看護師求人EXはすべてのページを暗号化しています。, 履歴書や職務経歴書の中でも特に書きづらい「自己PR」の欄。書類だけでなく、面接でも回答を求められることも少なくありません。看護師さんのための自己PRの考え方、書き方のポイントをご紹介します。. >無料就活イベント(合同就職説明会)はこちら, 自分の長所やスキルをアピールする欄です。ちょっと気恥ずかしいと思うかもしれませんが、自分の良いところ、自信があるところをしっかり詳しく記入しましょう。ただし、「看護師として病院で働く上で役に立つこと」をPRするという目的を忘れないように。看護職に関係のないアピールをしても、自己PRにはなりません。看護師としての現場経験がない看護学生の皆さんの場合、職歴をアピールすることはできないので、自分の性格、過去の経験などから、看護師として貢献できそうな要素をピックアップしてPRにつなげましょう。 ① 身だしなみ. 自己prというとどうしてもバイト・サークルでのエピソードが出てきがちですが、学業を頑張ってきた人なら、就活でもそのことをアピールすればいいのです。ここでは先輩たちが、どのような点をアピールしてきたかを参考にしましょう。 自己pr作成に役立つテンプレートをdlして活用しよう! 就活完全攻略テンプレをダウンロード! 一度参加してみると、さらに良い志望動機が書けるでしょう。 落ち着いた色のスーツ、シャツは白、シワや襟・袖口の汚れがないかチェックして。靴はローヒールで、ストッキングはナチュラルな肌色。髪の色は黒、長い場� Copyright(c) iryouworker Co.,Ltd. 履歴書は、面接の参考資料にもなる重要な書類です。これから会う採用担当者への最初の自己PRなので、時間をとってじっくり書くようにしましょう。なぜ、その病院を選んだのかという志望動機も大切な要素です。, 誤字脱字は絶対にダメ! 修正液・修正テープは使わず、一箇所でも間違えたら書き直してください。, 空欄があったり、ほんの少ししか書いていない欄があったりすると、意欲が低く見られます。, 高校名は略さずに「○○県立○○高等学校」と書く。看護学校は在学中なので「卒業見込」と書く, なるべく具体的なエピソードとともに書く。たとえば「読書」なら好きな作家・作品名までくわしく記入, 志望動機は病院が重要視している項目です。 安心への取り組み 看護部長の右腕として貢献したい自己pr文; 子供の手を離れたので再チャレンジする際の自己pr文; 患者様に寄り添った看護を大切にした自己PR; 真面目な部分をアピールする際の自己pr; 助産師経験8年・健診センター保健師2年から産業保健師へ転職 株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 (c) ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved. なかには面接だけで採用を決める病院もあります。それだけ、面接は看護学生の就活において重要なポイントなのです。事前にしっかり準備しておくことが、就活成功のカギです。 面接対策. >自己PRの具体的な実例を見るにはこちらから!. 自己prはあなたの看護師としての強みを採用担当者にアピールするものです。 これまでの経歴、やってきたことだけを書き連ねても伝わりません。 自己pr文を作成する際には、以下のような構成にすると書きやすいでしょう。 自己prの構成. All Rights Reserved. 自己prに協調性をアピールしたい方向け. 【看護学生の就活ガイド】採用試験での第一印象は履歴書の中身で決まるので、書き方のポイントを解説します。志望動機や自己prなど、よく聞かれるけど書き方が分からない…という不安があるかたにおすすめです。 12/5(土)【オンライン】メイク・国試対策講座開催決定! ×. 自己prで協調性をアピールするなら、職務経歴書や面接対策の手厚い以下3サイトに登録すると良いですよ。 中でも「看護のお仕事」は悩んでいる看護師さんにとってお決まりのサイトなので、どんな求人があるのかを把握しておくと後々困らないでしょう。 