Jumper EZBook 3 Pro(Celeron N3450): 1,965 これから人気が出てくるのでは!と期待している中国の格安パソコンメーカー「Jumper」のノートパソコン「Jumper EZbook 3 Pro」を買ってみました!すごくおすすめなんですが、まさかの返品することに。メリット・デメリット・ネットの評判など、現在わかっていることをすべてまとめました!

Original Jumper EZpad EB – win11 – 1 EZpad 6 Keyboard – GearBest.com.

アマゾンでは、ASUSの2in1PC「TransBook T101HA」やノートPC「VivoBook E200HA」が人気で、どちらもEZpad 6と同じCPU(Atom x5-Z8350)を搭載しています。価格はTransBook T101HAが39,800円 … VOYO VBook V3(Pentium N4200): 2,369 ドスパラ Diginnos DG-D09IW2SL(Atom x5-Z8350): 1,509, スコアの方は「まずまず」といった感じです。Celeron N3450ではT-bao Tbook Airが非常に高いスコアになっていますが、読者からの情報によれば「クロックスピードを上げている」ということなので、同じCeleronでもメーカーの調整によって結構スコアが変わってくるということですね。, EZPad 6 Proの場合、Celeron N3450機として中位くらいのスコアになっていると思いますし、テストを通じて筐体の発熱量も大きくはなかった(背面が多少熱を持つ程度で、さわってみて「ぬるい」と感じる程度)ので、バランスとしてはいいほうなのではないか、と思います。, Jumper EZPad 6 Proは中国の通販サイト「geekbuying」で販売中で、8月31日現在の価格は189.99ドル(21,281円)、キーボード込みの場合は219.99ドル(24,641円)です。今回の試用ではキーボードは試していませんが、3,000円強の追金で済みますので、一応一緒に買うという選択肢もあると思います。, この製品はスペック的には中華ノートの「2017年の流行りのスペック」と同等で、タッチ対応のディスプレイが装備されます。EZPad 6(無印)の試用経験から、専用キーボードをセットすればクラムシェルノートとほとんど変わらない使用感を得ることもできると思います。また、ウインタブの読者であればモバイルキーボードを複数持っている人も珍しくないと思いますので、タブレット単体に手持ちのモバイルキーボードを接続して使う、という手もあるでしょう。, 私自身、もともとはWindowsタブレットの情報サイトとして認知されたい、という思いからウインタブを開設したにも関わらず、最近ではキーボードつきのノートPCの使用頻度がすっかり上がってしまいました。実際のところ、10インチを越える大型タブレットは現在常用していません(Chuwi Hi 13が手元にありますが、電源ボタンに不良があり、常用するのが難しい状態です)。しかし、今回EZPad 6 Proを試用してみて「いいなあ、大型タブレット」と改めて感じました。, 試用中、いつも使っているバックパック(リュックサック)にEZPad 6 Proを放り込んで出先で使ってみたり、自宅で膝の上に乗せて音楽を聴いてみたりと、レビューとは思えない自然体で付き合ってみましたが、改めて思うのは「いいぜ!Windowsタブレット」ということでしたね。11.6インチあれば、特にタブレットモードにすることもなく、通常のモードで問題なくタッチ操作ができますし、誤タッチの頻度も非常に少なかったです。, 中華ノートの購入を検討している人には「こういう選択肢もあるぜニヤリ」と言ってみたいですねw. パット見こんな安いとは分かりません。性能としては必要十分です。総合的にとてもコスパの良い商品だと思います。, 安かろう悪かろうではなく、安くても3Dゲームや動画編集など重たいことをしなければ十分使えるといった口コミが多かったですよ!, Jumperの「EZbook X7」は13.3インチで約1.3kg、先述したモデルに比べて全体的な若干スペックが高く、見た目もMacbookに似ていて高級感があります。, EZbook X3より2千円ほど高くなりますが、CPU性能があがり、バッテリー駆動時間もアップしています。, 重量も1.3kgと持ち運びやすいので、一般用途や大学生、ビジネスマンにも使いやすいノートPCと言えます。