Excel 2016で折れ線グラフや散布図のマーカーを変更する. 図形を選択し、[描画ツール]の[書式]タブを開きます。 [図形の挿入]グループの[図形の編集]をクリックします。 [図形の変更]をポイントし、一覧から変更したい図形を選択します。

ワークシート上に作成されている図形の移動、サイズの変更、図形の削除、複数の図形のグループ化などの図形の操作は以下のプロパティやメソッドを使用します。, A列の左端を0として、図形の左端の位置の取得または設定をするには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのLeft【レフト】プロパティを使用します。, 【取得】 オブジェクト.Left 【戻り値】単精度浮遊小数点型(Single)の値 【設定】 オブジェクト.Left = 設定値, 行1の上端を0として、図形の上端の位置の取得または設定をするには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのTop【トップ】プロパティを使用します。, 【取得】 オブジェクト.Top 【戻り値】単精度浮遊小数点型(Single)の値 【設定】 オブジェクト.Top = 設定値, 指定した図形の中心位置を基準に、図形の角度を度単位で取得または設定をするには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのRotation【ローテーション】プロパティを使用します。, 【取得】 オブジェクト.Rotation 【戻り値】単精度浮遊小数点型(Single)の値 【設定】 オブジェクト.Rotation = 設定値, 指定した図形の高さを取得または設定するには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのHeight【ハイト】プロパティを使用します。, 【取得】 オブジェクト.Height 【戻り値】単精度浮遊小数点型(Single)の値 【設定】 オブジェクト.Height = 設定値, 指定した図形の幅を取得または設定するには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのWidth【ワイズ】プロパティを使用します。, 【取得】 オブジェクト.Width 【戻り値】単精度浮遊小数点型(Single)の値 【設定】 オブジェクト.Width = 設定値, 指定した図形の幅を取得または設定するには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのVisible【ビジブル】プロパティを使用します。, 【取得】 オブジェクト.Visible 【戻り値】ブール型(Boolean)の値 【設定】 オブジェクト.Visible = 設定値, 指定した図形を現在の位置から横方向(水平)に相対的に移動させるには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのIncrementLeft【インクリメントレフト】メソッドを使用します。, 指定した図形を現在の位置から縦方向(垂直)に相対的に移動させるには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのIncrementTop【インクリメントトップ】メソッドを使用します。, 指定した図形の高さを指定した倍率で現在の高さから拡大、縮小するには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのScaleHeight【スケールハイト】メソッドを使用します。, []内は省略可能です。 オブジェクト.ScaleHeight(Factor, RelativeToOriginalSize[, Scale]), 指定した図形の幅を指定した倍率で現在の幅から拡大、縮小するには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのScaleWidth【スケールワイズ】メソッドを使用します。, []内は省略可能です。 オブジェクト.ScaleWidth(Factor, RelativeToOriginalSize[, Scale]), 指定した図形を削除するには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのDelete【デリート】メソッドを使用します。, 複数の図形をグループ化するには、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのGroup【グループ】メソッドを使用します。複数の図形をグループ化して1つの図形を表すShape【シェイプ】オブジェクトを返します。, ※Group【グループ】メソッドは少なくとも2つ以上の図形が参照されていないとエラーになります。必ず2つ以上の図形を指定してください。, グループ化された図形をグループを解除するには、Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクションのUnGroup【アングループ】メソッドを使用します。, 以上で、図形(シェイプ)の設定や操作をするプロパティとメソッドについての解説を終了します。