その確認ができれば、次のフェーズでマスター側からデータを送信し、スレーブ側で受信できるか、という形に改修しようとしていた。 プログラムはC言語でgccでコンパイル。, Raspberry Pi用のGPIOインターフェイスライブラリ「wiringPi」を使用するので事前にインストールしておく。

(ウェブ上には掲載しません). 他人様のHPを参考に一気呵成に環境を作ってプログラムをコピペして動けば、それに越したことはないが、世の中そんなに甘くない。 新URL = http://zattouka.net/GarageHouse/... 2019年2月 9日 (土) 19時25分, こんにちは~ でも、念のため畳の上でテスト。, 当初、スレーブ側から送信した1バイトのデータをマスター側で表示させるというプログラムを作成して動作の検証を行っていた。 なので、試しに温度計のモジュールを購入して実際に接続してみて・・という方法では切り分けられない。, プログラムを動作させたところ、何がしかの値は取得できているようだったが、スレーブが送信したはずの値ではなかった。, 現時点で確認できることといえば・・ 今回のようにマスター側のプログラム、スレーブ側のプログラム、マスターとスレーブをつなぐ電圧レベル変換モジュールなどが絡んでくると切り分けが大変そう。, Raspberry Pi3でI2C通信を使用できるようにするためには設定を行っておく必要がある。

おっしゃる通りでこの四つのなかでは16F1705がいちばん手ごわかったです。 これからもよろしくお願いします。, メールアドレス: | MCP3425のもうちょっと詳しい使い方(ソース付き) », いろいろ覚えるのが面倒なのでPICも一種類で済ませられればいいのですが実際はそうも行きません。もうこれが最後と思って買ってきたのがPIC16F1938。その後I2CとSPIを同時に使いたいというのでPIC18F26K22を買ってきたのは先日のこと、そして8bitDACを使いたいということでまたPIC16F1705を買ってきました。最近はCで書いているから__というか浮動小数点の計算や書式設定があるのでCでしか書けなくなってしまったので__PICが変わったからと言って一から書き直すことはないもののやっぱりデバイスが違うとソースもまったく同じでというわけにも行きません。今日は“16F1705でI2C”と思ったらはまってしまいました (^^;;同じことで悩む方も少しはいらっしゃるような気もするのでこれからはソースは一式引用するかダウンロードできるようにすることにしました。このソースを使った例  「MCP3425のもうちょっと詳しい使い方(ソース付き)」----記事を書いてすぐこんなことを書くのは心苦しいのですが、クロックが8MHzじゃないときは InitI2C_Master() の SSPADD の設定を変えないとまずいようです。訂正版をあらためてアップしますが、各位ご対応のほどよろしくお願いします m(._. このビットは、スタートコンディションが検出されたかどうかを示すビットです。I2C通信でマスターのプログラムを作成する場合、データの送受信は自分で管理しますので、このビットを見ることはないと思います。, R/W: Read/Write bit information SPI/I2C/USART/CCP等の入出力が好きなピンに割り付け可能(PPS機能)な様ですね。

)の違いみたいな吸収し、I2Cライブラリで細かな入出力の違いみたいなのを吸収しますから、LCDの制御のような上位のライブラリはPICの型番が変わっても変更する必要はなくなります。もっともPIC18F26K22にしたらインクルードがpic.hじゃダメでxc.hにする必要がありました。こういうのは要するに勉強が足りないというだけの話なんでしょうがPICはあまりにも勉強しなきゃならないことが多くてたいへんです。------関連  「PICでI2C - LCD(液晶)ディスプレイによる違い」  「PICでI2C - 液晶(LCD)ディスプレイ(ACM1602N1-FLW-FBW)に表示する」  「I2Cデバイス・アドレス一覧」  「PICでI2C - ADコンバーター・MCP3425の使い方」  「PICで平方根 - 白金薄膜抵抗で温度を測る」  「PICでI2C - 1 (温度計を作る)」  「I2C大気圧温度センサーLPS331の驚くべき分解能」  「海面更生気圧を気象庁とくらべてみた - I2C大気圧温度センサーLPS331」  「サーミスタによる温度測定の精度」  「サーミスタ温度計の精度を調べる - 1」  「ミニ恒温槽の作成に向けて - 1」  「炭素皮膜抵抗の温度係数を測定する話」-----参考  「きむ茶工房ガレージハウス - PICの動かせ方入門はこちら - 16F1938覚書」  「きむ茶工房ガレージハウス - I2C通信の実験」  「きむ茶工房ガレージハウス - 気圧センサーで大気圧と標高を測定して見ます(MPL115A1)(MPL115A2)」  「きむ茶工房ガレージハウス - 秋月電子I2C接続小型LCDモジュールに表示を行う 」-------MyDef.h, 投稿日時 2014年11月24日 (月) 03時03分 趣味の電子工作 | 固定リンク, 16F1705が届いたのでぼちぼち眺めています。