, Jumper EZbook X7はビジネス用途でも使えるし、もうコスパがやばすぎるという口コミが見られました!, 製品に対してあまりネガティブな口コミはないんですよね。徐々に頭角を現してきそうなメーカーですねえ。, Jumperの「EZbook X4」は14.1インチで約1.3kg、先述したEZbook X3、3Proの高スペックバージョンです。, EZbook X3より一回り大きい14インチサイズですが、重量は約1.3kgと非常に軽量で作業もしやすく持ち運びにも適しています。, ただ、バッテリー駆動時間が約5時間程度と短いので1日中フルで使いたい人はAC充電器も携帯する必要があり、持ち運び時はやや重たくなります。, しかし、3万円前半でこのスペックのノートPCはコスパがとても良いのは間違いないです。, 中華のJumper ezbook x4を仕事で使ってますがoffice、web閲覧、動画鑑賞くらいなら問題ないですね。 タブレット実機レビュー, こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回は中国の11.6インチサイズの大型タブレット「Jumper EZPad 6 Pro」の実機レビューです。ウインタブでは以前「EZPad 6」の実機レビューをしていたこともあり、当初は「あんまり新鮮味がないなあ」と思っていました。でもCPUなどのスペックは大きく変更されていますし、筐体も別設計となっていまして、名称こそ「EZPad 6のマイナーチェンジ版」を感じさせますが、完全に別物となっています。また、この製品には別売りで専用のヒンジつきキーボードが用意されていますが、製品そのものは「タブレット」です。そして、タブレット専用機としては非常に新しく、高いスペックになっているのも気になるところ。, なお、この製品は中国の通販サイト「geekbuying」に提供していただきました。geekbuyingにはこの場にて御礼申し上げます。ありがとうございました。, OS: Windows 10 Home 64ビット バッテリー: 9,000mAh こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。中国のTV Box「PIPO X10」の試用機が中国の通販サイト「Banggood」から送ら... こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回は中国の14インチモバイルノート「Teclast F7 Plus」の実機レビューです。ウ... ウインタブでも実機レビューをし、またウインタブのセール情報記事には欠かせない存在でもあるUMPC「One Netbook One Mix... GPDが新しいコンセプトのUMPC「GPD Micro PC」を2月15日にクラウドファンディング「INDIEGOGO」に出品します。こ... こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。単一型番の製品としてはおそらく「oBook 10」がいちばんよくウインタブで紹介している中国... ウインタブでも何度か記事で紹介したことのあるGPD WIN 2ですが、日本における正規代理店である「株式会社 天空」が3月7日から予約受... 中国メーカー「Teclast」の11.6インチSurfaceタイプ2 in 1「X4」を紹介します。先日ライターのnatsukiさんがC... こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。速報ベースの記事なので手短にお知らせします。UMPC「One Mixシリーズ」でおなじみの中... Windowsタブレットの一番のライバルは、キーボードを付けた自分自身ですから…  EZPad 6: 290 × 180 × 10 mm / 重量 700 g(実測値720 g) ドスパラ Diginnos DG-CANPC(Atom X7-Z8700): 2,618 Jumper EZBook Air(Atom X5-Z8300): 1,929 マウス m-Book C(Celeron N3450): 2,075 ドスパラ Altair VH-AD3(Celeron N3450): 2,652 タブレットとして使ってると楽しいんですけど、一度キーボードを付けてしまうとあまり取り外さなくなってほぼノートpc。, とは言え、スマホで撮った縦の画像や動画を見たり、電子書籍を単ページで見たりとタブレット形状は中々便利ですけどね。