江戸時代の百姓についての常識的なイメージは、「武士階級から厳しく年貢を取り立てられ、ぎりぎりの生活を 強いられていた人々」というようなものではないでしょうか。そして、これを根拠づけるものとして、五公五民など

人数の少ない武士は、どうやって百姓たちを支配していったのでしょうか?, 武家政権である徳川幕府は、 「士農工商」 という身分制度を作りました。 単純に石高(こくだか)が多い者が、領地や田畑を多く有していることになります。 町人には2種類あり、 工業の担い手である工人と商業の担い手である商人 に分かれていました。

名誉や忠義を重んじる武士道が磨かれました。, 町人は幕府や藩に営業を行うための税を収めている者です。 江戸時代に農業で生計を立てていた人たちは農産物が収穫されると、そのいくらかの割合を幕府あるいは藩、その領地を治めている組織に今でいう税的な意味合いで納めていたというのはよく歴史の授業でも扱われる話です。農民の方々が収穫した農産物をどれくらい納めていたのか。その割合については教科書的な話ですと四公六民(しこうろくみん)、五公五民(ごこうごみん)が標準的な負担割合だったなどと言われることが多いようです。四公六民は四が「おおやけ」、つまり領主に納める割合で六が「たみ」、つまり栽培した農民のものということです。40%が領主の取り分で60%が農民のものということですね。五公五民はその割合が領主に収穫量の50%、農民は残りの50%ということです。五公五民のほうが当然農民にとっての負担が大きいです。, また、収穫量で納めるのではなく生産した農産物をお金に換えてお金で納めるというやり方をしていた場合もあったそうです。教育機関での授業内容としては農民の方々の負担割合はそれくらいであったということで理解しておけば良いのでしょうし、教科書でもそのように書かれているのなら受験でもそのような内容で対応したほうがいいと思います。しかし実際の農民の年貢負担が40%、50%だったかというと一律にそのような割合になっていたわけではなく、地域によって江戸時代の年貢の負担割合は様々だったとも言われています。鬼のような話にも感じ、聞いただけでそんな領地からは逃げたくなる気もしますが、八公二民(はちこうにみん)という割合の地域があったという指摘もありますし、標準的な割合と言われる四公六民、五公五民よりも軽い負担で済んでいた場合が多かったという見方もあります。実質的な負担割合は3割以下だったのではという指摘もあります。, 決まった地域からどれくらいの収穫量があるという調査は江戸時代以降、基本的に事細かくおこなわれていたわけではなく、江戸時代が始まる前の豊臣秀吉さんが日本を仕切っていた頃の調査結果もかなり使われていたそうです。その古い調査結果に基づいて年貢を納めることになりますと、同じ地域で農業の発展によって収穫量が時代を経ることによって増加したとしても納める量はあまり変わりませんので、本当は農民の負担はもっと軽かっただろうという風に考えられるわけです。また、農民の方々はお米以外に商品としてお金になる作物も実は熱心に栽培していたと言われていて、そういった作物による収益はかなりの額になっていたことも考えられます。江戸時代以降農産物の収穫量は相当増加したとも言われています。2倍くらいに増えたという指摘もあるようですね。新しい田畑を大規模に開発したという理由が大きいのでしょうけれど、同じ地域であっても小規模の新しい田畑の増加や肥料などの農業技術の変化に伴って収穫量が増えていたと考えるのはそう無理な話でもないように思われます。また領主側が年貢を徴収する地域を事細かく収穫量調査しようとすることに対し地元の農民の方々は反発もしていたそうですから、地域を治める側である領主としては民衆とのトラブルを避けたいという思いもあったのかもしれませんし、調査に大変な人手がかかることも収穫量調査を手控えたことと関係しているという指摘もあるようです。, 今回は江戸時代に納められていた年貢の割合について一部取りあげました。収穫量の4割から5割を持って行かれると農民の方々の暮らしがどうなるかということについては、個人的にちょっと想像しにくい所もあります。そのような負担割合が授業で教えられたのと並行して、農民の方々の暮らしは苦しかったという話もされていたような印象が残っていますから、「4割~5割持って行かれるとつらいんだぁ」という漠然とした理解だったような気もします。