現行(g01系)2017年~ 現行x3はg01系である。2017年に登場。ガソリンは、b48型2.0ℓ直4ターボ、b58型3.0ℓ直6ターボb47型2.0ℓ直4ディーゼルターボ、b57型3.0ℓ直6ディーゼルターボを設定する。 2020年式 m40d「動力性能は申し分なし。3ℓなのに燃費もいい」 bmwはx3に新モデルをラインナップすることで、ミドルクラスsuvのブランド力をアップしていきたい考えです。 bmw・x3を「おさらい」 bmw・x3(初代) s1.addVariable("file", "/db_img/cars_img/15739/car_img_1.flv"); また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。, 【新モデルはこちら】 【BMW新型X2】PHEV「X2 xDrive25e」発表…, 【BMW新型X3】2021年マイナーチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【BMW新型X4】2021年「新顔!」マイナーチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【BMW新型X4】ディーゼル!「xDrive20d」2020年6月4日日本発売!最新情報、X4M、サ…, 【BMW新型X3】初PHV「X3 xDrive30e」2020年4月9日日本発売!最新情報、サイズ、…, 【BMW新型X2】2020年PHEV xDrive25e設定!最新情報、M35i、サイズ、価格、ディ…, 【BMW新型X1最新情報】2019年10月3日マイナーチェンジ日本発売!ディーゼル/PHEV/Mスポ…, 【レクサス新型LBX】「新コンパクトSUV!」2021年発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【新型2シリーズアクティブツアラー】2020年末フルモデルチェンジ発表!最新情報、スペック、燃費、価格、発売日は?, 【フェラーリ新型SF90ストラダーレ】PHEVオープン!「スパイダー」発表!最新情報、価格やスペックは?, 【ルノー新型カングー】「新世代!」2021年型フルモデルチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、発売日、価格は?, 【新型エスカレード】「新世代最上級!」2020年11月13日フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、価格、サイズ、燃費は?, 【スバル新型WRX STI/S4】「プロト走行開始!」2021年10月フルモデルチェンジ発表!最新情報、発売日や価格、スペックは?, 【BMW新型iX】「600km走行!新電気自動車SUV!」2020年11月11日発表!最新情報、価格、スペックは?, 【トヨタ新型ノア】2021年7月フルモデルチェンジ!最新情報、ノアカスタム、価格、サイズ、燃費、発売日は?. B‚æ‚萳Šm‚ȏî•ñ‚̓[ƒJ[‚̃z[ƒ€ƒy[ƒW‚âƒJƒ^ƒƒOA”Ì”„“X‚É‚Ä‚²Šm”F‚­‚¾‚³‚¢B. bmw 4シリーズ クーペ 2020年モデルの新車・中古車情報をまとめてチェック。新車価格や中古車価格、性能や装備・オプションなどをグレード別に詳しく比較。4シリーズ クーペ 2020年モデルのユーザーレビュー・値引きのクチコミ・人気ランキングもあります。 s1.addParam("allowfullscreen","true"); Copyright(C) 2020 Goo-net All right reserved. BMW X3(2020年モデル)のカタログ。BMW X3の車を買う前に、グレードごとの価格、燃費、スペックをチェック。BMW X3の情報ならNTTレゾナントが運営するgoo - 自動車 s1.write("movie-container0"); 2020年2月で納車から1年半を迎え、納車からほぼ毎日乗っており走行距離は2万kmを超えました。X3の購入を検討している方向けに、走行性能や機能・装備のリアルな感想と使い勝手につ … BMW X3値引き相場情報2020年11月!安く買うための方法-car-info.tokyo- BMW SUV ... BMW X3の新車価格&販売店&モデルチェンジ概要 . 今後デビューが予想されるBMWの新型車、モデルチェンジのスクープが続々と入ってきています!, BMWのフラッグシップクーペ、8シリーズをベースにした開発車両がスクープ!手の加え方から、過去に披露されたミッドシップスポーツカーの市販化へと進んだ模様か?詳しくはこちらの記事をご覧ください。, 次期新型2シリーズクーペに、直列6気筒ツインターボ搭載のハイパフォーマンスグレード「M240i」のプロトタイプもスクープされました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, アッパーミドルクラスのSUV「X3」はPHEVパワートレインに改良が加えられる模様。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, BMWのSUVではエントリーモデル。MINI、1シリーズなどと同じFFプラットフォームを次期新型にも採用。