//日付オブジェクトを作成する var ss = dd.getSeconds(); } More than 1 year has passed since last update. 時間帯を小数点付きの時間で足し算して、25時などの当日扱いの日付で取得したいのですが、 w_day[6] = "土";

ボタンをクリックして下さい。

var dd = new Date(2017, 5, 6, 7, 8); //日付オブジェクトを作成する 時分秒(hours, minutes, seconds)を「hh:mm:ss」でフォーマット(format)する , まず、日本語の曜日を入れる配列の「w_day」を作成します。 var dd = new Date(); if (i < 10) { var hh = dd.getHours(); //「時」を取得する 時刻の桁合わせを関数で処理する方法, 3.1.

ボタンをクリックして下さい。

本コラムでは、日付(Date)オブジェクトから取得した日付と時刻、曜日をフォーマット(format)する方法について解説します。日付(Date)オブジェクトの基本については、「JavaScriptで日付や時刻を表示する方法」で説明していますのでご参考下さい。, 1.1. 本コラムでは、日付(Date)オブジェクトから取得した日付と時刻、曜日をフォーマット(format)する方法について解説します。日付(Date)オブジェクトの基本については、「JavaScriptで日付や時刻を表示する方法」で説明していますのでご参考下さい。, 1.1. w_day[5] = "金"; ということで、不定期更新というか最近更新していませんが、JavaScript や VBScript などを紹介していきますのでご参考になれば幸いです。 時間表示形式チェック. } var YYYY = dd.getFullYear(); var dd = new Date(); pelem032.innerHTML = "今日は" + day + "曜日です。"; //日付オブジェクトを作成する timeにaddhourを加算して、「25:30」となるようなコードの組み方のご教示をお願い致します。, teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。, 評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。, 上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。, 2018/11/06 19:10 編集, 30:00とか50:00で表示したいです。ありえないですが99:00まで表示します。 } var pelem023 = document.getElementById("date023"); 0, 回答 var ss = toDoubleDigits(dd.getSeconds());

//段落タグ("date022")の中身を置き換える pelem031.innerHTML = "曜日データー:" + day;

JavaScript 入門

if (hh < 10) { if (i < 10) {

JavaScript 入門

//日付オブジェクトを作成する var year = dd.getFullYear(); //5年後の日付データーから「年」を取得する var mm = dd.getMinutes(); 「年」を「getFullYear()メソッド」、「月」を「getMonth()メソッド」、「日」を「getDate()メソッド」で取得し、各々の数値を変数の「YYYY」、「MM」、「DD」に代入しています。 3.2. getDay()で取得した曜日を日本語でフォーマット(format)する, JavaScriptの日付(Date)オブジェクトを使って、現在の日付を西暦4桁の「YYYY」、月「MM」、日「DD」の「YYYY/MM/DD」形式でフォーマットしてブラウザーに表示する方法をみてみましょう。, 「年月日」のフォーマット(format)に使う日付(Date)オブジェクトのメソッドは以下の通りです。, getFullYear()メソッドの詳細は以下ページをご確認下さい。 プログラム:"yyyy-MM-dd hh:mm:ss" 形式で整形する 先のプログラムで"yyyy-M-d h:m:s"形式で整形できましたが、実用では"yyyy-MM-dd hh:nn:ss"形式に変換したいことが多いです。以下では、"yyyy-MM-dd hh:mm:ss" 形式で整形するコードを紹介します。 コード 日付(Date)オブジェクトから「曜日」データーを取得する - getDay()メソッド 0, 回答

Introduction to JavaScript }, ボタンをクリックすると「時」、「分」、「秒」の前に0がついて2桁になり「07:08:00」と表示されます。, Dateオブジェクトから「曜日」データーを取得するにはgetDay()メソッドを使います。, 「date032.html」をPC上の任意の場所に保存して下さい。ファイルの保存形式は「utf-8」にします。, ●日(Date)を取得するgetDate()メソッドド, 1.2. function dateFunction031() { //日本語の曜日データを入れる配列を作成する 時分秒(hours, minutes, seconds)を「hh:mm:ss」でフォーマット(format)する, 3.1.

//「秒」を取得する こんにちは!Webコーダー・プログラマーの貝原(@touhicomu)です。 今回はJavaScriptにおける日付の加算(減算)方法について解説していきます。JavaScriptの日付の計算は扱いが独特で、初学者の方はその方法に悩まれることが多いですよね。そこで本記事では 基本的な加算・減算方法 ・・・省略・・・

ここに現在の「時刻」が表示されます。

//「秒」を取得する var pelem031 = document.getElementById("date031"); 配列変数の角括弧の中の数字を添え字と呼びます。「添え字」は、0から始まりますので、getDay()メソッドで取得する曜日の数字と照らし合わせると分かり安いと思います。, 日付(Date)オブジェクトのgetDay()メソッドで取得した曜日データーを配列の「添え字」として指定します。getDay()メソッドの値が「3」だった場合は、「 w_day[3] 」となりますので、変数「day」には、「"水"」が入ります。, 「id属性」が「"date032"」の段落に、作成した文字列を置き換えて表示します。, function dateFunction032() {
w_day[3] = "水"; }, 条件文をつけない場合は「6:7:8」と表示されますが、桁合わせのコードを追加していますので、「06:7:8」と表示されます。, 2.2の時刻に0を付けるJavaScriptのコードでは「時」の処理のみ条件文を使って2桁にしていました。その他の「分」や「秒」も0をつけて2桁に合わせてみましょう。コードの書き方は、以下のコードのように条件文を増やすなど幾つかの方法がありますが、本節では、同じような処理をまとめて処理できる「関数」を使って処理する方法を学習します。,