そんな時も、当協会の解体無料見積ガイドにお任せください。, 解体無料見積ガイドへご連絡頂けると、最大6社同時に見積り依頼が取れます。 続いては、状況によって発生する追加費用をご紹介します。, ※アスベストが含まれていたプレハブ小屋の見積書 アスベスト除去に77,760円が発生しています, アスベストは優秀な建材として幅広く使用されていましたが、一方で有毒性が認められ徐々に規制の対象になりました。 これは、木材よりも鉄やコンクリートの方が壊しにくく、廃材の処分単価が高額なためです。, そして、解体工事では坪単価以外にも「付帯工事費」「養生費」「残地物処分費」など、様々な費用項目があります。 %PDF-1.6 %���� しかし、残置物は自身で処分をすることで費用を抑えられます。, 専門的な知識や資格は必要なく、誰でも簡単に処分できます。 費用を抑えて中間マージンが一切入らない見積もりを取得されたい方は、ぜひご利用ください。. © 2020 解体工事の情報館 All rights reserved. 一例として不用品の処分方法をまとめましたので、参考になさってください。, また、下記の記事では詳しい残置物の処分方法を解説しています。 日常生活を送る中で、解体工事に触れる機会は限られています。 �6ͫ�qg�V&/��������nMN(�|SΛܕx ���z&c_�p��R���9��W��6��+\��������\�. 今回取り上げるのは、千葉県にある軽量鉄骨造2階建29.5坪の建物を解体した事例です。, ちなみに、鉄骨造には「軽量鉄骨造」と「重量鉄骨造」の2種類があります。 alc廃棄物を業者に委託して処理する場合には、以下の条件を満たさなければなりません。 ・委託先は、都道府県知事の許可を受けた産業廃棄物処理業者でなければなりません(法第12条第5項)。 坪単価に延床面積を掛けて計算できるのはあくまで「建物本体を取り壊す費用」で、解体費用の総額ではありません。, 坪単価とは、建物本体を取り壊す際にかかる人件費と廃材などの処分費を合わせた、1㎡あたりの単価です。, ちなみに、坪単価の価格は、建物の構造や立地条件、地域によって異なります。 リフォームの一括見積りを利用すれば、大規模リフォームから小さな修繕・修理の工事まで行ってくれる複数の会社紹介と工事の見積りをメールのみで受け取れます。業者や工務店へ直接依頼に気を遣われる方は、ぜひこの機会にお気軽にご利用下さいませ。, イイところ!その① 小さな修理工事から一括見積り依頼が無料でできる! イイところ!その② 各会社の価格が比較できるので安くリフォームができる! イイところ!その③ 各会社にお断りの連絡は自分でしなくていい! イイところ!その④ 自分で探さなくても各県の優良会社と見積りが簡単に手に入る! イイところ!その⑤ メールで全て完結してお悩みは解決!, 外壁の解体・撤去の費用の相場ですが、外壁の解体・撤去の費用には、「外壁のアスベスト除去の費用」、「外壁のツタ撤去の費用」「alc」「スレート屋根」「ガルバリウム」「トタン」「サイディング」「モルタル」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細を載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。, 外壁の解体・撤去の費用には、alc・トタン・サイディング・モルタル・スレート・ガルバリウムと価格が異なります。また、スレート屋根には2014年以前に設置されたものはアスベストが含まれている可能性があるため産廃方法が変わるために費用が追加別途が必要となる場合があります。, 外壁の解体・撤去の費用では、平米単価となり約1,000円〜2,000円/㎡が相場となります。また、解体・撤去する際に足場を設置しなくてはいけませんので約1,000円〜1,500円/㎡がかかります。あと、諸経費が約5%〜10%と業者によって異なります。また、外壁素材は、alc・トタン・サイディング・モルタル・ガルバリウムとなります。, 外壁の面積が100㎡ですと、外壁の解体・撤去費用に約100,000円〜200,000円となります。足場の設置費用には、約100,000円〜150,000円です。合計200,000円〜350,000円となり、そこに諸経費用をかけますと約210,000円〜385,000円となります。