-c:a copy オーディオコーデックをコピーする(無劣化) -f concat 結合する指示を出します 3840×960からどうして1400×1400になるの? と思われている方もいるかと思います。当初は1920×480での提供を考えていたのですが、これではFullHD解像度の約半分程度のピクセル数しかありません。 今回お届けするのは、「進化する動画配信基盤」についての連載第8回目の記事です。, 第6・7回の記事でお伝えしたとおり、JIROで高速かつ高画質にエンコードができるようになりました。このJIROを支えているのは皆さんご存知のffmpegです。今回の記事では、JIROでどのようなことが行われているのかについて、もう少し詳細にffmpegのエンコードコマンドを添えてご紹介致します。, JIROの重要な機能の一つが分散エンコードによる高速化です。1本の動画ファイルを1台のエンコーダーでエンコードするのではなく、複数のファイルに分割し、複数のエンコーダーでエンコードを行っています。, ここでは、JIROで扱いやすい形、かつバックアップに最適なファイルを生成するために一度エンコードを行います。配信用のファイルではないので、ビットレートの設定はせずに品質指定でエンコードしています。プリエンコードで重要なのはKeyframeの挿入位置です。後に行うファイル分割の位置がKeyframeの挿入位置で決まってしまうからです。ここでは60フレーム毎にKeyframeを挿入し、シーンチェンジのタイミングではKeyframeでなくI-frameを挿入しています。このあたりは皆さんこだわりがあるところかと思いますが、どの様に設定されていますか? すると、トップボトム(アスペクト比1:1) 1920×1920と同じファイルに変換ができて、1400×1400の解像度とすることが可能になります。 -i files.txt インデックスファイルを指定 動画配信事業部・配信基盤チームの八田です。 "[0:a]" は -i オプションで最初に指定した入力 original.mp4 の 音声(a),という意味です. ここで hstack, vstack 使ったついでに Merge Conference Video and Audio call output using hstack ffmpeg 的な、かなり起こりうるニーズのことをやってみよう、つーことである。一つ前で予告した通り、『たとえばともだちと共同で同じ対象を撮影したとしてだな、未編集ならばそれらは時刻あわせさえちゃんと出来るなら、対象までの距離差さえなければ簡単に同期するはずだ、みたいなことね。』であるとか、あるいは「似ているが違う」ものを比較目的で同時再生したい、なんてのも良くあることだろうし。後者のニーズはサイエンスな分野でありがちな気がするわね。(というか正直そういう複数動画同時再生可能なプレイヤーがあればいいのにと思う。), が、「動画結合」とあえてタイトルを外しておいて、ついでなので How to concatenate (join, merge) media files についても(改めて)メモっとこうかなと。結構何度もやるんだけど毎度忘れるもんで。, ついでといえばもうひとつ、一つ目が hstack, vstack のテリトリーで、二つ目が concat なわけだけれど、三つ目として overlay もメモっときたい。これの用途は無論広いが、「画像結合」という言葉で括る場合は「同じ対象を別アングルで撮影した複数画像を同時に見せる」ための hstack/vstack でない別解、俗に言うところの「ワイプ」だよね。ワタシ個人の用途ではそんなに頻繁に使う想像は出来ないけれど、一応やっておきたい。やりたくなってから調べるの億劫だからさ。, 経緯としては最初にここで気付き、今あなたがご覧になっておらはるこのページを書いたあとの パディングの件のほうで「今あなたがご覧になっておらはるこのページ」での「やだぁ」の解決策を見出して…なんて流れのなかで、改造しまくってたら、「今あなたがご覧になっておらはるこのページ」のありとあらゆることに結構詳しくなって、なおかつ align-videos-by-sound がかなり実用になるものに仕上がってきた、て感じ。, align-videos-by-sound は「音声に基づいて複数動画の同期ポイントを知る」ために作られたプロジェクトなのだけれど、あたしがかなり書き換えたりした結果、align.py はワタシほどのバカでもわかるものになり(オリジナルと比較してみ)、「すぐに使えるバカチョンスクリプト」もいくつか追加した。今このページでやってるひとつは simple_stack_videos.py そのものだし、もうひとつ、さっき「ベースとなる音声に基づき、千切られた動画を連結する」なんてのも書いた。, 何が言いたいのか。つまり、今目にしておられるこのページとともに、align-videos-by-sound もセットで読むとオイシイ人もいるかもしれないよ、ってお話。. エンコードの前後でフレーム数が変わらないように、下記をエンコードコマンドに追加することで音ズレが解消されました。, ここでは、Androidデバイスに最適化した画質とHQ高画質のエンコード例を2つご紹介致します。, 皆さんが使用されているスマートフォンですが、iPhoneと違いAndroidは端末の種類が多くスペックも様々です。