の編集] を選択します。, フィルターを適用する [リスト名]のフィールド列で、フィルターを適用する列を選択します。, [ フィルター値を含むリストまたはライブラリ] で、手順1でページに追加したリストまたはライブラリを選びます。, [ フィルター値を含む列] で、フィルター処理の対象となる値が含まれる列を選びます。, セクションの最初の例の画像を使用すると、計画ドキュメントライブラリの動的フィルターオプションは次のようになります。, 完了したら、ページの上部にある [ 下書きとして保存 ] をクリックします。または、参加者にページを表示する準備ができたら、ページの右上にある [ 発行 ] を選択します。.

アイテム プロパティを次の式で更新します:. Choices([@'Vehicle registration'].Vehicle_x0020_type) あなたのSharePoint リストの名前が記載された 車両登録 と 車両タイプ をリスト … お世話になっております。 別リストで管理している項目を、ライブラリのプロパティでドロップダウンの選択肢としたいのですがそのやり方が思いつきません。 また下記のような動きを … h = sty&&= [$Latitude]; [$Longitude] & lvl = 13& = r& src = SHELL& src = SHELL& src = SHELL amp;フォーム = MBEDV8 "フレーム境界線 =" 0 "スクロール =" no "> , where [$Latitude] と [$Longitude] は、各ポイントの列名を表す変数です。, 選択したリストから項目を選択して、接続をテストします。 埋め込み web パーツに表示されている場所を示す Bing マップが表示されます。, 埋め込みコードは iframe ベースである必要があります (つまり、開始と終了を , 選択したリストから項目を選択して、接続をテストします。 埋め込み web パーツに画像が表示されます。, この例では、リスト web パーツに場所とその座標が含まれています。 ユーザーがリストから場所を選択すると、埋め込み web パーツによって Bing マップ上にその場所が表示されます。 この例では、IFrame コードは埋め込み web パーツで使用され、変数は座標を表します。,