この記事を調べていて、1ヘクタールの農地を5人家族で栽培して暮らす場合、四割の年貢負担、つまり四公六民でも家族の食べ物が不足してしまう状況だったという指摘を目にすることもありました。その指摘によれば三公七民で何とか食べていけたということだそうです。そう考えますと八公二民ていう割合は一体何なのでしょう。普通に考えればやっていけるはずの無い負担割合ということになります。そんな負担割合がまかり通っていた地域があったということは公的な収穫量調査から漏れている相当な量の農産物が実は存在していたということを示しているのじゃないかという気もしました。厳しすぎる年貢負担を課して大勢の領民に逃げられてしまうと領主は年貢を納めてくれる人々を失うことになりますから結局ツケは領主である自分に回って来てしまいます。そうであるはずなのに敢えて八公二民にしていた地域があるというのですから、それで成り立っていたという見方も出来るわけで、一部に指摘があるように、言われているほど農民の方々の暮らしは経済的にひどいものではなかったということなのかもしれません。, 今回の記事は以上となります。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。  <(_ _)>, 明治時代に入ってからの税負担に関して触れている話「地租改正とは?内容や目的について調べてみました」はこちらです。, 小作の方々の負担について触れている話「日本農民組合とは?小作争議や結成した杉山元治郎さんについても」はこちらです。. 江戸時代の大半を占めていた農民。 しかし、その実態を聞かれるとあまりわかっていないこともあるはず。 今回は『江戸時代の農民の生活』についてわかりやすく解説していきます。 そもそも江戸時代の農民 江戸時代の「年貢」は、本当に重かったのか? ~江戸時代の「百姓」像を見直す(1)~ 苛斂誅求で苦しい生活を強いられた「百姓」? 私の小学校・中学校のころまでの歴史のお話や教科書の記述での江戸時代の「百姓」・農民のイメージは次のようなものだった。

江戸時代の年貢の割合 江戸時代に農業で生計を立てていた人たちは農産物が収穫されると、そのいくらかの割合を幕府あるいは藩、その領地を治めている組織に今でいう税的な意味合いで納めていたというのはよく歴史の授業でも扱われる話です。

①百姓―約84% ②武士―約7% ③町人―約6% ④差別された人々 えた ひにん―約1.5% ⑤公家・神官・僧侶―約1.6% 江戸時代の身分みぶんは、「士農工商しのうこうしょう」という4つの関係に分けられました。 1. 江戸時代は身分制度が強化された時代です。 Copyright Trygroup Inc. All Rights Reserved. 本項では、百姓の語義の変遷と共に日本史上における百姓ないし農民について記述する。西洋における農民(peasant)については「農民」を、現代の農業従事者については「農家」を参照されたい。, 周代から春秋時代には、特に古来の「姫」や「姜」といった族集団名でもある「姓」を持つ卿士大夫層(宋代以降の科挙試験エリートを出す教養階層ではなく、古代の都市国家社会、部族社会の社会秩序を体現する族長階層)を示す語であった。その後、戦国時代の都市国家から領域国家、青銅器時代から鉄器時代へ向けての激しい人の移動を伴う社会変動で族集団が解体し、庶民でも持つ家族名である「氏」と本来の「姓」の混同が進み、庶民でもほとんど姓を持つとされるようになった。, そのため、百姓の語は「天下万民・民衆一般」を指す意味に転化した。民衆を意味する百姓は、『論語』・『易』など戦国時代に現在の形に編集されたと推定される書物から、頻見される。その後、今日まで意味が大きく変化することはなく、現在中国でも老百姓といえば、一般庶民のことを指す。, 日本においては当初は中国と同じ天下万民を指す語であった。しかし、古代末期以降、多様な生業に従事する特定の身分の呼称となり、具体的には支配者層が在地社会において直接把握の対象とした社会階層が百姓とされた。この階層は現実には農業経営に従事する者のみならず、商業や手工業、漁業などの経営者も包括していた。