sql-server documentation: 動的PIVOT. PHP変数のSQL動的列名? 17. Thanks for your answer, but I forgot to mention that I already tried 'PIVOT XML' but for some reason, I don't know, it cuts of my output after something like 80 characters. デバイスでのパフォーマンス分析を自動化する新しいツールArm Mobile Studio, "FOR ~ IN ()"の"IN"内で指定された値、但し別名指定がある場合はその別名, "FOR ~ IN ()"の"~"に指定された式に対する別名、但し別名指定がない場合は値なし, you can read useful information later efficiently. 10/14/2019; この記事の内容. Thanks for your answer, but I forgot to mention that I already tried 'PIVOT XML' but for some reason, I don't know, it cuts of my output after something like 80 characters. 13 Oracle動的SQL. It also makes the PIVOT a まず、 pivot xmlを使用して動的にピボットするには、解析する必要があります。 変数に列名を格納し、動的SQLに以下のように渡すことで、これを行う別の方法があります。 以下のようなテーブルがあると … SELECTの結果を"複数列"行列変換する(PIVOT) 文書番号:20255. SQL-like なクエリ言語ならどこでも使える書き方です。 Pivot SELECT uid , max ( CASE WHEN key = 'c1' THEN value END ) AS c1 , max ( CASE WHEN key = 'c2' THEN value END ) AS c2 , max ( CASE WHEN key = 'c3' THEN value END ) AS c3 FROM vtable GROUP BY uid ; I'm kinda stuck. 一つ目のsqlでは、"月別合計"といったように、既に"月単位でのgroup byが施されているデータ"を対象にpivotを掛けていました。 しかし、そのような2段階の集約をする必要はなかったわけで …

oracle sqlの動的ピボット (4) . 気がきいていればsqlを外部ファイルに切り出すかもしれませんが、初心者の普通の発想としては動的に文字列生成してsqlを構築しようとする事がほとんどだと思います。 したがって、通常はコードの中でsqlクエリを文字列結合で生成することになるはずです。 SQL ServerのPIVOT句・UNPIVOT句... 50,611ビュー 正規表現を覚えよう!サクラエディタでのgrep結果の編集... 46,674ビュー PostgreSQLの実行計画について調べてみた... 40,911ビュー Windows PowerShellを使ってデータファイルを圧縮... 36,291ビュー HTMLとCSSでパララックスページを作ってみよう... 30,193ビュー 人気の記事.

Licensed under cc by-sa 3.0 with attribution required. The basic syntax of the procedure will be: This will gives a result similar to this: This may or may not help you, but with PIVOT XML instead of the simple PIVOT you can do what you want. 例. PIVOTクエリの1つの問題は、列として表示する場合は、 IN選択内のすべての値を指定する必要があることです。この問題を回避する簡単な方法は、 PIVOT動的にする動的なIN選択を作成することです。 デモンストレーションのために、 Bookstoreのデータベースにあ … Can't there be a SELECT in the pivot_in_clause or am I doing it wrong? – Chris.V 21 6月. Help us understand the problem. Why not register and get more from Qiita? with a subquery, or the ANY wildcard. Oracleに格納された情報を抽出して、あるツールに流し込みたいという状況でした。