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, かつての7シリーズに採用された「シャークノーズ」デザインが新型EV最上級セダンで復活へ詳しくはこちらの記事をご覧ください。, 「M」シリーズはこれまでセダン、クーペのみのラインナップ。初のステーションワゴンのデビューは公表済。初のプロトタイプをスクープ。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, ハイパフォーマンス・クーペ「M4」がそろそろ公式発表へ!ニュルブルクリンクで最終テストをするM4クーペをスクープ!詳しくはこちらの記事をご覧ください。, 次世代EVでクロスオーバーSUVの新型「iX5」が市販モデルデビューへと近づいています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, フルモデルチェンジが近づく4シリーズ クーペ。カブリオレは遅れてフルモデルチェンジへ。プロトタイプがスクープされる。巨大キドニーグリルをクーペ同様に装備へ。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, BMWのミドルクラスSUV「X3」がビッグマイナーチェンジへ。フロントグリルはM4、M3次期新型に採用される巨大なキドニーグリルを装備の模様。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, 3シリーズにピュアEVモデルが登場のスクープ。ピュアEVの車名に「i3」は使われるのか?詳しくはこちらの記事をご覧ください。, BMWのミニバン、2シリーズ アクティブツアラー次期新型に最強スペックを誇る「M」モデル設定をスクープ!詳しくはこちらの記事をご確認ください。, 現在、8シリーズに集約されてしまった6シリーズクーペ。新型復活のデザイン予想CGを入手しました。詳しくはこちらの記事を御覧ください。, M3で最もハイスペック、サーキット仕様の「CS」も新型登場のようです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, 6月2日にワールドプレミアした新型4シリーズに、グランクーペもフルモデルチェンジが間近となったようです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, 次期新型アクティブツアラーのスクープ続報は、グランツアラーの廃止の予想情報でした。詳しくは下記の記事をご覧ください。, コンセプトモデル「iNEXT」の市販化が近づいてきたようです。プロトタイプのテスト走行をBMWの秘密基地でスパイショットされ、MOBY編集部に入ってきました。詳しくは下記の記事をご覧ください。, 以前のスクープは、4シリーズ・クーペのベースモデルでした。今回は「Mパフォーマンス」がスクープされてMOBY編集部に入ってきました。詳しくは下記の記事をご覧ください。, BMWでは初となる、MINIと共用する横置きエンジン・FFのプラットフォームを採用したクロスオーバーSUV「X2」がフェイスリフトなど施してマイナーチェンジするというスクープ情報を、テスト車両のスパイショットとともに入手しました!詳しくは下記の記事をご覧ください。, 2019年のフランクフルトモーターショーで世界初公開されたコンセプトカー「Concept 4」が新型4シリーズのフルモデルチェンジで市販化となるようです。詳しくは下記の記事をご覧ください。, BMWのミニバン、2シリーズ アクティブツアラーの新型プロトタイプのスパイショット、スクープ情報が入りました。詳しくは下記の記事をご覧ください。, 次期型7シリーズのパワートレインは、内燃機関・PHEV・EVの3種類。V12エンジンは廃止される予定です。EVモデルには80kWhバッテリーを搭載したi7と、120kWhのi7 Sが用意され、最高出力は670PS、続距離は580kmと見込まれています。次期7シリーズのワールドプレミア予想は2021年。現行型7シリーズは、2022年6月まで生産されると予想されているため、新型はそれと切り替わるかたちで日本に導入される見通しです。価格は1,200万円からと予想されます。, 5シリーズの4ドアハッチバックモデルである、6シリーズ グランツーリスモの改良が進行中です。ただし、モデルラインナップの整理により、これが最後の6シリーズになるとの噂も。改良型6シリーズのエンジンは、現行型と同じ340PSの3.0L直6ツインターボエンジンを搭載。新たにPHEVの追加も噂されています。2020年春以降に発表され、2021年初頭の販売が予想されます。日本での価格は、現行モデルからわずかに値上げされた850万円ほどと見込まれます。, 新型M3セダンは、専用デザインの灯火類とグリルが与えられて登場予定です。搭載エンジンは3.0L 直列6気筒ツインターボエンジン。出力の異なる3グレードがラインナップし、454PSのエントリーグレード・480PSのミドルグレード・510PSのトップグレードが登場。8速ATと6速MTが用意され、M3初となる4WDも用意されるとの噂です。M3セダンのワールドプレミアは、2020年後半〜2021年前半。2021年内には日本でも発売されるでしょう。