廉価なAndroid端末の多くはFullHD以上の動画が再生できません。そこで、もちろん画質は下がるのですが、まずVRがどのようなものかを体験していただくためにFullHD相当の画質を準備致しました。, と、そのエンコードの例を説明する前に、皆さんはVRのフォーマットをご存知ですか? 弊社では以下のフォーマットを使用しています。, (c) copyright 2008, Blender Foundation / www.bigbuckbunny.org, サイドバイサイド(アスペクト比2:1)は単純に1/2して、FullHDと同等の解像度に設定しています。 VRで16種類ものファイルを生成している理由は、2018年に大きく分けて2つの画質(Androidデバイスに最適化した画質とHQ高画質)を追加したためです。特にHQ高画質はデバイスごとに最適なパラメータでエンコードしているので、多くのファイルを生成する必要があります。 1920×480 サイドバイサイドとするのではなく、1400×1400 トップボトムとすることで、前者の2倍以上の解像度で再生することが可能になるというわけです。, 下記のコマンドで、サイドバイサイドからトップボトムへの変換と解像度を1400×1400に設定しています。, ちなみにAndroid端末では再生可能な解像度のチェックをアプリ内で行っています。そのため、通常解像度で再生できない端末では自動的にAndroidデバイスに最適化した画質で再生されます。, もう1つがこのVRHQ高画質対応です。とても苦労したVRHQの高画質対応ですが、なかでも一番大変だった某VR機器への対応についてご紹介致します。某ゲーム機にてご視聴いただいている方はご存知かもしれませんが、HQ高画質リリース時にはこちらは対応デバイスに入っていませんでした。理由は、定めたHQ高画質にて配信できる見込みがなかったためです。当時、多数のユーザーの皆様から「HQ高画質に対応してほしい」とお問い合わせを頂いていたのですが、全く解決策がありませんでした。最悪「60fpsで配信するために解像度を下げる」ことまで考え、かなり追い込まれていたこのHQ高画質対応ですが、ここからどのようにリリースまでこぎ着けたかをご紹介致します。, まずはプレイヤーの最適化です。検討を始めてからかなり早い段階で4K 60fpsが再生可能になりました。ですが、baselineプロファイルを使用することがその条件でした。理由は「mainやhighプロファイルはデコード負荷が高く、安定して60fps再生できない」から。ビットレートの制限をなくしてbaselineでエンコードすればUHQ高画質版として提供可能な画質にはなるのですが、こちらのVR端末はストリーミング配信で行っているので、ビットレートの設定は非常に重要です。そこで、高画質かつデコードに負荷がかからないエンコードパラメータの調整を始めました。, highプロファイルにすることでビットレートの削減ができ、期待する画質になることは確認できていたので、ここからデコード負荷を下げて60fpsを滑らかに再生できるように調整していきます。 今の場合 i4.mp4 が基準で、i1.mp4 は i4.mp4 がスラッシュスラッシュ言い終わるまで待ってる、ということなわけね。だから「待ってるほう」が動かないのは無論意図通りなのだが、「待たせてるほう」は動かないとおかしいでしょう? もう一つは -t で duration を指定できること、-ss で開始時間を指定できること。後者はフレームスキップが一瞬で終わるわけではないので時短用途には今ひとつだが、前者は特に何度も試行錯誤をする必要がある場合は重要。今 bash のヒストリをあさったらこんなのを使ってた: この例の場合、動画開始5秒から 5311 秒を処理している。ほかにもフレーム数で指定することも出来るので、詳しくは --help やドキュメント参照のこと。, 2018-06-24追記: 音声に基づいて同期ポイントを知る方法についてはこれを知って、ここでその成果を使ってみている。, ずっと結構困っていたのだ。何せ q で終了してくれないケースが結構多いからだ。フィルタが複雑になると起こりやすいようだ。が、2つ見つけた。, 一つ目は「チョン切れても再生できるコンテナを選ぶこと」。昔の mpeg1 とかって確かそうだったはずなんだよなぁ、という微かなおぼろげな記憶がありながらも、最近はずっと mpeg4 ばかり相手にしてたんで、これを試そうとしてなかった。うーん、早く試せば良かったよ。マトリョーシカ(拡張子としては mkv, mka、フォーマット指定なら -f matroska)。この場合、Ctrl-C でブチ切っても(少なくとも VLC Media Player は)再生出来る。. そこで、3840×960のサイドバイサイドを一度1920×1920のトップボトムに変換することにしました。 当初は下記の設定でエンコードを行っていました。, ですが、意図する箇所でファイル分割されない問題が発生しました。例えば、10秒ごとにファイルを分割したく設定するのですが、9.9秒あたりにシーンチェンジで検出したKeyframeが入っていると、9.9秒でファイルが分割されてしまいました。