元データの格納形式は、いわゆる行持ちデータ。受け取り側のツールが要求する形式は、いわゆる列持ちデータ。元データの形式と、受け取り側のツールが要求する形式が合っていない。SQLを工夫するだけで対応できないか、というものでした。, ちょうどPIVOTでできそうだということを説明して、説明したことをまとめてみました。, 会社の題材をそのまま使うわけにはいきません。少し題材を変えていくつか例示しながら説明します。, 例によって、確認環境は少し前に作ったOracle 11g XE on Linuxです。, "品物"&"色"単位でグルーピングして1行に集約、行方向に伸びていた"年月"を列方向に伸ばして、交差する場所に月別合計金額を抽出します。以下の変換図を見ると理解しやすいのではないでしょうか?行持ちデータ、列持ちデータと呼ばれる所以が分かると思います。, "品物"&"色"単位でグルーピングして1行に集約、行方向に伸びていた"年月"を列方向に伸ばして、交差する場所に"月別合計金額"を抽出するというものでした。, 交差したエリアに出力する"月別合計金額"は、PIVOT内、"FOR"の前に指定した集約関数内で使用している項目です。, "品物"と"色"は、PIVOTの中で指定されていません。そして、指定されていない"品物"&"色"単位で暗黙的に集約されます。, その結果、例えば"品物='AAA' AND 色='○'のレコードは、3行から1行に集約される動きとなっています。, AMOUNTには、集約関数SUMが施されています。上のSQLを見る限り、このSUMは一見不要なように見えます。, 以下のSQLを考えてみましょう。これは、上に書いたSQLのうち、"品物='AAA' AND 色='○'のレコードを抜き出し、レコードを増やしたものです。, 一つ目のSQLでは、"月別合計"といったように、既に"月単位でのGROUP BYが施されているデータ"を対象にPIVOTを掛けていました。しかし、そのような2段階の集約をする必要はなかったわけです。明細データをPIVOTに直接渡せば、PIVOTが"集約"したうえで"行持ちデータを列持ちデータに変換"してくれるわけです。だからSUMが必要、というわけです。, 例えばあるサイトでは"平均がテーブルに入ってる時点で恣意的な例"と書いてあったりします。これなんかも、明細データを対象に"PIVOT(AVG(value) FOR kamoku_key)"といったようにすれば、"既に平均値を求めてあるデータ"を対象にするのと同じ結果が得られます。, とはいえ、PIVOTは"行持ちデータを列持ちデータに変換する"ためだけに使う、集約はPIVOTに渡す前に明示的に"GROUP BY"する、とするほうが分かりやすいようにも思います。, それというのも、暗黙の"GROUP BY"の制約があるからです。明細取得時に余分な項目を含めてしまうと、その項目も暗黙の"GROUP BY"の項目となってしまいます。そのため、明細の抽出列を事前に絞っておく必要があります。そして、列を絞るなら、その段階で集約もしておくほうが分かりやすいだろうということになります。, こういった背景を理解せずに、"なんかよく分からんけど適当な集約関数、例えばMINとかつけておけばいい"というようなことをしないように心がけたいところです。, PIVOTでは、行列変換する値の部分を、複数の項目にすることができます。前項では"月別合計金額"だけを出力していました。ここに"月別件数"を追加することにします。, 元データは以下のようなものです。なお、前項に"事前に集計しておく必要はない"と書いています。しかし、ここでは理解しやすくするために事前に集計した想定で書いています。, 前節では、"品物"&"色"&"年月"単位で出力する項目が"月別合計金額"だけでした。今回は"月別合計金額"と"月別件数"を併記しています。項目数が増えるため、列名を少し短くしています。変換イメージは以下のようになります。, 前節では"SUM(AMOUNT)"に別名を付けませんでした。これは、別名を付けなくても結果が変わらないからです。, ここまで1は必ず指定していました。指定しない場合は"'2020/01'"といった列名になっていたはずです。, そして3は、前節では別名指定がありませんでした。そのため、2と3は値なしとなります。1だけに基づいて列名が付けられていました。, 今回は、同じ年月内に出力する項目が複数あります。3を指定しないと、これらの項目は同じ列名となってしまうためエラーとなります(ORA-00918)。そのため、別名を付ける必要があります。, 上述のルールに基づいて、"01_AMOUNT"や"01_CNT"といった列名になります。, 公式サイトに解説のあるとおり、PIVOTはFROM句の一部として評価されます。そのため、テーブルに別名を付けることができるのと同様、"PIVOT()"にも別名を付けることができます。, 今まで"SELECT DETAIL.