, 外壁のアスベストスレートの除去・の費用は平米単価となり約1,000円〜2,000円/㎡が相場となります。スレートのアスベストのある外壁は約1,5倍の費用となり、約1,500円〜3,000円/㎡が費用となります。また、撤去する際に足場を設置しなくてはいけませんので約1,000円〜1,500円/㎡がかかります。あと、諸経費が約5%〜10%と業者によって異なります。, 外壁スレートの面積が100㎡ですと、外壁の解体・撤去費用に約150,000円〜300,000円となります。足場の設置費用には、約100,000円〜150,000円です。合計250,000円〜450,000円となり、そこに諸経費用をかけますと約262,500円〜495,000円となります。, 外壁のツタ撤去する費用では、トーチバーナーで本体となるツタを撤去し外壁に残ったツタのひげ根や吸盤をワイヤーブラシなどを使用して撤去します。これらにかかる費用は、一般手な戸建て住宅の100㎡程ですと約100,000円〜200,000円が相場となります。, 外壁の解体・撤去を激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。, 外壁の解体・撤去を依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。, 相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。, 外壁の解体・撤去を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で外壁の解体・撤去を行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。, 一括見積もり無料サービスとは、外壁の解体・撤去を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。, 『全てがわかる!』外壁リフォームの費用に関する記事を全てまとめましたのでご覧下さい。↓↓↓参考:外壁リフォームする費用と価格の相場は?, 会社に依頼するにも信用できる会社なのか?見積りは適正価格なのか?質はいいのか?実際は評判はどうなのか?気になるところだと思います。, また、費用もできるだけ抑えたい場合も、そんな時は、一括見積りサービスをご利用下さいませ。, 一括見積りサービスでは、必ず各会社ごとに審査を行い厳選した優良会社のみをご紹介しています。, 審査内容は、主に『年間の実績』『年間の売上金額』『保険加入等』の3つを条件に クリアした会社のみご紹介しています。 その他に「質」「人柄」などの評価も審査基準としていますので 安心してご利用することができます。, リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。, 建設業で約15年勤務。現場で監督・設計・営業をしています。営業スタイルとして、お客様の想いに寄り添いながら、時間の経過と共に変わっていく生活スタイルに沿ったリフォームや注文住宅の建て替えや新築を提案をし続けていきたいと思っています。. 鉄骨造とは、建物の骨組みに鉄骨を使用した構造のことをいいます。建物の構造にはいくつかの種類があり、鉄骨造のほかに木造、鉄筋コンクリート造(RC造・SRC造)といったものがあります。それぞれ長所や短所があり、それらの特徴を知ることで、より鉄骨造への理解が深まるともいえます。一旦、種類ごとの特徴をみていきます。 馴染みのない分野だからこそ、「わかりやすく、丁寧に」をモットーに皆様に有益となる記事を発信していきます。, 「あんしん解体業者認定協会」が運営する「解体無料見積ガイド」は完全無料で、最大6社の解体業者に現地調査と見積を依頼できます。 そのため、初めて解体工事を行う際は、分からない事だらけで不安や困惑がつきものです。 Copyright(c) 2018 Speee, Inc. All rights reserved. あと、諸経費が約5%〜10%と業者によって異なります。また、外壁素材は、alc・トタン・サイディング・モルタル・ガルバリウムとなります。 【参考費用】:外壁の解体・撤去の費用 外壁の解体・撤去費用:約1,000円〜2,000円/㎡ 鉄骨造の解体工事の費用・坪単価などについて記載しています。工事内容や日数、手順なども掲載していますので、鉄骨造の解体工事を検討している方は、参考にしてください。 