ、および55X920シリーズです。このうち、55X920シリーズは2018年モデルで、他は2019年モデルです。, 東芝レグザの有機ELテレビの画質は素晴らしく、これらを見て画質に不満を感じる人はほとんどいないでしょう。そのため2018年モデルでも悪くはないですが、機能・性能にいくつかの違いがあり、価格差はそれほど大きくありませんので、「少しでも安い方が良い」という方を除いて、基本的には2019年モデルをおすすめします。, 2018年モデルは4Kチューナーが1つであるのに対し、2019年モデルは4Kダブルチューナーで、4K放送の番組を視聴しながら別の番組を録画できます。また有機ELパネルも2019年モデル新しい仕様のものになっており、画像エンジンと高画質機能も向上しています。これでこの程度の価格差ならば、やはり2019年モデルの方が魅力的でしょう。, (標準設置料込_Aエリアのみ)55X930 東芝 55V型 有機ELパネル 地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵テレビ (別売USB HDD録画対応)REGZA X930シリーズ価格:238700円(税込、送料無料) (2020/7/25時点), X930シリーズとX830シリーズはほとんど同じなのですが、違うところはタイムシフトマシン機能の有無とスピーカーの出力です。X930シリーズにはタイムマシン機能があり(ただし別売りのタイムマシン対応USBハードディスクが必要)、スピーカーは50Wです。X830シリーズにはタイムマシン機能が無く、スピーカー出力は65インチモデルが56W、55インチモデルが40Wです。, 有機ELテレビは、液晶テレビに比べて黒を「真っ黒」に表示することができ、コントラストの高い映像を楽しむことができます。現在は、4Kのコンテンツが少なく、地デジなどのハイビジョン映像を4Kにアップコンバートして表示することが多く、どんなに優れたディスプレイパネルを使用しても、アップコンバート機能の差で画質が違います。アップコンバート機能については、従来から東芝レグザの評価が高く、最高峰と言えます。最新機種ではさらに磨きがかかっていますので、現在の技術的には最高水準と言って良いでしょう。是非、家電量販店などで地デジを映して見せてもらいましょう。, 有機ELテレビの場合、サイズが65インチと55インチに限定されます。設置場所に問題がないのかよく確認しましょう。, 有機ELテレビは画面の焼き付きが心配という方は、こちらの記事「有機ELテレビは焼き付きが起こるのか?対策は?保証は?」をご覧ください。, 東芝レグザには有機ELテレビの他にも、従来と同様に液晶テレビがあります。4Kダブルチューナー内臓の2019年モデルは、Z730Xシリーズ、RZ630Xシリーズ、M530Xシリーズです。高画質のテレビを求めるのであれば、Z730Xシリーズがおすすめです。他の2つのシリーズには、倍速機能が無いからです。テレビ放送の映像は、基本的には60Hzの映像信号になっていますが、動画を液晶テレビで表示すると画面がざらついて見えます。これを改善するのが倍速機能です。120Hzで表示することで動画を滑らかに表示できるからです。, 家電量販店で東芝レグザシリーズで動きの速いシーンを見比べてみれば倍速機能の効果がわかるでしょう。もしその違いが気にならないようであれば、RZ630XシリーズとM530Xシリーズでも良いかもしれません。, またZ730Xシリーズのみに直下型バックライトのエリアコントロール機能があります。いわゆるローカルディミングが利用でき、コントラスト向上に寄与しています。この点でもZ730Xシリーズがおすすめです。, 【無料長期保証】東芝 43Z730X REGZA(レグザ) Z730Xシリーズ 43V型 4K対応 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ価格:127800円(税込、送料別) (2020/7/25時点), それにしてもこれほどのスペックの液晶テレビがここまで低価格になるなんて、テレビメーカーが経営危機になるのも納得です。, Z730Xシリーズは、65インチ、55インチ、49インチ、43インチがあります。知ったおきたいのは、65インチもでるだけ低反射VAパネルを使用し、他は高コントラストIPSパネルを使用していることです。