SELECTの結果を行列変換する(PIVOT) 文書番号:20254 ... サンプルデータは以下の通りです。 コード 数量; 0001: 5: 0001: 15: 0001: 50: 0002: 1: 0002: 20: 0003: 20: 0003: 60: このシリーズ記事のパート11 "分析関数:ランキング、LEAD/LAG、レポート"(Oracle Magazine、2013年5/6月)では、パート10で始まった分析関数の説明の続編をお届けしました。上位N番までの問合せの結果を取得する、データの比較を評価する、グループ内の割合を計算するといったさまざまな操作が可能になる分析関数の例を示しました。この記事では、分析関数シリーズの最後の話題として、次の点を取り上げます。, このシリーズ記事の例を試すには、Oracle Databaseインスタンスにアクセスする必要があります。必要に応じて、お使いのオペレーティング・システムに対応したOracle Databaseエディションをダウンロードし、インストールしてください。筆者がインストールをお勧めするエディションは、Oracle Database, Express Edition 11g Release 2です。このOracle Databaseソフトウェアをインストールする場合は、データベースの作成と構成が可能なインストール・オプションを選択してください。サンプルのユーザー・アカウントと関連する新しいスキーマを含む新しいデータベースが作成されます(SQL_101は、このシリーズ記事の例で使用するユーザー・アカウントです。また、データベースの表やその他のオブジェクトが作成されるスキーマでもあります)。インストール・プロセスの実行中にスキーマのパスワードを指定するように求められたら、SYSおよびSYSTEMのパスワードを入力して確認し、そのパスワードを覚えておいてください。, 最後に、このデータベース・ソフトウェアをゼロからインストールした場合でも、既存のOracle Databaseインスタンスにアクセスする場合でも、SQLスクリプトをダウンロードして解凍し、実行して、この記事の例で必要となるSQL_101スキーマ用の表を作成します(このスクリプトをテキスト・エディタで開き、実行方法の説明を確認してください)。, よくある業務レポート要件として、レポートを読みやすくするために、列内のデータを垂直ではなく水平に表示するというものがあります。たとえば、リスト1とリスト2の結果セットを比較してみましょう。リスト1の問合せでは、すべての従業員を所属する部門IDと並べて表示し、部門と従業員名でソートします。リスト2で返されるデータはリスト1で返されるデータと同じですが、表示方法が異なります。, リスト2ではLISTAGG関数(Oracle Database 11gで導入された関数)を使用して、部門ごとにカンマ区切りの従業員リストを作成し、リスト1のような従来型の結果セットの表示をピボット(変換)しています。LISTAGGは、単一グループの集計関数、複数グループの集計関数、分析関数のいずれでも使用可能です。, LISTAGGを単一グループの集計関数として呼び出した場合は、他の単一グループの集計関数と同様に、WHERE句の条件を満たすすべての行に基づいて動作した上で、単一行の出力を返します。リスト2の例は、複数グループの集計関数としてのLISTAGG使用例です。GROUP BY句によって定義されたグループごとに行を返しています。, 集計対象の列または式とWITHIN GROUPキーワードを記述し、各WITHIN GROUPキーワードの直後にORDER BY句(グループ内でのソート方法)を記述することが、LISTAGGの3種類のユースケースすべてで必須です。, リスト3の問合せでは、LISTAGGを分析関数として使用します。この問合せでは、部門ごとに、金額が高い順に給与のリストを取得します。各SALARY値の横には、そのSALARY値を得た従業員名を姓/名のアルファベット順で表示します。さらに、現在の行で示す部門に所属するすべての従業員が、給与の高い順、姓/名のアルファベット順で返されます。, PIVOT句を使用すれば、行を列に変換して、データをクロス集計形式で表示できます。PIVOT句の構文は次のとおりです。, リスト4とリスト5の結果セットを比較しましょう。リスト4の問合せは、各部門の従業員給与総額のサマリーをクロス集計レポート形式で表示します。リスト5の問合せは、リスト4と同じ部門ごとの給与サマリーを返しますが、縦欄式に表示しており、ユーザーにとっては読みづらい可能性があります。, リスト6の問合せは、複数の列に基づいてピボットできることを示しています。この問合せの結果には、部門ごとの給与総額が表示されますが、特定の年に雇用された従業員のみのデータが含まれます。また、リスト7のように、複数の集計値に基づいてピボットして表示することもできます。リスト7の問合せでは、部門ごとの給与総額と最新の従業員雇用日を並べて取得しています。, 複数の集計関数を使用する場合には、各集計関数に対して別名を指定することをお勧めします。出力される列ヘッダーはピボット値(またはピボットの別名)、アンダースコア、そして集計関数の別名(指定した場合)を連結したものになります。たとえば、リスト7の列名は、10_SALS、10_LATESTなどとなっています。部門ごとの最新の雇用日に関する列(10_LATESTなど)は、実際にはLATEST_HIREという別名を使用した列です。