本記事では、鉄骨造の建物を解体した際にかかる費用の相場や内訳について詳しく解説しています。 ‚©H‰ð‘ÌŒã‚̃AƒŒƒRƒŒ, ‰ð‘ÌŒã‚Ì”„‹p‚ɂ‚¢‚Ä `–³—¿¸’è‚Ì‚²ˆÄ“à`, ‹ó‚«‰Æ‚ð‰ð‘Ì‚µ‚āAŽ‘ŽY‰^—pI `ƒAƒp[ƒgŒš’z`, ˆÀ‚¢‚¾‚¯‚¶‚áƒ_ƒIu‰ð‘Ì‹ÆŽÒ‚Ì‘I‚Ñ•ûv‚Ƃ́H. なお、重機を運んだり敷地前に作業車を駐車したりするために、敷地前の道は普通自動車がすれ違える4m以上の道幅が必要です。, また、道幅が十分でも敷地内に重機を設置するスペースがない場合は手壊し解体が必要になります。 そもそも「単価」って何の単価なの? 解体工事における「単価」とは建物1坪(=約3.3㎡)あたりの解体費用のことを言い、「坪単価」と呼ばれます。(解体費用には純粋な工事費用のほか、解体によって排出された廃材の処分費も含めることが一般的です。 I�P�(�@5��hLt|�H,$Pvbd��@�,h�+��P�$��FQH���G��2��&���|�F�����_���3�,�%M� �^��"/�0�$���w"�SF��.����/#�\��$O�ZT�m��gY�;����oj� 2�|L3��������1�s��t�#�����Vr?N�i�������ji�������uژ�ҹ��ܺ�����ja+���֬M�/��.��.z�d/i�Y���eC��ѫ��t0JRۀ��G70��/_�YH�jv�0˚(��~߽�:6��p��s���*/����Ð�nJ2���慅�>��sgV���~����R�zgl�f��iS�f����[#��1E>���F�Ʈ~�t�9�� �|ݸ����-�c��+T9w:&�����y4���# '� Gq�yj�l،��{Cgg2l�ƍ� どれも有効なテクニックなので、ぜひご活用ください。, 建物を取壊した後に、同じ敷地で新築を建てることを「建て替え工事」と言います。 鉄骨造の解体工事における坪単価の目安 坪単価で解体費用の総額は算出できない. h��V[o�8�+~l���&q�#$ ���h�9]�\m�QV���ʥ����R��3�����qˆb�p΁J�%�"! 上記の見積書では「前面CB塀・左面CB塀・右面CB塀・増築小屋・植栽・土間・大谷石・浄化槽・庭石」が、付帯工事費に該当します。 全く知らない業界で、自分で優良な解体業者を選べる自信がなく、なんとなく安心できる大手の仲介業者に依頼をしてしまうのです。, そこで、当協会が運営する解体無料見積ガイドでは、解体業者さんの「一括見積りサービス」を行っています。 「家を解体したいけど、一体いくらかかるんだろ…」という方必見!坪数や構造ごとに解体工事の費用相場を坪単価でまとめています。解体費用を安くするコツも紹介しているので参考にしてみてください。 建て替え工事を行う際は、建物を取り壊す「解体業者」と新築を建てる「建築業者」の2社に依頼をする必要があります。, 分離発注を行わずに、建築業者だけに建て替え工事を依頼してしまうと、余計な費用である「中間マージン」が発生する可能性があります。 鉄骨建物の解体費用|坪単価について解説 建物の構造にはいくつか種類がありますが、そのなかに鉄骨造があります。 鉄骨造の建物を解体する場合、なんとなく木造の建物よりも解体費用が高そうというイメージを持つ人も多いようです。 では、実際の見積書をもとに、解体工事における費用項目を確認していきましょう。, 費用の名称も大事ですが、これから読む見積書では「どんな事に費用が使われているのか」に注意して読み進めてみてください。, それでは、実際の見積書をご紹介します。 建物の解体費用は、建物を取り壊す費用(本体工事費)と、建物以外の設備を取り壊す費用(付帯工事費)を計算できると、おおよその費用がわかります。, また、費用相場の他にも、解体費用を抑えるコツや思わぬ追加費用など、耳寄りな情報もお伝えします。 なお、お見積り依頼の際は、解体無料見積ガイドをご利用ください。 調査によりアスベストの有無や量を測定し、状況に応じて適切な処理を行います。, 隣家との距離が近すぎる場合、騒音や振動の影響が強すぎるので重機による取り壊しはできません。 ALCとは、autoclaved light weight concreteの略で、軽量気泡コンクリートのこと。 鉄骨造や鉄筋コンクリート造の床、屋根、外壁、間仕切に使用される。 