, これを避けるために、 音ずれには -async オプションをつければ解決するものやwmvからの変換で起きるものなどありますが、ここでは元の動画が23.976fpsであった場合に生じる音ずれについて説明します。 症状としては「はじめは問題ないのにだんだんズレが大きくなってくる」というものです。wmvからの変換ではないのにこの症状になる人は 以下を読めば解決するかもしれません (wmv等の変換については4.を見てください。) MP4ファイル結合時の音ズレを抑制する為のMP4BOXフロントエンドです。 映像と音声で短い方のDurationを指定して結合する処理を自動化します。 コトの発端はこちら。 ご利用は自己責任でお願いします。 動作環境.NET Framework 2.0 (必須) MacやWindows PCで動画の音ズレを直すには、 音ズレを修正する機能を持つ動画編集の無料ソフトがいい選択です。 それでは、初心者向けの動画の音ズレを補正するソフト2つをお薦めします。 (1)動画の音ズレを補正するソフト~VideoProc ホーム; C#; ネットワーク; WordPress; 日記; 備忘録; ツール; JoinMP4Files; ホーム. ffmpeg で複数動画結合 動機 + 「ついで」 ここで hstack, vstack 使ったついでに Merge Conference Video and Audio call output using hstack ffmpeg 的な、かなり起こりうるニーズのことをやってみよう、つーことである。 一つ前で予告した通り、『たとえばともだちと共同で同じ対象を撮影したとしてだ … ffmpeg -f concat \ -safe 0 \ -i VideoList \ -i audio.mp4 \ -map 0:v \ -map 1:a \ -codec copy \ output.mp4. というのも実は、JIROでも試行錯誤を繰り返していまして...。 ビデオストリームとオーディオストリームの開始時間をずらしてエンコードする方法です。手動の音ズレ調整などに。, なお、実際には意図した時間よりも約1フレーム早くなった。切り出すときと同様、FFmpegでの時間の指定は難しいようだ。, FFmpegでは(グローバルでない)オプションはその次の入出力ファイルに掛かることを注記しておく。したがって、-itsoffset 2.435は-i audio.m4aに対して適用される。, 定期的に興味が移り変わるいきもの。自分が調べた解決法を書いておけば誰かの役に立つという理想を掲げつつ、好きなこと—音楽/DTM/Mac/デジモノ—を書いています。主に楽曲や製品のレビュー。, FFmpegでの動画の結合について以前書いた。 yaritakunai.hatena…, [追記 2020/03/21] 時間指定でいけました。 yaritakunai.hatena…, Wi-FiルーターBuffalo WXR-1750DHP2の無線LAN転送速度を計測してみた, Apple Watch Series 5 (GPS) 40mmアルミニウムを買ったのでレビュー, Command Line Toolsは最新だがbrew doctorでWarningが表示される場合, "moov atom not found": 不完全で再生できないMP4をPythonで復元する, macOS Catalinaで以前のバージョンのiZotope製品をインストールする. FFMpeg、携帯動画変換君の音ズレ. エンコードのパラメータの詳細については、Androidデバイスに最適化した画質とHQ高画質で行った工夫を次章でご紹介致します。, 最後に、分割されている映像を繋ぎ合わせ、音声と結合して1つのファイルを生成します。, ここで、問題なく映像と音声が再生できれば完成なのですがJIROでは音ずれが発生してしまいました。原因は、エンコード前後でトータルのフレーム数が異なっていたことでした。1分割ファイルあたり1フレーム差があると、1時間で最大2秒のずれ。2時間で最大4秒ずれてしまいます。 -c:v copy ビデオコーデックをコピーする(無劣化) 昨今では動画形式のデファクトスタンダードの一つになりつつあるMP4。 年に数回 … 1回のエンコードで複数のファイルをエンコードするために下記のコマンドを使用しています。, 追記: 複数の出力ファイルを生成する場合、filter_complexの処理を統一するようにしています。出力ファイル毎に異なる設定のフィルターを使用すると、フィルターによってはエンコード負荷が高くなる為です。, 上記では3種類のファイルを生成していますが、エンコーダーのスペックに合わせて一度に作成するファイル数を変更しています。 形式が統一されていない場合、最低でもサイズを統一する必要がある。たとえば リサイズはこんな感じ: ほか色々変換が必要な可能性があるが、どこまで ffmpeg が空気読んでくれるかはやってみないとわからんところ。少なくともサイズに関しては全く ffmpeg の concat は我関せずでぶっ壊れた動画を作ってしまうが、ダメなら色々駆使してリエンコードする必要があるだろう(典型的には -r でフレームレート、-ar でオーディオサンプリングレート、-c:v でビデオコーデック、-c:a でオーディオコーデック、ここいらだろうとは思う)。. となります, オプションの -filter_complex "[0:a]atempo=1.0003256[a]" で音声の再生速度を変換しています 出典:mac.eltima.com ビデオストリームとオーディオストリームの開始時間をずらしてエンコードする方法です。