LATEST_HIREという別名の前に部門IDを付加した場合、本来は問合せで10_LATEST_HIREのような列が返されるはずです。, しかし、SQL*Plusでは、DATEデータ型の列に対して表示される列ヘッダーは、返される値のデフォルト書式よりも常に短くなります。HIRE_DATE列の書式はDD-MON-RRであるため、ヘッダーの先頭から9文字のみが表示されます。10_LATEST_HIREのようにヘッダー全体を表示するには、TO_CHARを使用して列に日付書式マスクを適用することを検討してください。, 集計関数に対して別名を指定しない場合、リスト8の例のように、エラー・メッセージが表示されることがあります。リスト8では、いずれの集計関数にも別名が指定されていないため、PIVOT演算子でピボット値(例の場合はDEPARTMENT_ID値)の列ヘッダーをどちらに適用すべきかを判断できません。そのため、PIVOT演算子で単純にデフォルトの列ヘッダーを使用できず、"column ambiguously defined"というエラー・メッセージが表示されて問合せが失敗します。このエラーを回避するには、各集計関数に対して別名を作成します。PIVOT操作を利用する際には、デフォルトの列ヘッダーだけに頼らないようにしてください。, コード・リスト8:"column ambiguously defined"エラーの発生, レポートの行を列に変換する必要があるのと同様に、列を行に変換する必要がある場合もあります。これまで、LISTAGG関数を使用した方法を確認しました。そのほかにも、UNPIVOT演算子をこの目的で使用することができます。注意点として、UNPIVOT演算子は、PIVOT演算子によって実行される操作と逆の操作を実行するわけではありません。むしろ、ピボット済みとしてすでに保管されているデータに対して動作します。, リスト9のCREATE TABLE文を見てみましょう。この文は、リスト7と同様の問合せを使用して、ピボット後のデータを含む表を作成します。この後、リスト10のようにUNPIVOT演算子を使用して、このデータを問い合わせることができます。リスト10の問合せにより返される値と、リスト7の問合せにより返される値を比較してみてください。見てのとおり、値は同じですが表示方法が異なります。, リスト7の結果は長い1つのレコード(1行)で返され、HIRE_DATEとSALARYがそれぞれ組み合わされて、部門ごとにピボットされた上で、横並びで表示されました。一方、リスト10の問合せでは、これらの組合せのそれぞれが重複のない個別の行として返され、HIRE_DATE値とSALARY値が別々の列に表示されます。リスト10の問合せでは異なるデータ型の値のペアがアンピボットされて返されている点に注意してください。HIRE_DATEではDATEデータ型を、SALARYではNUMBERデータ型を使用します。そのため、これらの値のペアに対して使用する別名は、一重引用符で囲む必要があります。一重引用符で囲まなければ、リスト11に示すようなエラー・メッセージが表示されます。, 最後のORDER BY句を除けば、分析関数は、問合せで実行される最後の操作セットです。SELECT構文のリストとORDER BY句でしか記述できないため、WHERE句やHAVING句などの条件内で直接使用することはできません。分析関数を適用した結果に基づく結果セットから選択操作を行う必要がある場合は、インライン・ビューを使用できます。インライン・ビューとは、別のSELECT文のFROM句内にあるSELECT文のことです。インライン・ビューは、TABLE(別名FROM)句のように振る舞います。インライン・ビュー機能の例については、すでにこの記事のリスト4、6、7、8、9で確認しました。, 分析関数を使用して、部門ごとに上位給与取得者者2人を取得することにしましょう。その場合、リスト12に示すように、インライン・ビュー内に分析関数操作を配置して別名を付けることができます。リスト12のインライン・ビューに指定された別名はD_RANKです(DENSE_RANK分析関数の適用結果という意味で名付けられています)。インライン・ビュー内の問合せ(内部問合せ)が解決されるまでは、それを取り囲む問合せ(外部問合せ)で使用できません。インライン・ビューの処理が完了後、外部問合せの条件内でその結果を使用できます。リスト12の外部問合せ内の条件句は次のようになります。, 分析関数は、レポート要件に対して、より洗練されたパフォーマンスの良いSQLの解を作成するのに役立ちますが、良いコードを記述することの代わりになるものではありません。保守しやすく、長期にわたって良いパフォーマンスを発揮するような良いSQLを、常に一貫して記述することを目標にすべきです。処理を容易にするSQLテクニックを誤用することはよくあります。正しく使用しなければ、SQLテクニックは稚拙な書き方になり、システムの阻害要因になるのです。, 特に、データのソートや移動によりシステム・リソースを使い果たすこともよくあります(たとえば、リスト13の問合せには、可能性として3回のソート操作が含まれます)。このことにより、かならずしも分析関数の利用をやめるべきだということにはなりません。しかし、効率的で洗練され、保守しやすい解をもたらす問合せを記述するのと同じくらい簡単に、システムをダウンさせるような問合せを記述する可能性があるということに注意してください。分析関数の力を利用するには、責任も伴います。