価格は1,250万円程度になると思われます。, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【次期新型ホンダ ヴェゼル】2021年3月フルモデルチェンジでe:HEVを搭載か!最新リーク情報まとめ, 復活新型ホンダ インテグラの大予想デザインCGを入手!懐かしのカッコインテグラを振り返り, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, 新型ミッドシップスポーツカー!?正体不明、謎の8シリーズクーペベースのプロトタイプ, BMW「M」シリーズ初のステーションワゴン「M3 ツーリング」プロトタイプを初スクープ, グランツアラー廃止で次期新型アクティブツアラーに3列シートをオプション設定のスクープ!, 新型BMW 2シリーズ クーペ M240i プロトタイプがニュルを走る【最新スクープ】, 次期新型BMW X1はグリルが大型化か!プロトタイプが初の公道テスト【最新スクープ】, 「M3 ツーリング」公道テストをスクープ!BMW初「M」のステーションワゴン誕生へ, 次期新型BMW 4シリーズ カブリオレのデザイン判明!巨大キドニーグリルを見せた!, 新型BMW 2シリーズ アクティブツアラー M をスクープ!302馬力のスポーツミニバン誕生へ, 復活新型BMW 6シリーズクーペのデザイン予想CG入手!世界一美しいクーペ、シャークノーズ再臨か, BMW グランツアラー廃止で次期新型2シリーズ アクティブツアラーに3列シートをオプション設定か, BMWのEVコンセプトi-NEXTは「i5」で市販化か!プロトタイプを秘密基地でスクープ, 改良新型BMW X2 テスト車両をスクープ!マイナーチェンジでフロントマスクに変更が, BMW 4シリーズ次期新型テスト車両をスクープ!フルモデルチェンジでキドニーグリルは巨大化, BMW 2シリーズ・アクティブツアラー新型をスクープ!初のフルモデルチェンジは2020年内か?. 新モデルにより魅力をアップする新型X3について、スペック、価格、発売日などを最新情報からご紹介します。, BMWが、クロスオーバーSUV「X3」の新モデルとなる「X3 M40i」の日本発売を発表しました。, 新型X3 M40iは、これまでディーゼルエンジンを搭載する「X3 M40d」が日本に導入されていたMパフォーマンスモデルのガソリン車バージョンとしてラインナップ。, パワートレインには最高出力387ps、最大トルク51.0kgmを発揮する直列6気筒3Lガソリンターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は4.8秒を実現。, ガソリンエンジン特有の軽快でスポーティな走行を楽しむことができるようになっています。, 足回りには「M40d」同様、Mスポーツサスペンション、Mスポーツディファレンシャルを搭載することでコーナリング性能を向上。, エクステリアには、Mパフォーマンスモデル専用色となるセリウムグレーをキドニーフレーム、エアインテーク、エアブリーザー、ミラーキャップに採用することでMパフォーマンスモデルとしての個性が演出されています。, 新型X3 M40iの価格は889万円とされ、2020年3月6日から日本での販売が開始されました。, 【BMW新型X4最新情報】フルモデルチェンジ日本発売!X4M、サイズやスペック、価格、燃費は?, 【BMW新型iX3最新情報】電気自動車SUV公開!発売日やサイズ、スペック、価格は?, 新設定されたガソリンMパフォーマンスモデルのX3M40iは、ディーゼルバージョンとなるM40dと7万円の価格差になっています。, BMW新型X3の外装には、グリルを大型化し迫力を増したBMWの最新SUVデザインが採用されています。, 全体のスタイルはオーソドックスなSUVとしながらも、大径ホイールやエクステリアアクセントにより、都市部にもあうデザインに仕上げられています。, BMW新型X3には、ハイパフォーマンスモデル「X3 M」と「X3 Mコンペティション」が設定されています。, 新型X3 Mは、BMW Mが手がける他モデルでも人気の最上級スポーツグレードとなりますが、前世代では用意されていませんでした。, 新型X3Mでは、直列6気筒3Lターボエンジンのチューニングをすすめ、最高出力を480psにまであげて搭載。, さらなるパフォーマンスを持つモデルとして、510psのエンジンを搭載するX3Mコンペティションも用意されています。, X3Mは走行性能をアップするパーツとして、専用のサスペンションやハードなアンチロールバーを採用。, ボディは、フロントストラットタワーブレースとリアブレース、専用のリアアクスルコントロールアームにより、剛性がアップされています。, 駆動システムには、アクティブMディファレンシャル、アダプティブMサスペンション、可変比率のMサーボトロニックステアリングシステムを搭載。, ブレーキには、フロント395mm、リア370mmの大容量システムが採用されています。, エアロダイナミックミラーキャップ、リアディフューザー、4テールパイプエキゾーストやスポイラー、オービットグレー仕上げの20インチホイールも採用されます。, 上位グレードとなるX3M Competitionではベースモデルに加え、高光沢ブラックのアクセント、21インチホイール、ブラッククロームテールパイプを装備。