ほんの4年くらい前までは、CPUのコア数はメインストリームのハイエンドで4コア(C)/8スレッド(T)が当たり前だった。しかし今では、4C/8Tはメインストリーム向けCPUのエントリーモデルの仕様だ。Zen 2世代初の物理4コアモデル「Ryzen 3 3100」と「Ryzen 3 3300X」は、5月に発売されて以来CPUの売れ筋上位を占拠し続けている。, その後を追うように、インテルの第10世代Coreプロセッサーのエントリーモデル「Core i3-10100」が、Ryzen 3 3300Xとほぼ同価格帯に投入された。6月末時点における実売価格は、Core i3-10100とRyzen 3 3300Xがともに1万7000円前後、Ryzen 3 3100が1万3000円強で流通している。, そこで今回は「アンダー2万円の4C/8T CPU」を対決させ、どのCPUがどれぐらい優秀なのかチェックしてみた。, Zen 2世代では初の物理4コアCPU「Ryzen 3 3100」および「Ryzen 3 3300X」。2017年のハイエンドCPU(Core i7-7700K)と同じ4C/8Tなのに2万円でお釣りが来るという、強烈な価格設定で人気を集めている, では今回の検証環境を紹介しよう。前述の通りRyzen 3 3100/3300XとCore i3-10100というアンダー2万円で4C/8TなCPUの性能を比較する。アンダー2万円で高性能といえば、4月に発売された「Ryzen 5 1600AF」が筆頭に上がるが、大人気どころか入手困難の域に達している。さらに設計がZen+ベースゆえに、B550チップセットではサポート外という仕様上避けられない制限もあるため、今回は比較から外した。あくまで今回は4C/8T対決なのだ。, また、比較対象として2017年に発売された「Core i7-7700K」も準備した。この世代(Kaby Lake)はメインストリームの最上位が4C/8T構成だった最後の世代であり、次の世代(Coffee Lake)からは6C/12Tにコアが増加する。3年前のハイエンドCPUを上回ることはできるのだろうか?, 構成パーツは以下の通りだ。メモリークロックは全て組み合わせるCPUの定格最大クロックに合わせて設定している。, では「CINEBENCH R20」のスコアー比べからはじめよう。シングルスレッド性能が高いのはインテル製CPUの強みだが、それは上のモデルの話であって、下のモデルでは程々のレベルに落ち着いていることが多い。今回のようにエントリーCPUでもその定説は通用するのだろうか?, スコアーでトップに立ったのはRyzen 3 3300X、最下位はCore i3-10100となった。Ryzen 3 3100より3300Xの方がスコアーが格段に高いのは、クロック設定の違いのほかに、1CCXに4コア全てが格納されているか、2CCXにまたがっているかの違いもあるためだ(Ryen 3 3100/3300Xのレビュー記事参照)。, インテルの新エントリーCPUであるCore i3-10100は、Ryzen 3 3100にシングルスレッドのスコアーで僅かに上回れたものの、マルチスレッドでは追い抜かれている。
ツイートする!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 北米時間2020年4月21日,AMDは,デスクトップPC向けCPU「Ryzen 3 3300X」と「Ryzen 3 3100」を5月21日に発売すると発表した。 サプライヤからの情報も錯綜している状態の「AMD Ryzen 3 3300X」の入荷時期。どうやら 次回の入荷は9月下旬 となるとの事です。 初回の発売から一度も入荷の目処が立っていない理由は「世界的に生産遅延が生じている」との事。 世界的に生産遅延が生じている. 最安価格(税込):価格情報の登録がありません 価格.com売れ筋ランキング:-位 満足度レビュー:4.75(19人) クチコミ:178件 (※11月11日時点) // ]]>, 現行の第3世代Ryzen(Zen2)の次期型に当たる第4世代Ryzen(Zen3)ですが、コードネームはVermeerと呼ばれています。少し勘違いしやすいのが、世代と(ZenX)の番号が合わない点です。これは、第一世代Ryzenでは(Zen)、その次に第二世代Ryzenが出た際に(Zen+)となったため世代に対してZen世代-1の状態になっています。, AMD Reports Q2 2020 Earnings: Notebook and Server Sales Drive a Record Quarter, 7月28日に発表されたAMDの第二四半期決算発表にて、AMDのCEOであるLisa Su氏による新製品に関する発表がありました。それによると、AMDのコンシューマー向け製品開発は順調に進んでおり、Zen3及びRDNA2製品は予定通り2020年下旬に発売する予定と発表しています。