ありがとうございました。, 横方向の移動距離をポイント単位(1ポイント約0.35ミリ)で指定します。正の値を指定すると右方向に移動し、負の値を指定すると左方向に移動します。, 縦方向の移動距離をポイント単位(1ポイント約0.35ミリ)で指定します。正の値を指定すると下方向に移動し、負の値を指定すると上方向に移動します。, (Factor, RelativeToOriginalSize[, Scale]), 元の図形の高さか現在の図形の高さのどちらの高さを基準として拡大、縮小するかの判断をブール型の値で指定します。, 図形を拡大または縮小するときに固定する部分をMsoScaleFrom クラスの定数のいずれかで指定します。, 元の図形の幅か現在の図形の幅のどちらの幅を基準として拡大、縮小するかの判断をブール型の値で指定します。, 図形を拡大または縮小するときに固定する部分を上記のMsoScaleFrom クラスの定数のいずれかで指定します。, Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイプレンジ】コレクション, Shape【シェイプ】オブジェクトまたは、ShapeRange【シェイオウレンジ】コレクション, Shape【シェイプ】オブジェクトまたはShapeRange【シェイオウレンジ】コレクション. エクセルでは図形、グラフ、画像などの「オブジェクト」と呼ばれるものをシート上に貼り付けることができます。, シートのどこにでも簡単に貼り付けられるので便利なんですが、そのままでは1つだけ困ったことが起こるんですよね。, それは、貼り付けた図形、グラフの下にある行や列を挿入したり削除したりすると、勝手に図形、画像が縮んだり伸びたり、移動すること。, 意図しないところで縮んだり伸びたりするので、そうならないに図形を一旦関係ないところに移動させといて、行、列の挿入や削除後にもとの位置に戻す、なんていう結構面倒くさい作業をしなくてはいけません^^, でも、そんな面倒なことしなくても、図形やグラフが伸びたり縮んだりしないようにする方法があるんです。, 一口に「図を固定する」といっても4つの方法があるので、今回はそれぞれの固定方法について紹介していきたいと思います。, まずは、図形やグラフの下にある行、列を変更(挿入、削除)した時に、サイズ変更や移動しないようにする方法です。, オブジェクトとして、グラフ、図形、画像などがありますが、それぞれの固定方法を紹介します。, グラフをクリックし(①)、右クリックメニューから『グラフエリアの書式設定』を選択(②), 『プロパティ』を選択し、『オブジェクトの位置関係』のところで『セルに合わせて移動やサイズ変更をしない』にチェック。, これで、グラフの下にある行や列を削除したり、グラフの前の位置に行や列を挿入してもグラフはサイズ変更されたり移動したりしません。, ここまで書いているように、図形を選択してから固定にする操作は結構面倒くさいものがあります。, 手順としては次の通りになりますが、なんと5回もクリックすることになるんですよね^^, しかも、マクロは自分の好きなショートカットキーに割り当てることができるので、マクロにすることをおすすめします。, マクロの作り方は次の記事で詳しく書いているので、作業を効率アップしたい人はぜひ参考にしてください。, この記事では、今回の『固定にする操作』を例にマクロの作り方を解説しているので、解説通りに進めればあっという間にショートカットキーができてしまいます。, 続いては、マウスのドラッグでオブジェクト(図形、グラフ、画像)が移動できないように固定する方法です。, 次のように、テキストボックスの図形があって、このテキストボックをマウスで移動できないようにします。, あわせて、テキストボックスは移動できないけど『テキストの編集ができる』ようにします。, テキストの編集ができなくてもいい場合は、次で解説しているプロパティの変更はしなくてもいいです。, まず、『テキストの編集ができる』ようにするために、テキストボックスをクリックし(①)、右クリックメニューから『図形の書式設定』を選択。, 『プロパティ』を選択し、『オブジェクトの位置関係』のところで『セルに合わせて移動やサイズ変更をしない』にチェックし、さらに『文字列のロック』のチェックをはずします。, 次に、『校閲』タブ(②)→『シートの保護』(③)と選択し、『シートの保護』ダイアログで以下のようにチェックをつけます。, この時に、『シートの保護』ダイアログの最後の方にある『オブジェクトの編集』にチェックがついていないことを確認して『OK』をクリック。, そして、テキストボックスをダブルクリックすると、テキストの編集ができるようになります。, シートは上下/左右に分割でき、例えば、上の分割領域にグラフを置いて下の分割領域をスクロールさせてもグラフは固定された状態となります。, ウィンドウ枠も『分割』と似ていますが、ウィンドウ枠を設定された上の領域にグラフを置いて下の領域をスクロールさせても、グラフは固定された状態となります。, 『ウィンドウ枠の固定』の方法については、次の記事で詳しく書いているので参考にしてください。, 最初の方法(①行、列を変更されても、サイズ変更や移動されないように図を固定にする)で固定されたオブジェクト(グラフ、図形、画像)を解除する方法です。