大東建設では、解体工事をよりわかりやすくするため、用語集を充実させていきます。 数が多いので計算式は省きますが、以上の付帯工事費額の合計は68万4,400円です。, 残置物として出る一般ごみなどは「一般廃棄物」と呼ばれ、建物を壊した際に出るがれきなどの「産業廃棄物」とは処分方法が異なります。, そのため、解体業者さんは残置物を自社で処分できないケースが多いのです。 株式会社フェイスは埼玉・東京を中心に関東一円で原状回復やスケルトン工事をはじめ家屋や建物の解体を行っている解体業者です。, 株式会社フェイスは埼玉・東京を中心に関東一円で原状回復やスケルトン工事をはじめ、家屋や建物の解体を行っている解体工事業者です。. 以下は、各地域の坪単価相場をまとめたものです。, ※建物の延床面積は30坪を想定しています。 内装解体・原状回復・スケルトン工事の違い 挨拶回りの際に必要な粗品代です。一般的に、解体工事前には依頼主と業者さんが近隣へ挨拶回りに伺います。, 主に「建築リサイクル法」と「道路使用許可」への申請にかかる費用です。申請は解体業者さんが代行してくれますが、費用は依頼主が負担します。, 重機を運ぶための回送車を手配する費用です。重機は公道を走れないので、重機を運ぶための回送車が必要になります。, 「工事賠償保険」の登録料です。近隣の家を壊してしまうなど、もしもの場合に備えて入っておく保険です。, トラブルや追加費用に備えた費用です。解体業者さんによっては前もって多めに費用を設定する場合がありますが、使われなかった場合は返金されます。. そして、完全に使用が禁止になったのが2012年。つまり、現在建っている家やビルにはアスベストが使用されている可能性が大いにあるのです。, なお、アスベストは壁の内部など、外観からでは分からない場所に使われているので、自身でアスベストの有無を見極めるのは困難です。, そのため、解体工事の前には解体業者さんや専門家による「アスベスト調査」を行います。 鉄骨造の建物の解体をご検討中の方は、ぜひご一読ください。, よく、「解体費用は、坪単価に建物の延床面積を掛けて計算できる」と説明しているメディアがありますが、それは誤解です。 なお、上記の相場に建物の構造(平屋、2階建て)の区別はありません。, 解体における坪単価は、木造よりも鉄骨造やRC造が高くなる傾向があります。 よく、「解体費用は、坪単価に建物の延床面積を掛けて計算できる」と説明しているメディアがありますが、それは誤解で … 家屋解体費用を格安にする方法 家主が死去したり転居するなどして空き家の[…] 人気の記事. また、珍しい例として近隣トラブルを避けるために、極力騒音を抑えられる手壊し解体を選ぶ依頼主さんもいらっしゃいます。, 鉄骨造の解体費用は決して安くありませんが、工夫次第では費用を抑えることもできます。, 今回はコツを4つお伝えします。 当協会に登録されている解体業者さんは、16社に1社しか通過できない厳しい審査基準を通過した精鋭揃いです。, もちろん中間マージンは一切発生しませんので、中間マージンをカットしつつ優良な業者さんに依頼したい方はぜひご連絡ください。, あまり知られていませんが、空き家の解体工事を行う際は、地区町村から補助金がもらえる場合があります。, 市役所などでも、積極的に説明を受ける機会は少ないので、これを機に自分が住んでいる地域の補助金制度を確認しておきましょう。 ご連絡頂いたお客様のご希望に沿った解体業者さんをご紹介致します。, また、解体工事に関する疑問や不安なども、お気軽にご相談ください。 具体例として、鉄骨造の建物が対象となっている、一部地域の補助金制度の記事を以下の表にまとめました。 ALCとは、「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の略語です。日本語にすると、「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」といった意味合いになります。単に「軽量気泡コンクリート」とも呼ばれます。, ALCは、1920年代にスウェーデンで開発されました。その後、ドイツやオランダなどのヨーロッパを中心として発展してきた、歴史ある建材になります。日本でも1962年に製造技術が導入されて以来、現代建築に不可欠な建材として重要な地位を占めています。