ナース専科では、皆さんが病院理解を深めるために、合同就職説明会というイベントも行っています。 採用担当者が見ているポイントは、「なぜウチの病院を選んだのか」です。病院理解が浅い段階で志望動機を書くと、採用担当者の求めることが伝わらない可能性があります。 「看護師になろうと思ったきっかけ」や「なぜこの病院を選んだのか」をしっかりと記入しましょう。 自己PRでは、これまで看護師として経験したこと、得られた喜び、長所として伸ばせたこと、スキルなどを具体的に紹介しつつ、それを実際の業務でどう活かせるのかをしっかりアピールします。「協調性がある」「面倒見がいい」といっただけの抽象的な言葉ではなく、あなたがこれまで看護師としてどんな風に働いてきたのか、どんな人物なのかを明確に採用担当者に伝える必要があります。「自分をアピールするなんて恥ずかしい」といって控えめにする必要はありません!採用担当者に「一緒に働いてみたい!」と思わせられるような自己PRの考え方、書き方、伝え方をご紹介します。, 自己PRは、採用担当者が「どのような人物なのか?」、「職場の方針や雰囲気に合いそうか?」、「どのくらい熱意を持っているのか?」を判断する決め手となります。学歴や職歴だけでは伝えられない、あなたの仕事への取組み姿勢や性格、長所、看護師としてのスキル・経験などを伝えられるチャンスです。以下の項目を参考に、今までのあなたの人生や看護観を振り返り、自己PRとして採用担当者にアピールできるポイントを探してみましょう。, 私が看護師になったきっかけは、祖母が入院していたときに優しく接してくださり、頼りになる看護師さんを見て、自分もそうなりたいと思ったことです。そして、私自身がそう思ってもらえる看護師になるべく、ひとりひとりの患者様の目線に立ち、共感し、自分ならどのような言葉をかけてもらいたいかを想像して、丁寧に対応することを心がけてきました。今後はより看護師としての技術と知識を深めて、患者様に寄り添う看護を実践し、磨き上げていきたいと思います。, 終末期の患者さんと関わる中で、緩和ケアに興味をもつようになり、ホスピス病棟のある病院への転職を考えるようになりました。 日々の看護では、患者さんとののコミュニケーションを通じて、その気持ちを理解すると同時に、身体的にも精神的にもどういったケアが必要なのかを冷静に判断するよう努めてきました。 緩和ケアに力を入れている貴院で、看護師として、患者様のみならずそのご家族までも支えられる存在として力を発揮していきたいと考えております。, 呼吸ケア委員会のリーダーとして、人工呼吸器をなどの機器を安全に取扱うための講習会、呼吸音の聴き方や呼吸困難・呼吸不全についての勉強会などを年に5~6回開催しました。会では看護師だけでなく理学療法士や臨床工学士とともに知識を伝え合い、全看護職員の看護技術の向上のため活動してまいりました。チームの中心となって教え導く能力を貴院でも活かし、積極的にメンバーの教育に携わっていきたいと考えております。, 私はこれまで、看護師として内科外来で勤務してまいりました。患者様と接することがきる限られた時間の中で、どんなときでも笑顔で明るく接し、信頼関係を築いてまいりました。一番嬉しかったのは、患者様に、「あなたの顔を見ると、元気がでる。私はあなたに会うために病院に来ているようなものだ」と言われたことです。日々きめ細やかにコミュニケーションをとることで、患者様の小さな変化も見逃さず気づき、対応することができると思います。貴院でも患者様との関係を大切に、雰囲気を明るくするムードメーカーとしてお役に立てればと考えています。, 自己PR作成の際には、今までの自分の経験を振り返り、今後どう役立てていけるのかを順序立てて採用担当者にわかりやすく伝わるような書き方を心がけましょう。また、応募先の病院やクリニックで求めている人材、看護師として必要なスキルと、あなたの自己PRが一致しているかは重要なポイントとなります。とんちんかんな回答をしてしまわないように、応募先についての情報収集を怠らず、求人情報をよく読み込んで作成するようにしましょう。