だが、中世以降次第に百姓の本分を農とすべきとする、実態とは必ずしも符合しない農本主義的理念が浸透・普及し、明治時代以降は、一般的に農民の事を指すと理解されるようになった。百姓を農民の意味とした初見は、現在のところ9世紀末に編纂された『三代実録』である。, なお、本来の意味で用いる漢文の読み下し及び日本の古代の用例には漢音と呉音の混交した「ひゃくせい」、日本の中世以降の用例には呉音の「ひゃくしょう」の読みを当てるのが慣例である。純粋に漢音で発音した場合は「はくせい」となる。日本固有の大和言葉では、「天皇が慈しむべき天下の大いなる宝である万民」を意味する、「おおみたから」の和訓がふられている。, 古代においては律令制のもとで戸籍に「良」と分類された有姓階層全体、すなわち貴族、官人、公民、雑色人(品部及び雑戸)が百姓であり、天皇、及び「賎」とされた無姓の奴婢などの賎民、及び化外の民とされた蝦夷などを除外した概念であった。百姓に属する民の主体であった公民は、平安時代初期までは古来の地方首長層の末裔である郡司層によって編成され、国衙における国司の各国統治、徴税事務もこの郡司層を通じて成された。, しかし8世紀末以降、律令による編戸制、班田制による公民支配が次第に弛緩、さらには弥生・古墳時代以来の地方首長層の地域編成力の没落と並行して首長層からの郡司の登用による民の支配と編成の機構は崩壊し、新たに富豪と呼ばれる産業経営に成功して富を蓄積した土着国司子弟、郡司、有力農民らに出自する者たちが私出挙によって多くの公民を私的隷属関係の下に置く関係が成立していく。, そのため、国衙は国司四等官全員が郡司層を介して戸籍に登録された公民単位に徴税を行うのではなく、筆頭国司たる受領が富豪層を把握して彼らから徴税を行うようになった。この変化は9世紀末の宇多天皇から醍醐天皇にかけての国政改革で基準国図に登録された公田面積を富豪層に割り当て、この面積に応じて徴税する機構として結実した。これによって10世紀以降、律令国家は王朝国家(前期王朝国家)に変質を遂げた。ここで公田請作の単位として再編成された公田を名田、請作登録者を負名(ふみょう)と呼び、負名として編成された富豪を田堵(たと)と呼んだ。こうして形成された田堵負名層がこの時代以降の百姓身分を形成した。百姓は蓄積した経営資源たる動産を背景にして請作面積に応じた納税責任を負うが、移動居住の自由を有する自由民であった。彼らの下に編成された非自由民に下人、従者、所従らがいた。, 律令国家においては戸籍に登録された全公民が国家に直接把握の対象となりそれがすなわち百姓であったが、王朝国家においては国家が把握する必要を感じたのは民を組織編制して税を請け負う田堵負名層だけとなり、それがすなわち百姓となった。換言すれば、田堵負名層の下に編成された下人、従者、所従らは国家の関心の埒外となったとも言えよう。また、国家権力や領主権力が把握対象として関心を示す範囲の階層こそが百姓であるという事態は、以後の歴史においても基本線となっていくことに注目してよい。, 前期王朝国家において、田堵負名層は在庁官人として国衙の行政実務に協力する一方で、しばしば一国単位に結集して朝廷への上訴や受領襲撃といった反受領闘争を行った。彼らの鎮圧や調停を担う軍事担当の実務官人として武士が誕生した。しかしこの時期の武士はまた、自らも田堵負名として軍人としての経済基盤を保証される存在であった。, 11世紀半ばになると、朝廷の内裏造営などを目的とした臨時課税を目的に全国に一国平均役を課すことがしばしば行われるようになった。そのため非公認の荘園への課税を可能にするため、荘園の公認化と領域を統合する一円化が行われた。これによって体制は国衙が支配する公領と荘園が対等な権利主体として境界設定などで抗争する後期王朝国家へと変化する。これ以後の荘園と公領を単位とした社会構造を荘園公領制と呼ぶ。, 百姓、すなわち田堵負名層は公領に属する者と荘園に属する者に分かれ、荘園公領間の武力抗争の当事者となった結果、前期王朝国家に見られたような一国単位に結集する闘争形態は急速に消滅した。, 公認一円化した荘園からの一国平均役は荘官を通じて徴税されたが、それに対応して公領も新たに郡、郷、保単位の地域再編が行われ、徴税、警察、裁判責任者としての郡司、郷司、保司が置かれ、彼らを通じて徴税が行われた。