, JumperのノートPCは8mmベゼルとかできるのにタブレットはなぜこんなにベゼル分厚いのだろう?, 私も購入してまずまずの使用感かと思っているのですが、充電についてACアダプタからしかできないですよね? Chuwi Hi 10 Plus(Atom x5-Z8300): 1,628 Teclast X22 Air(Celeron J3160): 2,257 IT機器の仕入先を探している企業様. Jumper EZpad mini 3(Atom x5-Z8300): 1,717 某リンゴ会社の”あれ”に外観そっくりなノートパソコンEzbookを発売し、何かと話題に上ることの多い中国の電子機器メーカー「Jumper」(ジャンパー)。お次は、11インチの2in1ノートパソコン「EZpad 6」を発売したようです。, 以前にも、JumperからはEZpad 5sとEZpad 5SE(うーん…どことなく漂うリンゴ臭…)という2in1デバイスが発売されてきましたが、いずれもSurfaceのようなキックスタンド+キーボードカバー着脱型です。対し、今回発売されたEZpad 6は、キックスタンドの無いキーボード分離型で、よりノートパソコンらしい構造となっています。, しかし、EZpad 6専用のドッキングキーボードは同梱されず、EZpad 6をノートパソコンとして使うには本体価格に50ドルほど上乗せする必要があるようです。ディスプレイはタッチ操作対応なので、タブレットとして使うなら問題無いのですが、どうせならキーボードもセットで販売して欲しかったです。, EZpad 6のプロセッサは、IntelのAtom x5-Z8350を採用。Z8350はZ8300の強化版で、どちらもCherry Trail世代のCPUですが、Z8350はターボブースト時のクロックが上がっているため、僅かに性能は向上しています。, Z8350やZ8300は、中華タブレットにおいてはもはや定番といっても良いでしょう。最近では中華タブに限らず、格安ノートパソコンでも採用される例が多くなってきました。, Atomプロセッサの消費電力は他のIntel CPUよりも格段に低く、スペックよりも低消費電力化に重きを置いています。そのため、EZpad 6のような小型ノートパソコンでも長時間駆動が見込めるのです。, 筆者は現在、Z8300を搭載した「CHUWI Hi10 Plus」という中華タブレットを使っていますが、お世辞にもハイスペックとは言い難い印象。クリエイティブな作業やゲームには不向きですが、ネットサーフィンや動画視聴などの軽作業に限定すればそこそこ使えるといった感じです。, CPUだけでなく、ストレージとメモリも中華タブレット同等です。中華タブに慣れている方なら、不満を感じることは無いでしょう。, EZpad 6は、64GBのeMMCストレージを内蔵しています。最近よく見かけるデュアルOSではなくWindows 10のみで、ストレージをフルに使えるのは良いところでしょう。, メモリは4GB DDR3Lと、これもまたごく一般的。軽作業であれば十分な容量です。, Ezpad 6では、以前発売されたEZpad 5sやEZpad 5SEのようなカバータイプのキーボードではなく、着脱型のドッキングキーボードを採用しています。本体の後ろから飛び出るキックスタンドが撤廃されて、ヒンジ部分は本体と同じメタリック仕上げなので、よりノートパソコンらしい形体となりました。, 本体とキーボードの接合は、本体下部とキーボードヒンジ部に備えられたコネクタが担います。ヒンジ部左右にはマグネットが取り付けられており、簡単に着脱が出来る仕組みになっているようです。, 液晶内蔵の本体には、Micro USBx1、Micro HDMIx1、Micro SDカードスロットx1、オーディオ端子x1が搭載されています。これは、中華タブレットにありがちな構成です。, 加え、ドッキングキーボードの左右側面には2つのフルサイズUSB 2.0ポートが搭載されており、本体と合体させることで機能します。, キーボード下トラックパッドは小さいので、より快適に作業するなら無線のマウスが欲しいところ。USBレシーバー方式の無線デバイスを接続する際に、キーボード側面のUSBポートは重宝しそうですね。, EZpad 6の価格は通販業者によってまちまちですが、およそ2万円で購入可能です。, 当ブログで度々登場するGearBest(ギアベスト)では、EZpad 6の登場に合わせてプリセールを実施し、現在は先着100台限定で189.99ドル=約22,000円で販売されています。, 一つ注意しなくてはならないのが、EZpad 6にキーボードは同梱されないという点。