, 自己PRはあなたの看護師としての強みを採用担当者にアピールするものです。これまでの経歴、やってきたことだけを書き連ねても伝わりません。自己PR文を作成する際には、以下のような構成にすると書きやすいでしょう。, 何を経験してきたのか、どんな強みやアピールポイントがあるのか↓具体的にどんな経験を通じて得られたのか、象徴するエピソード↓今後どのように活かしていきたいのか、応募先で役立てていくのか、意気込みなど, せっかくあなたの魅力が詰まった自己PRでも、それが応募先の病院・クリニックが求める人材とかけ離れていては意味がありません。応募先の病院ではどのような看護を実践しているのか、どの診療科に注力しており、どんな患者さんが多いのか、自分はどんな立場として入職するのか…それらをよく調べ、意識した上で自分のスキル・経験、長所と繋げて自己PRを作成するようにしましょう。, 転職回数が多い看護師さんは、様々な職場を経験して得られた知識や、柔軟な対応力、幅広いスキルを自己PRでアピールするようにしましょう。それぞれの職場で得られたことが必ずあるはずですので、よく思い返してみてください。転職回数の多さでマイナスイメージを持たれても、それを超えられるだけのあなたの看護師としてのスキル・経験、人柄を熱くアピールできる自己PRが用意できれば問題なし!面接のときも堂々とした態度で、応募先への意欲を見せるようにしてください。, 看護師になったばかりでスキル・経験が少なく、自己PRが思いつかない…などという人は、「協調性」「明るさ」などの性格の特徴や、「仕事で大事にしていること」などの考え方をアピールポイントにしましょう。具体的なエピソードとしては、看護学生時代の実習などでの頑張りを紹介しても大丈夫です。学生時代のボランティア活動を通して得られたことや、介護施設でのアルバイト経験があればそこでの経験なども自己PRとして提示できます。, 自己PRの作成は大変な作業ですが、手抜きで雑な内容は採用担当者に悪印象を持たれます。しっかり時間をかけて用意して、他の人とは一味違う魅力的な自己PRを仕上げましょう。嘘の経歴や、誇張した内容を書くのはもちろん絶対NG!ありのままのあなたのセールスポイントを、うまく伝えられるように工夫してみてください。. これまで看護師として5年間、急性期病棟に勤めてきました。そこでの看護師としての仕事は非常に遣り甲斐を感じていたのですが、入職して仕事にも慣れた3年目のころ、先輩看護師に「今後、どんな看護師になりたいのか今のうちから考えた方が良い」と声をかけていただき、今後の自分のキャリアを考えた際、治療ではなく予防医療に携わっていきたいと思うようになりました。その理由は、患者さんの中には、若いうちから高血圧等の生活習慣病の既往歴がある場合が多いのですが、それを軽くとらえている人も少なくない現状があります。重症や手遅れな状態になってから手術などの治療される方々を見るたびに、「もっと早く発見できなかったのか?」と、もやもやとやるせない気持ちを抱えたまま仕事を続けてきたからです。働き盛りの世代方々に日ごろからの健康管理の重要性を訴え、その方の家庭環境やお仕事などのライフスタイルを踏まえた上で、生活習慣の提案をする事でお力になれればと思います。, 3年間の病院勤務において、半年間のオペ室での経験、病棟での看護業務全般に携わってきました。現職では、幅広い世代の患者様とも打ち解けることができ、精神面・身体面の少しの変化も見逃さないように注意しています。悩みを抱えたお客様が来院された際にも、応対には細心の注意を払い、安心して再度お越し頂けるよう、適切なコミュニケーションを大切にしていきます。忙しくても、辛くても、常に笑顔でいられることが、私の学生時代からのとりえです。一分一秒気を抜かず、プロ意識をもって接していきたいと思います。, 私が看護師として心がけていることは、正確でミスのない迅速な対応をすること、そして常に患者様の思いを汲み取り看護にあたることです。人と接することが好きで、相手の気持ちに寄り添いながらコミュニケーションをとることを心がけております。