入力はデフォルトが有るようですが、

スレーブからマスターにデータ送信する関数は温度センサのプログラムを説明する際に作成することにします。 3-2.     Wire.begin(8);// Slave ID #8 }, という記述だけで、マスターから呼び出される都度1ずつインクリメントした値を返すプログラム。, スレーブのアドレスを自分の環境に合わせて変更してテスト環境に組み込んで実行したら、無事マスター側に値が表示された。, 結局PICマイコン側の割り込みプログラムのSSPSTATbits.R_Wの判定等に問題点があることが判明し、前述のとおりのソースプログラムにすることで動作が確認できた。, 意外にマスター側から送信したデータをスレーブ側で受信するように改修するもの簡単にできたので、ソースプログラムを等をここに記載しときます。, マスター側から1バイトのデータを送信、スレーブ側でその値を1インクリメントしてマスター側に戻す。 I2C通信制御レジスタ(SSP1CON2) PICマイコンでI2C通信でデータ通信を実行するには、SSP1CON2レジスタを制御します )m マスター側はその値をコンソールに表示し、さらに1インクリメントしてスレーブ側に送信する。 このビットはSPIの名前が付いていますが、I2C通信の場合は以下の設定になります。, CKE: SPI Clock Edge Select bit しかし、意外に簡単に改修できたので、ソースプログラムはこのページの末尾に記載しなおします。, 前項のプログラムは最終的に動作確認ができたものであるが、実際にはすんなり動かなかった。, さて、マスター側のプログラムなのか、スレーブ側のプログラムなのか、はたまたハード上の問題なのか?, 他人様のHPを拝見すると温度計や加速度計のサンプルプログラムではwiringPiの「wiringPiI2CReadReg8()」などで相手方のレジストリを直に取得する?ような感じ。, しかし、アタイはスレーブ側から送られた値を「wiringPiI2CRead()」という関数で取得したい。 そんな方法はポートの入出力の設定がちゃんとできていないとLEDは点灯しないし、LEDの極性を間違えて接続していても点灯しないのでお勧めできません(^^; スレーブ側のモジュールを他のものに変更してみる。 という繰り返し。, マスター側はRaspberry Pi3。     Wire.write(b++); コマンド送信もデータ送信もACM1602とは違うことにしばらく気が付きませんでした;; I2C接続LCDは3.3VなのでPICも3.3Vで駆動させます。 PICの6番がSCL端子で5番がSDA端子です。 I2C信号用プルアップ抵抗はPIC内蔵のプルアップを。 使用しています。 PIC16F1823での接続は 10番 … でぇ何処にレスをつけてよいか分からなくてぇ、

)mまあ、これでも動いてはいるんですが (^^;;  <=== 修正しました。, ======条件付きコンパイルでPIC12F1822/PIC16F1705/PIC16F1938/PIC18F26K22の四つで使えるのを確認したI2Cライブラリです。I2Cだけでは動いているかどうかわからないのでLCD=液晶ディスプレイ(ACM1602N1-FLW-FBW)に簡単な表示ができるようになっています。ただI2CライブラリもLCDのライブラリもきむしげさん(きむ茶工房ガレージハウス)のものをほとんどそのまま使わせていただいています。ライブラリ内部の動きがよくわからないときはきむしげさんの記事をご覧になった方が勉強になると思います。ただ自分なりの使いやすさを考えたりLCDの仕様の違いの対応で手直ししたところもあります。動かなかったからと言ってすぐにきむしげさんに問い合わせたりしないでください。なお“開発”は MPLAB X IDE v2.15 、Microchip MPLAB XC8 C Compiler (Free Mode) V1.32 Part Support Version: 1.32 (A) で行っています。-----I2Cを別の型番のPICに移植するときのコツですが、とにかくまず最初にデータシートの  MASTER SYNCHRONOUS SERIAL PORT (MSSP1 AND MSSP2) MODULEなどのタイトルのところの最後にある  REGISTERS ASSOCIATED WITH I2C™ OPERATIONをよく読む(移植元と移植先でよく見比べる)ことでしょうか。特に新しいレジスタなんかあったら要注意です。16F1705はこれではまりました (^^;;またレジスタ名はエイリアスが切ってあったりするので、まあ一度コンパイルしてエラーが起きたところで何が原因か考えるという方針でもどうにかなったりしますが。I2Cを使ったプログラムの場合メイン(configなどの設定)でデバイスのおおまかな違いというかアーキテクチャ(?