, コード・リスト13:システムのパフォーマンス問題を引き起こす可能性のある分析関数を含む問合せ, Oracle Database Concepts 11g Release 2 (11.2), Oracle Database SQL言語リファレンス11g リリース1(11.1), Oracle Databaseデータ・ウェアハウス・ガイド11gリリース2(11.2), この記事では、このシリーズのパート10とパート11で紹介した分析関数について最後の話題を取り上げました。LISTAGG、PIVOT、UNPIVOTを使用してデータの表示方法を操作する例を示しました。列を行に変換する方法や行を列に変換する方法、それらの表示方法の違いについて確認しました。個々のデータ項目を取得して、デリミタ付きリストとして返すことで、読みやすいレポートを作成する方法を学習しました。さらに、これらの関数を使用する場合に適用される固有の注意事項についても確認しました。, 最後に重要なこととして、分析関数を使用する問合せは、気をつけなければ、すべてとは言わないまでも大量のシステム・リソースを消費するということを学習しました。すべてのケースで、分析関数を利用することで、同じ結果を取得するために複雑なSQLを記述しなければならない状況が大幅に減ることになるでしょう。しかし同時に、分析関数は、熱中しながらも警戒も怠らないようにする必要のあるツールなのです。詳しくは、Oracle Database SQL言語リファレンスとOracle Databaseデータ・ウェアハウス・ガイドを確認してください。, この記事で、SQLの基礎に関するシリーズ記事は終了です。これまで、リレーショナル・データベースの基本的な概念や多くのSQLコーディング構文を学習してきましたが、このシリーズ記事ではOracle SQLの豊富な機能の一部を垣間見たに過ぎません。今後も各種ドキュメントを確認し、Oracle Databaseの既存機能や新機能を試していってください。Oracle MagazineおよびSQLの基礎に関するシリーズ記事をお読みいただき、ありがとうございました。SQLの記述を続ける皆さんが、私と同じくらい楽しんでくれることを願います。, Melanie Caffreyはオラクルの上級開発マネージャーです。Expert PL/SQL Practices for Oracle Developers and DBAs(Apress、2011年)およびExpert Oracle Practices: Oracle Database Administration from the Oak Table(Apress、2010年)の共著者でもあります。, 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。.

.

F 01l ケース 猫 4, グランドチェロキー オイル交換 リセット 23, Asrock Polychrome Rgb ダウンロード 20, 有吉の壁 2020 動画 26, Webex 画面共有 グレーアウト 19, Mac ラストダンス 使い方 5, Esprimo K552 C 分解 26, とろサーモン久保田 暴言 全文 6, 子犬 反抗期 トイレ 6, Re Load 三章 5, Sutomo E9 マイク 24, 2歳 友達 抱きつく 7, 大魔王 牛丼 すき家 8, エアーコンプレッサー タンク内 錆取り 14, その他 そのほか 使い分け 4, タイタン フォール 2 ボイスチャットオフ 17, Mediapad M5 Sdカード 最大 4, ムーヴ ドアミラー格納 しない 10, ボイラー エラー P3 6, 受験ドクター 合不合 予想 7, 花江夏樹 山寺宏一 親戚 24, 彼氏 ティンダー やめない 8, ドラクエ10 転職 メリット 7, マトリックス シャフト 偽物 15, 合コン後 Line 女性から 内容 6, Ia Writer 縦書き 17, 要約 練習問題 無料 21, Leawo Blu Ray Player 映像が乱れる 4, Mos Word 履歴書 10, Query Order By 空白 5, 第3次スーパーロボット大戦z 天獄篇 セーブデータ 13, 滝の音 Cd 耳鳴り 5, 猫 抗生物質 ビクタス 38, イオン 日の出 自転車 4, Ae 変形 エフェクト 4, 植木鉢 買取 千葉 5, 中島 健 人 ツイッター みっきー 12, α7r Iv 星空 7, デイライト 標準装備 トヨタ 8, ロットリング600 3in1 レビュー 11, 大学 研究室 アポ 7, 腹筋 痛い 筋トレ 4, Thinkpad Edge 13 Cpu交換 7, 上部フィルター 水流 拡散 14, 株式 会社 ユウクリ 求人 5, Twitter Dm 音声ファイル 16, Sf He430s 分岐水栓 4, 窓 Fix 図面 4, ディビジョン2 人口 2020 4, インスタ 写真 投稿後削除 一枚だけ 10, ユーハイム 安城 アウトレット 9, ハイセンス テレビ 録画 見れ ない 10, パク ミョンホン パラサイト 27, Aviutl Mp4 音声出力 できない 16, Jcom 再生 用アプリ 6, セザンヌ キャンメイク パウダー 比較 9, 楽天ペイ 送り先 一覧 削除 8, Verb To Be 意味 5, 繰り 上がり 足し算 2桁 5, Unity Istrigger すり抜け 5, Xunited 腕時計 説明書 6, 靴紐 通し方 革靴 5, Gas Pdf Jpeg変換 5,