, X3Mの室内には、Vernascaレザースポーツシートやレザースポーツステアリングホイール、専用のインストルメントクラスターやシフトレバーが採用され、より走りを楽しむことができるようになっています。, BMW新型X3のボディサイズは、クーペSUVスタイルを持つX4と比較して、全長-40mm、全幅-30mmとされています。, BMW新型X3の内装は運転席周りの設計が見直され、インストルメントパネルを低く、座席の位置を高くすることで前方の視界が広くなっています。, インフォテインメントシステムには10.25インチのタッチスクリーンを採用し、75%表示面積を拡大したヘッドアップディスプレイも設定。, 操作はジェスチャーとボイスコントロールに対応し、機能を快適に使用することができるようになっています。, ラゲッジ容量は、クーペSUVのX4から通常時で+25Lの550L、後席を倒すことで+170Lの1600Lとなっています。, BMW新型X3には、直列4気筒2Lのガソリンとディーゼルのほか、3Lのガソリンとディーゼルターボエンジンがラインナップされています。, 2Lディーゼルエンジンは最高出力と最大トルクのどちらでも2Lガソリンエンジンを上回る仕上げとなっており、高いパフォーマンスを楽しむことができるようになっています。, M PerformanceモデルとなるX3 M40dでは、直列6気筒3Lディーゼルターボエンジンを搭載することで、最高出力は326馬力、最大トルクは7Lガソリン自然吸気エンジンに迫る69.3kgmを出力。, その大トルクを地面に伝えるためMスポーツ・ディファレンシャルが装備され、正確なトラクションコントロールとコーナリングが可能とされています。, 最上位モデルのX3Mでは、兄弟モデルのX4にラインナップされていた3Lガソリンエンジンをベースにチューニングを行い、標準モデルで480ps、X3Mコンペティションでは510psを出力。, 0-100km/h加速は4.0秒と、SUVトップクラスの性能に仕上げられています。, BMW新型X3には、プラグインハイブリッドモデルとなる「X3 xDrive30e」が発表されています。, BMW新型X3 xDrive30eは直列4気筒ガソリンターボエンジンと電気モーターの組み合わせにより最高出力292psを発生。, これにより0-100km/h加速は6.1秒、電気のみで55kmの距離を走ることができます。, リチウムイオン・バッテリーは後部座席の下に搭載されているため、荷室容量は450Lと他モデルとの変更がないこともアピールされています。, 2Lディーゼルモデルは高いトルクを活かし17.0km/Lとされ、走行性能を重視するプレミアムSUVながら低燃費に仕上げられています。, 上位モデルとして3Lディーゼルエンジンを搭載するX3 M40dでも、14.9km/Lと燃費の低下が抑えられています。, 追加設定が予定されている2Lプラグインハイブリッドモデルは欧州値で41.7km/Lと発表され、クラストップレベルの燃費でX3を楽しむことができるようになっています。, BMW新型X3の安全装備には、ルームミラー内にステレオカメラを内蔵し、ミリ波レーダーセンサーを前方に3基、後方に2基装備する先進システムが採用されています。, 安全システムは、日常走行域での急停止や飛び出しなどを瞬時に判断して警告するとともに、夜間や悪天候下の性能も確保。, 「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」「ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」「レーン・チェンジ・ウォーニング」など、高速走行時や渋滞時に走行をサポートする機能を備え、安全性と利便性が向上しています。, 新設定されたMパフォーマンスモデルの「X3M40i」は、2020年3月6日に日本で発売されました。, BMWはX3に新モデルをラインナップすることで、ミドルクラスSUVのブランド力をアップしていきたい考えです。, BMW X3(エックススリー)は、初代が2004年に登場したクロスオーバーSUVです。, 1999年に登場し大ヒットした上位モデル「X5」の成功から、ダウンサイズした3シリーズ版のクロスオーバーとして企画されました。, X5が5シリーズと多くのパーツを共有したように、X3も3シリーズと基礎を共有し、駆動方式にフルタイム4WDが組み合わせられました。, 2011年に登場した前モデルの2代目では、より洗練されたデザインとすることで都市部のユーザーを意識。, 3年後の2014年にはクーペSUVモデルとなる「X4」が新しくラインナップされ、上位モデルのX5、X6と同じくスタイルを選ぶことができるようになりました。, 現行モデルとなる3代目は2017年に発売され、アルミ使用比率を増やしたボディにより前モデルから最大55kg軽量化し環境性能が高められました。, 新型BMW X3については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