前回の説明で、I2C通信のクロック信号の速度について説明するのを忘れてしまいました。, SPI通信もI2C通信も、データの送受信はクロック信号の変化で読み取る、というルールにしています。クロック信号の速さによらずクロック信号の変化のタイミングでデータ信号を読み取ればいいので、クロック信号の速さは特に決めておく必要はありません。そのためSPI通信ではクロック信号の速度は特に規定はありませんでした。(マスター、スレーブ共に限界値はありますが…), 一方、I2C通信ではクロック信号の速度は標準化されています。I2C通信のバージョンによって異なりますが、以下のように規定されています。単位は、bits/s(1秒あたりに何ビット送信できるか)です。また、それぞれの速度には通称がつけられています。, このようにクロックの速度は標準化されていますが、これ以外の速度では通信できない、というわけではありません。ただ、実践編では初めてのI2C通信プログラムということで、標準のスタンスダードモード(100k bits/s)でプログラムを作成します。, なお、クロック信号を速くすると当然ながらその分データを早く送ることができますが、あまり速いと電気的な信号は乱れてきますので通常は100k bits/s、速くても400k bits/sあたりがよいと思います。, この後の説明で出てきますが、400k bits/sにする場合、PICマイコンの設定のなかに、波形がなるべく乱れないように、あらかじめクロック信号とデータ信号の波形を調整する機能がありますので、クロックの速度に合わせた設定をするようにします。, I2C通信のプログラムは、PICマイコンに内蔵されているI2C通信機能を使用します。I2C通信のプログラムは今まで出てきた他の機能と同様、最初にピンのデジタル/アナログ設定、入出力設定やその他関連する機能の設定などの初期設定が必要です。, 初期設定を行うと、I2C通信ができるようになります。I2C通信の基本的な通信の流れは、スタートコンディションの生成から始まり、スレーブセレクトの送信、データの送受信、ストップコンディションの生成、という順番ですが、I2Cモジュールによってパターンが異なります。そこで、それぞれの通信を関数にして利用することにします。I2C通信を行う際は、I2Cモジュールの仕様に合わせて、これらの関数を呼び出してデータ通信を行うことになります。, I2C通信に使用するピンはクロック信号ピン(SCLピン)とデータ信号ピン(SDAピン)ですが、これら2ピンは以下の設定にします。, クロック信号はマスターが出力しますし、データ信号は入出力になりますので、両方とも「入力」に設定するのはちょっと不思議ですが、仕様上このように設定することになっています。ピンの設定をこのようにしておき、I2C通信を有効にすると、それぞれのピンは正しく動作するようになります。, まず、レジスタ名をよく見ると、全て「SSP1」で始まっています。設定レジスタ理解のための最初の一歩は、この「SSP1」の意味の解明からです。, すみません、今までの説明で「PICマイコンの中にはI2C通信モジュールが2個あります」という説明をしてきました。, 実はこれらのモジュールは、一つのモジュールでSPI通信とI2C通信の両方をサポートしているんです。, このモジュールことを「MSSPモジュール」と呼んでいます。MSSPは「Master Synchronous Serial Port」の略で、日本語としては「マスター同期型のシリアルポート」という訳になります。今まで説明してきましたSPI通信やI2C通信は、マスターがクロック信号を生成して、全てのスレーブはそのクロック信号に合わせてデータのやり取りを行います。これは、「マスター(のクロック信号に)同期(して通信を行う)型」という意味合いです。また「シリアルポート」とは、以前の記事でシリアル通信を説明しましたが、そのシリアル通信を行うポート、という意味になります。, PIC16F18857には、このMSSPモジュールが2個搭載されています。レジスタ名で表現する場合、これら2個のモジュールに対して「SSP1」「SSP2」という名称がつけられています。「SSP1」は「MSSPモジュール1」に関するレジスタ、ということになります。, また、データシートを調べる場合「SSP1STAT」はこの名称では説明されていません。モジュール1の「SSP1STAT」もモジュール2の「SSP2STAT」も同じ内容になりますので、データシートでは数字の部分を「x」として、「SSPxSTAT」という名称で説明されています。, これから上の表のそれぞれのレジスタの設定内容を説明します。ただ、設定項目が多いですが、一般的なI2C通信を行う場合は一般的な設定がありますので「とりあえずこう設定しておけば動く」という設定値も記載します。, なお、これらのレジスタはSPI通信とI2C通信兼用です。データシートには「SPI通信の時はこういう意味の設定、I2C通信の時はこういう意味の設定になる」と記載されていますが、以下ではI2C通信のみの説明になります。また、PICマイコンのMSSPモジュールは、I2Cのマスターとスレーブ両方に対応していますが、以下の説明はマスターの部分のみの説明になります。もしご自分でPICマイコンを使ってスレーブのデバイスを作る場合は、データシートをご確認いただければと思います。, 「SSP1 Status Register」は SSP1モジュールのステータスが格納されるレジスタです。このレジスタを調べると現在の通信状況(通信ステータス)がわかります。また一部のビットは設定にも使用されています。, SMP: SPI Data Input Sample bit ・・最初にLEDを消灯させておき、指定の位置にきたらLEDを点灯・・ いろいろ覚えるのが面倒なのでPICも一種類で済ませられればいいのですが実際はそうも行きません。もうこれが最後と思って買ってきたのがPIC16F1938。その後I2CとSPIを同時に使いたいというのでPIC18F26K22を買ってきたのは先日のこと、そして8bitDACを使いたいということでまたPIC16F1705を …

