自賠責保険の加入期間のほうが車検よりも1ヵ月多いのは、新車などを新規登録する際、先に「次回車検の満了日までを有効期間に含む自賠責保険に加入している必要がある」からです。登録手続きが予定よりも遅れてしまう可能性もあるので、1ヵ月余裕をもって設定されています。, 通常、車検は自動車販売店、整備工場などに依頼して行うことが多いので、そこで同時に自賠責保険の更新手続きも行うことになるでしょう。自動車を個人的に陸運局へ持ち込んで行う「ユーザー車検」の場合は陸運局の近隣にある保険代理店で自賠責保険に加入すれば問題ありません。, 自動車保険には自賠責保険の他に、「任意保険」と呼ばれるものもあります。ここからは自賠責保険と任意保険にはどのような違いがあるのか、ご説明しましょう。, 任意保険とは、法律による加入義務がなく、自分で自由に加入する保険のことです。ここでは、主に自賠責保険と任意保険との違いに絞って説明します。任意保険についての詳しい内容は、下記の記事でご紹介しているので気になる方はチェックしてみてください。, 公道を走る自動車を所有する場合、自賠責保険への加入は法律によって義務付けられています。一方、任意保険は契約者の意思によって自分に必要な保険を選んで加入する保険で「自賠責保険」では補償されない部分をカバーするものです。, 自賠責保険は被害者救済を目的にしているため、どの保険会社で契約しても、補償内容や保険料に変わりはありません。損害保険料率算定機構が算定した同一の料金に決められています。一方、任意保険の場合、各保険会社がそれぞれ異なる補償内容・保険料を設定しています。保険会社によって、補償が受けられる条件が異なる場合もあるので注意してください。, 自賠責保険では「被害者側の人的損害」にしか補償が行われません。しかし、自動車事故では相手の物や自分自身のケガ、同乗者のケガもあるでしょう。 自賠責保険は、車を持っている限り必ず加入しなければならない保険です。そのため、新しい車を購入すると同時に自賠責保険の加入手続きをします。, お店を通して購入するのであれば、手続きは基本的にお店側がしてくれるため、指示に従っているだけで問題ないでしょう。また、今まで乗っていた車の自賠責保険に関しては、売却の際に未経過分を返金されることがあります。, 自動車に乗る時に加入する保険には、自賠責保険と任意保険の2種類があります。このうち自賠責保険は、車を乗るのであれば必ず加入しなければならない保険です。, このことは当然お店側も認識しているため、車の購入においても売却においても、買取店やディーラー、中古車販売店などを通す限り、一緒に手続きしてくれることがほとんどです。そのため、車を買ったけれど実は自賠責保険に入っていなかったということは普通はないでしょう。, 自賠責保険に入らないまま車を公道で走らせると法律で罰せられる上に免許停止になります。, 自賠責保険は新車、中古車を問わず販売店で加入することが可能です。そのため、特に申し立てなければその販売店で加入することになるでしょう。, 自賠責保険は法律で義務付けられた保険であるため、全国で保険料も一律で、保証内容も変わりません。つまり、どこで入っても同じです。, しかし、保険内容は同じであるものの、「何かあった時に聞きやすいから」などの理由で任意保険の会社で自賠責保険にも加入したり、お住まいの近くの陸運局で手続きしたりする人もいます。もし、よく分からない場合はひとまず販売店にお任せすることを伝えれば安心です。, 一般的には購入した店が代理で手続きしてくれますが、自分でも確認しておくべき点としては自賠責保険の名義があります。新車ならともかく、中古車を購入した場合は自賠責保険の名義が自分ではなく販売店や前の持ち主の名前になっている可能性があるのです。, そのままでも自賠責保険の性質上保険はおりますが、名義が違うためにいちいちなぜ名義が違うのか、乗っている本人が誰なのかを証明する書類が必要です。いざという時面倒なため、中古車購入の場合は最初に手続きされているかどうか担当者に確認しましょう。, 車の買い替えの時、自賠責保険料についてもう一つ気になるのが、既に払った分の自賠責保険料についてです。自賠責保険料は1ヶ月ごとの加入が可能です。, しかし、実際のところは2年に1回ある車検の際に、次の車検が切れる2年分までを車検代と合わせてまとめて支払うことが多いでしょう。つまり、車検切れで車を売却しない限り、自賠責保険の加入期間が残ったまま車を売却することになります。, この場合、車の売却から自賠責保険が切れるまでの、いわゆる未経過分の保険料に関しては、ある一定の条件を満たすことで返金されることがあるため、よく確認しておきましょう。