, その発表通り、AMDは『Zen3』Ryzenは10月8日に発表し、Ryzen 5、Ryzen 7、Ryzen 9を11月5日に発売します。, 11月5日に登場する段階では、16コア、12コア、8コア、6コアの4種類が登場します。現時点では、すべてのモデルで末尾に『X』が付く高性能モデルとなる予定です。コア数は現行と変らず、定格クロックとブーストクロックは若干向上されています。一方でTDPに関しては『Zen2』と据え置きとなっています。, 11月5日登場時にはかなり高い需要が見込まれておりAMDとしてはラインアップを大きく絞る事で在庫数を確保すると考えられます。, そのため、過去の噂で登場していた10コア版やRyzen 3シリーズ、無印版の登場は需要が落ち着き始める2021年初旬ごろに登場すると考えられます。, 『Zen3』世代のRyzenでは、電力効率向上がメインテーマで開発を進められており、それに伴いアーキテクチャーも刷新されています。, 特に、大きな変化としてはCCX(Core Complex*)が8コア化され、これによりレイテンシーが大幅に低減されています。, この変更によってIPCは19%程度向上し、Cinebench R20ではシングルコアスコアは600pt越えの631ptを発揮しています。このスコアはIntel Core i9 10900Kの540ptを大幅に超えており、Intelが第10世代Coreシリーズのアドバンテージとして挙げられていたシングルコアパフォーマンスの優位性は失われたことになります。, これにより、ゲーム時のパフォーマンスは主要なゲームでIntel Core i9 10900Kに対して-3%~21%発揮するとAMDが公式発表しています。, 『Zen3』世代の価格帯は『Zen2』世代に対して50~100ドル程度(日本円にして6000円~12000円)値上がりします。これは『Zen2』世代ではIntelに対してシングルコアパフォーマンスが低いというハンディキャップがあったものの、『Zen3』ではIntel以上のパフォーマンスを叩き出しています。, そのためAMDとしては多少の値上げを実施しても十分勝負が出来ると踏んでか、多少の値上げがされています。, 一方でマザーボードは500シリーズ以降であればBIOSアップデートのみで『Zen3』CPUを載せる事が可能で、一部の400シリーズマザーボードでも一部機能やパフォーマンスが制限される可能性があるものの対応は可能との事です。, AMDはZen、Zen+、Zen2そして今回のZen3と年に1回ペースでプロセス微細化やアーキテクチャーの刷新を行っています。これはまるで過去にIntelが行っていたTick/Tock開発に似ており、皮肉なことにAMDがこれに似た戦略を使って復活を遂げました。, 一方で、Intel側と言うと、『Zen3』Ryzenのオンライン発表会ではRIP Intelというコメントに埋め尽くされてしまいました。特に今回の発表会ではIntelデスクトップ向けCPUの売りであったシングルコアパフォーマンスでもAMDが上回った事が事実となり、今以上にIntelのデスクトップCPUのシェアをAMDが奪うと考えられます。これに対してIntelはTigerlake世代のアーキテクチャーを採用したデスクトップCPUであるRocket Lake-Sを導入予定ですが14nmプロセスな上に、最大コア数は8コアとされており『Zen3』との差を埋められるほどの性能を出せるか疑問です。, この状況を打破するにはIntelは2021年後半登場予定のAlder Lake-Sが期待されますが、同時にAMD側は5nmの『Zen4』を同時期にリリース予定としておりIntelはAlder Lake-Sで相当高いレベルの製品を出さないとAMDに出し抜かれてしまう可能性があります。。, AMD (BigNavi/RDNA2) Radeon RX 6000シリーズの最新情報, 自動車関連に勤めるサラリーマンです。車もですが、パソコンやガジェットも好きな人間です。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); 「Ryzen 9 5950X」「Ryzen 5 5600X」を加えすべてのRyzen 5000シリーズの実力を俯瞰する, Zen3の圧倒的性能を発揮!