.

自然 ラボ 広告 うざい 6, 慶應義塾大学 志望理由書 例 10, 天王寺 ビール バー 4, Sh 01h 背面 カバー 4, ウエストサイド ストーリー 映画 マリア 4, 水溜りボンド 再生数 減少 6, マトリックス シャフト 偽物 15, Azr60 バックカメラ 配線 5, うさぎ 耳掃除 病院 4, 河合塾 偏差値 2021 31, エクセル 白黒印刷 塗りつぶし 5, ポケモン アニメ 感想 18話 21, Vista2 Lesson3 単語 8, Snow 横向き できない 5, 2t ダンプ 積載量 M3 5, ジューク 中古 おすすめ 6, ピアノ 初見 脳 4, 和柄 鱗 意味 5, 無印 ソファカバー オーダー 18, 保険金 不払い ランキング 5, 中 日 防御率 なんj 5, 電子レンジ 電磁波 妊婦 4, 今日好き 生放送 見れない 30, あやしい彼女 サウンドトラック ダウンロード 21, Apex 最初のピース うるさい 14, W205 デイライト 設定 6, ゴルフ7 ヴァリアント ブログ 5, 普通郵便 折り曲げ厳禁 書き方 10, Select Insert 同じテーブル 26, 首こり 耳 詰まり 21, Python Atom Runner 10, 南 大阪 柔道 4, ソン イルグク 奥さん 8, ビルダーズ2 Ps4 Switch データ 移行 5, Cod Mw クイックショット 5, 東海オンエア ピースの二乗 由来 44, 東工大 卒業式 ガウン 4, イチロー 記録 まとめ 4, Dell Precision 中古 5, A5m2 実行計画 見方 12, Have Been 過去分詞 Have Been Ing 18, 人相学 鼻 イボ 6, Ps4 イヤホンマイク オンオフ 4, 競馬 やめて 貯金 6, Canon Mg6200 紙 詰まり 7, Lifebook Wu2 D2 メモリ増設 11, 菊川怜 旦那 やばい 6, 東芝 冷蔵庫 扉が勝手に開く 31, フェンダー 爪折り 福岡 4, Google Form Latex 10, Ff14 レベル上げ サブクラス 6, Lili Nana 著作権 8, アルファード 10系 純正ナビ 配線 9, 男性心理 好意 視線 じっと 6, パワプロ 新庄 マリアンヌ 11, Python 画像処理 カメラ 5,