荘官、郡司、郷司、保司は荘園公領間の武力抗争に耐えうる人物が期待されるようになり、古来の郡司一族が失脚して武士がその任に当てられることが多くなっていく。こうして荘官、郡司、郷司、保司の資格のもと、武士が在地領主として国内百姓の支配を行う形が確立する。, 治承・寿永の乱によって源頼朝が鎌倉殿となり鎌倉幕府を開くと、鎌倉殿に臣従した武士である御家人をこれまでの郡司、郷司、荘官に代えて地頭に任命した。彼らは御家人としては鎌倉殿に奉仕し、地頭としては従来の郡司、郷司、荘官の任を引き継いで、徴税、警察、裁判の責任者として国衙と荘園領主に奉仕した。この体制下で荘園と公領の軍事衝突は収束を迎えた。荘園と公領は前代に引き続き名田に分割編成され、百姓はこの名田の名主に補任(ぶにん)されて年貢(ねんぐ)、公事(くじ)、夫役(ぶやく)の納入責任を負った。名主百姓はさらに小百姓、小作人、間人(もうと)といった領内下層民に対する支配権である名主職を有し、これを世襲した。, 百姓を農民と同義とする考え方が日本人の中に浸透し始めたのは江戸時代だった。江戸中期の儒者伊藤東涯はその著書の中で「農ハ百姓ノコト也」と記し、農夫に「ヒヤクセウ」という訓をつけている。[5]。, 江戸時代には、(1)田畑と(2)家屋敷地を所持し(検地帳名請人)、(3)年貢と(4)諸役の両方を負担する者を百姓(本百姓・役家)とした(「初期本百姓」)。なお、百姓は戦時においては小荷駄などを運搬する(5)陣夫役を負担する者とされた。しかし、初期・前期の村落内では前代を引き継ぐ階層差が大きく、(1)(2)(3)(4)(5)のどれかを欠く家(小百姓あるいは多様な隷属民)も多数存在していた。役家制の地域では、賦役を負担する量や種類によって、本役・半役・四(小)半役・水役などに分かれている場合もある。, 江戸幕府をはじめとした領主は、このような本百姓数の維持増加に努め、平和が続いたことによる社会の安定化によって耕地の開発も進んでいった。次第に本百姓の分家や隷属民の「自立」化が進み、17世紀の半ば以降には、村請制村落が確立していき、(1)田畑や(2)家屋敷地を所持する高持百姓が本百姓であると観念されるようになった。初期本百姓が村内で持つ影響力に依拠しなければ年貢諸役を集めることが難しかったが、村請制に依拠できる体制が完成したと評価することもできる。, しかし、原理的には(1)(2)(3)(4)(5)の条件は貫徹していた。例えば、村落に住む穢多と称される者の中には、高持の者がいた。彼らはその持高に応じた(3)年貢と(4)諸役(の一部)を負担したが、(5)陣夫役は負担しないので、百姓ではなかった。また、山村や海付村落には(1)田畑のない村落(集落)も存在した。そのような村でも(2)家屋敷地は必ずあり、それらを所持する高持百姓が本百姓とされた。, 江戸時代中後期の社会変動によって、百姓内部での貧富の差が拡大していくようになる(「農民層分解」)。高持から転落した百姓は水呑百姓や借家などと呼ぶようになった。その一方で富を蓄積した百姓は、村方地主から豪農に成長していった。また、村役人を勤める百姓を大前百姓、そのような役職に就かない百姓を小前百姓と呼ぶようになった。, 後述のように、百姓は農業以外の複数の生業を持つ事で家計を維持してきたが、明治時代になり国策として近代的な紡績が行われるようになると、百姓の副業として養蚕が盛んに行われるようになった[6]。その後、物流が発達し、都市に人口が集中するようになると、食の需要を満たすために養鶏や単一種類の野菜の栽培などが副業となった。戦間期までには日本の各地で、それまでさまざまに行われてきた生業が農業に集約され、百姓は農家へと変化していった[6]。, 実際の村落には多様な生業を持つ者が住んでいた。百姓=農民というイメージは江戸時代から続く古い俗説であるが、実際には現代の「兼業農家」よりも広い生業を含んでいる。, 以上のように、村落にはさまざまな生業で生計を立てている者たちが存在していた。彼らがどの身分集団に属するのかは、身分集団を編成する本所の動向、身分集団自体の成熟度に左右されることがわかる。その生業の種類とともに、時期と地域による差も大きかったのである。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=百姓&oldid=80181215.