, 車を売却して支払い過ぎた自賠責保険料を取り戻すためには、自賠責保険の残りの加入期間が3ヶ月以上なければいけません。3ヶ月未満の場合は通常一切返金されないため、注意が必要です。, 自賠責保険は、直接保険会社や運輸支局などから還付されるわけではありません。正確に言えば、自賠責保険の残り加入期間に応じた保険料相当の点数(金額)を、車の買取業者が査定の際に加算するという形で返却されます。, また、その加算分についても、自賠責保険料の分だという名目で別に支払ってもらえることは少なく、基本的には車の買取金額に上乗せする形でまとめて支払われるのが一般的です。そのため、意識して査定表などをチェックしない限り、返ってきたかどうかは分からないことがあります。, 自賠責保険料の返還には厳密なルールがなく、前述したように買取金額に上乗せして支払うか、別に支払うかは買い取り業者次第です。そのため、中には自賠責保険料の加算分をごまかしてしまう業者もいます。, 車を売却する際には、自賠責保険の未経過分の扱いについてどのように処理しているのか必ず確認しましょう。また、査定表と査定額を照らし合わせて、自賠責保険料の残りが点数で加算されていることを確認することが大切です。, 買取業者を選ぶ際は、できるだけきちんと査定表に反映し、自賠責保険料の分の点数をつけてくれる買取業者を選びましょう。, 車を買取業者に売却する時でさえ、還付システムがなく、あくまで査定の上で自賠責保険料の分が加算されることからも分かる通り、車の売却にあたって自賠責保険料の還付に関する公的な手続きはありません。そのため、もし個人間取引でオークションなどを使ったり、知人と取引したりして車を売却する場合は、自賠責保険料についてはよく話し合う必要があります。, 例えば4月に車を売り、8月まで自賠責保険料の保険期間がある場合は、5月から8月までの自賠責保険料に相当する額をあらかじめ次の持ち主から受け取っておくなど工夫しましょう。きっちりと話し合って契約書にも記載しておかないと、特に個人間取引ではトラブルの原因となります。, 法律で強制的に加入することになっていることから、任意保険の補償内容についてはよく検討している人も、自賠責保険についてはよく分からないということもあるかもしれません。同じ保険ですが、自賠責保険と任意保険は全く異なるものです。, 自賠責保険は、車で運転する上での最低限の保険として存在します。万一事故を起こした時、相手が物であれば壊れるだけで済みますが、人であれば命を奪ってしまうこともあります。, もし、人相手に事故を起こし、何の保険にも入っていない状態だと、人によってはお金がなく、相手の治療費さえ払うことができないということにもなりかねません。事故にあった人から見てみれば、事故で怪我させられた上、治療費さえもらえず泣き寝入りになってしまいます。, このような事態を防ぐべく存在しているのが自賠責保険です。自賠責保険は事故を起こした時、事故で傷つけてしまった相手に対してのみ、最低限の補償をしてくれます。, 逆に言うと、それ以外は一切保証がないため、不足している部分を任意保険で補うのです。例えば、事故を起こしお互いに負傷した場合は、相手に対しては自賠責保険で補償されます。, 自賠責保険の加入の仕組みもまた、任意保険とは少し異なっています。車を売ったら保険も解約しなければならないのかと思いがちですが、自賠責保険の場合、車を売っても保険の解約は必要ありません。, 自賠責保険は車に付帯する保険であり、その車が存在する限り自賠責保険もまた存在します。車を売る時は、自賠責保険を解約するのではなく、あくまで保険の名義を他の人、つまり買取業者や次の乗り手に変えて引き継ぐ形になっているのが特徴です。, もちろん、売却後の保険料は、次の乗り手や買取業者が、次の車検の際などに支払います。, 自賠責保険については車の購入や売却の手続きをしていると自然と一緒に手続きをしていることが多いため、あまり意識することはないでしょう。一方で能動的に自ら手続きを行わなくてはならないのが任意保険です。, 任意保険は自分で保険会社や保険内容を選んで加入しているため、車の買取業者や販売店などでは関知しません。, 車の買い替えにあたって、任意保険で必要となる手続きは車両入替という手続きです。任意保険では、保険の対象となる車について車両番号などを登録し管理しています。, そのため、車を買い替えたのにも関わらず何も手続きしていないと、いざ事故が起きた時、事故を起こした車両と登録されていた車両が異なるために保険の対象とならず、保険金が全くおりません。このようなことがないようにするのが車両入替の申請です。