, ALCは、珪石、セメント、生石灰、石膏、アルミニウム粉末といった主成分を凝固させ、180℃の高温と10気圧の高圧蒸気をかけて、10時間養生して作られます。その過程で内部で素材同士の反応が起き、独立気泡が形成されます。この気泡により、ALCはコンクリートでありながら、水に浮くほど軽量という特徴を備えています。また断熱性、耐火性に優れ、なおかつ耐久性も高いという性質があります。, 上記のような特性から、ALCは外壁や床下地、間仕切り壁、屋根裏の下地から鉄骨建築用の耐火被覆に至るまで、幅広い部位に用いられています。その一方で、ALCは処分費が比較的割高で厚みがあり発生材も多く出る為、解体費用も木造に比べて割高になる傾向があります。, 解体の教科書は解体工事の依頼先を探されている方に向けた解体工事に関する基礎知識が分かるサイトです。住宅や倉庫などの家屋解体はもちろん、店舗のスケルトン工事やオフィスの原状回復など内装解体についても基礎知識をご紹介していきます。 鉄骨造とは、建物の骨組みに鉄骨を使用した構造のことをいいます。建物の構造にはいくつかの種類があり、鉄骨造のほかに木造、鉄筋コンクリート造(RC造・SRC造)といったものがあります。それぞれ長所や短所があり、それらの特徴を知ることで、より鉄骨造への理解が深まるともいえます。一旦、種類ごとの特徴をみていきます。, 主に木材を使用した建物の構造のことです。伝統的な日本家屋では、この木造がメインとなります。比較的に建設コストが安価で、通気性もよいという特徴があります。そのため湿気に悩まされることも少ないでしょう。ただし通気性のよさがある反面、防音効果は低い構造となります。遮音性が高い家で過ごしたい人は、別の構造を検討したほうがよいでしょう。, 建物の骨組みに鉄骨を使用した構造のことです。前もって主要部材を工場で生産し、それを現場で組み立てる建築方法が一般的となっています。通気性は木造に劣るものの、防音性は木造にやや勝る特徴があり、工期が短期間ですむため、こちらも建築費用が低コストで抑えられる特徴があります。そして鉄骨造のなかでも「軽量鉄骨造」と「重量鉄骨造」の2種類があります。, 軽量鉄骨造は厚さ6mm以下の鋼材を使用した場合です。一般の住宅や小規模の建物で用いられることが多い構造です。対して、使用された鋼材の厚さが6mmを超えるときは重量鉄骨造となります。こちらは主にビルなどの大規模な建築で用いられることが多いです。, 軽量鉄骨造に比べると、重量鉄骨造のほうがやや防音性に優れています。とはいえ鉄骨造自体がそこまで防音効果が期待できない構造であり、下記で記載する鉄筋コンクリート造のほうが防音性は優れています。, 鉄筋とコンクリートを組み合わせた構造のことをいいます。RC造は、コンクリートに太さが約1cm以上の、強度の強い鉄筋を埋め込んで建築する構造で、木造や鉄筋造に比べ、耐久性や防音性が優れています。また外部の音を遮断する効果もあり、静かな住環境を求める人にはぴったりといえそうです。, SRC造は鉄筋に加えて、より頑丈な鉄骨とコンクリートを使用した構造で、耐久性はRC造よりも高いとされています。RC造・SRC造ともに防音性は高いですが、建築コストも高いことがデメリットといえるでしょう。SRC造は主に高層マンションなどを建築するときに用いられています。, ここからは鉄骨造を使用した建物の、解体費用の目安を確認していきます。解体費用は坪単価であらわされ、建物の坪数によってトータルの解体費用は変わってきます。おおむね下記のような坪単価が多いようです。, この坪単価はあくまでも目安です。実際の解体費用は、建物の場所や工事の難易度、必要な人員数によっても変わってきます。地域によっても差があるようですし、坪数によって坪単価がもっと上がる場合もあるようです。, 優れた解体業者を選定することはとても重要といえます。国土交通省の発表によると、日本国内には1万社以上の解体業者があるとされています。それだけ多くの業者があれば、解体工事の質や料金もさまざまとなります。優れた解体業者を選ぶことができれば、その後の工事や手続きもスムーズに進むでしょうし、工事費用も納得できるものとなる可能性が高いです。, 現場の状況を確認したり、工事計画をたてたり、近隣住民への挨拶まわりをしたりなど、工事前にも必要なことはあります。こういったことを丁寧に行ない、親身に相談に乗ってくれる解体業者が望ましいでしょう。また、万が一「近隣の家を壊した」などの事故が発生した場合に備えて、工事賠償保険に加入する業者を選ぶこともポイントといえそうです。