Copyright (c) 2015 Mitsuoka Motor Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED. 新設定されたmパフォーマンスモデルの「x3m40i」は、2020年3月6日に日本で発売されました。 . 販売台数の推移 1月:台 2月:台 3月:台 . 改良により魅力をアップする新型X3について、スペック、価格、発売日などを最新情報からご紹介します。, BMW X3はブランドのミドルクラスSUVとして設定され、電気自動車「iX3」もラインナップするなど、ブランドの主力モデルになっています。, マイナーチェンジする新型X3では、新しいデザインやインテリアを採用することにより魅力をアップします。, 【BMW新型iX3最新情報】電気自動車SUV公開!発売日やサイズ、スペック、価格は?, BMW新型X3のエクステリアは、新しいデザインを採用することにより、力強いデザインとされます。, フロントは、上位モデル「X5」からくる鋭いヘッドライト形状とされ、バンパーのエアインテークをシンプルなものとすることで、ボリューム感をアップ。, リアには新しいグラフィックを持つLEDテールランプを備え、これまでより張り出した筋肉質なイメージのバンパーを装備することで、フロントとのバランスがとられます。, BMW新型X3の内装は、運転席周りの設計が見直され、高い質感と広い視界が確保されます。, インフォテインメントシステムには10.25インチのタッチスクリーンを採用し、75%表示面積を拡大したヘッドアップディスプレイも設定。, 操作はジェスチャーとボイスコントロールに対応し、機能を快適に使用することができるようになります。, ラゲッジ容量は通常時で550L、後席を倒すことで1600Lを使うことができるようになります。, BMW新型X3には、直列4気筒2Lのガソリンとディーゼルのほか、3Lのガソリンとディーゼルターボエンジンがラインナップされます。, 2Lディーゼルエンジンは最高出力と最大トルクのどちらでも2Lガソリンエンジンを上回る仕上げとなり、高いパフォーマンスを楽しむことができるように。, M PerformanceモデルとなるX3 M40dでは、直列6気筒3Lディーゼルターボエンジンを搭載することで、最高出力は326馬力、最大トルクは7Lガソリン自然吸気エンジンに迫る69.3kgmを出力。, その大トルクを地面に伝えるためMスポーツ・ディファレンシャルが装備され、正確なトラクションコントロールとコーナリングが可能となります。, 最上位モデルのX3Mでは、標準モデルで480ps、X3Mコンペティションでは510psを出力。, 2Lディーゼルモデルは高いトルクを活かし17.0km/Lとされ、走行性能を重視するプレミアムSUVながら低燃費に仕上げられます。, 2Lプラグインハイブリッドモデルは欧州値で充電電力使用時41.7km/Lとなり、クラストップレベルの燃費でX3を楽しむことができるようになります。, BMW新型X3の安全装備には、ルームミラー内にステレオカメラを内蔵し、ミリ波レーダーセンサーを前方に3基、後方に2基装備する先進システムが採用されます。, 安全システムは、日常走行域での急停止や飛び出しなどを瞬時に判断して警告するとともに、夜間や悪天候下の性能も確保。, 「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」「ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」「レーン・チェンジ・ウォーニング」など、高速走行時や渋滞時に走行をサポートする機能を備え、安全性と利便性がアップされます。, BMW新型X3のボディサイズは、クーペSUVスタイルを持つX4と比較して、全長-40mm、全幅-30mmとされます。, 現行モデルは2Lガソリンモデルが600万円台後半となっており、新型X3でも700万円をきるスタート価格が重視されます。, 発売は2022年初旬になるとみられ、BMWは2017年に登場した現行X3をリフレッシュし、アピールする予定です。, BMW X3(エックススリー)は、初代が2004年に登場したクロスオーバーSUVです。, 1999年に登場し大ヒットした上位モデル「X5」の成功から、ダウンサイズした3シリーズ版のクロスオーバーとして企画されました。, X5が5シリーズと多くのパーツを共有したように、X3も3シリーズと基礎を共有し、駆動方式にフルタイム4WDが組み合わせられました。, 2011年に登場した前モデルの2代目では、より洗練されたデザインとすることで都市部のユーザーを意識。, 3年後の2014年にはクーペSUVモデルとなる「X4」が新しくラインナップされ、上位モデルのX5、X6と同じくスタイルを選ぶことができるようになりました。, 現行モデルとなる3代目は2017年に発売され、アルミ使用比率を増やしたボディにより前モデルから最大55kg軽量化し環境性能が高められました。, 新型BMW X3については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 2020年モデル bmw x3 m コンペティション 4wd 車両本体価格 1,078.0 万円 【 この車両は画像が20枚あります。 サムネイルをクリックで画像が変わります。 usagi 2020年1月13日 / 2020年7月15日. s1.addVariable("height","480");