手動の音ズレ調整などに。 コマンド例 ビデオに対し、オーディオを2.435秒遅らせる場合。 ffmpeg -i video.mp4 -itsoffset 2.435 -i audio.m4a -map … この時点では無劣化で再エンコードなしの結合方法がうまくいかなかったんですが、その後うまくいくコマンドが分かりました。 「典型的には -r でフレームレート、-ar でオーディオサンプリングレート、-c:v でビデオコーデック、-c:a でオーディオコーデック、ここいらだろうとは思う」と書いたとおりなのだが、「壊れた動画がすぐさま簡単に作れます!」という意味だと、どうやらサイズ(解像度)とともに「フレームレート」が一番の主犯のようだ。, サイズ違いの場合は「映像が壊れる」のだが、フレームレート違いの場合は、「同期が壊れる」。実際にやってみればわかるが、たとえば「絵の方だけ早送りみたいなヘンな動画」になる。てわけで、「解像度とフレームレートだけは最低限統一しておくべし」てことなのだろうなと思う。たぶんサンプリングレートもこれにあたるんじゃないかとは思うが、今のところワタシは偶然これでは問題起こしてない。, 2018-06-29追記: ffmpeg で動画の頭とかお尻にパディングに simple_stack_videos_by_sound_track の件を追記しておいたのだが、これを作りながら気付いたことがいくつかあった。, 出力のサンプリングレートを強制するには aresample を使えばいい。これは simple_stack_videos_by_sound_track の中でやってるので、みてもらったらいい。, あと SAR (setsar=1) しないと壊れるというパターンもあった。何が起こってるのかよくわかってないんだけれど、解像度がヘンなもの、たとえば 10×18 みたいな酔狂なものを扱おうとすると、setsar=1 しないと ffmpeg がエラーで死ぬ。これも simple_stack_videos_by_sound_track の中でやってる。. …つーことではなくて。「スラッシュスラッシュ」言ってる時間帯を観察してみてちょ。絵が動いておらんでしょう? -safe 0 セーフモード解除(インデックスファイルのパスを絶対パスで指定しない場合は不要らしい) MP4を結合時に音ズレを防ぐ方法と簡易自動化ツールの紹介。 フォローする. 続いてサイドバイサイド(アスペクト比4:1)ですが、こちらは少し複雑です。 2Dで最大9種類。VRでは最大18種類のビットレート・画質違いのファイルを生成しています。 結局、シーンチェンジのタイミングではKeyframeを挿入する必要はなく、I-frameで十分画質が向上したので、上記の案は採用しませんでした。, それでは、実際に使用しているKeyframeとI-frameの挿入を調整するエンコードコマンドをご紹介致します。 x = (音声の再生時間)/(映像の再生時間) FFmpegは、オーディオとビデオの記録、変換、およびストリーミング機能を実行できるオープンソースの無料ソフトウェアです。簡単に言うと、このソフトは無料で使える動画および音声のエンコーダである。この記事は、FFmpegをWindowsでインストール、実行する方法を説明します。 (この区切りが動画ファイルの区切りと合っていないことも多いので、一旦結合した), ffmpegで特定部分の切り出しは可能ですが、該当する部分のタイムスタンプを取得する必要があります。, 色々方法はあると思うのですが、ボクは簡単にいつも使っている動画プレイヤー「VLC」で再生して該当部分のタイムスタンプをメモしておきました。, 【オプション解説】 もう一つの解も本質は一緒だったりするのだけれど、ffmpeg が標準出力に吐き出して、ffplay が標準入力を食べるようにする。ここでもマトリョーシカ: 出力ファイルを作りつつ ffplay でも再生する。ただこれ、「ffplay だけ終了」出来ない、と思う。のでやはり「お試し」でしか使えない技、ということになる。それでもまぁ「そもそも全部エンコード終わってみないことにはうまくいってるのかどうかがわからない」状態から較べれば微かに何億倍もマシ。. MP4結合時の音ズレを防止. 次にトップボトム(アスペクト比1:1)です。 FullHDの解像度は、1920×1080なので、トータルのピクセル数と縦・横のサイズを範囲内の1080×1080として検証を進めていました。ですが、それではFullHDと比べても画質が落ちたので、トータルのピクセル数のみをFullHDと同等となるように1400×1400とすることで、再生も可能で画質もFullHDと同等になりました。 プログラムでエンコードコマンドを生成していたためコマンドの長さは意識していなかったのですが、まさかそこまで長くなっているとは思っていませんでした。皆さん、気を付けましょう。 この設定で高画質化が期待できるかもしれないので、60fpsで再生させるために解像度を落とされている方はぜひ試してみてください。, 弊社では、Windows VRではVP9を使用していますが、ほとんどのエンコードをH.264で行っております。