, 鉄骨造解体工事にかかる日数ですが、80平方mほどの敷地で2階建ての建物であれば、10日前後が目安といわれています。木造に比べ数日ほど工期が長いようですが、鉄筋コンクリート造の場合よりは短期間ですむようです。ただし、解体業者の選定から、工事が完了して必要な手続きがすべて終わるまでは、2カ月程度が目安となります。, 解体工事が完了し建物がなくなっても、まだ必要な手続きがあります。建物滅失登記とは法務局の登記簿に、建物がなくなった旨を登記する手続きのことです。解体工事の完了後、1カ月以内に申請する義務があります。もし手続きする場合は、以下書類が必要です。, 正確には「登記申請書」をまず作成し、登記の目的を「建物滅失」と記載した申請書が必要ということです。登記申請書は法務局のwebサイトからもダウンロードできるようになっており、そちらを利用するとよいでしょう。, 記載する内容は日付や所在地、申請人名はもちろんのこと、不動産番号や家屋番号、建物の種類・構造・床面積なども記載する必要があります。そのため、こういった登記記録を確認するための登記事項証明書や要約書を、必要に応じて取得するとよいでしょう。, 登記事項証明書や要約書は、法務局で取得することができます。登記事項証明書はその名の通り、証明書の効力があり、取得費用も要約書に比べ高いことが多いです。登記情報の確認がしたいだけであれば、要約書で十分でしょう。, 物件の所在がどこなのか確認できればよいので、住宅地図をコピーしたものを用意し、解体物件の位置に丸をつけるだけでもよいです。正式な書類というよりも、登記官が現地調査をするために必要となっています。手書きでもよいのですが、住宅地図などのほうが分かりやすく、作成する手間も省けるかも知れません。, 取毀証明書は自分で用意する書類ではなく、解体工事を請け負った業者が作成します。建物滅失証明書といった名前で作成する業者もあり、業者が建物を取り壊したことを証明する書類です。この書類には「建物の表示」や「滅失理由」、「所有者」などが記載されており、また業者の本店商号や代表者名の記載と代表印の押印がされています。, 解体業者が用意する書類です。取毀証明書で押印されている印鑑の、印鑑証明書が必要です。また印鑑証明書の名義も、解体業者名と一致している必要があります。, 解体業者が用意する書類で、資格証明書はその業者の本店商号や、代表者名を証明する書面です。資格証明書として有効なものは「全部事項証明書」、「現在事項証明書」、「現在事項一部証明書」、「代表者事項証明書」といった書類です。, 建物滅失登記の申請で必要な書類のうち、取毀証明書・印鑑証明書・資格証明書の3つは解体業者が用意するものとなります。これらの書類の原本の返却を希望する業者も多く、その場合は原本還付請求書を自分で作成します。, 作成方法は、タイトルを「原本還付請求書」とし、「この謄本は原本と相違ありません」の一文と、日付・住所・氏名を記載し、自分の印鑑を押印すれば完成です。業者が用意した書類はコピーをとり、原本・コピーに加え、作成した原本還付請求書をまとめて提出します。そうすることで、原本はあとで返却されることとなります。, アスベスト(石綿)は熱や摩擦に強く、酸やアルカリにも強い鉱物繊維のことです。その耐久性から、軽量耐火被覆材などとして、多くの建築物に使用されていた建築材料です。昭和30年頃から使用され、ビルの高層化や鉄骨構造化にともない、鉄骨造建築物などで昭和40年代の高度成長期に多く使用されていました。, しかしアスベストは吸い込んでしまうと、その変化しにくい性質から肺の組織に刺さり、長い潜伏期間を経て、肺ガンや中皮腫となる危険性が指摘されました。そのため現在では、使用は法令で制限されています。また使用されている建物におけるアスベスト除去については、大気汚染防止法などの法令で定められた届け出や事前調査、基準を遵守した除去作業が必要となります。, こういった危険性があり難易度の高い除去作業が必要な、アスベストが使用されている建物の解体は、通常よりも多くの費用が発生します。以下は国土交通省が発表する除去費用の目安です。, こうしてみると建物の面積が広いほど、1平方mあたりの除去費用は安くなることが分かります。とはいえ面積が広いため、相当な費用が加算されることとなるでしょう。いずれせよアスベストが発見された場合は除去費用が発生し、解体工事の合計費用も大きく変わることになります。