, 任意保険の会社に対して、「車を買い替えたので、保険の対象を新しい車に切り替えてください」という申請を行います。申請の方法は各保険会社によりますが、インターネット上や電話で手続きできる会社もあるため、確認してみましょう。, 車両入替の手続きをすべき時期は、車を購入することが決まってからできるだけすぐです。特に納車日が決まってさえいれば、納車日の前に申請を済ませておくことで、納車日からは自動的に保険が切り替わります。, もし、納車日を過ぎてから慌てて手続きする場合でも、車両入替の手続きはできますが、当然ながら納車日から手続きが完了するまでの間は保険の対象とならないため、注意が必要です。また、本当に申請を忘れてしまっていると、保険が適用されないばかりかせっかく無事故で築き上げた等級がリセットされてしまうこともあります。, 車両入替することで等級も自動的に引き継げることになるため、保険料で得をするという面でも車両入替の手続きは必要です。, 自賠責保険は必ず加入する必要があるため、新しい車の購入と共に加入手続きをするのが基本です。また、売却する場合は未経過分の保険料については返金してもらえることもあります。, 自賠責保険は必ず加入しなければならない保険のため、車を購入する時には販売店が自動的に手続きをしてくれるのが一般的です。ただし、中古車を購入する際は担当者にきちんと手続きされているか確認しましょう。, 自賠責保険料は、3ヶ月以上の残り加入期間があれば、車の売却時には支払いすぎた分を査定に含めて返してもらえるのが普通です。ただし、中には返してくれない業者もいるため注意しましょう。, 自賠責保険と似たものに任意保険がありますが、自賠責保険は被害者のみを補償し、任意保険はそれ以外の被害に対する補償をしてくれるのが特徴です。自賠責保険は車がある限り解約という概念がなく、名義変更して乗り継がれます。, 自賠責保険は自動的に手続きされることが多くなりますが、任意保険は全て自分で手続きしなければなりません。車を買い替えたら納車日までに車両入替の申請をしておきましょう。, 中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。, 残価設定型クレジットは5年ローンを選ぶべき?3年ローンや7年ローンと比較してみた!.

1.1 自賠責保険の定義; 2 自賠責保険の名義変更をしなかった場合に考えられるトラブル. 交通事故証明書、支払い請求書兼支払い指図書、事故状況説明図、印鑑証明書、診断書と診療報酬明細書、後遺障害診断書などが必要となります。 自動車保険の種類のひとつに「自賠責保険」があります。これは法的に加入が義務付けられているもので、「強制保険」ともいいます(自分で加入するかしないかを決めて入る保険を「任意保険」といいます)。なぜ強制加入の保険があるのか、自賠責保険がどんな保険であるのか、しっかり理解しておきましょう。この記事では、自賠責保険の特徴、加入手続き、請求方法などについてご説明します。, 「自賠責保険」という呼び方は略称であり、正式には「自動車損害賠償責任保険」といいます。1955年に施行された「自動車損害賠償保障法」に基づく制度です。「自動車事故の被害者保護」と「自動車運送の健全な発展」を目的として開始されました。, 単に「自賠責保険」といった場合、通常は民間の各保険会社が運営する「自賠責保険」に加えて、農業協同組合や消費者協同組合、中小企業等協同組合などが運営する「自動車損害賠償責任共済(自賠責共済)」も含みます。両者には制度上の違いこそ存在するものの、補償内容などは基本的に同一だからです。, 自動車、バイク(原動機付自転車を含む)を運転して公道を走行する場合、すべての自動車は自賠責保険に必ず加入するように法律で決まっています。加入が法的に義務付けられていることから別名「強制保険」とも呼ばれています。自賠責保険に未加入で公道を走行した場合は無保険運転となり「1年以下の懲役、または50万円以下の罰金」という罰則が課せられます。さらに違反点数6点となり、直ちに免許停止処分になるので、注意してください。, また運転するときには必ず「自賠責保険証明書」を所持しなければなりません。不所持の場合、30万円以下の罰金となります。, 自賠責保険が適用されるのは、自動車事故により生じた相手の人的被害に対してのみです。被害者救済を目的とした保険なので、「事故の加害者が加入している保険によって、被害者が負った死傷に対して保険金が支払われる」という形になります。物損事故や加害者側に人的被害が発生していても自賠責保険では補償されません。