「Ryzen 7 5800X」「Ryzen 9 5900X」速攻レビュー, ビデオカードが入るNUC 9 Extremeを検証!RTX 3070の外付け魔改造も試す, GeForce RTX 3070 FEレビュー!Ampere世代最強の電力性能比とRTX 2080 Ti超えを確認, NVIDIA Reflexでゲームの遅延を削減!360Hz液晶でわかったFortniteやVALORANTでの効果, CGや動画編集におけるGeForce RTX 3080/RTX 3090の性能を徹底検証, “Renoir”対応の「DeskMini X300」、8コア/16スレッドの「Ryzen 7 PRO 4750G」を搭載して実力を検証, GeForce RTX 3080の相棒にふさわしいのはどっち?Core i7-10700K対Ryzen 7 3800XTゲーム7本比較, GeForce RTX 3090 FE降臨!TITAN RTX/RTX 3080 FEと8Kゲーム対決, GeForce RTX 3080 FEは4Kで輝く!RTX 2080 Ti/2080/GTX 1080とゲーム13本で徹底検証, Ampere世代のGeForce RTX 3080 FE速攻レビュー、GTX 1080の最大3倍, CPUよりも7倍以上速いことも! ?RadeonのGPUエンコーダーでアドビソフトの動画エンコード速度を検証, 最新チップセットB550はX570/B450とどう違う? ASRockの人気マザーボード「Steel Legend」シリーズで違いを検証, Ryzen 5 3500を超える事も! Ryzen 3 3300X BOX AMD. AMD「Ryzen 3 3300X」 (4コア/8スレッド、3.8~4.3GHz) ... 2020年05月02日更新. 連絡先:gazlogblog@gmail.com, 9月17日:『Zen3』Ryzen 9 5900Xは12コア、7 5800Xは8コア, 8月23日:Zenシリーズのロードマップ情報。2021年は『Zen3』改が計画中?, 『誤報』AMD Radeon RX 6800のマイニング性能はRTX 3090の1.5倍に迫るか, AMD『Zen3』搭載の64コアEPYCのベンチマークが出現。初期サンプルは2.45GHzで動作, AMD Ryzen 5000は300シリーズマザボでも動作。B450向けBIOSも登場, Ryzen 5 5600XのCinebenchスコアが出現。Ryzen 7 3700Xに迫る性能, AMD Ryzen 9 5950X、Passmarkシングルスレッド性能で1位獲得. AMD Ryzen 3 3300X, with Wraith Stealth cooler 3.8GHz 4コア / 8スレッド 65W【国内正規代理店品】 100-100000159BOX 発売日: 202… 今回ご紹介するのは2020年5月23日に発売されたAMD社「Ryzen 3 3300X=以下3300X」です。 世界的に生産遅延が生じている. ようやく登場した第3世代Ryzenのローエンドモデル「Ryzen 3 3300X」と「Ryzen 3 3100」を、レビュー & ベンチマークするよ。どちらも同じ4コア8スレッドに見えて、実は内部構造はまったく違っていて、性能もガラッと性格が変わってくるのが面白いCPUです。

2020年期待のCPUでもある『Zen3』こと、第4世代 Ryzenシリーズですが、AMDの四半期決算にて『開発は順調に進捗中で2020年内に発売する』と発表がありました。ここでは、海外のリーク情報などで挙がっている第4世代Ryzen『Zen3』の情報をまとめて紹介します。(11月11日時点), //
 そしてCore i7-7700Kは、第3世代RyzenのローエンドであるRyzen 3 3100Xをやや上回ったものの、Ryzen 3 3300Xには全く歯が立たない。シングルスレッドのスコアーでCore i3-10100をやや上回っているものの、マルチスレッド性能においては完全に同コア数のRyzen 3 3300Xに後れをとっている。ここ3年の技術進歩の速さには驚かされるばかりだ。, ここで消費電力も見ておこう。消費電力の計測はラトックシステム「REX-BTWATTCH1」を利用し、システム起動10分後の安定値を“アイドル時”、ストレステスト「Prime95」の“Small FFT”を10分間動かした時のピーク値を“高負荷時”とした。, ただ今回はプラットフォームごとにマザーボードが違ううえ、そのオンボード装備もバラバラなので、厳密な値とは言えない。特にアイドル時の消費電力については参考程度に考えていただきたい。, 消費電力は、アイドル時こそ低いものの、高負荷時はCore i7-7700Kが最も高く、Ryzen 3 3100が最も低く消費電力を抑えていた。Core i7-7700Kは14nmプロセスを高クロックで回すスタイルなので当然といえるが、Core i3-10100の方が同プロセスでも消費電力はかなり抑えられているのが面白い。Ryzen勢については既存のモデルと同様に、ある程度の高負荷がかかるとパワーリミットが強力に働くため消費電力は大きくは伸びない。マルチスレッド性能と省電力性の両方で上手くバランスを取ったZen 2アーキテクチャーの勝利といえるだろう。, 続いては総合ベンチマーク「PCMark10」から、“Standard”テストのスコアーを比較する。総合スコアーの他、テストグループ別のスコアーも比較し、どんなシチュエーションでどれが高い数値を示しているのか確認してみよう。