, 『プロパティ』を選択し、『オブジェクトの位置関係』のところで『セルに合わせて移動やサイズ変更をする』または、『セルに合わせて移動するがサイズは変更しない』にチェック。, エクセルではグラフや図形をシートに貼り付けることが頻繁にありますが、行、列の変更の影響をうけて、サイズ変更されたり移動してうのは困りものです。, なので、図形のプロパティが最初から『サイズが変更できない』状態になっていると、使いやすくなるとおもうんですが、マイクロソフトさんぜひ規定値を変更してもらえないでしょうか^^, 最後は愚痴のようになりましたが、もし勝手にサイズ変更されたり移動されると困る場合は、今回紹介した方法をぜひ活用してください。, また、単に固定さえできればいいのであれば、『シートの分割』や『ウィンドウ枠の固定』も使えるかもしれません。, 新型コロナ対策のため、密閉・密集・密接空間を避けて、こまめに石鹸で手洗いをしよう!詳細はこちら。. エクセルの便利な機能の1つに『マクロ』があります。 ネットでマクロの意味を調べると、次のように書かれていました。 ソフトの操作を自動的に行わせる機能です。頻繁に行う操作を登録することで、何度も同じ操作をしないで済みます。 出典... エクセルでは、画面内に収まらない大きい表を作ることがあります。 大きい表の場合、データを入力したり比較をする時に見えないところ移動するために頻繁にスクロールさせなければなりません。 そういう時でも無意識にスクロール操作をしていま... エクセルで表を作るとスクロールした時に先頭行や先頭列の見出しが見えなくなることがあります。見出しがスクロールしても固定されて見える方法を紹介します。行列同時の固定や複数行・列の固定方法もあわせて紹介します!, エクセルで図形を作った時に、セル(枠)に合わせたいと思ったことがないですか?『ALT』キーを使うことで簡単に図形をセルに合わせることができます。今回紹介する方法をぜひ参考にしてください。, エクセルでグラフなどでよく使われる省略線(波線)をキレイに作る方法を紹介します。また、ギザギザ線(イナズマ線)の作り方や、省略線を90度に傾けたり自由な角度に傾ける方法もあわせて紹介しています。, シートの中にある図形(オブジェクト)を一括で削除するための選択方法を4つ紹介しています。また、図形が選択できる状態に切り替えると、マウスドラッグだけで図形を選択できるようになります。ぜひ参考にしてください。. エクセルに貼り付けているはずの、図形、グラフ、画像(いわゆるオブジェクト)が、『突然表示されなくなった!』ということがな... エクセルは図形、画像、グラフのいわゆる『オブジェクト』と呼ばれるものを扱うことができます。 もちろん、他のエクセル... エクセルの図形にはいろんな形があらかじめ用意されていますが、なぜか半円は用意されていません。今回は他の図形を変形させて半円を作る方法を紹介します。1/4円の作り方もあわせて紹介するのでぜひ参考にしてください。, IT関連の仕事をしていて、エクセルは設計書やテスト仕様書作成などで毎日使っています。, エクセルを使いこなすために、これだけは習得しておきたい基本的な機能、操作を紹介します。, マウスのドラッグでオブジェクト(図形、グラフ、画像)が移動できないように固定する方法, 行、列の変更(挿入、削除)でオブジェクト(グラフ、図形、画像)が移動できないようにするためには、プロパティの『オブジェクトの位置関係』を変更する。, オブジェクト(グラフ、図形、画像)がマウスドラッグで移動できないようにするためには、シートを保護(ロック)する。. 図形(シェイプ)の設定や操作をする方法ワークシート上に作成されている図形の移動、サイズの変更、図形の削除、複数の図形のグループ化などの図形の操作は以下のプロパティやメソッドを使用します。図形(シェイプ)の設定をするプロパティ一覧プロパティ内 Excel 2016で折れ線グラフや散布図のマーカーを変更する スポンサードリンク : マーカーに四角や三角を使う: マーカーに画像を使う: マーカーに四角や三角を使う Topへ.

.

Haylou Gt1 片方しか 8, Tumi Alpha2 Alpha3 違い 35, 50代 人気の 髪型 教え て 4, ニューエラ 47 どっち 9, Windows 付箋 裏ワザ 4, 犬 吐く 未消化 7, し じ ら 織り 透ける 4, Fps 机 高さ 4, 正 多面体 折り紙 22, 手の甲 骨折 リハビリ 31, 40g Ml オートミール 4, 40代離婚 男 一人暮らし 6, Nba 3ポイント成功数 シーズン 4, 京大 電電 過去問 8, 嵐 2015 曲 4, Vista2 Lesson3 単語 8, Virtualbox 共有フォルダ 権限 Apache 4, デグー 気持ち 悪い 18, いいんだよ、きっと 歌詞 意味 9, 大 商 学園 サッカー部 強い 5, Final Cut Pro 風切り 音 4, 守谷 ディナー 個室 6, コンフィデンスマン モナコ いつから 48, First, Second, Third 使い方 5, 短い けど 感動する言葉 20, カノン ピアノ 楽譜 無料 簡単 4, ペットボトル 風鈴 高齢者 4, Python 辞書 別 ファイル 4, コナン 重要回 赤井 4, ドラム式洗濯機 漂白剤 入れ方 24,