また、健康維持のためにスロージョギングや軽登山をして体力作りをしております。心身の健康について自分自身が学んだことを総合的に活かし、他者様のお役に立ちたいと考えております。, 今までの急性期で関わってきた患者様のその後を知り、患者様のトータルケアをするために何ができるのか考えながら業務しておりました。その経験より、患者様が少しでも希望を持てるようなお声かけやコミュニケーションの取り方を学ぶことができました。貴院では、医療から介護、そして福祉まで様々な医療を通して学ぶ姿勢を忘れずに前職の経験も活かしながら、患者様ひとりひとりに合った看護を提供できるよう努めます。, 目的や目標をもって転職し、その都度試練を乗り越え、自分を高めることが出来ました。自身の研究から、看護師長の育成については、辛い経験などを内省することが看護師長の成長に繋がることが分かり、研修体制や指導者の役割が必要なことを確認しました。これらの経験を生かして看護部の組織運営や看護職員全体の教育を担い看護部長の右腕として貢献できると考えております。, 子育てがひと段落し、勤務の制限もなくなったので再度常勤で夜勤も入ることが可能です。これまで外科病棟で勤務し、チームのリーダーとして患者様のケアに取り組んできました。特に患者様の気持ちになって寄り添った看護をする事に注力をしており、患者様やご家族様から「ありがとう」の言葉をたくさんいただきました。ベテランの域にはいり、これからは学んできた知識を後輩たちに還元していく段階だと思っています。チーム医療に積極的な貴院で力を尽くしたいと考えています。, 私は5年間療養型病院で勤務してきました。日々看護業務を行う中で、患者様一人ひとりに寄り添った看護を心がけて仕事をしてきました。その中で、患者様やそのご家族から感謝のお言葉を頂けることも増え、もっと看護の質を上げ、より患者様やご家族の方のご満足をして頂きたいと思うようになりました。今後においても、患者様やそのご家族に対して、寄り添った看護を意識して業務を行っていきたいと思っております。, これまで、担当した業務はしっかりと継続して行うことを目標に取り組んできました。その中でも特に大切にしてきたことは、患者さんの情報収集です。受け持ちの患者さんだけでなく、なるべく多くの患者さんの状態を把握するように心がけてきました。責任感の強さからか、業務を覚えるスピードも速いため、気がつくと同僚からも質問される立場になっていました。貴院にご採用いただきました際は、与えられた業務をきちんとこなしていきたいと思っています。, 総合病院や健診センターでの仕事を通して、改めて疾病予防、健康増進の重要性を再認識しました。また社員一人一人の精神的身体的健康は、会社の経営にも大きく関わる重要なことであると考え、企業に属し、今までの自分のスキルを活かし、保健指導の分野で仕事をしたいと考えていました。その中で人を思い思いやりの気持ちを重視する貴社の考えに感銘を受け、社員の方が働きやすい環境づくりをしたいと思いました。, 私は、子どもができてからしばらく育児に専念していました。 ブランク期間中業務ができない分、知識を得ようと自主的に看護理論を学び研究してきました。そして、この度子どもが今年4月から小学生となり、手が離れてきたので復職を志しました。 主人の母も賛同してくれて、子供が熱や風邪などの時も世話を見てもらえることになりましたので業務に専念することができます。また、主人は民間企業に勤めておりまして土日は基本休みですが、協力の元、休日も勤務が可能です。 子育てと両立しながらの勤務になりますが、出産前に8年間経験した一般病院での病棟勤務を活かし、ぜひ多くの患者様に貢献していきたいと考えております。, ◆「総合 20選」◆「新卒」◆「介護施設・障がい者施設」◆「訪問看護」 ◆「優しさ」 ◆「協調性」◆「笑顔」◆「努力」◆「向上心」.

.

放置 自転車 レストア 4, 荒野行動 車スキン ランク 8, たむら にんにく肉味噌 臭い 4, ピアノ 初見 脳 4, 学習整理 歴史1 答え 48, Cb750k レンコン マフラー 5, 内職 志望動機 例文 15,