, ここまでみてきたように、鉄骨造の建物の解体には多くの費用が発生するでしょう。特にアスベストは、過去の鉄骨造の建物が盛んに建設されていた時代に、多く使用されていました。老朽化した鉄骨造の建物からアスベストがでてくる可能性は十分にあるといえます。, 解体工事で発生した廃棄物については産業廃棄物として、建築リサイクル法などの法令に沿って解体業者が処分します。ただし不要な家具などまで業者に処理を依頼すると、別途費用が発生する可能性が高いです。解体工事をむかえるまでに不要品はなるべく自分で処分することが、費用を抑えるポイントのひとつとなります。, 老朽化が進んだ空き家の場合は、倒壊などの危険性もあるため、解体にあたり自治体が補助金をだしていることがあります。すべての自治体が補助金をだしているわけではないため、一旦役所に確認してみるとよいでしょう。, 優れた解体業者をみつけることができれば、工事の質も高く、また解体費用を抑えることにも繋がるでしょう。ただし一概に費用が安ければよいわけではありません。相場より極端に安い費用で受注し、手抜き工事や、必要なプロセスを省いた工事をする悪質な業者も存在しています。, なるべく多くの解体業者に見積もり依頼をすることが大切です。多くの業者の見積もり書をみていくことで、業者ごとの特徴や発生する費用の相場、対応の親切さなども分かってきます。細かく項目分けされて内容が明確な見積もり書もあれば、一括で合計金額のみ記載されている見積もり書もあります。相場より高い金額の業者もあれば、逆に安すぎる業者もあります。, 電話などの口頭で見積もり金額を伝えてくるだけの業者は、工事費用があとで大きく変わってしまう可能性があります。建物自体の構造や周辺の道路状況などによって、解体の難易度は変わるからです。そのため、現地調査をきちんとした上で見積もりをだしてくれる業者のほうが、信用度は高いといえます。, 解体工事は、大きな騒音や粉塵を発生させる工事です。近隣住民からの苦情やクレームを防ぐために、工事前の挨拶まわりは重要といえるでしょう。工事経験が豊富な業者であれば、挨拶状を作成してくれる場合もあるようです。挨拶まわりに同行するような意識の高い業者であれば、安心感がありますし信用度は高いでしょう。, 建物をなくせばよい、という単純な工事ではなく、更地にしたあとの利用方法を気にしてくれる業者は信頼性が高いといえます。建て替えをするのか、駐車場にするのか、売却するのかなどにあわせて、土地の仕上げかたを変えてくれる業者が望ましいです。, 建物がなくなって廃棄物を撤去すれば更地となりますが、建物を建築するためには整地という、建築に適した土地の状態にする必要もあるからです。売却するにしても、ある程度きれいな土地だと思われなければ、買い手がつかないことも考えられます。, 解体業者に用意してもらう書類もいくつかあるため、スムーズに用意してくれる業者は安心感があるでしょう。多くの人から選ばれている解体業者であれば、建物滅失登記についても経験豊富なはずです。工事の計画から着工、さらに工事完了後の手続きの流れや必要書類についても、丁寧に教えてもらえるでしょう。, なにかと費用がかかる鉄骨造の建物の解体ですが、優れた業者をみつけることが一番重要かも知れません。優れた業者であれば、業者のほうから費用を節約するための提案をしてくることもあるでしょう。アスベストが万が一みつかっても、柔軟に説明・対処してくれれば安心感があります。そういった風通しのよい関係を築ける業者を選ぶことが、解体工事を成功させるポイントといえそうです。.

.

エプソン インク さくらんぼ 対応機種, 九州号 回数券 金券ショップ, Pso2 武器迷彩 ロッド, 黒い砂漠 原木 合板, 新小岩 賃貸 一人暮らし, Nextgen Gallery 日本語, 香住 かに日帰り バスツアー, 高速道路 裏ワザ ループ, Line ビデオ通話 素材, タオル ドレス 大人用 作り方, ハイエース 4型 メーター交換, パワーポイント 矢印 分岐, Pso2 ミッションパス シーズン3, 龍が如く 名前 フォント, サクラエディタ Grep 1行 文字数, 五 年生 家庭学習 ブログ, 三浦春馬 遺書 新潮, オーブンレンジ トースト 両面 おすすめ, 奈緒子 映画 評価, ノーリツ 浴槽 エプロン 外し方, メール マナー 大学, ムーヴ ラジエーター 交換費用, 商用車 軽 税金, 綾瀬市 小学校 臨時休校,