今後、さらなる高解像度化を進めていくにあたり、AV1など新たなコーデックの採用も検討しながら、より一層高画質で安定した配信を目指しますので、引き続きよろしくお願い致します。. どうも絵の方は「先に行って待ってる」らしい。そうじゃないだろ、と思うのだが…。(だって音の方は意図通りなんだもの、なんじゃそりゃ、て思うさそりゃ。), なんとかしてみようといくつか試してみたけどダメだったので、これは諦めた。これがどうしても気になる場合はもう trim して開始を揃えてしまうのがいいと思う。(各々 -ss やらで切り取ったものを入力としてしまう、てこと。今の例の場合は「スラッシュ…」言ってる部分を切り取ってしまう。), 頭にパディングするアプローチを書いた。上の「気に喰わない」がこれなら「気に喰う」結果になることは言わなくともわかるとは思うけれど、行うはキヨシ、結構ダルい。, 一番音声が理想的なもの一つだけを取ればいいのだ、みたいなこともあると思う。実際の撮影動画で音割れしちゃってて使い物にならないようなものを「混ぜたい」わきゃぁねいのであって。. -ss {開始時間} 切り出しの開始時間を指定。-iより前に置くのがポイントらしいです [0:v]scale=iw/2:-1,setpts=PTS-STARTPTS+1.9/TB[0v]; [1:v]scale=iw/2:-1,setpts=PTS-STARTPTS+1.0/TB[1v]; [2:v]scale=iw/2:-1,setpts=PTS-STARTPTS+1.0/TB[2v]; [3:v]scale=iw/2:-1,setpts=PTS-STARTPTS+0.0/TB[3v]; [1:v]scale=iw/4:-1,setpts=PTS-STARTPTS+0.0/TB[1v]; [0v][1v]overlay=(W - w - 50):(H - h - 50)[v]; color=c=black:s=960x540:d=6.136[prepadv0]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=6.136 [prepada_l0]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=6.136 [prepada_r0]; [prepada_l0][prepada_r0]amerge=inputs=2[prepada0]; [prepada0][0:a] concat=n=2:v=0:a=1 [ac0]; color=c=black:s=960x540:d=0.496[postpadv1]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=0.496 [postpada_l1]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=0.496 [postpada_r1]; [postpada_l1][postpada_r1]amerge=inputs=2[postpada1]; [v1][postpadv1] concat=n=2:v=1:a=0 [vc1]; [1:a][postpada1] concat=n=2:v=0:a=1 [ac1]; color=c=black:s=960x540:d=13.218[prepadv2]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=13.218 [prepada_l2]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=13.218 [prepada_r2]; [prepada_l2][prepada_r2]amerge=inputs=2[prepada2]; color=c=black:s=960x540:d=13.778[postpadv2]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=13.778 [postpada_l2]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=13.778 [postpada_r2]; [postpada_l2][postpada_r2]amerge=inputs=2[postpada2]; [prepadv2][v2][postpadv2] concat=n=3:v=1:a=0 [vc2]; [prepada2][2:a][postpada2] concat=n=3:v=0:a=1 [ac2]; color=c=black:s=960x540:d=6.095[prepadv3]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=6.095 [prepada_l3]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=6.095 [prepada_r3]; [prepada_l3][prepada_r3]amerge=inputs=2[prepada3]; color=c=black:s=960x540:d=5.151[postpadv3]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=5.151 [postpada_l3]; sine=frequency=0:sample_rate=44100:d=5.151 [postpada_r3]; [postpada_l3][postpada_r3]amerge=inputs=2[postpada3]; [prepadv3][v3][postpadv3] concat=n=3:v=1:a=0 [vc3]; [prepada3][3:a][postpada3] concat=n=3:v=0:a=1 [ac3]; [prepada3][3:a][postpada3] concat=n=3:v=0:a=1 [ac3], Merge Conference Video and Audio call output using hstack ffmpeg, How to concatenate (join, merge) media files, http://hhsprings.pinoko.jp/site-hhs/wp-content/uploads/2018/06/i1.mp4, http://hhsprings.pinoko.jp/site-hhs/wp-content/uploads/2018/06/i2.mp4, http://hhsprings.pinoko.jp/site-hhs/wp-content/uploads/2018/06/i3.mp4, http://hhsprings.pinoko.jp/site-hhs/wp-content/uploads/2018/06/i4.mp4, http://hhsprings.pinoko.jp/site-hhs/wp-content/uploads/2018/06/merged1.mp4, http://hhsprings.pinoko.jp/site-hhs/wp-content/uploads/2018/06/merged2.mp4, http://hhsprings.pinoko.jp/site-hhs/wp-content/uploads/2018/06/merged3.mp4, http://hhsprings.pinoko.jp/site-hhs/wp-content/uploads/2018/06/i2n.mp4, http://hhsprings.pinoko.jp/site-hhs/wp-content/uploads/2018/06/merged4_.mp4, 完遂 (Re: the way to detect sync time of two audios の皮算用), the way to detect sync time of two audios の皮算用, ffmpeg で静止画から動画 Second Edition Version 2.31, 音にあわせてシェイクするような動画を作りたいと思うも…(ffmpegとpyavで), 困るなぁ:「tkinter.TclError: No more menus can be allocated.」, askopenfilename @ tkinter の話ではあるんだけれどもそうでもないような気もする, Free で使える cloud storage service な続、とくに Degoo な話, どうせ和布蕪るなら、の続き (mecabrc のあまりの使いにくさに悶絶した結果), どうせ和布蕪るなら、の続き、らしいのだぜ (ライブラリらしい利用の続きらしいのだぜ), どうせ和布蕪るなら、続き (myoujijiten.web.fc2.com の利用), どうせ和布蕪るなら、続き (「読み」から「発音」を生成、出来たような出来てないような).

.

35 歳 ファッション通販 5, ウイニングポスト 9 2020初期馬 14, Safari アプリ起動 方法 5, 嘉 風 性格 18, Java Pdf Library 5, 上 靴 絵の具 落とし方 6, スタンガン 猫 動画 8, Iphone メール 脆弱性 対策 8, 明日晴れるかな 歌詞 ふりがな 5, 妊娠中 Alt 高い 6, Gta5 オンライン 武器拾う 21, 認知症 一人暮らし 身寄りなし 12, Firebase 無料 超過 5, Twitter ライブ 視聴 バレる 30, Recentral 4 キャプチャーデバイスが使用されています 9, マークローザ M7 両立スタンド 8, マカフィー ウェブアドバイザー ポップアップ 4, A列車で 行 こう Pc Mod 4, Zoom 招待の仕方 Iphone 5, Android Auto対応 モニター 4, Freee 振替 休日 4, グラブル ティターン 攻略 15, オンラインゲーム 嫌がらせ 弁護士 8, ウエストサイド ストーリー 映画 マリア 4, ホンダ 社員 割引 ヴェゼル 6, Ark スコーチドアース 水晶 12, オメガ 正規店 東北 7, 猫トイレ スロープ 手作り 5, 中学 理科 仕事 計算問題 24, 胸 強調 コーデ 11, ニューエラ キャップ ダサい 12, ポケモンgo Niantic ログイン できない 21, 折り紙 立体 かっこいい 4,