通常は設置場所の都合で大きさを決めますので、パネルの種類でこれらを選ぶことはあまりないでしょう。どれを選んでも、有機ELテレビの黒表示よりは少し黒がグレーに近くなりますが、かなり良好な黒です。隣に有機ELテレビを並べて見ない限りはほとんど気にならないレベルでしょう。, *私は、Z730Xシリーズの43インチを自宅で使用しています。レビューをこちらの記事「東芝REGZA 43Z730Xレビュー!大満足の高画質・低価格!」で紹介しています。, VAパネルはコントラストが高く、視野角が少し狭いという特徴があり、IPSパネルはコントラストがやや低く、視野角が広いという特徴があります。私はコントラストの高いVAパネルが好きですが、直下型バックライトのローカルディミングにより、いずれもコントラストがさらに向上しています。特に65インチは低反射パネル採用なので、照明のついているリビングなどでもかなり黒が黒らしく表示されるでしょう。, どの液晶テレビも、東芝の超解像技術により、トップレベルのアップコンバート機能が利用できます。アップコンバート機能は、主に4K未満の解像度の映像信号を4Kの解像度にする処理を行います。この機能の性能によってノイズの差が出ますし、映像がくっきり見えるか否かも違ってきます。この機能をフルに活かすためにも倍速機能は欲しいですね。せっかく解像度を高めても、動画に追随できないと結局はぼやけた映像になってしまうからです。, 東芝レグザの有機ELテレビと液晶テレビについて紹介しました。東芝は、レグザ(REGZA)ブランドの映像機器の開発・製造・販売・修理を行う東芝映像ソリューションの発行済み株式の95%を、中国のハイセンスグループに売却しました。今後もこれまで通りに東芝レグザの開発・製造・販売・修理を継続すると発表しています。私もレグザを使用していますが、特にアフターサービス等で困ったことはありません。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. そのほかこのテレビ台では55X930の前面に「サウンドバー」を置くスペースがなく、55X930はスタンドの高さが低いため、たとえ置けたとしてもテレビ下部の画面表示に被ってしまう可能性があります。, 2017年夏の発売以降、音質に対するコストパフォーマンスが高く評価された「YAS-107」の上位モデルです。, スリムなバータイプのセンターユニットと、スタイリッシュなワイヤレスサブウーファーのセット構成で、バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応したこともポイントのひとつです。, 最近発売された「YAS-109」および「YAS-209」にはどうしても機能面で劣りますが、まだ評価が安定していない新製品よりも安心でき、さらに少ない負担で導入できる点がメリットだと言えます。, 番組表から任意の番組を指定して録画する「通常録画用」のために導入した、4TBの外付けHDDです。

.

Ipad 漢字 変換 できない 6, ミサワホーム モデルハウス 抽選 14, Jcom 複数台 接続 59, 子供 髪型 男の子 ツーブロック 切り方動画 10, 猫 9ヶ月 体重 4, ガーミン 235j 再起動 4, Tyb3011ga カバー 外し 方 8, Vita Adrenaline Github 6, 福山雅治 目撃 東京 7, 東海 大相模 野球部監督 52, Belden 88760 オヤイデ 5, アレクサ メモ 読み上げ 7, 三ツ星 キャンプ ナレーター 4, ワンピース ゾロの 親父 キタ 8, パワプロ2014 ペナント 海外留学 4, 機械割 104 期待値 49, ドラクエ11 北米版 日本語 9, Javascript Activexobject 解放 4, 日テレポシュレ ブルーブラッド 枕 4, 中国人 日本人女性 憧れ 18, Ipad Pro 文書作成 9, アムウェイ っ ぽい 歌 5, 自転車 ベル 義務 北海道 11, 東海新幹線 混雑状況 自由席 14, フォレスター Sh5 配線 図 4, バンドマン 身長 ランキング 21, Crack Office 2019 9, Zoom505 Meta レビュー 6, ドラクエ7 攻略 Ps カジノ 5, スプレッドシート エラー データを読み込んでいます 8, ブロンプトン 塗装 剥げ 7, 自作pc Vga エラー 9,