, 総合スコアーもテストグループ別のスコアーでもRyzen 3 3300Xが頭一つ抜きん出ている一方で、Ryzen 3 3100〜Core i7 7700Kの3者は甲乙付けがたい結果となった。概ねグラフの登場順のスコアーになっているが、実際のアプリそのもの、あるいはアプリで多用される処理を中心に比較するため、ライトユース寄りであればRyzen 3 3100とCore i7-7700Kはほぼ同格といえる。, つまりKaby Lake世代のCPUを使っている人は、最低でもRyzen 3 3300Xより上(具体的にはRyzen 5 3600以上)を買えば、確実な性能向上が得られるということになる。第10世代Coreプロセッサーの場合も同じで、今回は試せていないがCore i3-10300より上のモデルが乗り換え対象になるだろう。, 「PCMark10」Standardテスト、Essentialsテストグループのスコアー, Essentialsテストグループの結果をさらに詳しく見ると、Ryzen 3 3300Xと3100ではアプリ起動時間のパフォーマンスがかなり違うことが分かる。2コア+2コア構成の3100よりも、4コア単一構成の3300Xの方が効率良く処理できることを示している。FireFoxを使ったWebブラウジングテストも同傾向だが、ここではCore i7-7700Kもかなり頑張っているといえるだろう。, 「PCMark10」Standardテスト、Productivityテストグループのスコアー, LibreOfficeを使った表計算/文書編集パフォーマンスを比較するProductivityテストグループでは、旧世代のCore i7-7700K(特に文書編集:Writing)がパッとせずスコアーの足を引っ張っている。ここでもRyzen 3が全般的に優秀。, 「PCMark10」Standardテスト、DCC(Digital Content Creation)テストグループのスコアー, DCCテストグループで最も目立つのは写真編集処理におけるRyzenの圧倒的パフォーマンスだ。これはRyzen 3に限らずZen2ベースのRyzenで共通の傾向である。この後に「Lightroom Classic」でも検証することにしよう。, 今回のテストで唯一Core i7-7700Kが気を吐いているのがCGのプレビュー&レンダリングテストだ。レンダリングではRyzen 3 3300Xは優秀だが、その前段階におけるワイヤーフレームによるプレビューで差が付いているようだ。. サプライヤからの情報も錯綜している状態の「AMD Ryzen 3 3300X」の入荷時期。どうやら 次回の入荷は9月下旬 となるとの事です。 初回の発売から一度も入荷の目処が立っていない理由は「世界的に生産遅延が生じている」との事。
?Zen 2ベースで1万円台のRyzen 3 3300X&3100の実力をチェック!, AMD、新デスクトップ向けAPU「Ryzen PRO 4000シリーズ」をトレー販売にて8月8日に発売!, AMD、デスクトップ向けAPU「Ryzen 4000シリーズ」などを発表!日本国内では8月8日に3モデルのみ発売, 動画エンコードや軽めなゲームの性能は?Renoirこと「Ryzen PRO 4000Gシリーズ」3モデルを追加検証, 【鉄板&旬パーツ】ようやく入荷したRyzen 3 3300XにベストなCPUクーラーは?, 1万円台で6コア!第3世代「Ryzen 5 3500」は低予算PC自作をどう変える?, 近日国内発売予定と噂の12スレッドCPU、Ryzen 5 1600AFの実力はほぼ2600と同等の性能!, Office付きで9万円台!第2世代Ryzen Mobile搭載でお買い得なDell「New Inspiron 15 3000」, Ryzen搭載ノートPCがコスパに優れシェア拡大!その実情を「ヨドバシAkiba」で実際に聞いてみた, Gen 4 SSDで体感2倍速!STUDIO4℃に聞いたCG制作で重要なPCスペック, ASRock「Radeon RX 5500 XT Challenger D 4G OC」.

.

バンドマン 身長 ランキング 21, Gyao M 1 2019 4, アンダー テール キャラ 戦 9, Access Excel出力 フィールド 指定 4, Jabra Speak 410 使い方 4, 和歌山大学 勉強 時間 10, Lineグループ退会 挨拶 Pta 7, Love By Natsu インスタ パクリ 56, 犬 掘る やめさせる 6, Oracle Statspack メモリ使用量 12, ポケモン剣盾 イーブイ 夢特性 12, ポケコロ 私を布教して パスワード 6, 鬼滅の刃 21巻 特 装 版 4, 外貨 コイン 両替所 大阪 21, 凍結胚盤胞 移植 Hcg 妊娠継続率 24, Excel 置換 行末 4, Jyj 日本活動 できない 19, カーテンボックス Diy ブログ 4, Goodnotes 表紙 削除 10, 化粧品 問屋 一覧 5, Itzyチェリョン かわいく ない 53,