被溶接物を5~15゜傾け下進溶接するとビード外観が良好になる。 表7・2 下向突合せ溶接条件 層 数 CO2ガス流量 ( l/min) 速 度 ( cm/min) 電 圧 (V) 電 流 (A) ワイヤ径 ( mm ) ルート間隔 g( mm) 板 厚 ( mm) 溶接部 本体 内部プレート 5 m 測定箇所 : 蒸気入口側端部から 5m m 溶接部割れ箇所 母材割れ箇所 約 6m 約4mm m のど厚約4mm のど厚約6mm A部 B部 断面ミクロ観察により、蒸気入口近傍の溶接部ののど厚寸法を測定した結果、B部に比べA部の寸 法が小さいことを確認した。 添付資料-11 . 3)溶接部のど厚が不足する場合溶接部表面(最小のど厚部)に大きな応力が発 生する。 200mm 300mm F F 6. 溶接に必要な多種の測定に対応する多機能タイプのゲージです。 測定箇所について ... すみ肉のど厚の測定 すき間測定・板厚の測定. 図2.5 板厚6mm、有害な隙間1mm、のど厚健全とのど厚半分の2 モデルの相当応力分布 最大応力発生する断面 最大応力発生する断面 7. 図2.6 板厚9mm、有害な隙間1mm、のど厚健全とのど厚 …

.

戸建 バルコニー 活用, 土鍋 スープパスタ レシピ, ジュニアアスリート トレーニング 大阪, Dearmob Iphoneマネージャー 同期できない, 地域との連携 保育 例文, 総合資格 一級建築士 定期講習, Jquery Append 上書きされる, Remoteapp Rdpファイル 作成,