, 保険料は損害保険料算出機構という機関が定めており、どこの保険会社で加入しても保険料は同じになっています。(沖縄、および一部離島を除く), 「自賠責保険は強制保険である」と説明しましたが、以下のいずれかに当てはまる自動車は、例外的に「自賠責保険に加入しなくてもよい」と定められています。, ①〜③は一般ドライバーの方にはほとんど関係ありませんが、④公道を走行しない自動車については注意が必要です。こちらは、工場内や農場の中といった私有地だけを走行する車、いわゆる「構内専用車」が該当します。たとえば作業場の中のフォークリフトです。構内専用車は公道を走らない限り、自賠責保険に加入する必要はありませんが、私有地の中で事故が発生し、第三者を死傷させてしまうこともあるので、構内専用車であっても自賠責保険に加入することをおすすめします。, なお、「自賠責保険に加入できない車」もあります。主に農耕作業用に用いられる「小型特殊自動車」については、最高速度35km/h未満の自動車は自賠責保険の対象外としているため、制度上自賠責保険に加入することができません。農耕用の小型特殊自動車とは、農耕トラクター、田植え機などです。しかし、これらの小型特殊自動車も自宅から農作業の現場への移動などで公道を走行する必要がある場合もあります。万が一に備えて任意保険に加入するのが望ましいでしょう。, 先にご説明したとおり、自賠責保険は強制加入なので、新しい車を購入したときや車検に出したときに加入するのが一般的です。 たとえば、軽自動車で自賠責保険の残り期間が10ヶ月の場合は「5点×1,000円=5,000円」が加算され、5ヶ月であれば「2点×1,000円=2,000円」が加算されることになります。 車を売却するとき自賠責保険の名義変更、手続きはどうするか 弁護士によって運営される、自動車事故の損害賠償問題解決のための組織です。, 公益財団法人 交通事故紛争処理センター ©Copyright2020 車のお手伝い.All Rights Reserved.

自動車事故の紛争処理を弁護士がサポートしてくれます。, 交通事故相談所

新車ならともかく、中古車を購入した場合は自賠責保険の名義が自分ではなく販売店や前の持ち主の名前になっている可能性があるのです。 その

保険事業者との間のトラブルの解決を裁判によらずサポートしてくれる機関です。, 一般社団法人 自賠責保険・共済紛争処理機構 (ナンバープレート)→中古車の場合、変更後のナンバープレートで手続きをする. たとえば車で人身事故を起こし、被害者に治療費等を支払わなければならない場合、事故を起こした車についている自賠責保険から治療費等を支払います。 この場合、事故を起こした車が運転者本人の車で、当然、自賠責保険も運転者本人名義になっている場合であれば、何の問題もありません。 しかし、事故を起こした車が、つい最近中古車として購入したばかりの車であったり、あるいは友人から譲り受けた車であったりした場合が問題です。 こうしたケースでは、ほとんどの場合、自賠責保険の契約者 … 死亡事故が発生した場合は、葬儀費・逸失利益・慰謝料がそれぞれ支払われます。, 以下の条件に当てはまる場合、保険金が減額されてしまうこともあるので注意しましょう。, 自賠責保険の保険料は、加入・更新時に契約期間の分をまとめて支払います。車検時なら、車検の明細表に法定費用として記載されているので確認すればわかります。

.

東京堂 C125 ベトナムキャリア 4, Ffmpeg 結合 音ズレ 7, アスファルト 継ぎ目 乳剤 6, あつ森 ケーキ 帽子 10, 首こり 耳 詰まり 21, リクシル タンクレストイレ 水が止まらない 6, ヘッドホン 吸音材 効果 5, 結婚挨拶 お礼状 兄弟 5, Final Cut Pro Iphone 動画 7, Spotify おすすめ プレイリスト アニソン 4, Opencv Python カメラ 静止画 31, 東京 グール アニメ 2話 無料 14, 戦国ixa 武将 育成 9, 科捜研の女19 最終回 ネタバレ 9, Gyao M 1 2019 4, Mediapad M5 Sdカード 最大 4, 消費税増税 影響 Gdp 4, Itunes パスワード解析 フリーソフト 4, フューエル ワン サビ取り 11, シルビア デフ 流用 4, 鈴本美愉 インスタ 消えた 37, Chrome Ime 確定 7, 真女神転生3 エンディング 考察 33, 昇格試験 論文 人材育成 4, ドラゴンズドグマ 謁見 消える クエスト 6, ワードプレス ブログ 初心者 4, レグザ リモコン リセット 5, アメピン Uピン 使い分け 4,