そこで、村ごとに五人組と呼ばれる制度を作り、犯罪の防止や年貢の納入に連帯責任を負わせました。 江戸時代① ・・ 天下をおさめた仕組み 豊臣秀吉とよとみひでよしが行った刀狩かたながりなどによって百姓ひゃくしょう(農民)と武士ぶしとの区別くべつをはっきりさせる「兵農分離へいのうぶんり」がすすみ、江戸時代にはさらに区別が強まりました。, このページでは、江戸時代の身分制度みぶんせいどと武士や百姓それぞれの身分やくらしを取り上げています。, 江戸時代の身分みぶんは、「士農工商しのうこうしょう」という4つの関係に分けられました。, 武士の子は武士、百姓の子は百姓となり、他の身分に変わることはほとんどできませんでした。, 武士は将軍しょうぐんをトップにして、御三家ごさんけや親藩しんぱん・譜代ふだい・外様とざまの大名に分けられ、さらに家系かけい(家がら)によっても上下の関係がありました。, >直参にも旗本はたもと(将軍に会える家来)と、御家人ごけにん(大名に会えない家来)がいました。, 武士は「苗字みょうじ・帯刀たいとう」といって①苗字を名のること、②刀をさすことが許されました。武士は領地の百姓が年貢ねんぐをおさめ、これを主な収入源しゅうにゅうげんとして生活しました。, >武士は人口の7%しかいない中で百姓などをおさめるため、武器ぶきを持ち、武士に有利ゆうりな制度をつくって権力けんりょくを保たもちました。, 百姓の村には村役人むらやくにんという百姓の代表者がいました。村役人は名主なぬし(関西では庄屋しょうやという)、組頭くみがしら、百姓代ひゃくしょうだいの3つの役で構成されました。, 幕府は村を安定しておさめ、年貢の取り立てがきちんと行われるよう、村の中に五人組ごにんぐみをつくらせました。五人組は、近所の家で5戸こを1組にして連帯責任れんたいせきにんを負おわせました。, >連帯責任とは、5戸のうち1戸でも年貢がおさめられないなどのルール違反いはんがあったら、5戸全員が罰ばっせられるしくみです。, >百姓は五人組の制度によって互たがいに助け合うとともに、1戸でもルール違反や犯罪はんざいが起きないようにお互たがいに気を配くばりました。, >百姓の中にも、自分の農地をもつ本百姓ほんびゃくしょうと、他人の農地を借りる水のみ百姓がいました。, 百姓は税ぜいを年貢でおさめましたが、収穫しゅうかくされる米のうち5割わりを年貢としておさめ、残りを自分の家のものとしました。これを「五公五民ごこうごみん」といいます。, ※年貢は検知けんちによって収穫できるお米の量を予想よそうし、それをもとにおさめる年貢が計算されていました。検知した時の予想よりたくさん収穫できれば手元てもとに残るお米は増ふえます。, 17. 一方、町人のなかには税が免除され、贅沢な暮らしをしている商人などもいました。, 百姓の下に町人を位置づけ、身分を上げることで、百姓たちの厳しい生活に対する不満をそらす目的があったと考えられています。 江戸時代の身分について学習していきましょう。 町の運営に参加できるのは地主や家を持つ者に限られたのです。, 江戸時代で、個人で家を持つ者はかなり限られていました。

.

身体測定 体重 ごまかす 30, Sony アクションカム 車載 6, モーニング娘 卒業 2020 7, カンジダ 腸 検査 17, Apex アルティメット キャンセル 54, 韓国 学校 休み コロナ 47, Rails 動画 サイト 9, Jbl Go2 バッテリー交換 7, コーヒーメーカー カス 捨て方 4, グラブル Wiki イベント 10, Gta5 カジノ強盗 車 7, 天王寺 ビール バー 4, A列車で 行 こう 9 テクスチャ 入れ 方 13, サピックス 合格体験記 中学受験 4, Googleフォト 端末内の写真 非表示 8, ポケモンgo 雨の日 スポット 神奈川 15, 遊戯王 買取 20th 4, 腕力 筋トレ 自宅 9, 生後一ヶ月 子猫 里親募集 2019 6, あいおいニッセイ 採用 倍率 15, Ark Pc版 評価 8, 月 ごと 売上 Sql 12, 彼女 寝坊 別れる 5, ハイキュー 矢巾 過呼吸 7, Dropbox 文字化け Android 5, ゴーレムボンバー 倒し 方 7, ベトナム ドーソン 2019 5, 軽量 タープ 自作 9, Ps3で Ps4のソフト 使える 6, Sound Blaster Ae 9 Review 8, Rav4 マイナーチェンジ 2021 10, クレヨン バラ売り ロフト 4,