GearBestの製品ページでも「The keyboard in the pictures is not included」と太文字で明記されているので、ノートパソコンとして使うには別途ドッキングキーボードを購入する必要があります。, しかし困ったことに、記事執筆現在はGearBestにて専用キーボードの販売がなされていません。電子機器を取り扱う通販サイト「Geekbuying」を調べたところ、51.79ドル=約6,000円で販売されていたので、今後GearBestでもほぼ同価格で販売されると予想しています。, Original Jumper EZpad 6 Magnetic Docking Keyboard – Silver – GeekBuying.com, 【2016年12月16日追記】先ほどGearBestのページを再確認したところ、専用キーボードの販売が開始されていました。価格は38.72ドル=約4,500円で、Geekbuyingよりもお安くなっています。, また、本体とセットで購入する場合、本体189.99ドル + キーボード38.72ドルで合計228.71ドル=約27,000円となります。, Original Jumper EZpad EB – win11 – 1 EZpad 6 Keyboard – GearBest.com, アマゾンでは、ASUSの2in1PC「TransBook T101HA」やノートPC「VivoBook E200HA」が人気で、どちらもEZpad 6と同じCPU(Atom x5-Z8350)を搭載しています。価格はTransBook T101HAが39,800円、VivoBook E200HAが30,990円。, 対し、EZpad 6はキーボード込みで3万円以下で買えるので、より安くコスパの良い2in1をお探しの方へオススメできます。, 「海外ガジェットは面白そうだけど、個人輸入には不安を感じる...」と、いまいち踏み出せない方へ。GearBestの使い方や決済方法について下の記事にまとめていますので、参考にして頂ければ幸いです↓, 記事に関係あることでしたら、なんでもお書き下さい!頂いたコメントは公開前に管理人が一読し、問題がなければ承認します。, 誠にお恥ずかしながら、たまに記事の誤記などを指摘して頂くことがあり、とても助かっております。どんなに小さなミスでも構いませんので、もし誤記や誤報を見つけましたらぜひお知らせ下さい。, 批判には誠意をもって対応致しますが、アンチはスルーします。スパムはシステムのフィルターに引っ掛かるため、確認すらしていません。スパムは嫌いです。, パソコンやスマートフォンなど、デジタルガジェットに関するレビュー記事やお買い得情報を発信しています。中華製のガジェットを重点的にレビューしており、お気に入りは「中国のアップル」ことXiaomi(シャオミ)です。, このブログは以下のアフィリエイトシステムを導入しています。提携先は運営情報に記載しています。得た収益は、レビュー記事制作へ積極的に投資し、更なるコンテンツ拡充を図っています。, pasojuさんのTwitter (@blogpasoju) GOLE 1(Atom x5-Z8300): 1,556 ドスパラ Diginnos DG-D10IW3SL(Atom Z8350): 1,732 2017/8/31 Jumper EZPad 6((Atom x5-Z8300): 1,536 Onda Xiaoma 41(Celeron N3450): 1,842 MINIX NEO Z83-4(Atom x5-Z8300): 1,683 コストパフォマンスは良好.

© 2020 pasoju(パソ充).

.

ドラゴンズドグマ 竜王の指輪 贋作 5, ロイヤリティ ファーマ Ipo 楽天証券 6, 砂の器 2019 動画 5, 上沼恵美子 愛犬 きき 5, コンビニ ワンオペ 違法 4, 有機化学 構造決定 難問 56, ダイソー 素焼き鉢 水槽 38, ジューク 中古 おすすめ 6, Ff14 詩学装備 70 10, アムウェイ ゆうちょ 登録 方法 5, あつ森 メッセージカード 例文 5, Apex ボーダーレスウィンドウ Fps 4, 蚊 撃退 庭 6, 横浜市 保育料無償化 2 人目 16, Tokio 山口 打線 30, 退職 伝えた後 気まずい 9, 用尺 計算 アプリ 22, ポカリ 味が違う 体調 5, Z会 塾 どっち 9, Direct Mount Ksa Kickstand 7, 株 エクセル 管理 6, 高山 質店 値引き 交渉 10, 日能研 日特 2020 11, 中学受験 国語 記述 6, ココイチ 600g カロリー 4, トランプ 意味 占い 43, ポケモン剣盾 大会 結果 10,