法人加盟店募集 | 電気自動車(EV)利用者の多くが抱えるこの不満を解決する、電池「交換式」モビリティーが続々と登場している。, 短いものなら10秒未満で交換作業が終わる。まずは車格が小さい2輪車や超小型モビリティーから適用が進みそうだ。, この電池交換のサービスを新たな収益源に育てようと、既存の車両メーカーやベンチャーによる覇権争いが始まっている。, 世界各地に続々と登場する電池「交換式」モビリティー。電気自動車(EV)を含む電動モビリティーの欠点を補うこの仕組みは、先陣を切ったベンチャー企業を追って、ホンダやヤマハ発動機などの大手メーカーが進出し、本格的な競争のフェーズに突入した。, 「便利すぎてガソリンスクーターには戻れない」─。台湾で日経 xTECHの取材に応じた20代の男性は、現地ベンチャー・ゴゴロ(Gogoro)が手掛ける電池交換式の小型EVスクーターの利便性がお気に入りだ。, Gogoroは電池交換のビジネスモデルを確立した先駆者だ。街中の交換ステーションで充電済みのものと入れ替え、大量の電池を利用者でシェアして使うのが特徴である(図1)。, これまでも着脱式の電池を備えるEVは存在していたが、十分な数の交換ステーションを用意できず衰退した。前出の男性が「便利すぎる」と表現したのは、Gogoroの交換ステーションがどこにでもあるからだ。排ガス問題を重く見た台湾政府の後押しを得て、同社は交換ステーションの数を拡大。2019年5月時点で1250カ所近くに上っている。車両価格は、補助金を使ってもガソリンスクーターの約1.2倍と割高だが、顧客は利便性の高さでGogoroを選ぶ。, 電池交換式の利点は大きく3つ。[1]充電の待ち時間がほぼ無くなり車両を連続で使える、 [2]技術の進歩に合わせて電池を改良して載せ替えられる [3]1個の電池を多用途で使い回すためコストダウンしやすい─である(図2)。, [1]について、Gogoroは「6秒で電池を交換できる」とうたう。従来は30分以上かかっていた充電待ちの時間は数百分の一となり、車両の稼働率が大幅に高まる。最新の電池を採用できる[2]も魅力だ。電池の技術は日進月歩。セルのエネルギー密度が高まれば、大掛かりな改修なしに航続距離を伸ばせる。ホンダなどは、電池を多用途で使い回す[3]の特徴に注目して事業展開をもくろむ。, EVスクーターに次いで超小型EVでも、トヨタやホンダが電池交換式の普及に動き出している。一般に電池交換式モビリティーは、車格が大きくなると電池も大きく重くなったり、交換ステーションが大規模になったりといった課題に直面する。しかし、主に「ラストワンマイル」用途を想定した超小型EVなら電池は小さくて済み、そうした問題は生じない。, 以下では、電動2輪車および超小型EV、それぞれの電池交換式車両や交換プラットフォーム(PF)開発の動向を見てみる。, チームや会社のメンバーで日経クロステックを体験してもらうために、30日間無料キャンペーンを実施しています。申込期限:12月11日まで, 2020年11月24日(火) 14:00~17:25 2020年11月25日(水)14:00-17:25. サイトマップ | マツダでミラーサイクル・エンジン開発を主導したエンジン博士の畑村耕一博士(エンジンコンサルタント、畑村エンジン開発事... 2017年の朝日新聞の記事では、「電気自動車に駆ける世界」と題して今にも自動車からエンジンがなくなって電気自動車の時代が来るような記事を書いている。多くのマスコミは、同じような論調で電気自動車の時代が明日にでも来るように報道している。この風潮は2019年においても続いており、自動車メーカの中でもエンジン開発から電動駆動に技術者が異動しているという話を聞くことがよくある。, 図1に示すように、実際に欧州発の大量の電池を搭載した高性能EVが続々と登場している。モーターファン・イラストレーテッド誌(以下MFi)Vo.154の「博士のエンジン手帖」でジャガーI-PACEを紹介したように、EVの走りは素晴らしい。アクセルに素直にかつ素早く反応してスムーズな加速を体感させてくれる。加えてモーター駆動ではアクセルによって加速だけでなく減速も制御できる。さらにアクセルだけで通常の停止までできるようにしたe-Pedalを日産は導入している。エンジン車にはとても真似ができない快適な走りだ。高性能車ほどEVにふさわしい。欧州に負けてはならじと日本車も図2のようにEVの新型車の導入が計画されている。日本のEVはLEAFを除くと比較的電池容量が小さく、航続距離も割り切っていることから、ZEV(米カリフォルニア州)、NGV(中国の新エネルギー車)の規制に対応するために仕方なくEVを導入するという意志が透けて見える。, 一方、11月4日に世界最大級の自動車メーカであるフォルクスワーゲン(VW)が新型電気自動車(EV)「ID.3」をツヴィッカウ工場で生産開始した(図3)。報道された記事では、「人類にとっての大きな飛躍」と言って過言ではないかもしれない、とまで記述している。実際、量産開始の記念式典では図4に示すようにメルケル首相まで登場するという国を挙げての事業なのだ。ID.3は、ビートル→ゴルフ→ID.3と続くVWの中心車種に位置づけられ、小型車としてもEVとしてもベンチマークになりそうな内容だ。バッテリー容量によっては航続距離が最大550km、そして出力100kWの急速充電器を利用すれば30分の充電で約290kmを走行できる充電時間の短さなどは特筆すべきだろう。充電の煩わしさからユーザーを解放する図5のような充電ロボットも開発されている。ドイツでの量産モデル(航続距離330km)のベース価格は3万ユーロ(約354万円)未満になる見通しで、補助金を考慮すると従来の小型車と競合する水準になる。, ID.3はEV専用のプラットフォーム“MEB”を採用し、EV専用工場に改修されたドイツのシヴィッツカウ工場で2020年に10万台、2021年からは最大33万台のEVが生産される計画だ。ディーゼルゲートで行き場を失ったVWは、ディーゼルに代えて本気でEVシフトに取り組み始めたようだ。その背景にはCO2排出規制では日本のハイブリッドに対して勝ち目がない現実があるのだろう。, 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。, 畑村耕一博士の「2020年の年頭に当たって」②ガラパゴスと言われてきた日本のハイブリッド技術が、世界に羽ばたく時がきた, エンジン博士畑村耕一「VWは本気か? EVとHEVの覇権争いが始まる?」:自動車用パワートレーンの将来.

.

第五人格 操作 おかしい 4, Python Glob Png Or Jpg 4, 行政書士 書類 書き方 4, 円 周 率π いつ 習う 4, Wrx Sti F型 フォグランプ 6, Site Locator 東京電力 31, 保育実習 体調不良 欠席 12, 中学受験 国語 記述 6, Vba Ie Navigate2 違い 7, 渡辺直美 レディーガガ Applause 4, 社労士 白書対策 2020 12, トッキュウ ジャー 動画 フリドラ 29, Media Link Player For Dtv 6, 展示会 お誘い メール 返信 4, バイク キャリパー 外し 方 9, 豆腐 凝固 原理 18, Puffin Web Browser(無料版) 13, 竜騎士 ジョブクエ 面白い 30, 名古屋 税理士 法人 ランキング 4, モーサテ アナウンサー かわいい 18, ポケモン サンムーン 色違い おすすめ 57, 彼氏 生年 月 日占い 11, Java Sql = Insert 複数 5, Vroファイル 変換 オンライン 4, 怖い話 テレビ 2020 42, 荒野行動 乗っ取り 手口 6, 司法書士試験 独学 勉強時間 6, 丸棒 穴あけ 側面 5,